格安SIMを複数使うと便利ってどういう事?どんなメリットがあるの?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIMを複数使うと便利ってどういう事?どんなメリットがあるの?

格安SIMをファミリーで使いたい場合や、一人で複数台の端末(スマホやタブレット)を利用している場合は、複数枚契約の利用がおすすめ。どういったメリットや注意点があるか、またどうしたら利用できるかなどから、対応している業者についてまで詳しくご説明いたします。

SIMカードを複数枚使うってどういうこと?

格安SIMの契約プランには、1つの契約で複数枚のSIMカードを発行してくれるサービスもあります。

この契約であれば家族で格安SIMを利用しようとする場合、1人1人契約せずに済むので楽ですし、1人で複数台の端末(スマホとタブレット)を所有している場合にも便利です。

また基本的に格安SIMではテザリングが行えないので、いままでテザリングを利用していたという人にもおすすめ。別端末を経由することなく回線を使用できるので、むしろこちらの方が楽だと思われます。➡テザリングできる格安simもかなり増えてきています。2016年11月現在

どんなメリットがあるのか?

次にケースごとに複数枚使うメリットをご紹介しましょう。

・家族で利用する場合

複数枚契約の場合、データ通信容量を分け合う事になるので、1人は大量にアプリをダウンロードしたりストリーミング配信を多く視聴し、1人はあまり高速データ通信を必要としないという場合に便利です。

ちょうどドコモのシェアパックと同じようなシステムなので、利用したい場合は現在家族全員でどの程度高速通信を利用しているか計算し、それにみあった契約をすると良いでしょう。

・1人で利用する場合

スマートフォンとタブレットの両方を利用しており、タブレットがWi-Fi専用ではなく、SIMカードが利用できるものであるならば、かなり便利。1人で利用しているのに端末ごとに契約をするのはかなり面倒なのでおすすめです。

また、個人用のプランでは満足できない程大量にデータを送受信するユーザーの場合にも、便利。月の通信容量が10GBに達しそうな方はこちらで契約すると良いと思います。

SIMカードを複数枚使うにはどのようにすればいいの?

SIMカードを複数枚利用したいならば、複数枚発行に対応した格安SIM業者で相応の契約する事で利用可能になります。

たとえば、IIJmioの場合は契約プランが以下の3つ存在します。

ミニマムスタンダードプラン

SIMカード発行枚数:1枚

高速データ通信量:3GB

ライトスタートプラン

SIMカード発行枚数:1枚

高速データ通信量:6GB

・ファミリーシェアプラン

SIMカード発行枚数:3枚まで

高速データ通信量:10GB

このうち、ファミリーシェアプランというものが3枚まで発行できるので、こちらと契約すれば、複数枚が利用可能になります。

IIJmioの場合、後は必要枚数分のSIMカード追加(1枚につき手数料2000円(税抜))を行えばOK。

2人(2台)であれば追加1枚で良いですし、1人(1台)で10GB分使うのならば、追加しなくても大丈夫です。

以下SIMカードを複数枚使用できるMVNO一覧

●DMMモバイル⇒詳細はこちらから

●OCNモバイルONE⇒詳細はこちらから

●iijmio⇒詳細はこちらから

●BIGLOBE LTE⇒詳細はこちらから

●exciteモバイルLTE⇒詳細はこちらから

●mineoのパケットシェア⇒詳細はこちらから ←おすすめ

どんな人に向いているのか?

複数枚を利用するのに向く環境をまとめて言うと以下の通り。

・ファミリーでシェアしたい場合

・1人で複数台の端末を利用している場合

・1端末のみの利用でも大量に高速データ通信を利用したい場合

このうち1つでも該当する項目があるなら、複数枚利用はお得ですし便利です。

また格安SIMの場合、支払方法がクレジットカードのみなので、クレジットカードを持たない家族がいる場合は、この契約プランを利用するのが最も手軽でしょう。

ちなみに、別々に契約するより複数枚契約の方が使用料金が高くつくという業者は殆どありません。

SIMカードを複数枚使う際の注意点

・1つの端末に対するデータ通信使用量に制限が掛けられない。

データ通信使用量を分け合えるのは確かに便利ですが、1人があまりに大量のデータを送受信を行い容量上限まで使用してしまうと、すべての端末の通信速度に制限が掛かってしまいます。

個人使用ならば、管理もしやすいですし問題ないかと思いますが、家族で利用している場合はこのような状態にならないよう、1人1人の通信料をある程度把握しておくべきです。

4枚以上発行してくれる業者が少ない。

殆どの格安SIM業者は最大発行枚数を3枚としているので、4台以上で使用したい場合は、1つの契約にとどめる事が難しい状況です。この場合は複数枚プランを2つ契約するか、複数枚契約と1枚契約を併用して利用すると良いでしょう。

SIMカードが複数枚使えるSIMプラン一覧

では複数枚のSIMカードが使えるMVNOの詳細をみていきましょう。

DMM mobile

◇プラン名:データSIMのみプラン

・月額料金:8GB(1,980円)、10GB(2,190円)、15GB(3,600円)、20GB(4,980円)

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:8GB、10GB、15GB、20GB

・SIM枚数:最大3枚

・SMS機能:1枚に付き150円で利用可能

◇プラン名:通話SIM1枚+データSIM最大2枚プラン

・月額料金:8GB(2,680円)、10GB(2,890円)、15GB(4,300円)、20GB(5,980円)

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:8GB、10GB、15GB、20GB

・SIM枚数:最大3枚

・SMS機能:データSIMは1枚に付き150円で利用可能。音声SIMは無料で利用可能

◇プラン名:通話SIM2枚+データSIM最大1枚プラン

・月額料金:8GB(3,380円)、10GB(3,590円)、15GB(5,000円)、20GB(6,680円)

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:8GB、10GB、15GB、20GB

・SIM枚数:最大3枚

・SMS機能:データSIMは1枚に付き150円で利用可能。音声SIMは無料で利用可能

◇プラン名:通話SIM3枚プラン

・月額料金:8GB(4,080円)、10GB(4,290円)、15GB(5,700円)、20GB(7,380円)

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:8GB、10GB、15GB、20GB

・SIM枚数:最大3枚

・SMS機能:無料で利用可能

OCN モバイル ONE

◇プラン名:110MB日コース

・月額料金:月額料金900円+音声通話SIM1枚につき700円+1枚につき容量シェアSIM料金450円

SIMカード発行には、1枚につき手数料1,800円、音声対応SIMの場合は手数料3000円必要。

・最大受信速度:262.5Mbps

・高速通信容量:一日につき110MB

・SIM枚数:最大5枚

・SMS機能:1枚につき120円で利用可能

◇プラン名:170MB日コース

・月額料金:月額料金1380円+音声通話SIM1枚につき700円+1枚につき容量シェアSIM料金450円

SIMカード発行には、1枚につき手数料1,800円、音声対応SIMの場合は手数料3000円必要。

・最大受信速度:262.5Mbps

・高速通信容量:一日につき170MB

・SIM枚数:最大5枚

・SMS機能:1枚につき120円で利用可能

◇プラン名:3GB月コース

・月額料金:月額料金1100円+音声通話SIM1枚につき700円+1枚につき容量シェアSIM料金450円

SIMカード発行には、1枚につき手数料1,800円、音声対応SIMの場合は手数料3000円必要。

・最大受信速度:262.5Mbps

・高速通信容量:3GB

・SIM枚数:最大5枚

・SMS機能:1枚につき120円で利用可能

◇プラン名:5GB月コース

・月額料金:月額料金1450円+音声通話SIM1枚につき700円+1枚につき容量シェアSIM料金450円

SIMカード発行には、1枚につき手数料1,800円、音声対応SIMの場合は手数料3000円必要。

・最大受信速度:262.5Mbps

・高速通信容量:5GB

・SIM枚数:最大5枚

・SMS機能:1枚につき120円で利用可能

◇プラン名:500kbpsコース

・月額料金:月額料金1800円+音声通話SIM1枚につき700円+1枚につき容量シェアSIM料金450円

SIMカード発行には、1枚につき手数料1,800円、音声対応SIMの場合は手数料3000円必要。

・最大受信速度:500kbps

・高速通信容量:15GB

・SIM枚数:最大5枚

・SMS機能:1枚につき120円で利用可能

IIJmio

◇プラン名:ファミリープラン

・月額料金:2560円+音声通話SIM1枚につき700円

SIMカード発行には、1枚につき手数料2,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:10GB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能:データSIMは1枚に付き140円で利用可能。音声SIMは無料で利用可能

BIGLOBE LTE・3G

◇プラン名:スタンダードプラン(データ通信のみ、音声不可)

・月額料金:4,690円

申し込みごとにシェアオプション申込手数料 3,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:10GB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能: 1枚に付き120円で利用可能

➡◇プラン名:ライトSプラン

 ・月額料金:2150円

 ・高速通信容量:6G

 ・SIM枚数:最大3枚まで

◇プラン名:12ギガプラン

 ・月額料金:3400円

 ・高速通信容量:12G

 ・SIM枚数:最大5枚まで

2016年11月現在

BB.exciteモバイルLTE

◇プラン名:0MB(データ通信のみ、音声不可)

・月額料金:1,110円

SIMカード1枚追加ごとに手数料 3,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:100MB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能: 1枚に付き140円で利用可能

◇プラン名:1GB(データ通信のみ、音声不可)

・月額料金:1,280円

SIMカード1枚追加ごとに手数料 3,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:1GB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能: 1枚に付き140円で利用可能

◇プラン名:2GB(データ通信のみ、音声不可)

・月額料金:1,520円

SIMカード1枚追加ごとに手数料 3,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:2GB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能: 1枚に付き140円で利用可能

◇プラン名:4GB(データ通信のみ、音声不可)

・月額料金:1,980円

SIMカード1枚追加ごとに手数料 3,000円

・最大受信速度:225Mbps

・高速通信容量:4GB

・SIM枚数:3枚

・SMS機能: 1枚に付き140円で利用可能

各社それぞれ特徴があり、高速通信容量や月額料金は様々。

特に音声SIMに対応しているかしていないかは大きな差なので、必要に応じて業者を選択すると良いでしょう。SMS機能にかんしては、音声SIMならば基本無料で、データ通信専用の場合は、120円~150円ほど支払って利用可能になるものがほとんどです。