ピカラ光とauスマートバリューの組み合わせでスマホ代を節約する方法

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ピカラ光とauスマートバリューの組み合わせでスマホ代を節約する方法

ピカラ光はauスマホとセットでお得になるの?

ピカラ光は、香川、徳島、高知、愛媛の対象エリアで利用できる光回線サービスです。ネット、電話、ケーブルテレビをまとめてお得に契約できるため、単体で契約するのも十分おすすめです。

そしてauユーザーがピカラ光を契約すれば、さらにお得になります。ただしピカラ光の月額料金がお得になるのではなく、auにおける月額料金が安くなるシステムです。

ピカラ光そのものは、ネットと電話、テレビといったサービスを複数契約した場合に月額料金が安くなる場合があるシステムです。エリアによって割引内容は違うので、事前にこちらも確認してみましょう。

auスマホとピカラ光のセットを利用すれば、料金はとてもお得になります。事項では、具体的にどのくらい安いのかを解説します。

ピカラ光とauスマホでどのくらいお得なの?

まずはピカラ光とau、それぞれを普通に契約した場合にいくらかかるのかからチェックしていきましょう。

○集合住宅でピカラ光ねっととauスマホの3GB+スーパーカケホ契約の場合(割引なし)

ピカラ光ねっとは、戸建と集合住宅で料金プランが変わります。まずは集合住宅で、ピカラ光ねっととauスマホをスーパーカケホ(5分かけ放題)で3GB契約した場合の月額料金を、割引なしの状態で確認してみましょう。

ピカラ光ねっとは、3年契約のステップコース3で1〜5年目は月額3,672円、6年目からは3,542円になります。

auスマホは、スーパーカケホが月額1,836円、LTE NETが324円、データ定額3が月額4,536円です。合計は6,696円ですね。

これらの条件におけるピカラ光ねっととauスマホの合計金額は、光ねっと5年目までが10,368円、6年目からは10,238円になります。

光でんわは月額540円です。もし光でんわを契約する場合は月額540円追加で、合計10,778〜10,908円ですね。

さらに加えて説明しておきたいポイントですが、au契約時にスマホを購入する場合はその分割代金も支払うことになります。

iPhone7の32GBモデルを例に挙げると、新規契約の際に割引が適用された月額料金は450円です。24回かけて支払うことになりますね。

スマホを購入する際はスマホの価格も確認しておきましょう。

○集合住宅でピカラ光ねっとと光でんわ、auスマホの3GB+スーパーカケホ契約の場合(割引あり)

先ほど解説したとおり、auスマホでスーパーカケホを3GBで契約した場合は本体代抜きで月額6,696円です。

auでスマホやケータイのデータ定額サービスを契約していて、さらにピカラ光ねっとと光でんわを合わせて利用した場合に適用できるのが、auスマートバリューです。

ちなみにauスマートバリューでの契約の場合、先ほど解説したステップコース3は契約できず、ずっトク割フラットコースを契約することになります。月額3,996円で、これに光でんわ月額540円を加えると、4,536円ですね。

スマホ代6,696円、光ねっと+光でんわ4,536円で、合計11,232円。少しステップコース3よりも料金が高くなりましたが、ここからauスマートバリューの割引が適用されて安くなります。

auスマートバリューは、3GB定額プランを契約している場合永年934円スマホ代が安くなります。

つまり月額料金は、3GBプランを契約している場合10,298円になります。これはなかなか安いですよね。

そしてなんと、3GBよりも大きなプランを契約すると割引料金はもっと安くなります。

○集合住宅で光ねっと+光でんわに加え、スマホを5GB+スーパーカケホで契約した場合(割引あり)

光ねっと+光でんわは、ずっトク割で月額4,536円ですが、スマホを5GB+スーパーカケホにすると月額7,560円です。

この条件の場合、auスマートバリューは割引額が最大2年間476円ほど追加されます。つまりはじめの2年間の月額料金の合計は、4,536+7,560-(934+476)=10,686円になりますね。3年目以降は11,162円になります。

○集合住宅でデータ定額30GBとスーパーカケホに光ねっと、光でんわを組み合わせた場合(割引あり)

最も割引額が多くなるのは、データ定額30を契約した場合です。この場合、2年間は2,000円割引になります。

データ定額30にスーパーカケホを組み合わせた場合の月額料金は10,800円ですが、ここから2,000円引きで2年間は8,800円。光ねっとや光でんわと合わせて、2年間は合計13,336円になります。3年目からは14,402円ですね。

○戸建住宅で光ねっと+光でんわに加え、家族3人がデータ定額3+カケホを契約している場合(割引あり)

戸建住宅の場合は、3年ごとの契約更新で月額5,292円のずっトク割フラットコースを利用することでauスマートバリューの恩恵を受けられます。光でんわと合わせて、月額5,832円ですね。

ここでは、家族3人がデータ定額3+カケホを契約した場合でチェックしていきましょう。この場合の月額料金は7,776×3=23,328円になります。

5,832+23,328=29,160円ですが、ここから3人分、永年で934円が割り引かれます。結果、月額料金は26,358円になります。

auスマートバリューの、プランごとの割引額まとめ

auスマートバリューは最大2,000円割引になるサービスですが、auで契約しているプランによって割引額は異なるので、複雑です。

対象プラン 割引額(永年+2年間)
データ定額2、3、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプラン、電話カケ放題プラン 934円
データ定額20、5、LTEフラット、ISフラット 1,410円(934円+476円)
データ定額30 2,000円(934円+1,066円)

自分が契約しているプランではどのくらい割引が行われるのかを事前に確認しておきましょう。

auスマートバリューの申し込み方法は?

auスマートバリューを申し込むには、ピカラ光でんわセット証明書をauショップやauを取り扱っている量販店に持って行くところから始めましょう。ここでスマートバリューの申し込み手続きをすれば、auスマートバリューが適用されることになります。手続きはそれほど難しいものではありませんので、ご安心ください。

auスマートバリューを申し込む際の注意

auスマートバリューには、いくつかの注意点もあります。注意点を確認したうえで申し込むのが大事ですよ。

○ピカラ光でんわを申し込まなければ、auスマートバリューは適用できない

ピカラ光でんわは、月額540円の固定電話サービスです。しかしこのサービス、使わない方もいるのではないでしょうか。特にauでスマホを契約しているとなると、わざわざ固定電話を契約する必要はないと考える方もいるでしょう。その場合、わざわざ540円を支払って工事をしてまで光でんわを契約するのはやめておいた方が良いかもしれません。

○ピカラ光には、auスマートバリューに対応していないプランがある

ピカラ光には色々なプランがありますが、auスマートバリューに対応していないプランもあります。auスマートバリューに対応していない代わりにもっと安いプランで契約したいと考えている場合、この点もちょっとイマイチですよね。

○申し込みの翌月から、auスマートバリューが適用される

auスマートバリューは、申し込んだ月から適用されるわけではありません。翌月からとなっています。この点を理解していないと、割引が行われていなくてびっくりしてしまうかもしれません。注意しましょう。

○ピカラ光を解約すると、割引も終了する

ピカラ光を解約すると、割引も行われなくなります。これは当然といえば当然ですね。そしてauを解約しても、当然auの利用料金の割引は受けられなくなります。

○auで契約しているプランによって割引額が変わる

最大2,000円の割引を受けられるピカラ光ですが、auで契約しているプランによって割引額が変わります。3GBや2GBのプランだと割引額が少なくなるので、この点にも注意が必要です。

○割引は最大10回線、同一性・同一住所に限る

auスマートバリューで割引を受けられるのは、最大10回線までです。ただし、同一性・同一住所でなければいけません。契約者と同居しているだけの人はスマートバリューの割引を受けられませんので、こちらも注意しておきましょう。

まとめ

ピカラ光では、auユーザーならauスマートバリューの適用による割引を受けることができます。契約しているプランによって割引額が変わり、最大で2,000円の割引を受けることができます。最低でも934円は安くなるので、auユーザーなら利用しておいて損はありません。