格安SIMをiPhoneでも使いたいときの手続き&準備とは

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIMをiPhoneでも使いたいときの手続き&準備とは

格安SIMへの乗り換えを検討しているけど、今現在使用中のiPhone端末で格安SIMを使うことはできる?できるなら、手順はどうすればいいの?といった格安SIMでiPhoneを使うための手順やメリット、デメリットなど、様々な疑問にお答えします。また、iPhoneを使うのにおススメな格安SIM会社もご紹介します。

iPhoneで格安SIMを使うにはどうすればいいのか?

格安simでiphone

現在使用中のiPhone端末をそのまま格安SIMでも利用したい場合、基本は通常の乗り換えと同じですが、いくつかiPhoneならではの操作が必要になります。

iPhoneで格安SIMを使えるようになるまでの手順

  • 乗り換える格安SIMを決定し、SIMカードを申し込む

※MNPを利用した場合は必要ありませんが、利用しない場合は解約手続きが必要です。

  • 今まで使用していたiPhoneからSIMカードを取り出す
  • 届いた格安SIMをiPhoneに差し込み、SIMカードを認識させる
  • 自宅等のWi-FiにiPhoneを接続しておき、ネットが使える状態にしておく
  • iPhoneのANP(アクセスポイント)設定を行う
  • ANP設定が終わったら、Wi-Fi接続を切りネットが繋がるか確認する
  • 手続き完了

3大キャリアのiPhoneをSIMフリー化する方法

au-docomo-soft

iPhoneなどの端末には、キャリアが販売した端末はそのキャリアでしか使えないようにロックがかけられています。これを「SIMロック」と呼びます。たとえば、ドコモで契約したiPhoneはドコモ契約のSIMカードしか認識しないので、auのSIMカードを差しても使うことはできないということです。

しかし、元々ドコモ契約のiPhoneならドコモの回線を使っている格安SIMを認識することができます。現在「UQmobile」の1社だけがau回線を使用しており、他の格安SIMは全てドコモの回線を使用しています。ソフトバンクの回線を使用している格安SIMは今のところ存在しません。※mineoはau回線もドコモ回線も使用しています。

ドコモ回線使用の格安SIM会社

■楽天モバイル⇒楽天モバイルの解説ページはこちら

■mienoのDプラン⇒mienoの解説ページはこちら

■DMMモバイル⇒DMMモバイルの解説ページはこちら

■OCNモバイルONE⇒OCNモバイルONEの解説ページはこちら

■BIGLOBE SIM⇒BIGLOBE SIMの解説ページはこちら

etc・・

au回線使用の格安SIM会社

■UQモバイル⇒UQモバイル解説ページはこちら

■mienoのAプラン⇒mienoの解説ページはこちら

そのため、ドコモ契約をしていた人はmineoやUQmobile以外の格安SIMをiPhoneで使う事は可能ですが、au契約をしていた人ならmineoやUQmobileのみを選択することになり、ソフトバンク契約をしていた人は格安SIMをiPhoneで使うことができないということになってしまいます。➡mineoもドコモ回線が使えるDプランが登場しています。 詳しくはmineoの詳細をご覧ください。

➡UQモバイルはいまだにauのみです。

➡ソフトバンクはSIMロック解除すれば、格安SIMが使えるようになりましたが、ソフトバンク解約から半年いないにSIMロック解除をしなければ解除できません。

そこで、そのような人は元々SIMロックがかかっていない端末を新規で購入するか、iPhoneのSIMロックを解除することで、どこの格安SIM会社のSIMカードでも使うようにすることができます。

キャリア会社にロック解除を依頼する

2015年5月1日から「SIMロック解除の義務化」が開始されました。これによってキャリア側がロックした端末を、ユーザーの要望によって解除できるよう業者側に義務付けされました。

ロック解除手数料

会社名 ウェブサイトから申込 店頭・電話で申込
Docomo 「My docomo」から申込 無料 3,000円
Au 「auお客様サポート」から申込 無料 3,000円
softbank 「My softbank」から申込 無料 3,000円

 

SIMロック解除に関する手数料は、ウェブサイトから自分で手続きする場合は無料、ショップ窓口や携帯電話取扱店などの店頭か電話での申込の場合は3,000円がかかります。

SIMロック解除できる端末は「現在契約中で端末購入履歴が確認できるもののみに限定される」「端末購入日から一定期間経過している」等の条件があります。「一部機種ではSIMロック解除ができない場合もある」と記載されています。

SIMアダプタを使う

元々iPhone端末に使われているSIMアダプタを差し替えて利用する方法です。比較的安価ですが、電波が不安定になりやすいという情報もあります。

ファクトリーアンロックをする

iPhoneに登録されているSIMロック情報を解除してしまい、ロックのかかっていたiPhoneをSIMフリー化する方法です。専門の業者に端末を送って解除してもらうやり方と、申込をして遠隔操作で解除してもらう方法があります。

ただし、SIMアダプタとファクトリーアンロックは非公式のロック解除方法です。何か不具合が起きた場合保証の対象外になりますので、ご注意ください。

3大キャリアのiPhoneをSIMフリー化するとどんなふうにお得になるのか?

iPhoneをSIMフリー化することによるメリットはどんなものがあるのでしょうか。

好きな格安SIM会社へ乗り換えできる

本来であれば元々契約していたキャリアの回線を使用している格安SIMにしか乗り換えができないため、ドコモ以外を契約していた人にとっては選択肢がほぼありませんでした。端末をSIMフリー化することで、自分に最も合った好きな会社を選べるようになります。

新規の端末代を節約できる

iPhoneで格安SIMを使いたいなら、手っ取り早いのがSIMフリーのiPhone端末を新規購入することなのですが、SIMフリーのiPhoneはiPhone5s/iPhone5c以降の新しい機種のみのため、新規で購入するとなると7~8万円以上が必要です。人気の機種は品薄で、中古でも10万円を超える値段がつくことも珍しくありません。これらの端末代を節約できるのは大きいですね。

当サイトおすすめは楽天モバイルです。スペックも高く楽天ポイントも貯めることができて非常にオトクだからです。

参考 楽天ならではのサービスと格安な料金が魅力の「楽天モバイル」

こんな方はSIMフリー化するべき

こんな人はSIMフリー化するのがおススメというiPhoneユーザーさんをご紹介します。

●今の端末が気に入っている

自分のiPhoneに時間をかけてデコレーションを施したり、探しまくってやっと見つけたお気に入りのアプリや壁紙、端末用のケースなど、世界でひとつしかないお気に入りの端末なら壊れるまで、いや壊れても修理して使い続けたいものです。格安SIMに乗り換えたいけど、今の端末をずっと使い続けたいという方におススメです。

●とにかくスマホにかかるお金を節約したい

今使っているiPhone端末をそのまま引き継いで使い、スマホにかけるお金を最低限に節約したいという方は、新規で端末を用意するよりはSIMフリー化したほうがお得です。

SIMフリー化する際の注意事項について

iPhoneをSIMフリー化することについての注意点です。必ず確認しておきましょう。

【非公式の方法は自己責任でおこなう】

iPhoneをキャリア会社ではなくロック解除用アダプタなどを使ってSIMフリー化することは、あくまで非公式の方法です。万が一不具合が起きたとしても保証の対象外になることは充分留意し、自己責任でおこなってください。

【機種によってSIMの形が違う】

iPhoneは機種によってSIMカードの大きさが異なります。初期のものは一番大きいサイズ、最新のものは一番小さいサイズのSIMを使っています。格安SIMに乗り換える際は、自分の端末にあった大きさのSIMカードを注文してください。大きいサイズのSIMカードしか入らない機種では、小さいサイズのSIMカードは入れることができません。

モデル Nano-SIM Micro-SIM SIM
iPhone6 Plus    
iPhone6    
iPhone5s    
iPhone5c    
iPhone5    
iPhone4s    
iPhone4    
iPhone3GS    
iPhone3    
iPhone    

 

人気の格安SIM会社をご紹介

格安sim会社

iPhone端末で格安SIMに乗り換えを検討している方に、おすすめの格安SIM会社をいくつかご紹介します。

【DMMmobile】

業界最安値の月額料金が魅力です。とにかくスマホ代を節約したいならDMMmobileはおすすめです。データ容量の繰越やバースト機能など、使い勝手のよいサービスもあります。

・DMMmobileとiphoneの解説

【楽天モバイル】

通信速度が200kbpsに固定されるかわりに、月額料金が525円という驚異の安さのプランがあります。楽天スーパーポイントが貯まりやすいなどの付加価値も大きいのが特徴。

・楽天モバイルとiphoneの解説

mineo

au回線もdocomo回線も使える唯一のMVNO。

・mineoとiphoneの解説

UQモバイル

数少ないau回線専門のMVNO。

・UQモバイルとiphoneの解説

【Ymobile】

・CMでもよくみかけるymobile。誰もが知っているyahooが運営しています。

・ymobieとiphoneの解説

【NifMo】

月額料金の安さもさることながら「バリュープログラム」などの料金還元サービス、Wi-Fiを自動検知し切り替えしてくれるコネクトアプリなどの便利なサービスが魅力です。

【IIJmio】

高速通信の切り替えや、データ容量繰越、バースト転送など、データ量を節約しやすくするためのサービスがあります。家族みんなで格安SIMを持てるファミリーシェアプランもおすすめ。

【OCNモバイルONE】

データ容量を日次と月次の好きなほうから選べるのが便利。月ごとにプラン変更が可能なので予定に合わせて最適なプランを選べば月額料金の節約にもなります。

その他

・TONEモバイルとiphoneの解説

・u-mobileとiphoneの解説

iPhoneを格安スマホにした人たちの体験談

格安sim評価

実際にiPhoneで格安SIMを利用している人たちのコメントを聞いてみましょう。

【キャリア会社にロック解除を依頼した人】

「docomoで契約していたため、自分で調べていた時点ではウェブから申し込めば手数料無料だと思っていたのだが、サイトから解除依頼ができるのは2015年5月以降に発売した機種のみだったようだ。契約後2年ほど経っていた機種だったので窓口に行き手数料3,000円払って解除をお願いした。電話や窓口なら購入した時期に関係なくSIMロックが解除でいるみたい。」

【アダプタを使ってSIMフリー化した人】

「通信が不安定になるという情報があったが、フリー化して1カ月ほどだが今のところ快調。周りには通信が不安定になっているという人もいるので、今後も様子を見つつ使用する予定。」

【SIMロック解除専門業者でフリー化した人】

「香港の会社だけど代表は日本人なので結構安心できた。対応は丁寧で1週間ほどでフリー化成功の連絡があった。最初は不安だったが頼んでよかった。もともとインストールしてあったアプリなどの環境もそのままだったので、再インストールなどの必要はなかった。」

【SIMフリー端末を購入した人】

「速度も安定しており、快適なネット通信ができる。月額料金がかなり節約できるようになったので、新規購入したiPhone端末代金を考慮してもすぐに元が取れる。」

⇒TOPページに戻る