OCN光に転用するメリットデメリットと転用の手続き方法について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

OCN光に転用するメリットデメリットと転用の手続き方法について

メリット

■格安SIMとのセット割が受けられる

フレッツ光からOCN光への転用の一つ目のメリットは、携帯電話を一緒に変更する事で、セット割の恩恵を受けることができる点にあります。OCN光の場合、OCNモバイルONEとセットにする事で、OCNモバイルONEの月額利用料から、200円の割引を受けることができます。

1例をあげると、現在フレッツ光で「光もっと2割」未適用でプロバイダはOCN、携帯電話はauの一般的なプランを利用している場合、おおよそ以下のようなイメージとなります。

<転用前>

フレッツ光 5,400円(光もっと2割未適用時)
プロバイダOCN 1,100円
携帯電話料金※au 6,000円前後(基本料+機種割賦金+LTE利用料)
合計 12,500円

 

<転用後>

OCN光 6,200円(割引特典未適用時)
プロバイダOCN 上記利用料金に含まれる
携帯電話料金※OCNモバイルONE音声対応SIM 1,800円(音声対応SIM 3GBの場合)
※機種代は含まず。転用前に使用していたau携帯(SIMフリー)をそのまま利用したと仮定
OCN光モバイル割適用 -200円
合計 7,800円

 

上記の通り、OCN光の2年自動更新型割引適用前でも、月額で4,700円の料金を節約する事が可能です。但し、後の「デメリット」のとこでもご紹介しますが、携帯電話の乗り換えが伴うという点では、注意が必要です。現在の携帯電話のプランからの変更となる為、プラン変更によっては使えなくなるサービスがあります。通話料無料プランや固定通信サービスとの割引(auスマートバリューなど)がなくなるデメリットについて、十分注意しましょう。

■月額料金を下げられる可能性がある

次に月額料金のみにスポットをあてて検証してみましょう。転用前・転用後共に長期契約の割引を適用し、転用前はOCNプロバイダを利用していた場合を想定しています。

<転用前>

フレッツ光 4,300円(光もっと2割適用時の1年目の料金)
プロバイダOCN 1,100円
合計 5,400円

 

<転用後>

OCN光 5,100円(2年自動更新型割引適用時)
プロバイダOCN 上記利用料金に含まれる
合計 5,100円

 

ここでも、前項の携帯電話とのセット割引同様、注意すべき点が2点あります。一つ目はフレッツ光利用時のプロバイダによっては、OCN光への変更によって、必ずしも料金が安くなる訳ではない事。二つ目は、それは長期契約中に解約した場合の違約金です。共に後のデメリットの部分で詳しくご紹介します。

■フレッツ光からの転用なので、フレッツ光の違約金がない

例えば、フレッツ光のもっと2割の長期契約を利用している場合で、解約して他社へ乗り換えた場合、最大30,000円の解約違約金が必要になるケースがあります。しかし「OCN光with フレッツ」「OCN光フレッツ」から「OCN 光」へ転用した場合には、「フレッツ光」および「OCN」の違約金は発生しません。ただし、フレッツ光 with OCNなど、OCNのプロバイダ利用からの転用であれば、プロバイダの違約金は不要ですが、それ以外のプロバイダを利用している場合で、更に長期契約をしている場合などは、違約金が発生するケースがあります。現在利用中のプロバイダ各社へ事前に確認しておきましょう。

■工事が不要

フレッツ光からOCN光への転用の場合、従来使っていたフレッツ光の引き込み線などはそのまま使いますので、基本的には工事は不要です。但しフレッツ光からの転用の場合でも、以下のパターンは工事と工事費が必要になるケースがあります。転用時には事前に確認するようにしましょう。

<工事費用が不要のケース>

(a). OCN 光プランまたは光サービスメニューを変更しない場合

 (例:ファミリータイプ・マンションタイプなどのプランを変更せずにそのまま使う場合。速度の変更もない場合)

<工事費用が必要になるケース>

(a). OCN 光プランまたは光サービスメニューを変更する場合

 (例:ファミリータイプ からマンションタイプへの変更。又はその逆。又、速度を変更する場合。※100M ⇒ 200Mまたは1G、200M ⇒ 1Gなどへの変更)

<OCN光プランに変更がある場合>

マンションタイプからファミリータイプへ変更する場合 18,000円
ファミリータイプからマンションタイプへ変更する場合 15,000円

 

<光サービスメニューを変更する場合>

工事担当者が伺わない場合 2,000円
工事担当者が伺う場合 7,600円(※マンションタイプで配線方式に変更が必要な場合は15,000円)

 

(b). 現在、NTT東日本エリアのBフレッツ・フレッツ光ライト/NTT西日本エリアのBフレッツ・フレッツ・光プレミアム・フレッツ 光ライトを利用している場合

<光サービスメニューの変更有無にかかわらず以下の工事費が必要>

工事担当者が伺わない場合 2,000円
工事担当者が伺う場合 7,600円(※ 「マンションタイプ」で光配線方式またはVDSL方式への変更が必要な場合は15,000円。※ NTT東日本エリアにおいて、Bフレッツ・ベーシックタイプ、またはBフレッツニューファミリータイプを利用している場合で、「OCN光ファミリータイプ」へ転用する場合18,000円。「OCN光マンションタイプ」へ転用する場合は15,000円)

 

<OCN 光プランを変更する場合>

マンションタイプからファミリータイプへ変更する場合 18,000円
ファミリータイプからマンションタイプへ変更する場合 15,000円

 

尚、上記の工事費は代表的なパターン例です。現在のフレッツ光の契約内容・工事内容によっては別途工事費用が発生するケースがあります。又、「ひかり電話なし」⇔「ひかり電話あり」に伴う機器変更、工事の伴うオプションサービスの加入等により、更に費用が発生する場合もありますので、転用時にきちんと確認するようにしましょう。

(※:工事は土日でも行ってくれますが、土日や年末年始は、別途費用がかかります)

■窓口・請求の一本化

現在、フレッツ光+プロバイダを利用していて、更に携帯電話をau・docomo・ソフトバンク・格安SIMなどで契約している場合、各々請求が別々であるのは勿論、引き落とし日が異なったり、クレジットカードが使える・使えないなどのパターンも混在し、家計の管理が複雑になるケースがあります。しかし、OCN光+OCNモバイルONEにセットで加入しておけば、インターネット利用料+プロバイダ料金・携帯電話料金がまとめて請求され、更に問い合わせ窓口も一本化できますので、なにかあった場合などはストレスなく対応してもらえます。

デメリット

■速度が変わる場合がある

インターネットの乗り換えに伴い速度が変更になる場合がありますが、その要因は主に以下の3つです。

  ①インターネット通信回線が変わることによる要因

  ②プロバイダが変更になる事による要因

  ③ルーターなど使用機器の変更による要因

フレッツ光からOCN光への変更の場合、上記①については、同じ通信回線を使いますので、影響はないでしょう。しかし、②と③については、現在利用中の環境と変わるケースがありますので、速度が変わることがあります。もちろんデメリット=速度が遅くなる。というケースばかりではなく、プロバイダの変更によって速度が上がるケースもあります。

■携帯電話を一緒に乗り換えると思わぬ料金がかかる場合がある

先の「メリット:1.格安SIMとのセット割が受けられる」のところでも触れましたが、OCN光とOCNモバイルONEとのセット加入は、月額料金を抑えられるメリットがあります。しかしその一方で、現在利用中の携帯電話契約プランによっては、乗り換えにより「使えなくなるサービス」も出てきます。主なケースを以下に紹介します。

家族間
通話無料
大手3キャリア(au・docomo・ソフトバンク)は、「家族間通話であれば無料」というプランを用意しています。例えば家族の中で1名だけOCNモバイルONEへ乗り換えた場合、それらは勿論適用されなくなります。
同一キャリア内
通話無料
上記同様、au⇔auなど、同じキャリア間の通話であれば無料になるプランを契約している場合、解約によりそれらは適用されなくなります。
パケットシェア 例えば、家族で同一キャリアで複数台契約している場合、家族間でパケット通信量を分け合えるサービスを利用しているケースがあります。パケットをたくさん使われて、家族間でシェアしてもらっている方は、解約によってその恩恵は受けられなくなります。
携帯の
メールアドレス
当然の事ですが、携帯キャリアの解約によって、ezweb/docomo/Softbankなどのキャリアメールのアドレスは使えなくなります。連絡先への通知や、メールアドレスで会員登録を行っているサイトがある場合、全て連絡したり、変更したりする必要があります。
パケット通信量
注意
現在利用中の携帯電話プランのパケット通信量をよく確認しておきましょう。例えばできるだけ安くしたいと思って、普段7G程度のパケット量を使う方が、OCNモバイルONEで3Gの契約などをしてしまった場合、利用にストレスが生じたり、かえって余計な費用がかかったりするケースがあります。

 

■プロバイダが固定されてしまう

フレッツ光からOCN光へ転用する事で、もちろん使用プロバイダは「OCN」となります。フレッツ光契約中の使用プロバイダがOCN以外の場合、料金が上がったり一部使えなくなるサービスがあります。また、最も重要なポイントとして「メールアドレスの変更」があります。フレッツ光で利用していたプロバイダがOCN以外の場合、そのプロバイダで使用していたメールアドレスは勿論消滅します。(プロバイダによっては、数百円でメールアドレスのみ残せるサービスを提供している場合もあります)

■フレッツ光のポイントが消滅

OCN光へ転用した場合、フレッツ光メンバーズクラブで貯めたポイントは消滅します。フレッツ光メンバーズクラブでは、フレッツ光での利用状況に応じポイントが貯まり、カタログギフトなどでグルメ商品が注文できたりするサービスがあります。しかし、OCN光などの光コラボへの乗り換えによって、それらのポイントは消滅しますので、転用前に必ずポイントは使いきっておく事が必要です。

OCN光に転用するにあたり必要なものや準備しておくことはある?

OCN光への転用の際には、転用承諾番号の取得が必要です。その際に必要な情報は以下の通りです。又手続きは契約者本人が行う事が原則です。

1.フレッツ光のお客さまIDまたはひかり電話番号(ひかり電話を利用中の場合)

2.フレッツ光の契約者名

3.フレッツ光の利用場所住所

4.フレッツ光利用料金の支払い方法および関連情報

OCN光に転用する手順

フレッツ加入者
転用承諾番号の
取得
WEB又は電話にて、フレッツ光の契約者本人がNTT東日本・西日本へ連絡します。OCN光への移行を伝え「転用承諾番号」を取得する必要があります。尚、取得した転用承諾番号の有効期限は15日間となります。「OCN 光」へ移行する為には、転用承諾番号有効期限まで10日以上残っている必要があります。万一有効期限が切れた場合は、改めて転用承諾番号の取得が必要となります。
   ↓
OCN 光への
転用申し込み
WEB上で手続きをします。その際には「転用承諾番号」「OCNお客さま番号(Nから始まる10桁の番号)」、又は「OCNメールアドレス」「契約者名」「住所」の正確な情報を用意しておく事が必要です。
   ↓
利用開始の
ご案内
NTTコミュニケーションズより「OCN会員登録証」が郵送され、利用が可能となります。

OCN光に転用する際の注意点

OCN光への転用に伴い、プロバイダが変わることに関する諸注意(プロバイダの違約金・メールアドレスなどの変更)については先ほどご紹介しました。更に以下の注意点についても確認しておきましょう。

<フレッツ光の工事費用を支払わないといけないケースがある>

フレッツ光の加入時、初期工事費用を分割払いで支払っている場合で、転用後のその残額が残っている場合、残りの工事費用はNTT東/西日本から請求されます。

<ひかり電話の電話番号に注意>

現在、フレッツ光+ひかり電話を利用していて、OCN光+ひかり電話として継続したい場合、以下の条件にあてはまる場合のみ、同じ番号で継続ができますが、それ以外は番号が変わるケースがあります。

  • 移転先でNTTのひかり回線が開通可能であること。
  • 移転先が、移転元と同じNTT収容局であること。
  • 最初にその電話番号を取得したのが、NTTの一般加入電話番号であること
    (ひかり電話の番号は不可)

<再転用できない>

OCN光へ転用後、再びフレッツ光へ戻る「再転用」は出来ません。

<転用で使えなくなるサービスがある>

フレッツ光で利用していた以下のサービスは、転用後は使えなくなります。

・セキュリティー機能

フレッツ光に標準装備されている「セキュリティ対策ツール」が使えなくなる場合があります。転用後はOCN光で提供されるセキュリティーサービスを利用しましょう。

・CLUB NTT-Westの会員制プログラムも利用できなくなります。

まとめ

以上の通り、OCN光へ転用する場合のメリットやデメリットなどをご紹介しました。手続きについてはとても簡単ですし、ほとんどの場合は工事も不要で、メリットのほうが多いケースが殆どだと思われます。ただし、携帯電話を一緒に乗り換える場合や、プロバイダの変更によってのデメリットなど、諸注意もありますので、転用にあたっては落ち着いて各項目について事前に整理しておく事が必要です。