;

U-NEXT光の実際の通信速度と、遅い場合の有効な改善策について

U-NEXT光は「フレッツ光」のコラボレーションサービスの一つです。代表的な光回線、フレッツ光でも使用している光回線を各プロバイダ業者などに卸すことで、NTT以外の業者でも光回線サービスを提供できるようになりました。

光回線と言えば高速回線、つまりその通信速度の速さが大きな魅力です。インターネットを使う上でページの読み込み時間が長いことはストレスの原因になるので、それが大幅に短縮される高速通信はとてもありがたいですね。

多くの光回線業者では最大1Gbpsの通信速度をウリにしており、「なんだか速そう!」と考えて光回線契約する人も多いのではないでしょうか。

ただ、一つ注意しなければいけないのが、ホームページなどに書かれている速度はあくまで「最大」速度です。実際に計測される通信速度は接続環境によって大きく影響を受けるため、数十分の一程度のスピードになってしまうことも少なくありません。

これらを踏まえて、U-NEXT光の通信速度はどの程度なのか、インターネットをするにあたり十分なものなのかについて見ていきましょう。

また、現在U-NEXT光を利用していて、全然スピードが出ない!と感じている人に向けて、速度改善のためのアドバイスも記事の中盤、後半で行っていますので、困っている人はぜひ参考にしてくださいね。

U-NEXT光の通信速度は速いの?

U-NEXTが提供している光回線サービスには大まかに分けて2種類あります。これらのサービス名は「U-NEXT光」と「U-NEXT01」で、U-NEXT光は戸建てとマンションなど集合住宅のどちらにも対応している光回線、U-NEXT光01は主に集合住宅にのみ対応している光回線サービスです。

そして、U-NEXTの最大通信速度は1Gbps、U-NEXT光01では100Mbpsです。U-NEXT光01の通信速度はU-NEXT光の10分の1しかありませんが、その分月額料金は抑えめになっています。

数字だけを見ると速さではU-NEXT光の圧勝ですね。また、インターネットをするにあたり、テキストサイト閲覧なら1Mbps、動画視聴なら3Mbps、ネットゲームでも5Mpbs程度の通信速度があれば十分だと言われています。

回線の速度を重要視しているならダントツでNURO光がおすすめです。関東関西東海の方にかぎられますが・・

実際に自宅で計測される通信速度は大きく低下する

このようにU-NEXT光はもちろん、U-NEXT光01でも速度的には全く問題ないように一見思えます。しかし、記事の冒頭でも述べたように、1Gbpsや100Mbpsといったこれらの速度はあくまで最大のものです。環境が少しでも変われば通信速度は容易に影響を受け、あっという間に大きく低下してしまいます。

これを少し専門的な言葉で言うと「ベストエフォート」と言うのですが、通信速度が低下するような原因がない環境、つまりネット接続環境が理想的な状態で計測される速度がこれらの数値なのですね。もちろん、自宅などのネット環境は理想状態からはほど遠いものですから、大幅な速度低下が見込まれます。

そのため、自宅などで快適なネットサーフィンや通信を行うには、各光回線業者が提案している通信速度よりも、実際に自宅などのネット環境において十分な速度が出るかがとても重要になります。

それでも最大1Gbpsもあれば、多少下がったとこでせいぜい半分、最悪でも4分の1程度だろうと思うかもしれません。ところが、環境によっては何百分の1まで低下してしまうこともよくあります。それこそ2Mbps程度にまで下がる場合もあります。つまり、最大速度がどれだけ早くても、環境によっては全く意味がなくなってしまうのですね。

では、U-NEXT光の実際の通信速度はどうなのでしょうか?測定した数値を見ていきましょう。

実際にU-NEXT光の速度を測定してみる

通信速度を計測するには一般的に「スピードテスト」と呼ばれているアプリケーションを用います。ネット上にはさまざまな種類のスピードテストが公開されており、通信速度以外にもping値なども測定可能です。

通信速度には「下り」と「上り」があり、快適なネットサーフィンのために重要になるのが下りのほうです。下りとはいわゆるダウンロードスピードを表しており、ファイルのダウンロード時間などにも影響を与えます。

対して、上り速度はアップロード時間に影響します。メールの送信やクラウドサービスへのデータ送信にも関係します。

それでは、U-NEXT光の下り速度はどの程度なのでしょうか。実際に計測してみると50Mbpsほどでした。業者が宣伝している1Gbpには遠く及ばないですが、これだけあればページの読み込み速度や動画視聴の際に不満を持つことはないでしょう。

また、通信速度は時間帯によっても変化します。これは単純にインターネットを利用する人が増え、回線が混雑するからですね。

日本でインターネット利用者が最も多くなるのは午後10時だと言われているので、その時間帯でも再度計測してみました。結果は40Mbpsで、少し低下こそしましたが、ネットサーフィンをするには十分すぎる数値ですね。

ただ、上述したように、通信速度は環境によって大きく影響を受けることに注意です。今回計測した数値があなたの自宅で再現される保証はどこにもありません。50Mbps!?十分すぎる!と、早合点しないようにしてくださいね。

ネット上の口コミでの通信速度は?

次にネット上のU-NEXT光に対する口コミを見てみましょう。評判は賛否両論ありますが、今回は通信速度にだけ注目して見ていきます。

40人分ほど見てみると、おおむね50mbps程度で落ち着いている人が多いようですね。中には10Mbpsを切る人や、100Mbpsを超えるような平均を大きく上回る人も見受けられましたが、40~60Mbpsがボリュームゾーンのようです。

ただ、計測した時間帯などは記載されていなかったので、それによる影響は加味されていないかもしれません。さらに、戸建てか集合住宅かによっても通信速度は変わってくるので要注意です。

また、意外に見落としがちなのが光回線の安定性です。どれだけ通信速度が早くても、何度もぶちぶち通信落ちするようでは非常に使いづらいですよね。

これも口コミの評価になりますが、安定性の面で不満を述べている人はほとんど見られませんでした。U-NEXTは大規模なサービス展開を行っているので、やはりネット環境の異常に対する監視や対応はしっかり行っていると考えてよいでしょう。

現在使っているインターネット回線の通信速度に不満がある人は、一度スピードテストを行ってみましょう。また、スピードテストは一度だけでなく、さまざまな時間帯、アプリケーションで行うことが大切です。

U-NEXT光の速度が遅いときの原因は?

ここからは現在U-NEXT光を使っていて、十分な通信速度が出ていない人のために、速度が遅くなってしまう原因や、少しでも速度を改善させる方法について解説していきます。

インターネットが混雑していない時間帯(昼や早朝など)に利用することで、ある程度の速度改善が望めますが、やっぱりいつでもネットを快適に利用したいですよね。

まず速度改善のために、通信速度が低下している原因を突き止めましょう。原因は大きく2つに分かれ、光回線やプロバイダ、つまり業者側に問題がある場合と、こちらのルーターやパソコンに問題がある場合があります。

どちらに原因があるのか特定するためには、住宅内部にある「回線終達装置」にパソコンを有線ケーブルで直接接続します。多くの場合、ルーターなどの中継機器を設定していると思いますが、それらは一旦外してしまいましょう。また、集合住宅では回線終達装置がなく、壁から直接LANが出ていることもあります。

そして、この状態でスピードテストを行い通信速度を計測しましょう。これでも十分なスピードが出ない場合、プロバイダなどの業者側、つまりU-NEXTに問題がある可能性が高いです。パソコンを数台持っているなら他のパソコンでも試してみることで、パソコンに原因がある可能性を排除できます。

逆に、これで通信速度が大きく改善するようなら、こちらの環境に問題や原因がある可能性が高いです。

この作業でどちら側に速度低下の原因があるか分かったら、次にそれを改善する手段を取りましょう。

U-NEXT光の速度が遅いときの改善策

先ほどの方法でU-NEXT側に問題がある可能性が高い場合の改善策ですが、実は有効な方法はあまりありません。こちらの環境を変えても改善する可能性は低いですし、問い合わせフォームから不満を伝えてもそれで問題が解決することはあまりないでしょう。ネット環境にはある程度相性のようなものもあるので、どうにもならないこともあるのです。

とはいえ、通信速度が遅いのは致命的な問題ですし、現在の速度にどうしても満足できない場合は解約も選択肢に入ってくるでしょう。ただ、U-NEXT光の割引サービス「にねん割」に加入している場合、2年間の利用期間が定められており、その期間内の解約には違約金が発生するので注意が必要です。

次に、こちらの環境に問題がある場合ですが、多くの場合は周辺機器が古いことに原因があります。古いルーターやLANケーブルは1Gbps回線に対応していないことがあり、たとえ実際に1Gbpsが出なくてもそこで速度に低下が起こりうるのです。

何年も前のルーターなどを使用している場合は、この機会に買い替えを検討しましょう。最近ではルーターの値段も安くなってきているので、1万円以下でも十分な性能のルーターを購入できます。

他にも、無線環境でインターネットを利用している場合には、電波状況も通信速度に大きな影響を与えます。無線LANルーターから離れすぎると電波が弱くなり、通信速度は大きく低下します。部屋をまたいだりすると電波は一気に弱くなるので注意してくださいね。

U-NEXT光には速度制限はある?

U-NEXT光はファイル交換ソフト等の帯域を専有する通信に対して、通信速度の大幅な制限を行っています。P2Pファイルを使った通信などをほぼ不可能だと言えるでしょう。もちろん、それらを用いない普通の通信には制限はありません。

U-NEXT光の速度に関する注意点

繰り返しになりますが、1Gbpsと宣伝していても実際にその速度が出ることはほぼありません。多くの場合、通信速度は最大100MbpsのU-NEXT光01とほとんど変わらないか、多少速いくらいでしょう。それでも50Mbpsも出れば十分すぎる速さなので、そこまで心配する必要はありません。

現在10Mbpsを切るような速度しか出ていない人は、一度その原因について調べてみましょう。ルーターを交換するだけでも劇的に改善する場合もあります。