DTIプロバイダの料金プランや特徴、申し込み方法について徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DTIプロバイダの料金プランや特徴、申し込み方法について徹底解説

プロバイダってどれを選べばいいの・・・?と悩んでいる人は多いです。光回線は「フレッツ光」や「ドコモ光」などが有名なので、とりあえず有名なものを選んでおけばいいか!となんとなくで決めることができるかもしれません。対して、プロバイダは有名な業者がそれほど多くなく、プロバイダって何?という人も多いことからプロバイダ選びで悩む人が多いのです。

プロバイダとはインターネット回線を通ってきた情報をネットの世界に繋ぐサービスのことを言います。ですから、インターネットを利用するには光回線とプロバイダ、両方を準備する必要があるのですね。

さらに、プロバイダ業者が提供しているサービスはそれだけではなく、他にもさまざまなオプションサービスなどを提供しています。業者ごとに利用料金も違いますし、対応している回線も異なります。また、サポート体制なども大きく違ってきます。

このように業者によって異なる部分が多いことがプロバイダ選びをより難しくさせています。ただ、だからと言って適当にプロバイダを決めてしまうのはもったいないです。各プロバイダの特徴をしっかり把握し、自身が求めているサービスを提供している業者を選べば、料金以上の価値を受け取ることができるでしょう。

この記事で解説する「DTI」は特にサポートが充実したプロバイダと言えます。そのため、パソコン初心者でメール設定やパソコンのトラブルに弱い人にはぜひオススメのプロバイダになります。

また、プロバイダ契約と一緒に「au ひかり」や「フレッツ光」などの光回線の契約も行うことができ、別々で契約するのが面倒だからまとめてやってしまいたい!という人にもオススメです。それでは以下からDTIのサービスの特徴や料金、具体的な申込み方法などについて解説していきますね。

DTIの特徴は?

DTIの大きな特徴は充実したサポート体制です。SiLK Touchというサポートシステムを導入しており、ユーザーのパソコン画面をオペレーターと共有することで、より的確な指示、サポートを受けることができます。また、遠隔操作でオペレーターに直接操作してもらうこともできます。

プランによっては追加オプションという形になりますが、利用期間は定められておらず、加入中はいくらでも利用することができます。

  • DTIはプロバイダだけでなく光回線提供サービスも!

DTIはプロバイダ業だけでなく、自身でも光回線サービスを提供しています。また、DTI withドコモ光やau ひかりなど、光コラボーレーションサービスも提供しているのが一つの特徴です。

さまざまな契約プランがありますが、もちろんプロバイダのみの契約も可能です。ただ、条件としてNTTドコモが提供しているフレッツ回線を利用している必要があります。au ひかりやドコモ光など、各社光コラボレーションサービスでも問題ありません。

プロバイダのみで契約する場合はプラン名は「DTI光シンプルプラン」となり、上述したSiLK Touchサービスが標準装備になります。ここからは主にこのプランについて解説していきますね。

  • DTI光シンプルプランに新規入会すると最大3ヵ月間、月額利用料金が無料に

DTI光シンプルプランに新規入会またはプラン変更を行うと新規入会特典として、最大3ヵ月間無料でサービスを利用できます。

ただ、これまでにDTIが提供する「フレッツ光」各プランのキャンペーンや特典を受けたことがある場合はこの新規入会特典を利用できません。注意しましょう。

他のDTI光やau ひかりなどの各契約プランでも入会特典が充実しています。DTIを利用するならぜひ公式ホームページから申し込みましょう。

  • プロバイダのみの変更ももちろん可能です

現在、フレッツ回線を利用していて、プロバイダをDTI以外で契約している場合、プロバイダのみをDTIに変更することができます。その際に面倒な回線工事や配線を行う必要はありません。事務手続きのみで簡単に変更できるのは嬉しいですね。もちろん、プロバイダのみの変更でも上述した新規入会特典を受け取ることができます。

DTIシンプルプランの料金は?

戸建てとマンションで利用料金は異なります。

戸建て:月額951円(以下、全て税抜表示)
マンション:月額680円

マンションプランのほうが料金は抑えめですが、全ての集合住宅にマンションプランが適用されるわけではありません。どちらのプランになるかは、同じ棟内で何契約以上見込めるかといった条件によって左右されます。申し込み前に必ず確認しておきましょう。また、申し込み時にマンションプランで申し込んでも、後日の確認電話の際に戸建てプランに変更になる場合もあります。

上記の料金はプロバイダ料金のみです。光回線の利用料金は別途必要になります。

  • DTI光 with フレッツの料金は?

DTIはプロバイダのみの契約も可能ですが、フレッツ光とDTIのプロバイダ、まとめて利用申し込みをすることもできます。この契約プランならSiLK Touchや入会特典による月額料金割引を適用できるので、フレッツ光から直接入会するよりもお得だと言えるでしょう。

利用料金はプロバイダ料と光回線料金を合わせたものになります。プロバイダ料はシンプルプランの場合と同じで、

戸建て:月額951円
マンション:月額680円

です。光回線の料金はプランによって変わります。

DTIの申し込み方法

まず、DTIの公式ホームページにアクセスしましょう。トップページを少し下にスクロールすると、各契約プランのアイコンが並んでいます。希望のアイコンをクリックすると、契約内容の詳細ページに移動します。

ここでは、DTI光シンプルプランの申し込み方法について解説していきます。

1 DTI光シンプルプランのアイコンをクリックする

2 表示されたページを少し下にスクロールすると「ファミリープランお申し込み」と「マンションプランお申し込み」のボタンがあるので、自宅の環境に合ったほうをクリックします(戸建てはファミリープランになります)。また、上部のメニューバーにも「お申し込み」の欄があるので、そこから移動してもかまいません。

3 あとはページの指示に従って個人情報の入力や支払い方法の選択をすれば申し込み完了です。

  • いつから利用できるの?

webから申し込みを行い、かつ支払い方法でクレジットカードを選択した場合は、申し込み完了後に各種IDとパスワードが表示されます。これらを用いて接続設定を行えばすぐに利用開始できます。

この方法以外で申し込みを行った場合は、後日DTIから送られてくる「ご入会の案内」に各種IDなどが表記されているので、これらを用いて接続設定を行いましょう。目安としては申し込み後、1週間程度です。

すぐにプロバイダ変更をしたい、インターネットを使いたい場合はクレジットカードでの申し込みが便利ですね。

また、DTIブロバイダを利用しはじめて、以前のブロバイダが必要なくなった場合は、そのプロバイダとの契約解除の手続きを忘れずに行いましょう。

DTIを申し込む際の注意

DTIのプロバイダはフレッツ回線にしか対応していません。また、フレッツADSLは対応していますが、フレッツISDNには対応していないので注意しましょう。

現在別のインターネット回線を利用していて、プロバイダをDTIに乗り換えたい場合は回線を交換する必要があります。その際にはフレッツとの契約や回線の引き込み工事を行うことになります。

  • 最低利用期間に注意

各プランには最低利用期間が設定されています。DTI光シンプルプランの場合は12ヶ月間です。この期間内に解約すると違約金が発生するので注意しましょう。

  • 解約手数料・違約金について

DTIの各プランを解約する場合には解約金がかかります。また、最低利用期間内に解約する場合、別途違約金が発生します。

DTI光シンプルプランの違約金は以下のとおりです。

最低利用期間外:月額料金1ヶ月分

最低利用期間の残月数1ヵ月:月額料金1ヶ月分+月額基本料金1ヶ月分

最低利用期間の残月数2ヵ月:月額料金1ヶ月分+月額基本料金2ヶ月分

最低利用期間の残月数3ヵ月:月額料金1ヶ月分+月額基本料金3ヶ月分

少しややこしいのですが、最低利用期間の残月数によって違約金は異なります。月額料金とは月額基本料金のほかにオプションまで含めた、実際に毎月支払う料金のことです。

つまり、解約時には1ヶ月分の月額料金が必ず発生し、それに最低利用期間の残月数分の月額基本料金が上乗せされる、ということになります。

また、最低利用期間が終わっていても解約時には月額料金分の解約金が発生します。注意しましょう。

  • 通信量過多による利用制限に注意

P2Pファイル交換ソフトなどによる大容量通信を頻繁に行うと、DTIの判断において利用制限が課される可能性があります。

日常的なインターネット閲覧には問題はほぼありませんが、通信速度の大幅なダウンが見込まれます。

DTIはどんな人におすすめなの?

DTIの強みはやはりSiLK Touchなどの充実したサポート体制にあると言えます。パソコンなどの操作にまだ慣れていない人や、困った際に誰かに聞いて問題を解決したい人に特にオススメのプロバイダです。

また、プロバイダの月額料金をなるべく抑えたい!という人にもオススメの業者になります。戸建てプランで月額951円、マンションプランで月額680円は業界の中でもかなりの低料金です。大容量通信による通信制限こそあるものの、日常的に利用する分には全く問題ないので、サポートが充実していて、低料金のプロバイダを求めている人にはベストな業者だと言えるでしょう。

ただ、繰り返しになりますが、DTIのプロバイダサービスはフレッツ回線のみの対応であることに注意です。現在、他の回線を利用している人がDTIを利用するには、契約中の回線を解約して、フレッツと新しく契約する必要があります。その際には、回線の引き込み工事や設定などで初期費用や手間がかかります。

まとめ

数多くのプロバイダ業者がありますが、ここまでのサポートが標準でセットになっているのはDTIのみといっても過言ではありません。フレッツ回線を利用していて、プロバイダを探している人はぜひ一度チェックしてみてくださいね。