格安スマホやガラケーの“2台持ち”で通信費を節約

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安スマホやガラケーの“2台持ち”で通信費を節約

格安スマホ・格安SIMを使うと携帯代がどのくらい安くなるの?

■5GB・月額8,000円が相場の携帯キャリアによるサービス
自宅でも、仕事中でも、旅先でも、誰にとっても手放すことのできない存在であるスマートフォン。その一方で、毎月支払わなければならない通話料金などを「何とか安くできないだろうか」と思っている人は少なく無いはず。事実、いわゆる携帯キャリアによるモバイル回線サービスの料金設定は決して安いとは言えません。
たとえばNTTドコモの場合、スマートフォン向けの「カケホーダイ」プランと「データMパック(5GB)」を選択した場合には毎月の基本利用料が8,000円にもなります。またauでも、「カケホ(電話カケ放題プラン)」と「データ定額5(5GB)」を選択した場合には月々の基本料金は8,000円となります。
このように携帯キャリアのサービスでは、5GBのデータ容量と無料通話サービスの付帯したプランを選択すると毎月8,000円程度の基本料金を支払う必要があるのです。

■携帯キャリアよりも6,000円近く安く利用できる格安SIM
しかしMVNOによる格安SIMサービスなら、携帯キャリアのサービスよりも圧倒的に安い料金でモバイル回線を利用することができます。
たとえば「楽天モバイル」の音声通話機能付き「通話SIM」サービスの5GBプランなら、月額2,150円という基本利用料で利用することができます。つまり、携帯キャリアによるスマートフォン向けサービスと比べて6,000円近く安い価格設定になっているということ。つまり年間で換算すると、格安SIMに乗り換えることで実に70,000円近くも通信費を節約できる可能性があるということになるのです。

■「かけ放題プラン」ではないことに注意
このように携帯キャリアのサービスに比べて、MVNOによる格安SIMサービスは4分の1程度という非常に安い料金設定となっています。
しかしMVNOによる格安SIMサービスには、携帯キャリアのサービスにあるような無料通話分が付帯していないことに注意。つまり携帯キャリアのサービスとは違い、格安SIMサービスでは通話時間に応じた通話料を基本利用料に上乗せして支払う必要があるのです。そのため必ずしも、携帯キャリアから格安SIMへと乗り換えることで毎月6,000円近くも通信費を節約できるというわけではありません。

■毎日3分程度の通話なら格安SIMの方がお得
とはいえ、よほど長電話をしない限りはやはり格安SIMサービスの方がお得と言えます。その理由を、格安SIMサービスでの実際の通話料金や通話時間を考えながらご説明します。
現在のところ格安SIMサービスの多くは、20円/30秒という価格で通話料金を設定しています。そのため、例えば毎日3分程度の電話をしたとしても通話料はひと月当たり3,600円程度(20円×2×3分×30日=3,600円)。そのため基本利用料を含む毎月の支払額は、5,600円程度となります。そのため、やはり携帯キャリアによるサービスと比べると毎月2,500円程度の通信費を節約できるという計算になるのです。

■格安スマホなら10,000円から購入できる
そして格安SIMを利用できるSIMフリーの格安スマホは、20,000円代や30.000円代で購入できる機種が数多くラインナップされています。なかには、10,000円代で購入できるSIMフリー・格安スマホも。そのため、誰でも気軽に格安スマホ・格安SIMへと乗り換えることができると言えます。
そしてこのように非常に安い料金で利用できる格安スマホ・格安SIMなら、気軽にスマホの2台持ちをすることもできます。もちろんスマートフォンだけではなく、「格安スマホとガラケー」という組み合わせで2台持ちをすることも可能。
そして格安スマホやガラケーを2台持ちすることには、次に挙げるようなメリットがあるのです。

格安スマホを2台持ちするメリットは?

■「仕事用・プライベート用」などと使い分けられる
格安スマホ(ガラケー)と格安SIMを組み合わせれば、少ない出費でスマートフォンを2台持ちすることができます。そのため、たとえばプライベート用の携帯電話とビジネス用の携帯電話を分けることもできます。また、家庭用と友人用といった形で2つの端末を使いわけることもできます。

■通信費を節約できる
「携帯キャリアは、通話料定額だけれど基本利用料やデータ通信料金が高い」
「格安SIMは、データ通信料金が安いけれど通話定額プランが無い」
携帯キャリアと格安SIMのサービスは、このように一長一短と言えます。しかし携帯キャリアのサービスと格安SIMを組み合わせることで、毎月の通信費を大幅に節約することも可能なのです。
なお具体的にどの程度通信費を節約できるのかについては、「格安スマホなどの2台持ちでおすすめの組み合わせは?」で詳しくご説明します。

■複数の回線を利用できる
モバイル回線の通信可能エリアは、回線ごとに異なります。また通信速度の速いエリア、通信速度の遅いエリアも回線ごとに異なります。そのため別々の回線を利用した格安スマホを2台持ちすれば、状況に合わせて通信環境の良い回線のスマートフォンを使い分けることもできます。またそうすることによって、いつでも快適にスマートフォンを利用することができるようになるのです。
それでは最後に、格安スマホやガラケーを2台持ちする場合におすすめの組み合わせをご紹介します。

格安スマホなどの2台持ちでおすすめの組み合わせは?

■「格安スマホ」と「ガラケー」
「ネットも使うけど、電話もよくする」という人には、格安スマホと携帯キャリアのガラケーを2台持ちするのがおすすめ。データ通信の利用料金をおさえつつ、通話料金も節約することができるからです。
たとえばNTTドコモの場合ガラケー向けのカケホーダイプランは、データ通信量を付帯させなければ月額2,200円で利用することができます。もちろんカケホーダイプランなので、通話料は定額。
そしてこれに、データ通信専用のSIMを搭載した格安スマホを組み合わせるということ。たとえば楽天モバイルなら、最安525円から利用できる格安SIMプランが存在します(「データSIM」/SMSなし/ベーシックプラン)。そのため通話用のガラケーとデータ通信用の格安スマホを組み合わせれば、最安で月額2,725円から通話時間を気にせずにすむスマホライフを始められるということです。
また下記の「表1」および「表2」に記載した通り、高速データ通信を利用できる格安SIMプランを選択した場合でも、3,000~4,500円程度で通話料定額サービスとデータ通信を両方利用できます。つまり、携帯キャリアのサービスだけを利用していた場合と比べて半額程度の月額料金に抑えられるということです。

表1.楽天モバイル×NTTドコモ(楽天モバイルデータSIM/SMS無し)料金表

  ベーシックプラン 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
楽天モバイルプラン別月額基本利用料 525円 900円 1,450円 2,260円
NTTドコモ「カケホーダイ(ケータイ)」基本利用料 2,200円
合計 2,725円 3,100円 3,650円 4,460円


表2.楽天モバイル×NTTドコモ(楽天モバイルデータSIM/SMS有り)料金表

  ベーシックプラン 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
楽天モバイルプラン別月額基本利用料 645円 1,020円 1,570円 2,380円
NTTドコモ「カケホーダイ(ケータイ)」基本利用料 2,200円
合計 2,845円 3,220円 3,770円

4,580円

■「格安スマホ」と「格安スマホ」
SIMフリーの格安スマホと格安SIMを組み合わせれば、格安スマホを2台持ちすることも可能。たとえば楽天モバイルなら、音声通話対応の「通話SIM」を2枚(つまりスマホ2台分)利用したとしても、毎月の支払いは3,000円程度に抑えることができるのです。そのため仕事用とプライベート用でスマホを使い分けたいという人には、格安SIMを搭載した格安スマホの2台持ちがおすすめです。

表3.格安スマホを2台持ちした場合の月額料金例(楽天モバイル)

  ベーシックプラン 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン
楽天モバイルプラン別月額基本利用料 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円
2台持ちした場合の月額基本料金 2,500円 3,200円 4,300円 5,920円

このように格安SIMの登場によって、格安スマホを簡単に2台持ちすることができるようになりました。そして格安スマホやガラケーを組み合わせることで、利便性を保ったまま通信費の支払額を減らしていくこともできるのです。

そのため「毎月の通信費をもっとおさえたい」と考えているという人は、ぜひ格安スマホやガラケーの2台持ちも検討してみてください。