格安SIMと対応端末についてのリサーチ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIMと対応端末についてのリサーチ

今回は、各社が発表している格安SIMカードに対応している端末をご紹介します! また「ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアの端末でも格安SIMをそのまま利用できるのか、それとも新しく端末を購入しなければいけないのか」といった疑問にもお答えしていきます。

格安SIMに対応している端末を紹介

  • 種類も豊富になった格安SIM対応端末

まずは、格安SIMに対応しているいわゆる“SIMフリー端末”を一部ご紹介! 下記表の通り、従来のキャリア向けスマートフォンに比べてとても手ごろな価格で購入できる機種が数多く発売されています。

機種名 メーカー カメラ画素数 プラットフォーム SIMサイズ 実勢価格
ZenFone2 ASUS アウトカメラ
1,300万画素
インカメラ
500万画素
Android 5.0 (Lollipop) microSIM 35,800円
priori2 freetel アウトカメラ
500万画素
インカメラ
200万画素
Android 4.4.2 microSIM/標準SIM 10,778円
Freetel LTE XM freetel アウトカメラ
800万画素
インカメラ
100万画素
Android 4.4 microSIM 29,800円
XM freetel アウトカメラ
800万画素
インカメラ
100万画素
Android 4.4 microSIM 31,860円
Ascend G620S Huawei アウトカメラ
800万画素
インカメラ
200万画素
Android 4.4 microSIM 23,544円
Ascend G6 Huawei アウトカメラ
800万画素
インカメラ
500万画素
Android 4.3 microSIM 29,800円
Ascend Mate7 Huawei アウトカメラ
1,300万画素
インカメラ
500万画素
Android 4.4 KitKat microSIM 49,800円
G2 mini LG-D620J LG アウトカメラ
800万画素
インカメラ
130万画素
Android 4.4 KitKat microSIM 32,400円
StarQ TJC アウトカメラ
800万画素
インカメラ
200万画素
Android 4.4 miniSIM/microSIM 29,800円
KYOCERA S301 京セラ アウトカメラ
500万画素
インカメラ
200万画素
Android 4.4 KitKat nanoSIM 32,000円
LUCE KCP01K 京セラ アウトカメラ
1,300万画素
インカメラ
120万画素
Android 4.4 microSIM 36,288円
DIGNO M KYL22 京セラ アウトカメラ
1,300万画素
インカメラ
120万画素
Android 4.2.2 nanoSIM 51,840円
AQUOS SH-M01 シャープ アウトカメラ
1,310万画素
インカメラ
120万画素
Android 4.4.2 microSIM 52800円
AQUOS SERIE SHL25 シャープ アウトカメラ
1,310万画素
インカメラ
210万画素
Android 4.4 nanoSIM 81,648円
Xperia J1 Compact ソニー アウトカメラ
2070万画素
インカメラ
220万画素
Android 4.4 microSIM 55,000円
ARROWS M01 富士通 アウトカメラ
800万画素
インカメラ
130万画素
Android 4.4 microSIM 36,720円

 

しかし、格安SIMは上記のような“SIMフリー”端末だけではなくキャリア向け端末でも利用できるということ、皆さんご存知でしょうか? そこで、次の項目ではキャリア向け端末で格安SIMを利用する方法をご紹介します!

今つかっている3大キャリアの端末をそのまま利用する事はできるのか?

  • 「SIMロック解除」を行うことで格安SIMを利用可能に!

格安SIMユーザーの増加に伴い、先述したようなSIMフリーの格安スマホを利用する人も多くなってきています。とはいえ、SIMフリー端末よりもキャリア向け端末の方がスペック面で優れた機種が多いというのも事実です。そのため、「格安SIMに乗り換えたいけれど、スマートフォンはキャリア向けの端末を使い続けたい」と考えている人も多いはず。そんな人は、現在使用しているキャリア向け端末の「SIMロック解除」を行いましょう。SIMロック解除を行えば、SIMフリー端末と同様に他キャリアのSIMやMVNO事業者の格安SIMを利用することができるんです。

  • ドコモのスマホはSIMロックできる機種が豊富

ドコモは早い段階からSIMロック解除への対応を開始していたため、ほとんどの機種でSIMロックを解除することが可能。2015年4月以前に発売された機種は、即日でSIMロックを解除することができます。それに対して、2015年5月以降に発売された機種は、購入より6カ月経過した後にSIMロックの解除を行うことが可能です。詳しくは、下記表をご覧ください。

ドコモ端末のSIMロック解除方法

機種発売日 2015年4月以前 2015年5月以降
SIMロック解除
可能時期
即日解除可能 購入より6カ月経過後
申し込み方法 店頭(ドコモショップ) My docomoの
「ドコモオンライン手続き」から

ドコモ インフォメーションセンター

<ドコモの携帯電話から>
(局番なし)151

<一般電話から>0120-800-000

店頭(ドコモショップ)
申し込み
受付時間
各店舗の営業時間内 24時間 午前9時~午後8時 各店舗の
営業時間内
手数料 3,000円(税抜) 無料 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
対応機種 ドコモ公式Webサイトを参照
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/201104/compatible_model/
一部を除き原則全機種

 

またドコモでは、解約後も3カ月以内であればSIMロック解除に対応してもらえます。なお解約後のSIMロック解除は、店頭(ドコモショップ)のみで受付を行っています。

  • auのSIMロック解除方法

auについては、2015年4月以前に発売された機種の一部と、2015年5月以降に発売された機種についてSIMロックを解除することができます。しかしながら、SIMロックを解除できるのは端末購入後180日を経過した後と規定されています。au端末のSIMロックに関する詳しい情報は、下記表をご覧ください。

au端末のSIMロック解除方法

機種発売日 2015年4月以前 2015年5月以降
SIMロック解除
可能時期
購入より180日経過後 「2015年4月以前」と同様
申し込み方法 Web(auお客さまサポート) 店頭(auショップ) 「2015年4月以前」と同様
申し込み
受付時間
※2015年8月以降にSIMロック解除手続き専用ページ開設 各店舗営業時間内 「2015年4月以前」と同様
手数料 無料 3,000円(税抜) 「2015年4月以前」と同様
対応機種 au公式Webサイトを参照
https://cs.kddi.com/support/simcard/compatible_network/
一部を除き原則全機種

 

  • ソフトバンクのSIMロック解除方法

ソフトバンクも、2015年4月以前に発売された機種の一部と2015年5月以降に発売された機種のほぼすべてについてSIMロックを解除することが可能。またドコモ、auと同様にSIMロック解除を申し込める時期(端末購入より181日目以降)が規定されています。その他、ソフトバンク端末の詳しいSIMロック解除方法は下記をご覧ください。

ソフトバンク端末のSIMロック解除方法

機種発売日 2015年4月以前 2015年5月以降
SIMロック解除
可能時期
購入より181日目以降 「2015年4月以前」と同様
申し込み方法 店頭(ソフトバンクショップ) Web(My softbankから) 店頭(ソフトバンクショップ)
申し込み
受付時間
各店舗の営業時間内 24時間 各店舗の営業時間
手数料 3,000円(税抜) 無料 3,000円(税抜)
対応機種 ソフトバンク公式Webサイトを参照
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/
一部を除き原則全機種

 

またソフトバンクでは、解約後も3カ月以内であればSIMロック解除に対応してもらえます。

新しく購入する場合はどこで購入すればいいの?

  • 購入できるのは主に「家電量販店」、「MVNO事業者のWebサイト」、「ネット通販」

つづいて、格安SIMを利用できるSIMフリースマホを購入できる場所をご紹介します。端末を購入できるのは、「家電量販店」、「MVNO事業者のWebサイト」、「ネット通販」という3種類に大別できます。そしてそれぞれの購入先ごとに、下記表のような特徴があります。

格安SIM対応端末の購入先

購入先 家電量販店 MVNO事業者のWebサイト ネットショップ
メリット お目当ての端末を実際に手に取って確かめることができる。 格安SIMとのセット販売を行っている事業者も多い。そのため、端末とSIMを別々に購入するよりも、より低価格でスマホを入手できる可能性がある。 海外向けの機種も含めてあらゆる端末が取り扱われており、自宅にいながら気に入った端末を購入できる。
デメリット 店舗によって、取り扱われている端末が異なる。そのため、お目当ての端末が置いてあるとは限らない。 セット販売されている機種は限られている。そのため、お目当ての機種を手に入れられるとは限らない。 メーカーの公式ショップ以外の出品者から購入する場合には、保証期間や端末の状態など十分な注意が必要となる。

 

端末を選ぶ際の注意事項

  • 他社のSIMを利用できない場合も!

前述した通り一部のキャリア向け端末についてはSIMロックを解除できるため、格安SIMへの乗り換えも簡単に行うことができるようになりました。とはいえ、SIMロックを解除した端末で格安SIMを使用する場合には、端末とSIMとの“相性”に十分注意しなければなりません。というのも、使用する端末とSIMの組み合わせによっては正常に動作しない、あるいは利用できる機能に制限がかかってしまう可能性があるためです。具体的には下記表をご覧ください。たとえば、ドコモの端末をSIMロック解除してauのSIMへと乗り換える場合には、下記表の通り音声通話機能を利用できなくなる可能性があります。

ドコモの端末をSIMロック解除して、他社SIMへと乗り換える場合

端末 SIM 相性 注意点
ドコモ ドコモ回線を使用するMVNO事業者のSIM  
ソフトバンク  
au 音声通話を利用できない可能性有!
※一部を除きドコモ及びソフトバンクの端末は、auの通信回線周波数帯には非対応のため。

 

また端末とは異なる事業者のSIMを使用する場合には、キャリアメールなどSIM事業者の提供しているサービスの一部を利用できない可能性もあります(※例 ソフトバンクの端末で、docomoのSIMを利用するという場合)。そのため、特にキャリア向け端末のSIMロックを解約して他社SIMへと乗り換える場合には、サポートセンターなどに問い合わせて機能制限や不具合の生じる可能性があるかどうかを確認しておくようにしましょう。

今回取り上げた通り、SIMロック解除したキャリア向け端末も含めてさまざまなスマートフォンが格安SIMに対応するようになっています。月々の通信費を節約できる可能性もあるので、皆さんも格安SIMへの乗り換えを検討してみては?