ソフトバンク光のテレビサービス「ソフトバンク光テレビ」について徹底解説

ソフトバンク光テレビとは?

光インターネットサービスを利用するにあたっては、基本となるインターネット接続サービスだけではなく、さまざまなオプションサービスを利用することができます。その代表的なものは「光テレビ」と「光電話」です。ソフトバンク光でも、月額料金を支払えばこれらのオプションサービスを利用することができます。

●ソフトバンク光の「ソフトバンク光テレビ」

ソフトバンク光で利用することができる光テレビオプションは「ソフトバンク光テレビ」です。このオプションサービスは、「スカパーJSAT」が提供している放送サービスである「スカパーJSAT施設利用サービス」と同時契約することによって、地上/BSデジタル放送を受信することができるサービスとなっています。

▽ソフトバンク光テレビの特徴

・BS全チャンネル受信にフル対応

ソフトバンク光テレビは、BSデジタル放送を全チャンネル視聴することができます。手軽にBSデジタル放送を楽しむことができますが、一部のチャンネルは有料での対応となっていますので注意しましょう。

・アンテナ不要で外観に影響なし

ソフトバンク光テレビでは、光回線で放送データを受信します。そのため、アンテナを設置して電波を受信するための設備を用意する必要はありません。逆に言えば、建物の都合王、アンテナを設置することが難しかったり、外観を大きく損なってしまうような場合でも利用することができるという点がメリットになります。

・電波状況に左右されにくいクリアな映像

さらに、光ケーブルを利用することによって、悪天候による映像の乱れなどの電波障害のデメリットを受けにくくなっています。高層ビルや高圧線など、電波を阻害するようなものが近くにあるご家庭でも、安定した品質のBS放送を満喫することができます。ただし、豪雨などの場合は受信できなくなる可能性もあります。

ソフトバンク光テレビのサービス提供エリアは?

ソフトバンク光テレビのサービス利用可能エリアは、以下のとおりです。ただし、以下に示したエリアの中でも一部の地域は利用できない可能性があります。詳しくは、申し込み時に担当者に確認してください。

●東日本エリア

・東京都
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県
・茨城県
・栃木県
・群馬県
・新潟県
・福島県
・北海道

●西日本エリア

・大阪府
・和歌山県
・京都府
・奈良県
・滋賀県
・兵庫県
・愛知県
・静岡県
・岐阜県
・三重県
・広島県
・岡山県
・香川県
・徳島県
・愛媛県
・福岡県
・佐賀県

ソフトバンク光テレビの料金は?

ソフトバンク光テレビの月額利用料金は、「テレビ伝送サービス:450円」と「スカパーJSAT施設利用量:210円」の、合計660円です。ただし、これは「基本料金」であり、一部のチャンネルにはこれとは別に利用量が設定されていますので注意しましょう。

ソフトバンク光テレビの申し込み方法

ソフトバンク光テレビの申し込みは、電話にて行うことができます。一般電話・携帯電話などで申し込むことができますので、受付時間内に申し込みをするようにしましょう。

電話番号:0800-111-2009

受付時間:10時~19時(土日祝日は一部休業)

ソフトバンク光テレビを申し込む際の注意点

最後に、ソフトバンク光テレビを利用する際の注意点について解説します。

●地上デジタル放送/BSデジタル放送に対応したテレビもしくはチューナーが必要

まず、ソフトバンク光テレビを利用するためには、地上デジタル放送およびBSデジタル放送に対応したテレビ、または対応チューナーを用意する必要があります。これらを保有していない場合、別途購入して利用可能な状態にする必要があります。

●一部のチャンネルは基本料金とは別に料金が発生する

次に、ソフトバンク光テレビを利用する際に、提供されているチャンネルの一部には基本料金660円とは別に、受信料もしくは視聴料が必要な場合があります。また、一部の有料放送に関しては、別途スカパーの加入料および月額料金の支払いが必要になります。

●お住いのエリアによって事情が異なる

次に、お住いのエリアによって、契約時に注意しなければならないポイントに違いがあります。まず、東日本エリアにお住まいの場合、マンションタイプの契約の場合は「光配線方式」のみ利用することができます。次に西日本エリアにお住まいの場合は、ファミリータイプでの利用のみが可能となっています。お住いのエリアとお住いの住居の相性によっては、ソフトバンク光テレビを利用することができない可能性がありますので注意しましょう。

●スカパー専門チャンネルの放送の受信には別途契約とチューナーが必要になる

最後に、「スカパー専門チャンネル放送」を受信したい場合、基本契約とは別に放送事業者が提供する放送サービスの契約と、対応するチューナーまたは専用端末を用意する必要があります。