ソフトバンク光の引越手続きや費用について解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ソフトバンク光の引越手続きや費用について解説

ソフトバンク光は引っ越したら手続きは必要?

固定回線には「持ち運べない」というデメリットがあります。「固定」なので当然なことではありますが、そのため「引越し先には回線を持ち運べない」という点についてはきちんと考慮する必要があります。

ソフトバンク光や、乗り換え元のフレッツ光の契約時に回線工事を行った経験があるかと思いますが、引っ越しをするということは「住む場所が変わる」ということなので、引越し先でも同様の手続きを必要とするということになります。

回線業者としても、何の連絡もなく勝手に引っ越しされても、すぐに対応することなんてできません。モバイル端末であれば事務手続き一つで解決できることが多いですが、固定回線なので事前にきちんとした手続きと、それに伴う各種作業を必要とするので、早めに手続を開始する必要があります。

手数料はかかる?

ソフトバンクの引っ越しに際しては、以下の費用が発生します。

 ●引越し先での回線工事

まずは「引越し先で行う工事の費用」です。工事費用は以下のとおりです。

派遣工事あり 24,000円
派遣工事(宅内工事のみ) 9,600円
派遣工事無し 2,000円
土日休日工事割増金 上記にプラス3,000円
その他工事(必要な場合) 上記にプラスα円

 

一般的な工事になる場合は、24,000円の工事費用が発生することになります。ただし、キャンペーンを実施している場合は割引してもらえる可能性もあります。乗り換えに際しては、実施中のキャンペーンについても考慮する必要があります。

●エリアを跨ぐ場合の手数料

次に、引っ越しにあたって「NTT東日本」と「NTT西日本」のエリアを跨ぐ場合には、手数料として3,000円かかります。引っ越しにあたって、引越し先が引越し元とエリアが異なるかどうか確認しておきましょう。

●光電話・光テレビの工事費用

最後に、「光電話(N)」「ホワイト光電話」「ソフトバンク光テレビ」を利用中で、引っ越し先でも継続してこれを利用する場合には、上記の工事とは別に工事費用が必要になります。

工事費は必要?

前述の通り、引越し先で工事を行う場合は、それに応じた工事費用が必要になります。最も多くなるパターンは、通常とは異なる工事を行う場合で土日祝日工事割増金が発生し、なおかつ光電話などのサービスを継続して利用する場合です。この場合は3万円以上のコストがかかることになります。

ただし、前述の通り工事費用は「キャンペーン」によって割引してもらえる可能性があります。そのため、工事費用による負担を最小限にしたい場合は、

  1. 工事費用に関するキャンペーンが実施されているかどうか確認する
     
  2. キャンペーンがある場合、その適用条件を満たせるかどうか確認する
     

上記の確認作業が必要になります。

ソフトバンク光の移転手続きはどこでできるの?

ソフトバンク光の引越手続きは、インターネット上では手続きすることができません。ソフトバンク光の引越手続きは「引越し手続き専用窓口(電話番号186+0800-170-5409)」か「ソフトバンクショップ」で手続きをする必要があります。

ただし、ショップでの手続きは以下の条件を満たしている場合はできません

・NTT東西のエリアをまたいで引っ越しをする場合

・「ホワイト光電話」と「光電話(N)」を利用している場合

●引越し先でのサービス提供確認

手続きにおいては、まず「引越し先でソフトバンク光を利用することができるか」ということを確認します。引越し先の住所を担当者に聞かれ、その住所ではソフトバンク光を利用することができるのか、あるいは利用開始まで時間がかかる住所ではないかどうかの確認を行います。

●利用プランの確認

利用可能なエリアであると判明した場合は、引越し先の住所に合ったプランの確認を行います。光インターネットサービスは、お住いの住居のタイプ(「戸建て」か「マンション」)で料金が異なります。

●工事日を確認する

次に、工事日の日程の確認を行います。工事に関しては、住居の環境によっては「立ち会い」が必要になるケースがあります。なお、工事日についてはその時点では決定されず、最終的に後日届く書面もしくはSMSによる連絡で決定されます。

●引越し元での撤去工事

まずは、引越し元でのソフトバンク光の撤去工事を行います。なお、立ち会いが必要ではない場合は宅内機器を引越し先まで持っていく対応をする必要がありますが、工事当日に対応しなければならないことは基本的にありません。

●引越し先でのソフトバンク光の開通工事

最後に、引越し先でソフトバンク光の開通工事を行います。立ち会いが必要な場合は、工事日に担当者が引越し先に来ます。また、機器の変更が必要な場合は担当者が機器を持参します。立ち会いが必要ではない場合、機器の設定とパソコン等のデバイスへの接続設定を行い、インターネットの利用を開始することができます。