ピカラ光の解約方法と注意点、解約金の有無について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ピカラ光の解約方法と注意点、解約金の有無について

四国で契約できる光回線サービスである、ピカラ光。ピカラ光を契約するにあたって気になるのは、解約方法や解約に伴い発生する解約金、工事などですよね。これらについて事前に知っておけば、安心して契約することができます。この記事では、ピカラ光の解約について詳しく解説します。気になる方は、是非ご覧ください。

ピカラ光の解約方法

まずは、ピカラ光の解約方法について解説します。

ピカラ光を解約するには、電話をしなければいけません。ピカラ光は基本的に、電話以外の方法での解約は受け付けていないためです。ピカラサービスセンターに電話することで、解約手続きを進めることができます。受付時間は平日が9時から21時まで、休日は9時から19時までです。電話をするだけで解約手続きを進めることができますので、解約したいならまずは電話をしましょう。

ピカラ光を解約する際の注意

○最低利用期間を過ぎているか、現在契約更新月かを確認する

ピカラ光を解約するにあたって注意しなければいけないのは、最低利用期間の存在です。光回線であるピカラ光ねっとは、通常2年の最低利用期間を設けています。2年以上契約していなければ、解約することができません。

そして「ステップコース3」を契約しているなら3年間、「ステップコース5」なら5年間の契約であり、さらに自動更新なので、契約更新月以外の解約では必ず違約金が発生してしまいます。ピカラ光の解約は、できれば最低利用期間を過ぎているか、契約更新月になっているタイミングで行いたいですね。

ちなみに光でんわは最低利用期間が1年です。光てれびは契約先のケーブルテレビから最低利用期間を確認しましょう。

○光でんわを解約する場合、元のNTTとの契約に戻すなら利用手続きを行わなければいけない

ピカラ光を契約する際に自宅の固定電話を光でんわに乗り換えているなら、ピカラ光を解約する際に固定電話をNTTとの契約に戻す場合もあるでしょう。この場合は116に電話して利用手続きを行えば、今まで使ってきた電話番号を再びNTTとの契約で使うことができますよ。固定電話はもう利用しないのであれば、電話番号は廃止になります。一度廃止したら戻せませんので注意しましょう。

ピカラ光を解約すると違約金はかかる?

ピカラ光を解約する際は、違約金がかかることもあります。もし最低利用期間を過ぎる前に解約したり、契約更新月以外で解約したりする場合は、確実に違約金がかかりますね。

○最低利用期間を過ぎる前に1G、100M、らいとプランを解約する場合の違約金

2年間の最低利用期間を過ぎる前に1G、100M、らいとプランを解約する場合は、15ヶ月以内なら税抜き35000円、16〜24ヶ月までは10000円の違約金がかかります。

違約金は結構な金額になりますので、できれば2年間しっかりと使って違約金が発生しないようにしたいところです。

ちなみに光でんわセットを申し込んでから1年未満で光でんわと光ねっとを別々に解約する場合、違約金が40000円(光でんわ5000円、光ねっと35000円)発生するので注意しましょう。

○ステップコースやフラットコースで、契約更新月以外に解約する場合の違約金

ステップコース5の場合は、15ヶ月までは税抜き35000円の違約金が発生します。16〜108ヶ月までは15000円、109ヶ月目以降は10000円の違約金が発生します。

ステップコース3の場合は15ヶ月以内で35000円、それ以降は10000円に固定されます。

ステップコース5は月額料金が若干お得になりますが、違約金が高額になる期間がちょっと長いことに注意が必要ですね。

フラットコースは、15ヶ月以内の違約金が35000円、それ以降は10000円です。

契約満了をした契約更新月に解約する場合は、いずれのコースも違約金が発生しません。無料で解約したい場合は、契約満了月に解約するように気をつけましょう。

ピカラ光を解約すると撤去工事などは必要?

ピカラ光を解約する際は、撤去工事が必要なこともあります。撤去工事費は自宅にケーブル配線を残したままならば0円ですが、軒先までケーブルを残す工事なら5000円、完全にケーブルを撤去するなら10000円の工事費がかかります。

ちなみに集合住宅の場合は、工事内容をオーナーが決めます。次に住む人がピカラ光を契約できるように、ケーブル配線を残したままになることもあるでしょう。

ピカラ光解約時に返却するものはある?

ピカラ光では、ピカラ光でんわセットを契約する場合無料で無線LANルーターをレンタルできます。レンタルなので、解約する際はルーターを返却することとなるでしょう。

この他にも、ピカラ光のサービスを利用するために工事などで取り付けた機器は基本的に返却となりますね。

ピカラ光は、解約でなく休止をすることも可能

最後に、ピカラ光をしばらく使わないということであれば、解約をせず休止をすることもできます。休止ができるのはピカラ光ねっとの1G、100M、らいと、ぷちねっと、光でんわです。もしもしばらく休みたいけれど解約をする必要はないのであれば、休止をしてみてはどうでしょうか。

まとめ

ピカラ光では、契約状況によって解約金が発生することがあります。ずっトク割ステップコースに加入しているなら、契約満了月であれば、解約しても解約金が発生することはありません。通常の1G、100Mコースなどは最低利用期間が2年です。2年以上経っていれば、解約金はかかりません。そして解約金と別に、撤去工事費が発生する場合があります。戸建で特に自分の持ち家の場合、完全にケーブルを撤去するなら1万円程度の工事費がかかることもあるので、事前に用意しておきましょう。