auひかり回線を実際に申し込み、初期設定をしたり実際に使用してみた感想などまとめ

利用条件

・木造2階建て

・auひかりホーム(S)

・ISP:GMO

・環境:Windows7×2台、iPhone7、iPadPro

・無線:Buffalo

auひかりの評判まとめページはこちら

auひかりを利用するまでの流れ

2014年9月からの利用開始で、3年目になりますが特に不便は感じていません。それまではNTTの光回線でしたが、料金を比べたところ月額1,000円ほど安くなるのと、乗り換えキャンペーン中だったので変更を行いました。

勤めていた会社にauの営業マンさんが来られていたので、そちらにお願いし、プロバイダも“料金が安いところ”でお任せしました。

ほどなく申込み連絡のハガキが届きました。

さらに工事までには、ISPからも送付物が届きました。

その後、日程を調整し、自宅に工事の方が来られました。

たまたま人気があった時期なのか、それが常態なのかわかりませんが、申込みから開通まではだいぶ待たされた気がします。多分2週間以上空いていました。

工事の数日前までに、ONU(回線終端装置)とルーターが到着。工事日は平日でなければならないとのことで、半日有給を当てたのを覚えています。が、これはエリアによって違いがあると思います。NTTの接続ソケットが残っていたので、そのまま利用するのかと思っていましたが、完全に違う仕様のようです。作業完了までは30分ほどでした。

この写真のように、ONUはあまり大きくありません。

業者がやってくれるのは、ONUのところまでです。後は自力でやってください、という感じです。事前に申込んでおけば、訪問サポートサービスも受けられますが、別途料金がかかるようです。もちろん、メール設定なども自己作業となります。年配の方などは、光回線に申込めばインターネットが使えると思い込んでいる人も多いようですが、基本的に工事の人は最後までしてくれません。代理店に申込んでいるときには、どこまでやってもらえるのかチェックしておいた方が無難です。申込みの際には、インターネットの接続設定とメール設定まで込みの価格かどうか、聞いておくと良いかもしれません。

設定についてはガイドに従えば、それほど難しくはありません。特に有線で利用する場合には、ルーターに情報を設定できればそこで終了するので、パソコンの画面がわかれば問題ないと思います。手順通りに従うことと、手元にISP情報をまとめておくのがポイント。設定ガイドがいくつか送られてくるのですが、どれかひとつを使えば大丈夫です。以前、私は接続サポートの仕事をしていましたが、各業者が親切心でさまざまな接続ガイドを提供するので、かえって迷ってしまうようです。

基本的にはルーターの中に接続情報(接続IDとパスワード)を設定できれば、つながります。シンプルに考えた方が、かえって楽に作業できると思いました。

こちらがauの「ホームゲートウェイ」(ルーター)です。

私は自宅で仕事をしており、あちこちの部屋で利用するのでどうしても無線が必要です。iPadも基本は機内モードでWifi接続しています。家族の都合で2階の自室にONUを取りつけており、ルーターもその近くに設置しました。

NTTのときには、無線カードもレンタルができてルーターに差し込むタイプでしたが、今回は別途無線機器を準備しておきました。私は自分で安い無線を準備しましたが、auにも追加サービスで無線機器の提供があります。無線内蔵型も評判が良いようです。

今回は、バッファローの無線機器をつなげました。

大きさはこんな感じです。

auのホームゲートウェイに設定が入っているので、無線の方はブリッジにしておきます。

つながり具合は?

NTT回線と比較してどうなのか、安定感があるように思えます。というのは、接続が悪いときには、ほとんどが無線機器の再起動で改善しているからです。もしかしたら有線で利用すれば、もっと細かな違いに気づけるのかもしれません。NTTのときには、一体型の機器だったために再起動をかけて改善しても、無線の問題だったのか回線の問題だったのかを突き止めてはいませんでした。NTT回線の頃にはすでにiPhoneも接続していましたが、PC、iPhoneともまったくつながらず、ONUから再起動をかけ直したことが数回あります。auひかりになってからはそのようなことは一度も行っていません。

NTTのときにはサーバーの応答がないという場合がたびたびありましたが、こちらはどうやらISPサーバーの問題だったようです。数時間後に復旧のお知らせが表示されていました。そのときのISPはBiglobeでしたが、現在のGMOの方が問題は少ないようです。それと、NTTの機器は2年程たったときに不具合がありホームゲートウェイを交換しましたが、auひかりでは今のところ問題ありません。単純に機械の当たりということもあるので、回線とは関係ないかもしれませんが、何かとトラブルに見舞われてはいました。

スピードテスト結果

インターネットの接続については、NTT回線よりも速く感じます。動画の再生に時間がかかる場合がありますが、途中で途切れることはありません。無線機器近くの2階でも、1階の部屋でもあまり違いはないように思います。

場所よりも違いを感じるのは、時間帯です。夜遅くなるにつれて速度が落ちるような気がしていました。今回実際に測定した結果は次のようになりました。

○午後9時パソコン

○午後9時iPhone

やはり大した速度が出ていないようです。

念のため朝に同じ場所で測定してみました。

○朝8時パソコン

多少は改善されていました。

もっとも数値が良かったのは、午後3時に2階で測定したiPhoneでした。

速さに関しては、そこまで期待はしていません。無線環境や端末によっても、まったく違いますし、ブラウザ自体の動作が重くなっていることが多いからです。PCのスペックとWindowsのバージョンもほめられたものではないので、すべてを回線のせいにはできません。近々PCの買い替えも検討しているので、そのときの速度がどうなるのかについては多少期待しています。

総合的な感想

auひかりを利用してみた感想は、かなり良いと感じています。安定感があり、速度もそこそこです。無線で飛ばしても家の隅々で同じ様に使えているのが、とてもありがたいです。料金が年間で12,000円安くなっているのを考えると、経済的にもNTTから変えて良かったと思います。

実はiPhoneもauに変えるつもりでいたのですが、つい面倒でキャリア変更をしていません。「auスマートバリュー」が使えればもっとお得になるので、やはり次回は変える方向で検討しています。回線については使用感が良いので、当分変更する予定はありません。NTTほど利用可能なエリアは広くないようですが、都市部に住んでいるのならばおすすめの回線です。