LINEモバイルの「データフリー」は「LINEゲーム」は対象外? 対象範囲と注意点について

LINEゲームはデータフリーの対象なのか

■LINEモバイルの目玉サービス「データフリー」(旧カウントフリー)

LINEモバイルを語る上で最も重要になるポイントは「データフリー」です。LINEモバイルには「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3種類のプランが用意されており、「LINEフリープラン」はLINEの、「コミュニケーションフリープラン」はLINEとTwitter、FacebookにInstagramの、「MUSIC+プラン」はLINEとTwitter、FacebookにInstagram、LINE MUSICといったSNSなどの利用で発生するデータ通信料が無料になるというデータフリー機能が搭載されています。

どのプランにおいても、LINEがデータフリー対象になっています。ここで気になるポイントは「LINEの、どのようなサービスでも通信量がカウントされないのか?」という部分です。LINEと名のつくサービスは実に多彩で、例えば「LINEゲーム」というスマートフォン向けのゲームサービスが提供されています。同時に、「ゲーム=通信量が多い」というイメージがありますが、LINEゲームはデータフリー対象なのでしょうか?

■LINEゲームはデータフリーの対象外

残念ながら、LINEゲームの利用において発生したデータ通信量は、データフリーの対象外として規定されています。つまり、LINEゲームを利用すればするほど、データ通信容量を圧迫する結果になります。

・LINEモバイルのデータフリーの対象

では、LINEモバイルを利用することで何がデータフリーの対象となるのかをまとめてみました。

  1. LINEのトーク機能の利用

LINEの「トーク機能」において、「テキストおよび音声メッセージの送受信」「スタンプ、画像、動画その他のファイルの送受信」「無料通話、ビデオ通話」がデータフリーの対象です。

  1. タイムライン機能の利用

LINEの「タイムライン」の利用においては、「画像の閲覧」や「画像・動画の投稿」がデータフリーの対象となります。

  1. その他の機能

その他、LINEの利用において「スタンプ、きせかえのダウンロード」「アカウント設定に関わる利用」「友だち一覧画面の表示、友だち追加」「ウォレットトップ画面の表示」がデータフリーの対象です。

・データフリーの対象外

以下、データフリーの対象外となるサービス・機能についてまとめました。

  1. 外部リンクへの接続

まずは「外部リンクへの接続」についてです。これは、LINEの利用中に「友だちから共有されたリンク」または「タイムライン上で表示されたリンク」にアクセスして、他のウェブサイトに接続した際のデータ通信量は、LINEのサービスを起点としますが結果がLINEとは無関係なのでデータフリーの対象外です。

  1. ライブストリーミング動画「LINE LIVE」

次は「LINE LIVE」です。これはLINEアプリ内でトーク画面等に配信されるライブストリーミング動画サービスで、これを利用することにより発生するデータ通信量はデータフリーの対象外となります。

  1. LINEアプリ以外のサービスの利用

最後は「LINEアプリ以外のサービスの利用」です。LINE株式会社は、メインとなるサービスであるLINE以外にも、さまざまなアプリサービスおよびウェブサービスを提供しています。LINEと名のつくサービスであっても、LINEアプリ以外はデータフリーの対象外です。

これには「LINEゲーム」も含まれます。

尚、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICにおいても「外部リンクへの接続」「ライブ動画の配信、閲覧」「YouTubeなど動画サイトの閲覧」「ミュージックビデオの再生」もデータフリーの対象外なので注意しましょう。

・公式ブログによる言及

LINE公式サイトの「データフリー」には、上記の内容が明記されています。

データフリーの対象外となるサービスに関して「LINEが提供する他サービスの利用」と記載されています。こちらには、ゲームがデータフリーの対象外であると写真で表示されています。

LINEモバイルでLINEゲームはできるのか

LINEモバイルでも、LINEゲームの利用によるデータ通信量はきちんとカウントされます。しかし、だからといってLINEゲームを利用することができないというわけではありません。

LINEモバイルならLINEゲームの通信料がお得になるのか

LINEモバイルを利用しても、LINEゲームの利用によって発生するデータ通信量はデータフリーの対象外です。つまり「他の携帯電話会社と同じようにしか利用できない」ということになります。

■LINEフリープランには注意

ここで注意したいのは「LINEフリープラン」です。このプランはデータ通信専用SIMであれば月額500円で利用することができ、音声通話SIMも1,200円で利用することができます。節約効果の高いプランであり、LINEの利用においてデータフリーが適用されます。

しかし、このプランは1GBプラン以外にはGBプランが用意されていません。つまり、このプランを利用する場合、高速通信で利用できるデータ通信量は(データフリーの対象サービスを除き)毎月1GBが上限となります。

もし、LINEゲームを利用するとなると、月間1GBのデータ通信容量は非常に心もとないものとなります。個人的な話ではありますが、筆者はかつてLINEゲームの「ツムツム」をちょっとプレイしてからデータ通信量を計測してみたところ、約100MBのデータ通信量が発生していました。1GBというデータ通信容量は、これを10回繰り返すだけでいっぱいになってしまうのです。もちろん、ゲーム以外にもデータ通信は必要になるので、毎月すぐに低速通信になってしまいます。