1. ホーム
  2. 光回線
  3. おすすめの光回線
  4. マンションでお得な光回線!月額料金や速度でおすすめを紹介【2020年版】
公開日:2020/10/13
最終更新日:2020/10/15

マンションでお得な光回線!月額料金や速度でおすすめを紹介【2020年版】

マンションで契約できる安い光回線はどれ?
マンションはインターネットが遅くなりがちだから、安いだけじゃなくて通信速度にもこだわりたい!

この記事では、マンションにおすすめの光回線を紹介しています。当サイトがおすすめするのは以下の回線会社です。

現在、ほとんどのマンションではフレッツ光回線が導入されています。フレッツ光回線は混雑しやすいと言われていますが、高性能Wi-Fiルーターが無料で利用できるプロバイダ代理店を賢く選べば、安定した通信環境を手に入れることができるでしょう。

マンションの回線状況と手に入れたい通信環境については、ここに書かれていることを参考にしてくださいね。

この記事のもくじ

【注意】マンションの光回線を選ぶ前に配線方式・導入回線を知る

マンションでは状況によって契約できるインターネットが異なります。光回線を契約するため、まずは以下2点を確認しましょう。

  1. 導入回線
  2. 配線方式

なぜ確認が必要なのか、それぞれ説明していきます。

1.導入回線によって契約できる会社が異なる

光回線サービスを検討する前に、まずはマンションの導入回線を調べましょう。光回線は大きく分けて以下の3タイプに分かれます。

  • フレッツ光回線…フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・So-net光プラスなど
  • KDDI回線…auひかり
  • その他独自回線…NURO光・地方限定の光回線

上のように、導入回線によって契約できる回線会社が異なります。

マンションに光回線が導入されていなかったら

マンションに光回線が導入されていない場合、以下3つの方法を検討しましょう。

  1. マンションへの光ファイバー導入を依頼する
  2. 戸別に光回線を導入する許可を得る
  3. 工事の必要がないWi-Fiインターネットを契約する

オーナーや管理会社に、マンションへ光ファイバーを導入してもらうよう依頼するのも手です。ただし、他の入居者が光回線を希望しない場合は導入されない、導入まで時間がかかる可能性があります。

入居後なるべく早く光回線を利用したいなら、戸建て用のプランに申し込むといいでしょう。この場合、戸別で光ファイバーケーブルを引き込む必要があるので、オーナーや管理会社に導入工事の許可を得る必要があります。

導入工事の許可が得られない、工事まで待てない場合は、Wi-Fiインターネットを契約するのもいいでしょう。戸建てプラン、Wi-Fiインターネットについては後ほど紹介します。

2.配線方式は大きく分けて3種類

マンション(集合住宅)の配線方式は、大きく分けて以下の3つです。

  • 光配線方式…各戸に光回線が引かれている
  • LAN方式…マンションの共用部分までが光回線で、各戸へはLANケーブルで接続
  • VDSL方式…マンションの共用部分までが光回線で、各戸へは電話回線で接続

部屋まで直接光ファイバーケーブルが届くのは光配線方式のみです。LAN方式とVDSL方式では、共有部分まで接続された光ファイバーケーブルを各戸でシェアします。

配線方式によって最大通信速度に差が出るので注意が必要です。特に電話回線を使用するVDSL方式は、どうしても速度が落ちてしまいます。

安定した通信を実現したいならプロバイダ・代理店選びが大事

導入されている光回線が混雑しがち、VDSL方式で速度が上がらないといった場合、接続機器の性能を見直しましょう。契約前なら、申込窓口は高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできるプロバイダ・代理店がおすすめです。

特に、フレッツ光回線の光コラボは、インターネットが混雑して速度が落ちることがあります。フレッツ光回線のドコモ光とソフトバンク光を契約するなら、以下2つの窓口がおすすめです。

  • ドコモ光…GMOとくとくBB
  • ソフトバンク光…エヌズカンパニー

GMOとくとくBBもエヌズカンパニーも、申込者は高性能Wi-Fiルーターが無料で利用できるのでお得です。詳細は後ほど紹介します。

マンションの安い光回線ならSo-net光プラスがおすすめ

マンションで安い光回線を選ぶなら、So-net光プラスがおすすめです。主要6回線で月額料金を比較したところ、高確率でSo-net光プラスが最安値になります。

光回線6社のマンションタイプ月額料金
So-net光プラス 2,480円
NURO光 1,900~2,500円(※1)
auひかり 4,050円
ドコモ光 4,000円
ソフトバンク光 3,800円
フレッツ光 NTT東日本(※2) 3,894~4,994円(※3)

(※1)契約戸数が10以上であれば月額1,900円
(※2)最安プロバイダを選択した場合の税込金額
(※3)契約戸数が16以上であれば月額3,894円

上の表を見る限りでは、NURO光の月額1,900円が最安です。ただし、NURO光は独自回線のためマンションに導入されている確率が低く、かつ10戸以上が契約しなければ実現しません。

So-net光プラスなら、フレッツ光回線なのでマンションに導入されている確率が高いので、実現性で見ても最安値と言えるでしょう。

So-net光プラスは公式サイトから申し込むと割引特典が適用されます。

月額料金の内訳 マンション
So-net光プラス基本料金 4,480円
回線工事費 500円(48ヵ月割賦)
公式割引(2年間) -2,500円
実際の支払い 2,480円

出典:So-net光プラス公式サイト

開通1~24ヵ月(2年間)は毎月ずっと2,500円が割り引かれる特典です。なお、25~48ヵ月は回線工事分の500円が割り引かれます。

So-net光プラスのお得な割引特典は、公式サイトから申し込んで受け取りましょう。

So-net 光プラス
So-net 光
  • 2年間ずっと戸建て3,480円、マンション2,480円
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,000円オフ
  • 高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

セット割「auスマートバリュー」を利用すると通信費が安くなる

auのスマホ・携帯を契約しているなら、セット割「auスマートバリュー」を利用すると通信費を抑えることができます。中には月2,000円の割引が適用される場合もあるのでお得です。

auスマートバリューのセット割例
スマホ・携帯契約プラン 適用割引額
ピタットプラン5G(1GB超~7GB) 500円/月
データMAX 4G LTE 1,000円/月
データ定額10/13/30 2,000円/月(最大2年間)

※受付終了プランはスマホ・携帯の新規申込不可

セット割を適用するには、So-net光プラスの他に「So-net 光 電話」へ加入する必要があります。光電話(固定電話)を検討しているなら、auスマートバリューもぜひ検討しましょう。

マンションで速くてコスパの良い光回線ならNURO光がおすすめ

マンションにNURO光回線が導入されていれば、「NURO 光 for マンション」の契約が可能です。

forマンションの下り(ダウンロード)最大通信速度は2Gbpsで他社の2倍です。基本プランで契約するならforマンションは速さに優れていると言えます。

光回線 最大通信速度 月額料金
NURO光 上り1Gbps・下り2Gbps 1,900~2,500円(※1)
auひかり 上り・下り1Gbps 4,050円
ドコモ光 上り・下り1Gbps 4,000円
ソフトバンク光 上り・下り1Gbps 3,800円
So-net光プラス 上り・下り1Gbps 2,480円
フレッツ光 NTT東日本(※2) 上り・下り1Gbps 3,894~4,994円(※3)

(※1)契約戸数が10以上であれば月額1,900円
(※2)最安プロバイダを選択した場合の税込金額
(※3)契約戸数が16以上であれば月額3,894円

速度と月額料金をあわせて考えると、NURO光はコスパが良いことがわかります。

マンションにNURO光が導入されていない場合、戸建ての基本プラン「NURO 光 G2V」を検討するのも手です。その場合、オーナーや管理会社に回線導入工事の許可を得るようにしましょう。

NURO光の戸建てとマンションのプランを比較

NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」は、戸建てだけではなくマンションにも引くことができます。forマンションより月額料金は高くなりますが、速いインターネットを手に入れたいならコスパは悪くありません。

プラン名 NURO 光 for マンション NURO 光 G2V
月額料金 1,900円~2,500円 4,743円
導入条件 同じマンションで4世帯以上の契約が必要 個人で導入が可能
工事内容 宅内工事のみ 宅内・屋外工事の2回
最大通信速度 上り1Gbps・下り2Gbps 上り1Gbps・下り2Gbps
公式キャッシュバック 25,000円 45,000円

※契約戸数が10以上であれば月額1,900円

回線工事の許可が得られたら、G2Vプランに申し込むことができます。

G2Vプランは、NURO光公式特設ページから申し込むとお得です。公式特設ページなら、オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

NURO光
NURO光×So-net
  • G2Vなら月額4,743円で下りの最大通信速度が2Gbps
  • Web申込限定で45,000円のキャッシュバック
  • 40,000円の基本工事費が実質無料

NURO光ならソフトバンクの「おうち割 光セット」が利用できる

ソフトバンクのスマホや携帯を利用中であれば、NURO光とセットにして「おうち割 光セット」が適用できます。ただし、セット割に申し込むには「NURO 光 でんわ」へのオプション加入が必要です。

「おうち割 光セット」が適用されれば、ソフトバンクのスマホ・携帯の利用料から月々最大1,000円が割り引かれます。ちなみに、「NURO 光 でんわ」の月額基本料金は、北海道・東北なら500円、東海・関西・九州なら300円です。

auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光のおすすめ申込窓口

安いだけでなく速い光回線を選びたいなら、まずはNURO光を検討しましょう。

しかし、NURO光はエリア拡大中の光回線であるため、自宅がサービス対象外地域である場合も珍しくありません。

NURO光の提供エリア(2020年10月時点)
  • 北海道
  • 関東…東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海…愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西…大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 九州…福岡・佐賀

※一部地域をのぞく

NURO光に申し込めなければ、auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光を検討しましょう。ただし、安定した通信環境を手に入れるには、窓口選びが重要です。

auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光の窓口は、高性能Wi-Fiルーターが無料で利用できるプロバイダか代理店を選びましょう。ここでは各おすすめ窓口を紹介していきます。

auひかりならプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめ

自宅がNURO光のエリア外であれば、同じ独自回線も検討してみましょう。独自回線なのでインターネットが混雑するリスクを下げることができます。

auひかりはKDDI回線です。マンションに引かれているならスムーズに契約できるでしょう。auひかりの申込窓口はプロバイダのGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBでは、auひかりの最大通信速度を超える高性能Wi-Fiルーターも無料で手に入ります。独自回線で高性能Wi-Fiルーター利用できれば、快適なインターネット環境が整いそうですね。

auひかり 1ギガプラン
月額料金 マンション4,050円
通信速度 最大1Gbps
「GMOとくとくBB」ルーター 最大1.7Gbps

※WG2600HSの場合

詳細は、GMOとくとくBBの申込サイト「高性能Wi-Fiルーター+最大54,000円キャッシュバック」で確認しましょう。マンションプランの場合、オプションに加入しなくても最大34,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

また、auひかりならauスマートバリューも利用できます。auひかり電話(固定電話)に申し込むと適用対象となるので、auスマホ・携帯を契約中なら通信費を抑えることができるでしょう。

ドコモ光ならプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめ

独自回線ではなくフレッツ光回線が導入されているマンションで、ドコモのスマホを契約しているなら、ドコモ光がおすすめです。

ドコモユーザーを対象にした「ドコモ光セット割」が適用されると、「ギガプラン」利用中のスマホ1台につき毎月最大1,000円が割り引かれます。割引は同一「ファミリー割引」グループ内のスマホ所持者にも適用されるのでお得です。

例えば、家族3人で「ギガホ」プランを契約していた場合、合計で毎月3,000円が割り引かれます。

マンション住まい 3人家族の例
通信費内訳 月額料金
ドコモ光 1ギガ タイプA 4,000円
ドコモ ギガホ(3回線) 17,940円
ドコモ光セット割 -3,000円

1年で36,000円も通信費を抑えることができると大きいですね。

ドコモ光で安定した通信を手に入れるなら、申込窓口はプロバイダのGMOとくとくBBを選びましょう。

ドコモ光 1ギガ タイプA
月額料金 マンション4,000円
通信速度 最大1Gbps
「GMOとくとくBB」ルーター 最大1.7Gbps

GMOとくとくBBから申し込めば、高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできるだけでなく、最大20,000円のキャッシュバックも受け取れるのでお得です。

ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • IPv6接続対応のwi-fiルーターが無料レンタル

ソフトバンク光なら代理店「エヌズカンパニー」がおすすめ

マンションにフレッツ光回線が導入されていて、自身がソフトバンクのスマホ・携帯を利用しているなら、ソフトバンク光を検討しましょう。

ソフトバンクのセット割「おうち割 光セット」が適用されれば、毎月500円~1,000円がスマホ・携帯代から割り引かれます。年間最大12,000円の通信費を節約できるでしょう。

セット割が適用されるには、ソフトバンク光の指定オプションに加入する必要があります。セット料金で月500円の出費なので、さほど負担にはなりません。

「おうち割 光セット」に申し込まないのであれば、別途高性能Wi-Fiルーターを手に入れる必要があります。ソフトバンク光の代理店エヌズカンパニーならそれが可能です。

エヌズカンパニーの特典B「キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ルーター特典」を利用すれば、高性能Wi-Fiルーターだけでなく、31,000円のキャッシュバックも受け取れるのでお得ですよ。

SoftBank 光×エヌズカンパニー
SoftBank 光×エヌズカンパニー
  • 特典A:新規申込で36,000円キャッシュバック
  • 特典B:新規申込で31,000円キャッシュバックと次世代Wi-Fi6ルーターを進呈
  • 他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック

マンションに光回線を引けないならモバレコAirがおすすめ

マンションに光回線を引けない場合は、回線工事が不要なWi-Fiインターネットがおすすめです。ホームルーターを購入すれば、データ通信の制限を気にせずインターネットを楽しめますよ。

ホームルーターのメリットは以下の通りです。

  • データ通信の制限がない
  • 通信が安定しやすい
  • 家族で同時に利用できる

ホームルーターなら、SoftBank Airのインターネット回線を利用し、かつ安いモバレコAirがおすすめです。SoftBank Airは月額4,880円ですが、モバレコAirのサービスを利用すると開通24ヵ月目まで割引料金で利用できます。

モバレコAirを購入した場合のプラン料金
開通1~2ヵ月目 月額1,970円(2,910円割引)
開通3~24ヵ月目 月額3,344円(1,536円割引)

モバレコAirの購入は公式サイトで手続きを進めましょう。

モバレコAir
モバレコAir
  • 申込で17,000円翌月キャッシュバック(条件あり)
  • 契約から8日以内に端末を返却すればキャンセル料無料

【おすすめ】お得な光回線はマンションの回線状況で選ぼう

この記事では、マンション住まいの人向けにおすすめの光回線を紹介してきました。マンションは導入回線や配線方式によって選べる光回線が変わるので注意が必要です。

マンションの安い光回線なら、So-net光プラスを選びましょう。So-net光プラスの公式サイトから申し込むと、開通1~24ヵ月(2年間)は毎月ずっと2,500円が割り引かれるのでお得です。

月額料金の内訳 マンション
So-net光プラス基本料金 4,480円
回線工事費 500円(48ヵ月割賦)
公式割引(2年間) -2,500円
実際の支払い 2,480円

出典:So-net光プラス公式サイト

So-net光プラスは、光回線が引かれている大抵のマンションが採用しているフレッツ光回線を利用しています。申し込める可能性も高いはずです。

So-net光プラスは公式サイトから申し込み、月額割引特典を上手に利用しましょう。

So-net 光プラス
So-net 光
  • 2年間ずっと戸建て3,480円、マンション2,480円
  • auスマートバリュー適用でスマホ料金最大2,000円オフ
  • 高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる

速い光回線を手に入れたいなら、基本プランの下り最大通信速度が他社の2倍あるNURO光がおすすめです。NURO光の回線がマンションに導入されていれば「NURO 光 for マンション」、導入されていなければ「NURO 光 G2V」を検討しましょう。

プラン名 NURO 光 for マンション NURO 光 G2V
月額料金 1,900円~2,500円 4,743円
導入条件 同じマンションで4世帯以上の契約が必要 個人で導入が可能
工事内容 宅内工事のみ 宅内・屋外工事の2回
最大通信速度 上り1Gbps・下り2Gbps 上り1Gbps・下り2Gbps
公式キャッシュバック 25,000円 45,000円

※契約戸数が10以上であれば月額1,900円

G2Vプランをマンションに導入するには、回線工事が必要です。工事の許可をオーナーや管理会社から得るようにしましょう。

G2Vプランに申し込むなら、NURO光公式特設ページがおすすめです。オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

NURO光
NURO光×So-net
  • G2Vなら月額4,743円で下りの最大通信速度が2Gbps
  • Web申込限定で45,000円のキャッシュバック
  • 40,000円の基本工事費が実質無料

NURO光の対象エリア外で独自回線を契約するなら、auひかりがおすすめです。その場合、申込窓口は高性能Wi-Fiルーターが無料で手に入るプロバイダ「GMOとくとくBB」を選べば、安定した通信環境も手に入るでしょう。

auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
  • ネットと電話の申込で61,000円キャッシュバック
  • auスマホの月額料金が10台まで最大2,000円割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

マンションにフレッツ光回線が導入されている場合、通信速度にこだわりたいならドコモ光・ソフトバンク光の申込窓口選びが重要です。

ドコモ光ならGMOとくとくBBから申し込みましょう。高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできるだけでなく、最大20,000円のキャッシュバックも受け取れますよ。

ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • IPv6接続対応のwi-fiルーターが無料レンタル

ソフトバンク光であれば、代理店エヌズカンパニーがおすすめです。エヌズカンパニーの特典B「キャッシュバック+次世代Wi-Fi6ルーター特典」なら、高性能Wi-Fiルーターだけでなく31,000円のキャッシュバックも受け取れますよ。

SoftBank 光×エヌズカンパニー
SoftBank 光×エヌズカンパニー
  • 特典A:新規申込で36,000円キャッシュバック
  • 特典B:新規申込で31,000円キャッシュバックと次世代Wi-Fi6ルーターを進呈
  • 他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック

どの光回線に申し込む場合も、さらに通信費を抑えたければスマホのセット割も一緒にできるとお得です。3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の利用料が安くなるので、この記事を参考に検討しましょう。