ソフトバンク光を使えるのはどのエリア?ソフトバンクを利用できるエリアとその調べ方

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ソフトバンク光を使えるのはどのエリア?ソフトバンクを利用できるエリアとその調べ方

ソフトバンク光の提供エリアはどこ?

通信サービスには「利用可能エリア」というものがあります。これは、通信サービスの利用における重要なポイントとなる「回線」「電波」が、その住所において利用可能であるかどうかを調べることになります。

いくら有力なサービスであっても、提供可能エリアでなければ契約することはできません。一部の通信サービスは、提供可能なエリアが非常に限定されていることもあり、契約を考えるにあたって第一に調べておかなければならないポイントとなります。

ソフトバンク光を利用できるエリアとは?

「ソフトバンク光を利用できるエリア」とは、言い換えれば「フレッツ光ネクストを利用できるエリア」ということになります。つまり、現時点でフレッツ光ネクストを利用している人(この場合は「転用」扱いになる)、もしくは何らかの理由でフレッツ光ネクストを利用可能な住所であることを知っている場合、ほぼ確実にソフトバンク光を利用することができると思われます。

ソフトバンク光は、フレッツ光ネクストと同じ回線を使用しています。なので、フレッツ光ネクストと同じ提供エリアを共有しているのです。フレッツ光は提供エリアが広いので、多くの場合は問題なく利用することができるものと考えられますが、お住いの地域によっては利用できない場合もあります。

ソフトバンク光側が「申込者が利用できないエリアに住んでいる」と把握できる場合には、そもそも契約自体が出来ません。申し込みの時点でその旨が通知され、それ以上の手続きができないようになっています。

ソフトバンク光が使えるエリアかどうか確認する方法(手順)

では、具体的にソフトバンク光の提供エリアを調べる方法について解説します。前述の通り、ソフトバンク光が利用可能なエリアとは、そのまま「フレッツ光ネクストを利用することができるエリア」ということになりますので、「フレッツ光ネクストを利用できるかどうか?」を調べることでソフトバンク光を利用できるかどうかを調べることができます。

東日本か西日本かを調べる

まず第一に、ソフトバンク光を利用したい住所が「NTT東日本」と「NTT西日本」のどちらの管轄エリアであるかを調べる必要があります。住所検索は、それぞれのホームページからアクセスすることができますので、まずはそもそも自分の住所がNTTのどちらに属するのかを調べる必要があるのです。

NTT
東日本
北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 栃木県 茨城県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 山梨県 長野県 新潟県
NTT
西日本
石川県 富山県 福井県 岐阜県 静岡県 三重県 愛知県 滋賀県 京都府 大阪府 奈良県 和歌山県 兵庫県 鳥取県 岡山県 島根県 広島県 山口県 愛媛県 香川県 徳島県 高知県 福岡県 長崎県 佐賀県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

各ホームページで利用可能エリアを調べる

どちらに属するかを調べ終わったら、対応するNTTのホームページにアクセスして、利用可能エリアであるかどうかを調べましょう。

・NTT東日本

https://flets.com/

・NTT西日本

https://flets-w.com/cart/index.php

上記のページで、利用したい住所の郵便番号等の情報を入力し、提供可能エリア内であるかどうかを調べます。注意したいのは、上記のページでエリア検索をするとそのまま申し込み手続きに以降するような仕組みになっていますので、提供可能エリアであるかどうかを確認できたらすぐにページを閉じてしまいましょう。

本当に問題無いの?

基本的に、上記のページにアクセスして必要な情報を入力すれば、ソフトバンク光を利用可能なエリアであるかどうかを確認することはできます。しかし、実際に申し込んでから利用開始できるかどうかは、やってみなければわからないという部分も少なくありません。

光インターネットを利用するためには、光ケーブルを自宅内に引き入れて、これを専用の機器に接続してパソコン等のデバイスに接続します。光ケーブルを引き入れることができればほぼ問題ないのですが、何らかの事情で光ケーブルを引き入れることができない場合は光インターネットサービスの利用を妨げられることになります。

これに関しては、実際に回線工事を実施する担当者が自宅まで来ないとわからない部分も少なくありません。回線工事が特殊な工程を必要とする場合や、最悪の場合は回線を引き込むことができない場合もあります。

上記のトラブルは、特に「新居」のように、NTTがその住所の情報を正確に把握できていない場合に起こる可能性があります。住所検索はマンション名まで細かく検索することができますが、さすがに新居ともなると情報が無いので調べることができません。また、提供エリアを調べる際に何らかの情報を間違えてしまうと(住居タイプの選択など)、正確にエリア判定ができません。