;

ソフトバンク端末でmineo(マイネオ)を利用するには?手順や注意点を詳しく解説します!

ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換えるとどれくらいお得?

ソフトバンクからmineo(マイネオ)へ切り替えるメリットはたくさんありますが、一番は、大幅に毎月の通信料金が安くできる点です。mineo(マイネオ)を検討している人も、ソフトバンクの端末からmineo(マイネオ)へ乗り換えるとどの程度お得になるかが、一番気になるところではないでしょうか。Dプラン(ドコモ)とAプラン(au)はありますが、ソフトバンクプランはmineo(マイネオ)には設定されていません。ソフトバンクではAプランでもDプランでも好きなほうを利用できます。値段はデュアルタイプがAプランの方が少し安いです。

〈プラン別料金〉

容量ドコモプラン(Dプラン)auプラン(Aプラン)
シングルタイプデュアルタイプシングルタイプデュアルタイプ
500MB\700\1,400\700\1,310
1GB\800\1,500\800\1,410
3GB\900\1,600\900\1,510
6GB\1,580\2,280\1,580\2,190
10GB\2,520\3,220\2,520\3,130
20GB\3,980\4,680\3,980\4,590
30GB\5,900\6,600\5,900\6,510

mineo(マイネオ)で利用できるソフトバンクの端末は?

今まではmineo(マイネオ)はドコモとauユーザーが利用できることで人気の格安SIMでしたが、現在、ソフトバンクでも格安SIMが使えるようになりました。

利用出来る端末は、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone SE、iPhone6s Plus、iPhone6sです。これは製造日時がポイントで、2015年5月以降に発売された端末は全てSIMロック解除できるようにしないといけないという法律になったので、2015年5月以降の端末は全てSIMロック解除対応機種となります。SIMロックの解除は店舗でも有料で行ってもらえますし、自分でもやることは可能です。

それ以前のシリーズはSIMロック解除に対応していませんので注意してください。またSIMロック解除をしないと当然利用することができませんので、販売日時と機種を確認し、必ずSIMロック解除が可能な端末を用意してください。

ソフトバンク端末のSIMロック解除の方法

ソフトバンク端末でmineo(マイネオ)を利用するには、SIMロック解除が必要です。また、SIMロック解除をするには、以下の2つの条件をみたすことが前提となります。

1.iPhoneを購入した日から181日以上過ぎていないと解除できません。
※既に解約してしまった人でも解約後90日以内であれば解除できます。

2.2015年5月以降に発売された端末であること

この条件が揃っていれば、SIMロック解除は可能です。では具体的にどのようにSIMロックを解除するかですが、ソフトバンクショップへ行って店員さんにしてもらってもいいですし、自分ですることもできます。ソフトバンクショップの場合は費用が3,000円程度かかりますので、自分で対応することをおすすめします。手順通り行えば難なく自分でもできるはずですので、一度挑戦してみてください。

自分でSIMロック解除を行う手順は以下の通りとなります。

  1. ソフトバンクのWebサイト「My SoftBank」へアクセスする
     
  2. 「SIMロック解除手続き」のページへ移動する
     
  3. 画面下の「製造番号(IMEI番号)の入力」の項目に入力する
    ※IMEI番号は「設定」、「一般」「情報」「IMEI」の順番にタップしていくと出てきます。
     
  4. 「次へ」をクリックして、機種名を確認し、「解除手続きをする」をクリック
     
  5. 電源を切り電源を切りSoftBankのSIMカードを抜く
     
  6. mineo(マイネオ)のSIMカードを挿入し電源を入れる
     
  7. iPhoneの場合はここで完了
    ※(Androidのみ)SIMロック解除キーを入力し完了
     

これで手続きは完了となります。

ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換える方法と流れ

ソフトバンクからmineo(マイネオ)への乗り換えの方法は簡単ですし、時間もそれほどかかりません。一人で十分対応できますので、下記の手順に沿って進めてください。大きくは、MNP予約番号を取得してから、mineo(マイネオ)サイトで登録作業を行えば完了となります。

〈MNP予約番号取得〉

mineo(マイネオ)へのMNP(乗り換え)は事前にソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。その方法は3種類ありますので、自分の好きな方法で構いませんが、電話をしてガイダンスに従って手続きするのが一番簡単だと思います。

〈MNP予約番号をもらう方法〉

  1. ソフトバンクショップに行く
    受付時間を確認してからソフトバンクショップに行きましょう。本人確認があるので必ず契約者本人が身分証明書を持っていくのを忘れないようにしましょう。
     
  2. 電話をする
    ソフトバンク携帯電話からは *5533
    一般電話からは 0800-100-5533
    受付時間は9:00~20:00で行っています。
     
  3. パソコンから申し込む
    ソフトバンクサイトのMy SoftBankからの申し込み。
    ただし、iPhone、スマートフォン、AQUOSケータイでは申し込みができません。
     

MNPの予約番号を入手したら、mineo(マイネオ)のサイトから契約手続きを申し込むことになります。ここで注意してほしいのは、MNPの予約番号は有効期限が15日ですが、mineo(マイネオ)のMNPは有効期限が10日以上残っていること。という条件があります。つまりMNP予約番号が発行されてから5日以内に契約完了しないと、期限切れとなり、契約ができなくなってしまいますので予約が終わったらすぐにmineo(マイネオ)の契約手続きを進めましょう。

〈mineo(マイネオ)での契約手続き〉

  1. mineo(マイネオ)の公式サイトにアクセスします
     
  2. Webでカンタン申し込みをクリックします
     
  3. 申し込みページの入力項目を記入します
     

上記の流れで完了となります。特に難しい内容はないですが、プラン内容などをあらかじめどうするかは決めておいた方が良いでしょう。

基本的にはmineo(マイネオ)の公式サイトの申し込み内容を沿って入力を進めていけば終わりなので10分程度で完了します。

ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換える際の注意点

格安SIMは大手キャリアのように店舗に行けば全て店員がやってもらえるのではなく、ある程度自分自身で対応する必要があるので、手順やプランをよく確認しておきましょう。

ソフトバンクからmineo(マイネオ)への乗り換えは上記の手順通り行えば問題なくできますが、何点か注意しておいた方がよい点を改めてお伝えします。特にソフトバンク、mineo(マイネオ)独自の条件などもありますので、注意してください。

  1. MNP予約番号は15日間、mineo(マイネオ)の切り替え有効期限は10日以上
     
  2. ソフトバンクポイントは解約失効されます
     
  3. 携帯用メールアドレスがなくなります
     

1.MNP予約番号は15日間、mineo(マイネオ)の切り替え有効期限は10日以上

MNP予約番号の有効期限はもらってから15日間。15日を過ぎると無効になります。

格安SIMへのMNP(乗り換え)は有効期限が7日〜10日前でないと受け付けてもらえないので、できるだけ早く手続きをしましょう。

MNPでの解約日はSIMの切り替えの日になります。更新月の方は計画的に手続きをしましょう。

2.ソフトバンクポイントは解約失効されます

ソフトバンクポイントは解約後に、失効してしまいます。

ポイントは、通信料にも利用可能(1ポイント=1円)なので解約前に「MY SoftBank」から申請をしておきましょう。

また、大量にポイントがある場合は、YAHOO JAPANのIDと連携してTカードに貯めることができます。すぐに使いたくない場合は、Tカードにポイントを移行しておきましょう。

3.携帯用メールアドレスがなくなります

ソフトバンクでは、キャリアからもらえる@softbank.ne.jpなどのメールアドレスが使えていましたが、mineo(マイネオ)にすると携帯用のメールアドレスが無くなります。これは他の格安SIMでも同じ条件ですが、大手キャリアから切り替え時には注意してください。

対応としては、フリーのメールアドレスを利用すれば問題ないですし、LINEやFacebookの利用で繋がる方が多いと思います。

または、SMSは利用できるので、相手の電話番号さえわかっていればメッセージを送ることは可能です。