U-NEXT光の新規契約時、移転時それぞれの工事費について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-NEXT光の新規契約時、移転時それぞれの工事費について

インターネット回線を自宅に導入するには基本的に回線の引き込み工事が必要になります。家の外を通っている光回線を宅内に引き込み、回線の末端を回線終達装置という機器に繋げるのが基本的な工事内容ですね。

回線、回線終達装置はともに業者が持ってきて設置してくれるので、こちらで用意する必要はありません。そして、この工事は無料で行ってくれるわけではありません。多くの場合、初期費用として数万円の費用が発生し、月額料金とは別で支払う必要があります。

気をつけたいのが、インターネット回線の月額料金ばかり注目してしまい、いざ契約したら思わぬ工事費用を請求されてしまったというケースです。工事費用は各業者によって大きく異なり、また、時期によってはキャンペーンなどで工事費が無料になっていることもあります。そのため、工事費や契約事務手数料などの初期費用は必ずチェックしておくことをオススメします。

この記事ではU-NEXT光の工事費用や支払方法について解説していきます。

U-NEXT光の工事費用はいくら?

では肝心の工事費用ですが、基本の工事費は24,000円(以下、全て税抜表示)となっています。これは全くの初期状態から回線を導入するためにかかる費用で、おそらく戸建てかつ新規で契約する場合はほとんどこの工事になるでしょう。

例外として、配線設備がすでにある状態、もしくはLAN配線方式による工事の場合は工事費用が7,600円になります。LAN配線方式とは主に集合住宅などで見られる回線の配線で、共有の回線終達装置がすでに建物内に設置されており、そこからLANケーブルを伸ばすだけでインターネットを利用できる配線方式のことです。

つまり、マンションや集合住宅でU-NEXT光を導入する場合は7,600円の工事費用で済む可能性があるのですね。住んでいるマンションがこの配線方式をとっているかどうかはオーナーや管理人に問い合わせればよいでしょう。どちらの場合も戸建てタイプ、マンションタイプで金額の違いはありません。

  • 工事内容によっては金額に違いも

これらの金額はあくまで基本的な工事を行った場合です。

状況によっては追加工事が必要になったり、また、追加の設定や工事を依頼した場合は増額することもあります。

後でトラブルにならないためにも、日程調整の際にオペレーターによく確認しておきましょう。

また、現在フレッツ光と契約していて在宅工事が必要でない場合でも工事費用が発生する可能性があります。

金額は2,000円と在宅工事費用に比べれば比較的安いですが、無料ではないかもしれないということを知っておきましょう。

初期費用にはこれら工事費用の他に、契約事務手数料として別途3,000円かかります。

工事費と契約事務手数料を合わせた金額がU-NEXT光と契約する際の初期費用と考えておけばよいでしょう。

  • 光テレビを利用する場合は別途工事費用が必要

U-NEXT光と一緒に光テレビを導入する場合は、光テレビの工事費用もかかります。

U-NEXT光の工事とまとめて依頼することで工事費用を安く済ませることができますが、完全無料になるわけではありません。

工事内容によってはこちらで準備しなければならない機器などもあります。

光でんわもそれ単体で申し込み・工事をする場合には工事費用が発生しますが、U-NEXT光と同時申し込み・工事を行うことで工事費を無料にできます。

これらの導入を検討しているなら、まとめて申し込むことで少しおトクに利用できるようになりますね。

  • 時間指定・夜間・早朝工事には追加料金が発生する

工事の日程調整はある程度こちらの都合で指定することができますが、それでもこの時間ピッタリに、という調整はできません。

どうしてもこの時間にしてほしいという場合は追加料金を支払うことになります。

また、指定した時間が夜間、早朝であった場合はその分の追加料金も発生します。

何時から夜間、何時まで早朝にあたるかはオペレーターに確認しておきましょう。

土日祝日、年末年始は基本的に工事を行っていません。この期間に工事をお願いする場合も追加料金が発生するので注意しましょう。

  • 初期設定をしてくれる有料オプションも

引き込み工事は引き込んだ光回線を回線終達装置に繋げるところまでです。

これ以降の設定や配線は基本的に全て自分で行うことになります。ルーターを準備している場合は、回線終達装置からルーターを有線LANで繋ぎ、さらにルーターとパソコンの設定を行わなければなりません。

パソコンや周辺機器に詳しい人、扱いに手馴れている人ならそこまで難しい作業ではありませんが、詳しくない人にとっては大問題です。

設定方法を検索しようにもインターネットに繋ぐことはできないので、非常に困りますね。

こんなときのために、U-NEXT光は有料オプションとして設定サービスを行っています。

費用は1回につき8,000円とやや高額ですが、どうしても設定に自信がない人は利用するとよいでしょう。

また、工事の担当者に相談してみてもよいかもしれませんね。必ず設定をしてくれるとは限りませんが、アドバイスをもらえる可能性は高いです。ある程度ダメもとで質問してみましょう。

工事費用の支払い方法は?

U-NEXT光はユーザーからの支払い方法をクレジットカードのみとしています。

引き込み工事の工事費用ですが、一括払いまたは分割払いから選べます。

分割払いを選択した場合、以下の分割方法になります。

新設工事など工事費用が24,000円の場合
月800円×30回払い

LAN配線方式など工事費用が7,600円の場合
月800円×9回払い+最終月は1,200円払い

どちらの場合も毎月のU-NEXT光月額料金に上乗せされて請求されます。

U-NEXT光では必ず引き込み工事が必要なの?

U-NEXT光はフレッツ光の光回線を借用してサービス展開を行っています。

そのため、現在フレッツ光を利用しており、そこからU-NEXT光に乗り換える場合はそのまま同じ回線を利用できる可能性があります。

それでも環境によっては在宅工事が必要になることもあるので、契約前には必ずオペレーターや問い合わせフォームを通して確認しておきましょう。

まだインターネット回線を導入していない、またはフレッツ光以外の光回線業者と契約している場合、U-NEXT光を利用するには基本的に工事が必要です。

工事内容は自宅の状況や環境にもよりますが、ほとんどの場合在宅工事が必要になるでしょう。

在宅工事の際は必ず立会いが必要になるので、契約時にオペレーターと日程調整を行いましょう。工事に必要な時間は1時間程度とされていますが、これも工事内容によって大きく変わることがあります。

引っ越しで住所が変わる場合は移転工事が必要になる

ここまでは新規契約、または他社からの乗り換えの場合の工事費用について解説してきました。

ここからは移転工事について解説していきますね。

引っ越しで住む場所が変わり、引っ越し先でもU-NEXT光を利用する場合は移転工事が必要になります。

新しい住宅ですでにU-NEXT光の回線が通っていれば工事は必要ありませんが、そんなケースはほぼないでしょう。

移転工事の場合も工事内容によって工事費用は大きく変わります。ざっくりと以下に記しますね。

戸建てタイプ

新設工事:18,000円
配線設備再利用:7,600円
派遣工事なし:2,000円

マンションタイプ

新設工事:15,000円
配線設備再利用:7,600円
派遣工事なし:2,000円

これらも基本工事にかかる費用です。工事内容によっては増額されることもあります。

また、新規の導入工事とは異なり、分割払いは対応していません。全て一括で請求されるので注意してくださいね。

工事の時間帯や日にちによっては追加料金が発生する場合があります。

回線撤去の工事費用は?

U-NEXT光を解約する場合、回線の撤去工事が必要になる場合があります。

工事内容は主に回線終達装置の回収と引き込んだ回線の撤去になります。また、環境によってはそれ以外の工事が必要になることもあります。

撤去工事にかかる費用は明記されていないため、具体的な金額を提示することはできません。実際、状況によって大きく変わるため明記してもその通りになることが少ないのだと思われます。

ちなみに絶対に撤去費用がかかるわけではなく、工事内容によってはほぼ無料で済む場合もあるようです。

撤去工事の際には引き込み工事のときと同様に立会いが必要になります。

解約手続きはカスタマーセンターへの電話で行いますが、その際に日程調整を行いましょう。

時間指定や夜間工事には追加料金が発生するので注意してくださいね。

  • 撤去工事が必要ないことも?

状況によっては撤去工事が必要ないこともあります。

この場合は回線終達装置やレンタルルーターなどの機器はこちらからU-NEXTに返却することになります。

といっても、適当に郵送すればいいわけではなく、U-NEXTが指定する方法で返却手続きを行う必要があります。

解約手続きを始めると後日U-NEXT光から機器回収キットが送られてくるので、その案内に従って返却を行いましょう。

指定された以外の方法で返却を行うと、U-NEXT側が返却の確認がとれず、こちらの紛失扱いにされてしまう可能性もあるので注意が必要です。

機器損害金は11,000円と非常に高額なので、必ず案内に従って返却しましょうね。

U-NEXT光の工事費用に関する注意点

工事費を分割払いにして、分割払い期間中にU-NEXT光を解約した場合、その時点で残っている工事費はまとめて請求されます。

違約金なども含めると思わぬ高額になることもあるので気をつけましょう。

ここまで解説した工事費用はあくまで基本的な工事にかかる費用です。

追加工事やオプションの適用をした場合はこれらよりも高額になることもあるので注意してくださいね。