ソフトバンク光の「光BBユニット」ってどんなことができるの?料金や設定方法を解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ソフトバンク光の「光BBユニット」ってどんなことができるの?料金や設定方法を解説

光BBユニットでどんなことが出来るか

光インターネットサービスを利用するにあたっては、さまざまな機器を利用することになります。実際にインターネットを利用することになるパソコン等のデバイスは自分で用意するとしても、機器の中には通信会社からレンタルして利用するものもあります。

●ソフトバンク光の「光BBユニット」

ソフトバンク光では、有料オプションの一つに「光BBユニット」があります。これは、主に以下の2種類の機能を持ち合わせています。

・Wi-Fiルーター

まずは「Wi-Fiルーター」としての機能です。「Wi-Fiマルチパック」という別の有料オプションに加入することで、光BBユニットに内蔵されている無線LAN機能を利用してパソコンやスマートフォンに接続することができます。

ご自宅で複数のデバイスをインターネットに接続したい場合に、LANケーブルを使用すること無くデバイスをインターネットに接続することができます。別途、無線LANルーターを用意しなくて済むので便利です。

・光電話サービスとの接続

次に、ソフトバンク光の電話サービスである「光電話」や「BBフォン」などの有料オプションサービスを利用する際の接続機器としての機能も持ち合わせています。つまり、これ一台でインターネットも電話も接続することができるということになります。

光BBユニットの料金は?

光BBユニットは、月額467円で利用することができます。

光BBユニットの設定方法

光BBユニットに申し込んでいる場合、光BBユニットが郵送された際に専用のガイドブックが同梱されているはずです。文字だけでなく、図解付きでわかりやすく接続・設定の方法が記載されているので、基本的にこれを参照しながら設定することになります。大まかな接続の流れは以下の通りになります。

  1. NTT提供機器と光BBユニットをLANケーブルで接続する
     
  2. 光BBユニットとパソコンをLANケーブルで接続する
     
  3. 光BBユニットに電源アダプターを接続する
     
  4. 電源アダプターをコンセントに挿し込む
     
  5. 光BBユニットの「電源ランプ」および「インターネット回線のランプ」が点灯していることを確認する
     
  6. パソコンの電源をオンにして、インターネットブラウザを起動する
     

 

光BBユニットを解約する方法

光BBユニットは有料オプションなので、不要な場合は余計な月額料金がかからないように解約する必要があります。光BBユニットを解約したい場合、まず以下のサイトにアクセスしてください。

https://ybb.softbank.jp/member/yf/bbunit/

光BBユニットに関する手続きについて解説しているページです。このページで「利用停止」をクリックし、表示される情報について十分に確認した上で「手続きに進む」からさらに下にスクロールして「停止する」をクリックして手続きに進みます。

光BBユニットを解約する際の注意点

光BBユニットを解約する際には、以下の点に注意しなければなりません。場合によっては大きな損失に繋がる可能性もありますので、事前に十分に確認した上で解約手続きを開始しなければなりません。

●「おうち割 光セット」が終了する

まず、最も大きな問題点として「おうち割 光セット」の割引が終了してしまうという点が挙げられます。おうち割光セットは、BBユニット等の利用を条件として、ソフトバンクのスマートフォンの月額料金を割引してくれるサービスです。光BBユニットを解約することで、割引がそこで終了してしまいます。

●無線接続のためには別途ルーターを用意しなければならない

次に、無線接続でインターネットを利用している場合、そのためのルーターを別途用意しなければならなくなります。光BBユニットには無線LANが内蔵されているのですが、それを解約するということは返却するということになるので、今まで光BBユニットを利用して無線接続を利用していた場合は別の方法を用意する必要があります。

パソコンの場合はLANケーブルを使って有線接続することもできます。しかし、LANポートを持たないスマートフォン等のデバイスを利用している場合、無線接続しか方法がありません。なので、無線LANルーターを用意しなければなりません。昨今はそれなりに安価なルーターも多いですし、ネット上では「光BBユニットの無線LANは遅い」という評価も多いので、解約を機に自前でルーターを購入されることをオススメします(レンタルとは異なり購入費用がかかる代わりに月額料金がかからなくなる)。

●返却時にコストがかかることもある

前述の通り、光BBユニットを解約するということは現物を返却しなければならないということになります。その際、光BBユニット本体を返却できなかった場合には18,000円、故障等が発生していた場合は7,143円の支払いが必要になります。

さらに、光BBユニット専用の「無線LANカード」のみ返却時には8,000円、故障や破損が生じていた場合は7,143円の支払いが必要になります。光BBユニットを大事に使っていないと、故障や破損を生じる可能性が高くなります。スマートフォンや「WiMAXの機器」とは異なり、光BBユニットはあくまでも「レンタルしている機器」なので、いつか返却することを考慮して大切に扱うようにしましょう。

ソフトバンク光の詳細情報はこちらから