U-NEXT光の月額料金と、にねん割プランの詳細について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-NEXT光の月額料金と、にねん割プランの詳細について

インターネットを利用するためにはインターネット回線を引く必要があります。現在は光回線が主流で、数多くの光回線業者がサービス展開を行っています。NTTが運営する「フレッツ光」の光回線を借用してサービス運営をしている業者も多く、利用者としては品質が確保された光回線をたくさんの業者から選べるのでとてもありがたいですね。

U-NEXT光は格安で利用できる光回線のひとつ

U-NEXT光もその中の一つで、フレッツ光と同様の光回線を利用し、サービス対応エリアもフレッツ光とほぼ同じで、多くの人が利用しているインターネット回線業者です。U-NEXT光は「U-Pa!」と呼ばれるプロバイダサービスも同時展開していて、それと一緒に契約することで月々の利用料金を格安にできるという特徴があります。

また、割引サービスである「にねん割」を使うことで、さらに月額料金を抑えることが可能です。光回線業者の中でも比較的低料金で利用できることがU-NEXT光の大きなメリットですね。

それでは実際にU-NEXT光で契約し、インターネットを使うとなると月にいくらくらいの利用料金がかかるのでしょうか?以下から契約プランごとの月額基本料金を解説していきますね。

U-NEXT光の月額利用料はいくら?

まず、何の割引プランも適用しないそのままの月額料金がこちらです。戸建てタイプとマンションタイプでは費用が異なるので分けて記しています。

また、U-NEXT光には最大通信速度がそれぞれ1Gbps、200Mbps、100Mbpsの3種類の契約プランがありますが、どのプランでも月額料金は変わりません。自宅やマンションの環境により適用できるプランが変わります。

戸建て:4,980円(以下、全て税抜表示)
マンション:3,480円

これにはプロバイダ利用料は含まれていません。フレッツ光ではNTTの東日本エリアと西日本エリアで月額料金が異なりますが、U-NEXT光では全国どこでも料金は一律です。これだけを見ると安い・・・かな?と思うかもしれませんが、U-NEXT光にはとてもおトクな割引サービス「にねん割」があります。にねん割を適用すると月々の利用料金の値引きを受けられます。

にねん割を適用すると?

にねん割の割引額は戸建てタイプとマンションタイプで異なります。にねん割適用後のU-NEXT光の月額料金は以下です。

戸建て:4,200円
マンション:3,180円

戸建てタイプでは780円、マンションタイプでは300円の割引となり、かなり安くなったと感じるのではないでしょうか?

ただ、にねん割には最低利用期間があることに注意です。U-NEXT光の契約には利用期間が決まっていないのですが、にねん割では2年間の利用期間が設定されており、その期間内での解約には高額な違約金が発生します。

さらに契約満了後、更新月と呼ばれる期間のうちに解除手続きを行わないと契約が自動更新され、再度2年間の利用期間が設定されます。携帯電話やスマートフォンの2年縛りをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

にねん割の適用は契約時にデフォルトになっており、2年縛り以外にはとくにデメリットがないので、なんとなく契約する人が多いですが、違約金が発生する可能性があることは知っておきましょう。もちろん、にねん割を適用せずにU-NEXT光を利用することもできます。

毎月の月額料金は以上ですが、新しくU-NEXT光と契約する際には導入工事費など初期費用がかかります。工事費は分割払いが可能とはいえ24,000円程度かかるので注意してください。

U-NEXTのプロバイダ「U-Pa!」を利用することでさらにおトクに

U-Pa!はU-NEXT光のサービス開始とともにスタートしたプロバイダサービスです。インターネットはインターネット回線だけでは利用できません。プロバイダとも契約する必要があります。

U-NEXT光ならインターネット回線とプロバイダをまとめて契約できるので、契約のわずらわしさや支払いの手間などを省くことができます。

もちろん、U-NEXT光と契約したからU-Pa!とも契約しなければならない、というわけではなく、他のプロバイダ業者から自由に選ぶことも可能です。U-Pa!の月額料金ですが、こちらも戸建てタイプとマンションタイプで価格が異なります。

また、U-Pa!にもにねん割を適用することができ、同じように割引を受けることができます。U-NEXT光とU-Pa!を同時契約し、両方ににねん割を適用した場合の最終的な月額利用料金が以下です。

戸建て:5,280円
マンション:4,210円

フレッツ光東日本の基本プランの月額料金は戸建てタイプが5,700円、マンションタイプが4,850円なので、U-NEXT光なら月額500円程度おトクにインターネットを利用できる、ということになりますね。

ただ、U-Pa!のにねん割にも最低利用期間が設定されることに注意してくださいね。期間はU-NEXT光と同様の2年間で、その期間内の解約には違約金が発生します。

さらに、U-NEXT光とU-Pa!の両方でにねん割を適用していた場合、解約時にはそれぞれ違約金が発生します。U-NEXT光の違約金は10,000円、U-Pa!の違約金は5,000円なので、合わせて15,000円の違約金がかかってしまうことになります。

現在は2016年10月に起こったU-Pa!の値上げ騒動に対する特別措置として、U-Pa!の違約金が免除されています。それでもU-NEXT光とU-Pa!を同時解約した場合、U-NEXT光の違約金は発生するので注意しましょう。

U-NEXT光の料金支払い方法について

U-NEXT光の料金支払い方法はクレジットカードのみです。口座振替や請求書による直接振り込みは対応していないので注意してくださいね。クレジットカードの請求時に手数料はかかりません。プロバイダをU-Pa!以外にしている場合、プロバイダ料金の請求方法はそのプロバイダに準ずるものになります。各プロバイダ事業者の公式サイトなどで確認しておきましょう。

U-NEXT光の料金が請求されるタイミングについて

U-NEXT光では月額料金の支払い方法がクレジットカードのみなので、料金が請求されるタイミングは利用しているカード会社によります。毎月1日に口座引き落としがあるカードならば1日に請求されることになりますし、15日であればそのタイミングになります。サービス利用開始月の利用料金には日割りが適用されます。そのため、月末で契約すると損、ということにはならないので安心してください。

U-NEXT光の料金は滞納してしまった場合ってどうなるの?

クレジットカードの引き落としタイミングで口座に十分な残高がなかった場合、引き落とすことができずU-NEXT光の利用料金は滞納ということになります。しばらく滞納を続けるとインターネット回線の利用を止められてしまい、さらにその状態が続くと最終的には強制退会とされてしまうようです。何ヶ月滞納するとこれらの処分が取られるなどの明記はされていませんが、2ヶ月分滞納すると利用停止処分にされる可能性が高いようです。

滞納してしまった場合はすぐにU-NEXT光に連絡をとり、どう対応すればいいかの指示を聞きましょう。強制退会になるともう滞納していた分の利用料金は支払わなくてよいのか?というと決してそんなことはありません。料金を支払う義務はもちろん残っていますし、U-NEXT光から催促状や督促状が送られてきます。これらを無視し続けると、いずれU-NEXT光に訴えられ裁判沙汰になる可能性もあります。

また、携帯会社や光回線業者の利用料金を滞納し続けるといわゆるブラックリスト認定され、他の会社でも契約ができなくなります。クレジットカード作成やローン契約にも影響が出てくるので、利用料金の滞納は必ず避けましょう。どうしても支払えない場合はU-NEXT光に電話し、相談することをオススメします。