ソフトバンク光ファミリータイプ(戸建て)の月額料金や初期費用(工事費等)を詳しく解説

ソフトバンク光ファミリータイプ(戸建て)の月額料金や初期費用を詳しく解説の画像
スマ子ちゃん
光回線のソフトバンク光ファミリータイプの料金ってどのくらい?工事費も必要?
学園長
それなら、月額料金や初期費用について詳しく解説しよう。 

ソフトバンク光ファミリータイプ(戸建て)の料金について

ここではソフトバンク光のファミリータイプ(戸建て)の料金について詳しく解説します。

基本的にマンションや集合住宅にお住まいの方で、建物自体にフレッツ光の設備が整っている方はマンションタイプになり、それ以外の方は戸建てタイプを選択することになります。

通信サービスを利用するにあたって、継続的な「月額料金」の他に初期費用として「工事費」や「契約事務手数料」などもあります。

ソフトバンク光のマンションタイプの料金についてはこちら

月額料金

表1:ファミリータイプのプランと月額料金

お住まいのエリア回線タイプファミリータイプの月額料金
東日本エリアファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン4,700円
2年自動更新プラン5,200円
自動更新なしプラン6,300円
ファミリー・ライト2年自動更新プラン3,900円~5,600円
自動更新なしプラン5,500円~7,200円
西日本エリアファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン4,700円
2年自動更新プラン5,200円
自動更新なしプラン6,300円
ファミリー・ライト2年自動更新プラン3,900円~5,600円
自動更新なしプラン5,500円~7,200円

※プロバイダ料金を含む
5年自動更新プランは「ソフトバンク光テレビ」(月額750円)を申し込む必要あり

戸建てタイプの契約の場合、3種類の契約期間(5年・2年・無し)それぞれ料金が異なります。また、2年契約の場合は従量制の料金プランである「ファミリーライト」のプランを選択できます。

5年契約のプランは月額料金が安いですが、「ソフトバンク光テレビ」の申込みが必要になります。これを考えると通常プランの2年契約か、従量制のファミリーライトプランから選択するのもアリでしょう。

「おうち割 光セット」の割引について

ソフトバンク光とソフトバンクのケータイ・スマートフォン契約をセットにして利用すると、ケータイ・スマートフォンの利用料金がおうち割で割引になります。割引額はスマートフォン・ケータイ側のプランによって変わります。

表2:プランごとのおうち割 光セットの割引額

プラン名割引額
データプランメリハリ/データプランミニフィット
<旧プラン>
データプラン50GB+/データプランミニ
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円/月
<旧プラン>
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円/月

おうち割ではソフトバンクのスマートフォン・ケータイを利用する家族の利用料金も最大10回線分まで割り引かれます。

家族が離れた場所に住んでいても、おうち割の適用は可能です。ソフトバンク光を契約するのであれば、おうち割の活用がおすすめです。

ソフトバンク光ファミリータイプの初期費用

ソフトバンク光(戸建)を契約する際、最初にかかる初期費用は契約事務手数料・開通工事費の2つです。

契約事務手数料は3,000円で、これはソフトバンク光を申し込むすべてのユーザーが一律請求されます。

開通工事費は、派遣工事の種類によって異なります。

表3:開通工事費の種類

種類平日に工事を行う場合土日祝日に工事を行う場合
NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光ネクスト/他社光コラボレーションサービスから乗り換え(転用)の場合0円※工事不要0円※工事不要
建物内工事・室内工事ありの場合24,000円27,000円
建物内工事なし・室内工事のみの場合9,600円12,600円

実際にソフトバンク光に申し込むなら、正規代理店からWeb申込がお得です。当サイトがおすすめする代理店エヌズカンパニーのキャンペーンは以下のとおりです。

エヌズカンパニーの特典

1.オプション不要で33,000円現金キャッシュバック【エヌズカンパニー限定
2.乗り換え時の工事費実質無料
3.乗り換え時の他社違約金などを最大100,000円キャッシュバック


ソフトバンク光のボタン

戸建で申し込めるソフトバンク光の料金プランの詳細

戸建ての住宅で契約可能なソフトバンク光のプランは、以下の通り回線タイプと契約年数ごとの料金プランによって分かれています。

※プラン毎の料金は表1を参照

回線タイプ「ファミリー(ギガスピード/スーパーハイスピード/ハイスピード)」ごとの通信速度

通信速度は提供元(NTT東日本・NTT西日本)ごとに一部違います。

表4:ファミリーの回線タイプごとの最大通信速度

回線タイプ通信速度
ギガスピード(NTT東日本)概ね1Gbps
スーパーハイスピード(NTT西日本)概ね1Gbps
ハイスピード(NTT東日本)下り200Mbps 上り100Mbps
※IPv6 IPoE + IPv4
(IPv6高速ハイブリッド)は下り最大1Gbps
ハイスピード(NTT西日本)下り上り共に200Mbps
※IPv6 IPoE + IPv4
(IPv6高速ハイブリッド)は下り最大1Gbps
ファミリー100Mbps

提供エリアによって選択できる回線タイプが変わりますが料金は同じです。

回線タイプ「ファミリー・ライト」

ファミリー・ライトとは、2段階定額の光回線サービスです。

月間データ通信量

3,000MB(約3GB)までは、月額3,900円

それよりデータ通信量が増えると…

9,900MB(約10GB)までは、24円/100MB

9,900MB(約10GB)以上は、44円/100MB

10GB以上になると、どれだけ利用しても月額5,600円

のように加算されます。

時々メールやインターネットの調べもので使う程度なら、このプランを選ぶと料金を節約できるでしょう。

2年(5年)自動更新プラン

2年(5年)の契約期間が設定されたプランです。

2年(5年)毎の更新月(契約期間満了月)以外に解約すると解約金(契約解除料)として、2年自動更新プランなら9,500円、5年自動更新プランなら15,000円が請求されます。

なお5年自動更新プランの場合は、「ソフトバンク光テレビ」(月額750円)を申し込む必要があるので注意しましょう。

5年自動更新プランを選べるのは、ファミリー(ギガスピード/スーパーハイスピード/ハイスピード)のみ、ファミリー・ライトは2年自動更新プランのみ適用可能です。

ソフトバンク光のボタン

ソフトバンク光の料金の請求はどこからされる?

ソフトバンク光の月額料金や機器のレンタル料は、ソフトバンクから請求されます。

また、フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合で転用元のフレッツ光の利用開始時に発生した工事費用が残っている人は、残債はソフトバンクから請求されます。

ただし、ソフトバンク光を利用するにあたって、「NTTが提供するフレッツ光のオプションサービス」でソフトバンク光では提供していないサービスの利用料に関しては、ソフトバンクではなくNTTから請求されるケースがあります。

ソフトバンクから請求されるのは、

  1. ソフトバンク光の回線+プロバイダー利用量金
  2. ソフトバンク光の機器のレンタル料
  3. ソフトバンク光のオプションサービス料金(ソフトバンクが提供するものに限る)
  4. フレッツ光から転用した場合の、フレッツ光で発生した工事費用の残債

の4つです。

ソフトバンク光の月額料金が請求されるタイミングはいつ?

最後に、フレッツ光の月額料金が、どのタイミングで請求されるのか解説します。

表5:おおまかな請求と引き落としのスケジュール

内容
1月15日サービスの利用開始
31日1月分の締切日
・契約事務手数料
・月額料金
・BBフォン通話料
・ユニバーサルサービス料
 
2月10日~12日1月分の利用明細のWEB表示
26日~27日1月分の請求の引き落とし
28日2月分の締切日
・開通工事費(発生した場合のみ)
・月額料金
・BBフォン通話料
・フレッツ光の工事費用の残債
・ユニバーサルサービス料

月額料金等が実際に引き落とされるのは、その翌月の月末に近い日にちとなりますが、月額料金の決済方法が「クレジットカード」の場合は、カード会社の決済方式に従うので注意しましょう。

こうした請求形式の都合上、特に初回の請求は高額になりやすい傾向も。初回の請求には「契約事務手数料3,000円」が加算されているため、どうしても請求額が多くなります。

場合によっては、初回の請求額を見て「ソフトバンク光は高い」と誤認してしまう可能性もありますが、この「+3,000円」は初回だけです。

2回目以降の請求は工事費用が加算される可能性はありますがそこまで高額にはならないでしょう。

また、その他注意すべきポイントとして、請求される費用の中に「スケジュール通り請求されない」可能性もあります。

たとえば「工事費用」は、上記のスケジュールでは2回目の請求から請求開始となりますが、翌月以降にずれ込むこともあります。

契約したタイミングや契約内容によって、予想していたスケジュールとは異なるタイミングに請求されることも十分に考えられます。気になる方は契約時に担当者に確認しておくと安心です。

ソフトバンク光のボタン

ソフトバンク光の工事費とは?

ソフトバンク光等の光回線を利用するときは光ケーブルを自宅内に引き込む「工事」が必要です。この工事は素人が行えるものではなく、通常は工事費がかかります。

工事費については、申し込むとき回線業者が工事業者を手配してくれるため基本的に申込者は何らかの工事の手続をする必要はありません。

申し込み後に、回線業者から入る工事日程の連絡に応じましょう。

ソフトバンク光の工事費はいかなる場合も必要?

ソフトバンク光は、基本的にどのような住居にお住まいの場合でも初期工事が必要です。そうしなければ、光ケーブルを利用したインターネットサービスを利用できません。

そのため工事費用が発生することも仕方がないのですが、絶対に工事費用を払わなければならないのかと言えば、そうではありません。

そもそも初期工事自体が不要
キャンペーンを利用する

といった場合は、工事費を抑えることが出来ます。

「そもそも初期工事自体が不要」というケースは、前述の「フレッツ光ネクストや他社光コラボレーションサービスからの転用」の場合です。

ソフトバンク光はフレッツ光と同じ回線を使用しているので、フレッツ光ネクストを利用していた人は同じ設備を使ってソフトバンク光を利用できます。初期工事が必要ないので、当然ながら工事費用もかからないということになります。

もうひとつは「キャンペーンを利用する」です。ソフトバンク光や、ソフトバンク光を取り扱っている代理店での申し込みにおいて、工事費用に関係するキャンペーンを利用できれば、工事費用の負担を軽減できます。

ただし、この場合は本来の工事費用の分割回数に相当する年数が経過しない内に解約した場合、残債に相当する金額を一括で支払うことになる可能性が高いでしょう。

短期間で解約することを想定している場合は、予想したとおりの節約効果を期待できません。

→工事費に関するまとめはこちらのページをご覧ください。

ただし、ソフトバンク光では新規申し込み(転用含む)で現金のキャッシュバックや工事費を負担してもらえるキャンペーンがあるので工事費についてはあまり考えなくてもよいかもしれません。

→キャンペーン内容についてはこちらのページをご覧ください。

ソフトバンク光のボタン

ソフトバンク光の工事費用はいくらかかるの?

ソフトバンク光の工事費は、一般的な工事内容なら24,000円ほどです。これを「24回」「36回」「48回」「60回」の分割払いにできます。

60回払いにすると完済に5年かかりますが、1ヶ月あたりの負担は400円に抑えられます。

ただし、常に工事費が約24,000円かかるわけではありません。

ソフトバンク光の申し込みが新規契約ではなくフレッツ光ネクストや他社光コラボレーションサービスからの転用である場合、工事費はかかりません。回線工事そのものが必要ないからです。

「立ち会い工事がない場合」は工事費が安くなります。通常の工事であれば申込者の立ち会いが必要ですが、たとえば光ケーブルを導入済みのマンションの場合などは、立ち会い工事を必要とせず工事費も2,000円で済みます。

「自宅内の配線設備を再利用する場合」、「建物内工事なし、室内工事のみの場合」は工事費用が9,600円です。

ちなみにソフトバンク光の正規代理店「エヌズカンパニー」は、工事費を負担してくれるだけでなく現金をキャッシュバックをするキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光のボタン

また、ソフトバンク光の工事費以外の料金プランはこちらのページ

ソフトバンク光の工事費は土日・休日に実施するとプラス3000円!

ソフトバンク光の回線工事を「土曜日」「日曜日」「休日」に行う場合、「土日休日工事割増金」として3,000円かかるので、出来れば工事の日程は平日にしましょう。

ソフトバンク光の工事費はいつ請求される?

ソフトバンク光の工事費用は、「一括」および「分割」で請求のタイミングが異なります。

一括払い:利用開始月の翌月に月額料金等と一緒に請求。

分割払い:さらにその翌月からの請求・支払い開始。

※請求のタイミングがこの時期より遅れることもあります。

ソフトバンク光の工事費用に関する注意点4つ

最後に、以下の4つのソフトバンク光の工事費用に関する注意点を解説します。

  1. 工事費は上記の類型だけではない
  2. フレッツ光ネクスト以外にも工事費がかからない転用がある
  3. 分割の場合、残債があれば一括で支払う
  4. 契約事務手数料がかかる

工事費は上記の類型だけではない

まず、今まで説明した工事費用は「一般的な工事内容の場合の料金」です。そのため「一般的ではない工事」を実施した場合は、上記以上の料金がかかる可能性があります。

これに関してはお住まいの住所・住居によって事情が異なるので、気になる方は念のため調べてみましょう。

「フレッツ光ネクスト」以外にも「Bフレッツ」から変更するなら工事費がかからない

次に、先ほど説明した「フレッツ光ネクストからの転用」の場合は工事費がかからないということの補足です。フレッツ光ネクスト以外にもNTT西日本の「Bフレッツ」からソフトバンク光に変更する場合も工事費がかかりません。また、他社光コラボレーションサービスからの事業者変更も工事費用は不要です。

分割の場合、残債があれば一括で支払う

次に、工事費を分割で支払う場合における注意点です。ソフトバンク光の工事費は、一般的な工事費が請求される場合は分割払いに対応しています。

分割回数が多いほどに完済までの期間が長引くことになり、最長で5年かかります。

何年も返済期間があるということは、それだけ「完済する前にソフトバンク光を解約する可能性が高い」ということです。

もし、工事費をすべて支払い終わる前にソフトバンク光を解約する場合、残った工事費はすべて一括で支払うことになります。

また、残っている支払い回数が多いほど一度に支払わなければならない金額が大きくなってしまいます。

契約したソフトバンク光のプランが「自動更新あり」のプランだった場合、契約満了月以外のタイミングで解約した場合は9,500~15,000円の解除料を支払わなければなりません。

契約期間が長いプランほど月額料金は安めに抑えられていますが、代わりに契約満了月以外の解約における解除料が高く設定されています。

工事費用の残債と解除料を合わせれば、解約したタイミングによっては一度に相当な負担を強いられることになるので注意しましょう。

契約事務手数料がかかる

ソフトバンク光の工事費用の他にも、初期費用がかかります。ソフトバンク光の契約に際して「契約事務手数料」が3,000円かかりますが、これは工事費用には含まれておらず、ソフトバンク光の最初の請求時に支払うことになります。

ソフトバンク光のボタン

戸建での工事内容

ソフトバンク光を開通するための工事は、NTT局舎内での工事と自宅での工事の2種類があり、そのうち自宅での工事には、さらに建物内工事(光ケーブル引き込み)と室内工事の2種類があります。

以下では、この3種類の光ケーブルの引き込み方法について解説します。

  • 電話線の配管を共有する方法
  • エアコンダクトを利用する方法
  • 壁に穴をあける方法

電話線の配管を共有する方法

電話線の配管を使って宅内へ光ケーブルを引き込む方法で、基本的にはこの方法を選択します。

エアコンダクトを利用する方法

電話線との配管と共有できない場合に選択します。エアコンダクトから光ケーブルを引き込みます。この方法を使う場合、エアコンを取り換える際などに光ファイバー側の改修工事が必要になることもあります。

壁に穴をあける方法

これは電話線の配管・エアコンダクト両方が使えない場合に使います。家の外壁へ直径約1cm程度の穴を開けて引き込みます。

賃貸物件の場合は、大家に許可を貰うことが必要。万が一許可が得られないと、残念ながら開通不可となります。

※許可がでないことはほとんどないようです。

自宅の構造によっては光ファイバーが外壁に露出したり、屋根の上に配線することもあります。業者が事前に説明の上で工事を行いますが、希望に沿わない内容であれば、調整してもらえないか相談するとよいでしょう。

その後は宅内の壁に光コンセントを取り付け、そこから自宅内へ光ファイバーを引き込みます。

宅内に設置した回線終端装置(ONU)へ光ケーブルを差し込みます。ONUとは光ファイバーから取り込んだ光信号をPCなどが扱える電気信号へ変換する機器です。

このONUとルーターやPCを接続することでインターネット接続が可能となります。開通工事にかかる所要時間は約1時間。その間、立ち合いが必要です。

ソフトバンク光の工事についての評判はこちらのページから

 

ソフトバンク光
ソフトバンク光
  • 最大33,000円キャッシュバック
  • 有料オプションの加入不要
  • 最短2ヶ月でキャッシュバック

NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 月額4,743円~
  • 通信速度2Gbps

ドコモ光
  • 顧客満足度No.1 ※
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 通信速度が1Gbps

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業