LINEモバイルを海外で利用する方法 ローミングや注意点など

LINEモバイルの海外で利用できる機能

●音声通話機能のみ使うことができる

LINEモバイルとは無料トークアプリでおなじみのLINEが提供しているMVNOのことです。格安スマホおよび格安SIMを利用することができます。このLINEモバイルの特徴はデータフリーというサービスがあることです。

LINEやTwitterなど提携しているサービスに関しては通信料がカウントされなくなります。したがって、SNSなどを使っている人にはとても嬉しいMVNOなのです。しかし、このデータフリーが使えるのは国内だけです。

海外ではこのデータフリーサービスは適用されません。それ以前にデータ通信をすることが不可能なのです。LINEモバイル自体はドコモ回線専用のオプションとして国際ローミングに対応していますが、音声通話機能しか利用することができません。海外旅行などに行かれる際はご注意ください。

●LINEを利用することもできない

通常、キャリアのスマホや他のMVNOのスマホでは高額料金になる可能性があるものの、基本的にLINEを使う事はできます。しかし、LINEモバイルでは一切利用する事ができません。旅行などで海外に出かけている方はLINEではなく、別の手段で連絡を取ることを考えたほうがいいと言えるでしょう。

LINEモバイルを海外で利用するには

●無料のWiFiを利用する

基本的に海外でスマホを使う際は、無料のWiFiサービスを利用するほかありません。例えば空港やホテルなどがこれにあたります。SNSやLINEなどを利用したいのなら公共の施設まで移動して利用するようにしましょう。

●現地のプリペイドSIMを利用する

どうしても海外の渡航先で自由にスマホを使いたいのなら、現地のSIMを購入するというのもひとつの手かもしれません。海外のキャリアショップ、または自販機でSIMを購入することにより、自由にスマホを使うことができるようになるのです。

お手元にLINEモバイルで契約したSIMフリースマホがあれば、自由に使うことができるので、長期滞在する場合などはひとつの手段として考えておくといいでしょう。

国際電話、国際ローミングの限度額について

●5万円を越えると利用できなくなる

しかし、この国際電話も使いたい放題というわけではありません。LINEモバイルのドコモ回線を契約している場合、国際電話の限度額は20,000円、国際ローミングの限度額は50,000円に設定されています。もしもこの限度額を越えてしまうと、その月の末日までは利用することができなくなってしまいます。ちなみに国際電話は、ソフトバンク回線、au回線を契約している場合、申し込み不要で利用することができます。

通常LINEモバイルで電話をかけると30秒で20円の料金がかかります。しかし海外での料金は渡航先によって変わってくるのでとても不規則です。海外でLINEモバイルを使う場合の料金はdocomoのサービスによって変化します。

国によっても料金が変わってきますし、かける時間帯によっても変化します。少しでもコストを抑えたい、長い期間電話をしたいという方は海外へ渡航する前か、WiFiサービスが利用できるときにdocomoのページを見て確認しておきましょう。

LINEモバイルを海外で利用する際の注意点

●海外でLINEモバイルを使ったという情報がとても少ない

LINEモバイルは国際ローミングに対応しているとはいえど、情報はとても少ないです。

そのため、海外でトラブルが生じずに使うことができるのかさえ、把握することができません。万が一トラブルが発生した時もあわてずに対処していく力が求められそうです。また、国際ローミングを利用するにはパスポートの提出や審査が必須となります。利用開始の手間や制限などを考慮し、メリットデメリットを踏まえた上で利用を検討しましょう。