格安SIMとルーターをセットで購入すると、楽しみ方が増える!

格安SIMとWi-Fiルータをセット購入するには?

格安simとルーターセット

格安SIMとスマートフォンやタブレット端末のセットの他に、Wi-Fiルーターとのセット販売をしているところもあります。

格安SIMとWi-Fiルーターをセット購入することで、ルーターに格安SIMを挿して使うという使い方ができるようになります。基本的に格安SIMとセット販売されているルーターはSIMフリーのものであり、あまり種類がないため、複数の会社が同じルーターを販売していることもよくあることです。

もし格安SIMと一緒に使う為にルーターが欲しい場合は、自分が購入を検討している格安SIMのセット販売のものを購入するか、SIMフリーのルーターを別に購入するか、大手キャリアの純正ルーターをSIMロック解除することになります。セット販売のルーターは、普通にルーターだけを個別で購入するより少し特典があったり、価格がお得だったりといった利点もありますので、セット販売のルーターがあるならばそちらでの購入をおススメします。

大手キャリアの純正ルーターをSIMロック解除するためには、まずSIMロック解除対応可能な機種であることや、2011年4月~2015年4月までに販売されたものであること、SIMロック解除手数料が必要などのいくつかの条件があります。

格安SIMの回線の多くがドコモを利用していることから、SIMロック解除をしなくてもドコモ製品なら使える端末が多いことや、ドコモなどの大手キャリアの場合は、ルーター代金が条件つきで無料か格安で購入できることもあるので、いずれ格安SIMへの乗り換えを検討しているのであればドコモで契約しておくのがおすすめです。

格安SIMでモバイルルーターを利用する場合、データ通信SIMの契約なので月額料金もかなり格安になります。モバイルルーターをセット販売しているMVNOで、ルーター利用にちょうど良いと思われる3GB前後のプランで契約した場合の月額料金を比較します。

MVNOが格安SIMとセット販売しているルーター

MVNOルーター名ルーター価格(税抜)3GBデータ通信専用SIM月額料金(定額制の場合はそちらを紹介)
楽天モバイルAtermMR03LN21,000円3.1GBパック900円
DMMmobileAtermMR03LN22,000円3GBプラン 850円
ぷららモバイルAtermMR04LN20,000円通信量無制限プラン2,760円
FS020W18,334円
OCNモバイルONEAtermMR04LN23,889円3GBプラン  1,100円
NETGEAR16,482円
FREETELARIA17,800円3GBまで   900円
Wonderlink LTEHuaweiE5377s-32714,960円3GBシングル 890円
b-mobileb-mobile4S WiFi321,112円3GBまで   1,000円
Y!mobilePocket WiFi401HW42,000円PocketWiFi専用

プランS 3,696円

PocketWiFi305ZT42,000円
PocketWiFi303HW42,000円
Data stick GL08D34,560円

SIMフリーのモバイルルーターって?

スマートフォンやタブレットにもSIMフリー端末があるように、モバイルルーターにもSIMフリーのものがあります。

スマホやタブレットと同じく、モバイルルーターを使うにもSIMカードが必要になりますが、大手キャリアで購入したルーターの場合は他社のSIMカードを挿しても使えないようSIMロックがかけられています。たとえばauで契約購入したモバイルルーターにドコモやソフトバンクで契約したSIMカードを入れても認識せず、使うことができません。もしドコモやソフトバンクに乗り換えてモバイルルーターを使用したい場合は、SIMロック解除をしてもらうか、新たに契約先でモバイルルーターを新規購入する必要があります。SIMロック解除は対応可能な機種が限られているため、もし自分が持っているルーターがSIMロック解除対応外の場合は新たに用意するしかありません。

SIMフリーのモバイルルーターなら、どこの会社と契約したSIMカードでも問題なく使うことができるため、使い勝手も向上しますし、ひとつ購入しておけばどこででも利用可能というのがおススメポイントです。

購入に際し、格安SIMとのセット購入や単品購入になるため、通常大手キャリアで契約購入する場合と比べて本体価格が少し高めになってしまうのがネックです。

SIMフリーのモバイルルーター一覧

2015年7月現在販売されているSIMフリーのモバイルルーターをご紹介します。MVNOによっては格安SIMとのセット購入ができるものもあります。

会社

商品名

対応規格受信最大速度バッテリー駆動時間対応SIM
3G/LTE無線LAN3GLTE3G(LTE)
NECAtermMR04LN800MHz

1.5GHz

1.7GHz

2GHz

2.4GHz

5GHz

14Mbps150Mbps

(LTE-Advansed 300Mbps)

約12時間microSIM
AtermMR03LN800MHz

1.5GHz

1.7GHz

2GHz

2.4GHz

5GHz

14Mbps150Mbps約12時間microSIM
AtermMR02LN800MHz

1.5GHz

2GHz

2.4GHz14Mbps100Mbps約8時間microSIM
富士ソフト+F FS020W800MHz

1.5GHz

1.7GHz

2GHz

2.4GHz

5GHz

14Mbps150Mbps約10時間標準SIM
FS010W800MHz

1.5GHz

2GHz

2.4GHz14Mbps100Mbps約10時間標準SIM
日本通信

b-mobile4SG WiFi3

800MHz

1.5GHz

2GHz

2.4GHz7.2Mbps

 

100Mbps

 

約8時間

(7時間)

microSIM
プラスワンマーケティングFreetel ARIA

 

 

800MHz

1.5GHz

2GHz

2.4GHz14Mbps

 

 

100Mbps

 

 

約11時間

(8時間)

 

標準SIM

SIMフリーのモバイルルーターはネットの通販等で購入することができます。価格は新品で13,000円~27,000円ほどです。新しい機種ほど対応規格が多かったり4Gに対応しているなどの改良点がありますが、少し前の機種でも普通に使う分にはまったく問題ありません。「最新でなくてもルーターとして使えれば良い」という方は、旧シリーズのものを狙ってみるのもいいかもしれません。

SIMフリーのモバイルルーターのメリット

graph Vector

SIMフリーのモバイルルーターをあえて選ぶことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

「キャリアに縛られない」

SIMフリーのモバイルルーターであれば、どこの会社と契約したSIMカードでも使えるのが最大の利点です。「利用していた会社が思ったよりも合わないのですぐに別の会社に乗り換えたい」という場合でも、SIMフリーの機種なら機種変更不可能期間等の縛りやSIMロック解除等が必要ないので、どこの会社のものでも使えます。

「海外でも使える」

通常、海外でモバイルルーターを使用したい場合は、現地でプリペイド式のSIMカードを購入する必要があるため、現地のSIMカードを認識させるためにルーターは現地のものを用意するか、キャリア会社が用意している海外用のものを使わなければいけません。

SIMフリーのルーターなら、海外でプリペイド式SIMカードを購入し、APN設定を行えば海外でも利用が可能なので、わざわざ現地で使える端末を用意する必要がありません。

こんな人におすすめです

SIMフリーのモバイルルーターはどんな人におススメできるのでしょうか。

「スマホでテザリング機能をよく使う人」

スマートフォンには、スマホ端末を親機としてネットが使えるテザリング機能が使えるものがあります。しかしこのテザリング機能、とても便利な反面スマホのバッテリー消耗が激しく、長時間使うのには向いていません。

モバイルルーターを持ち歩き、テザリングを使いたいときに使用することで、スマホに負担をかけずにどこでもネットを利用することができます。

「格安SIMを挿して使いたい人」

モバイルルーター利用時にはSIMカードが必要です。SIMフリーのモバイルルーターなら月額料金が安い格安SIMを使うことができるため、大手キャリアのものを使うよりかなり節約になります。格安SIMを使う為にはSIMフリーのルーターでなければいけません。

「海外によく行く人」

出張などで海外によく行き、現地でモバイルルーターを使うという人には、現地のプリペイドSIMが使えるSIMフリーのモバイルルーターがおすすめです。SIMフリーのルーターを持っていない場合は現地で使えるものを別に準備する必要があります。

現在販売中のSIMフリーモバイルルーターであれば、中国、韓国、香港、フィリピン、シンガポール、インド、イタリア、オーストラリアなど、主要国であれば大体利用が可能になっています。公衆Wi-Fiがあまりない場所でも気にせずにネット接続ができるというのもモバイルルーターならではの利点ですね。

⇒TOPページに戻る