ソフトバンク光の問い合わせ方法と繋がらないときの対策方法

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ソフトバンク光の問い合わせ方法と繋がらないときの対策方法

ソフトバンク光の問い合わせ窓口は?

通信サービスを利用するにあたっては、さまざまなトラブルが発生してしまいます。パソコン等が問題であれば、メーカーへの問い合わせによってこれを解決することができます。しかし、インターネットサービスそのものに対する疑問であったり、そもそもどこに問題があるのかわからない場合だと、ソフトバンク光の担当者への問い合わせを必要とする場面も出てくるのではないかと思います。

■ソフトバンク光への問い合わせはどこにすれば良いの?

ソフトバンク光への問い合わせは、「電話」「メール」「WEB」「チャット」で行うことができます。ただし、それぞれの方法ごとに受付時間や、問い合わせ可能な内容が異なりますので、問い合わせたい内容や問い合わせのタイミングによって方法を選択する必要があります。

■電話

問い合わせの代名詞といえば「電話」です。ソフトバンク光に関する、あらゆる問い合わせを行うことができます。

・電話番号:186+0800-111-2009

・受付時間:10時~19時

▽電話での問い合わせのメリット

電話での問い合わせによるメリットは、第一に「つながれば即座に対応してもらえる」という点です。メールでの問い合わせの場合、場合によっては返信まで何日もかかることもあります。急ぎの用向きの場合、すぐに対応してもらえる電話での問い合わせが最適です。

また、ほぼ確実に問題を解決できるという点も魅力です。電話の場合、専属のオペレーターが対応してくれるので、問題がどのような内容であるのかを正確に把握し、適切な対処法をわかりやすく説明してもらうことができます。

▽電話での問い合わせのデメリット

電話で問い合わせをする際のデメリットは、何と言っても「繋がりにくい」という部分にあります。

http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/sbhikari/

上記のページに「コールセンター混雑予想カレンダー」が用意されているのですが、見たタイミングが3月の中旬だったためか、土日以降のスケジュールがほぼ「つながりにくい」一色でした。引越しシーズンなので仕方がないのかもしれませんが、問い合わせをするタイミングによってはなかなかオペレーターも対応しきれないということになります。

問い合わせをする際には、上記のカレンダーを確認して、つながりやすいタイミングかどうか事前に確認しておくと良いでしょう。もし、つながりにくいと予想されている場合、一応は電話してみて、つながらなかったら時間をおくか、他の方法で解決するようにしましょう。

■メール

次は「メール」です。メールでの問い合わせは「サービス内容」と「配線・設定方法」に関することに限定されます。

http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/public/index.php?mode=sbhikari02

上記のページから、問い合わせフォームに移動して必要事項を入力します。いつでも問い合わせができる反面、問い合わせられる内容が少ないことと、返信まで時間がかかる可能性が高いという点がデメリットになります。

■WEB

次は「WEB」です。これは、問い合わせと言うよりは「該当の情報が掲載されているページにアクセスして、情報を確認する」という手順になります。上記の混雑予想カレンダーのページにアクセスし、該当の問い合わせ内容の部分のパソコンマークをクリックすると、その情報が掲載されているページへのリンクになります。

また、各種設定もこのページからアクセスすることができます。メリットとしてはメール同様24時間いつでも確認できるという点ですが、該当のページにアクセスしても本当に必要な情報を確認できるかどうかは微妙です。また、メールほどではありませんが、電話ほど何もかも確認できるというわけでもありません。

■チャット

最後は「チャット」です。これは、メッセージチャットによって担当者に問い合わせをすることができるサービスです。電話で問い合わせをするのが苦手な人にとって利便性が高いですが、これも混雑時には電話同様に繋がりにくくなる可能性があります。また、若干ですが返信までにタイムラグが生じることもあります。

ソフトバンク光の問い合わせ窓口の電話が繋がらないときは?

問い合わせの内容によっては、電話でしか聞けないこともあります。また、他の方法で情報を収集しても必要な情報が得られない事も考えられます。そんな時にはどのように対処するべきなのでしょうか?

■時間をおいて電話をかけ直す

オーソドックスな方法としては、やはり「時間をおいて電話をかけ直す」ことです。混雑時に電話をしてもつながりません。オペレーターの都合がつく時間帯を狙って電話をかけましょう。特に、サポート開始直後の10時頃となると、なかなかつながらないようです。

■よくある質問などを確認する

ここからは、電話での問い合わせを諦める方法です。まずは「よくある質問」を確認することです。ここには、多くのユーザーが同じ質問をしている場合にその情報が掲載されています。自身が体験しているトラブルが過去に他のユーザーも経験しているものであれば、ここを確認すれば希望する情報が得られる可能性が高いです。

■外部サイトで情報を収集する

よくある質問にも必要な情報が無ければ、ソフトバンク光のページ以外のサイトから情報を収集する必要があります。例えば「知恵袋サイト」や「ソフトバンク光についての情報を掲載しているサイト」などです。必要に応じて、知恵袋サイトで新規の質問を立ち上げることも試してみましょう。その際には、出来る限り現状の情報をわかりやすく記載すると、的確な回答を得やすくなります。