au回線とWiMAX2+回線の合わせ技 mineo(マイネオ)のAプランでのWiMAX2+利用法

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

au回線とWiMAX2+回線の合わせ技 mineo(マイネオ)のAプランでのWiMAX2+利用法

mineo(マイネオ)のSIMをWiMAX2+ルーターで使用するまでの流れ

●準備するもの

・WiMAX2+ルーター
旧WiMAX対応機ではだめです。WiMAX2+ルーターの中でも、さらにau系SIMカード(au 4G LTE網の通信)に対応している必要があります。
参考:WiMAX2の特徴とは?通信速度や料金プランについて徹底解説

・Wi-Fiに対応しているPCまたはスマートフォン・タブレット
WiMAX2+ルーターだけではインターネット接続を利用したサービスを活用することができません。必ず最低1台以上のWi-Fi対応端末が必要です。また、上記以外にもWi-Fi対応のゲーム機でも使えます。こちらの端末にはSIMカードをセットしなくても大丈夫です。

・mineo(マイネオ) Aプラン契約のSIMカード
WiMAX2+ルーターにセットするためのSIMカードです。mineo(マイネオ) AプランのSIMカードであればどのようなタイプ、どのような容量プランでも構いません。ただし、月間の通信可能な容量はWiMAX2+とLTE通信の合算となります。

mineo(マイネオ)のAプランでWiMAX2+通信を使うための手順

1.WiMAX2+ルーターにSIMカードをセット
電源が入っている場合は、必ず電源を落としてからSIMカードをセットします。

2.電源を入れる

3.APN設定を行う

APN:mineo.jp

ユーザー名:mineo@k-opti.com

パスワード:mineo

認証タイプ:CHAP

IPタイプ:IPv4

参考:mineo(マイネオ)でiPhoneは使えるのか? mineo(マイネオ)でのAPN設定方法と使用できるios

4.通信モードの決定
ハイスピードはWiMAX2+に。ハイスピードプラスエリアはこれに加えてau 4G LTE網の通信に対応できます。ノーリミットモードは旧WiMAX通信ですので使いません。ユーザー自身で使う回線の調整を行う時には通信モードを変更すると良いでしょう。普段使いにはハイスピードプラスエリアに設定しておくのが無難です。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちらから

Broad WiMAX公式サイトはこちらから

mineo(マイネオ)のルーターはここに注意

●mineo(マイネオ)のDプランでは使えない
mineo(マイネオ)でWiMAXを使うためにはAプランを契約しなければなりません。たとえば、mineo(マイネオ)のDプランのSIMカードをWiMAX2+ルーターにセットしてもWiMAX回線は使えないので、この点は注意です。

●mineo(マイネオ)のサービスエリアとWiMAXのサービスエリアは異なる
上記を踏まえた上でmineo(マイネオ)のAプランを契約したとして、auの電波が入っているからWiMAXも使えることにはなりません。Aプランのau回線のサービスエリアとWiMAXのサービスエリアが異なるためです。

参考:WiMAXの使えるエリアの範囲はどのくらい?

また、WiMAXのサービスエリア確認のためには

http://www.uqwimax.jp/service/area/

UQ WiMAX2+のサービスエリアマップを確認すると良いでしょう。

ルーターの使用通信量が10GBを超えそうな場合はmineo(マイネオ)のルーターはオススメできない

mineo(マイネオ)では通信料の最大契約通信料が10GBとなっています。

※2017年6月現在mineo(マイネオ)でも20GB、30GBの大容量プランが登場しています。

10GBというのは普段使いだと十分な容量なのですが、ほぼ毎日回線を使用したり、ガンガンYouTubeなどで動画を見る人には物足りない数字となっています。

もし10GBを超える通信量が必要な場合は最近始まったキャリアの(20GBプラン)でテザリングをするか、WiMAXのギガホーダイ(3日で3GBの速度制限はあるが原則高速通信使い放題プラン)を契約する事をおすすめします。

参考ページ→WiMAX2の特徴と料金プランについて

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-19-04-06

今現在auスマホをお使いの方は「broadWiMAX+auスマートバリュー」のギガ放題ベーシックプランでのルーター運用もおすすめです。

こちらですと実質月額税込3700円程度でギガ放題ベーシックプランでWiMAX端末を利用できるので、月の通信量が10GBを超えそうな人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちらから

Broad WiMAX公式サイトはこちらから

設定方法が分からない時はどうすればいいの?

後でも述べますが、2015年11月現在mineo(マイネオ)端末にはWiMAX2+ルーターが存在しません。設定方法がわからない時の問合せ方法には電話やメールフォームがありますが、mineo(マイネオ)から提供されているハードウェアではないので色よい返事がもらえない可能性も高いです。そこで、次のような方法がおすすめです。

mineo(マイネオ)内の「マイネ王」を利用する

基本的にはMVNO利用時の設定方法は利用者自身で解決するのがスタイルです。しかし、mineo(マイネオ)にはユーザー有志で作られたコミュニティがあります。「マイネ王」というサイトですが、ここでは多くの疑問が有志により解決されています。ここで質問すると良いでしょう。ただし、答えを返す側はmineo(マイネオ)の社員さんではなくmineo(マイネオ)の1ユーザーです。そのため、返答がもらえる保証はありません。返答がもらえるように分からないところを明確に、丁寧に問合せするのがポイントです。

マイネ王ウェブサイト https://king.mineo.jp/

余談ですが、「マイネ王」はmineoの読み「マイネオ」をもじった物だと思われます。

一般的な問合せであればmineo(マイネオ)でもOK

mineo(マイネオ)から提供されている端末固有の質問以外ならmineo(マイネオ)ユーザーサポートでも十分答えてくれる可能性があります。要は一般的な質問の場合はmineo(マイネオ)ユーザーサポートに問い合わせてみると解決するかもしれません。

mineo(マイネオ)のルーター等の通信速度について

まずは、WiMAX2+対応の一覧です。ここにWiMAX2+の受信最大速度も掲載してあります。

●WiMAX2+対応ルーターの一覧

機種名 WiMAX2+ WiMAX2+
最大速度
WiMAX LTE
Speed Wi-Fi NEXT W04 440Mbps ×
Speed Wi-Fi HOME L01 440Mbps ×
Speed Wi-Fi NEXT WX03 440Mbps × ×
novas Home+CA 220Mbps × ×
Speed Wi-Fi NEXT W03 370Mbps ×
Speed Wi-Fi NEXT W02 220Mbps ×
Speed Wi-Fi NEXT WX02 220Mbps ×
URoad-Home2+ 110Mbps ×
URoad-Stick 110Mbps ×
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 110Mbps
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14 110Mbps
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 110Mbps ×
Speed Wi-Fi NEXT WX01
220Mbps ×
Speed Wi-Fi NEXT W01 220Mbps ×

※LTEに×がついているものはmineo(マイネオ)SIMカードセット時にmineo(マイネオ)の回線は使えません。

●混雑時に強いWiMAX2+

利用サービス 計測時間 通信速度(下り)
WiMAX2+ 12:30 13Mbps
au 4G LTE(mineo(マイネオ) Aプラン) 12:30 3Mbps
WiMAX2+ 17:00 15Mbps
au 4G LTE(mineo(マイネオ) Aプラン) 17:00 44Mbps

 

一番重いと感じるのがお昼時です。Aプランの回線ですとやはり混雑の影響で速度が大分低下しているのがわかります。しかし、WiMAX2+回線でも10Mbps以上でています。このくらいの速度があれば普段使いにはまったく困らないレベルだと言えます。対して、夕方ではAプラン回線速度が大幅に改善、WiMAX2+はさほど変化はありません。

混雑時にはWiMAX2+を使い、普段はAプランの回線を使うことで快適にモバイル通信が行えることが分かります。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちらから

Broad WiMAX公式サイトはこちらから

WiMAX2+ルーターで運用するのに向いたシチュエーションとは?

●1つの契約(1枚のSIMカード)で複数の端末からインターネットアクセスしたい場合
もちろんSIMカードを複数契約して複数の端末に割り当てる方法もありますが、回線の維持費が高くついてしまいます。WiMAX2+ルーターで複数の端末をWi-Fi接続すれば、1枚のSIMカードの契約で済みます。

しかし、万能ではありません。複数の端末のデータ通信の合計使用量は、すべてルーターにセットしてあるSIMカード1枚の負担です。特に複数人で使う場合はデータ使用量がかさむ可能性があるので、データ容量を多めのプランにする必要があるかもしれません。

●宅内の有線のインターネット回線の代わりに
月にあまりインターネットを使わない方、さらに宅内の配線が煩わしいと考えている方におすすめです。WiMAX2+ルーターを使えば据え置きのPCにもWi-Fiでインターネット接続可能な環境を作り出すことができます。

●スマホやタブレット、ゲーム機を多くもっている方に
ガジェット好きな方はスマホやタブレットの所有数も多いかと思います。外出時にWiMAX2+ルーターを持っていくことであらゆるスマホやタブレットが使えます。気分によって今日はiPhone、明日はXperiaといろいろな機種をSIMカード差し替え無しで使うことができます。Wi-Fi対応のWiMAX2+ルーターであれば、スマホ、タブレット、ゲーム機など同時接続もできるので同時に扱う端末が多い方にも向いています。

●特別な契約を必要としない
シチュエーションというよりは、mineo(マイネオ) Aプラン契約時のメリットです。WiMAX2+を利用するのに特別な契約を必要としません。mineo(マイネオ)のAプラン内であればどのような料金プランでもWiMAX2+対応機種をお持ちならWiMAX2+が使えます。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちらから

Broad WiMAX公式サイトはこちらから

料金は高くならないの?

●Aプランの料金内で収まる
au 4G LTEとWiMAX2+、別々に課金されるようなことはありません。すべてmineo(マイネオ)の月額内に収まります。ただし、データ使用量は2つの通信方式の合算です。たとえば、Aプラン/シングルタイプ/3GBのSIMカードを使ったと仮定します。この場合は4G LTEだけで3GBというわけではなく、WiMAX2+のデータ使用量も合算された上での3GBです。

WiMAX2+ルーターを使ったmineo(マイネオ)運用時の注意点

●データ容量を使い果たした場合は4G LTE、WiMAX2+ともに通信速度に制限がかかる
月間のデータ容量は4G LTE、WiMAX2+ともに共有されています。1ヶ月以内にデータ容量の残りが0になると、2つの通信方式どちらに対しても速度制限がかけられます。

参考:WiMAX2+はどのくらい使うと速度制限に引っかかる? 速度制限時の回線のスピードと解除方法について

●WiMAX2+対応ルーターが入手しづらい
mineo(マイネオ)端末(mineo(マイネオ)が提供するSIMカード契約と同時に購入できる端末)内のルーターであればWiMAX2+にも対応しているかというとそうでもないのです。Aプランのmineo(マイネオ)端末では富士通のSI-LAが提供されています。しかし、残念ながらこのルーターはWiMAX2+に非対応です。mineo(マイネオ)端末で唯一WiMAX2+対応しているのはルーターではなく、SHARPのスマートフォンAQUOS SERIEのみになります。 ※2017年4月現在、この端末は販売終了しています。

WiMAX2+ルーターを新品で入手するためにはUQ WiMAX本家自体とのWiMAX契約が必要だったり、auキャリア契約が必要だったりとなかなか入手困難です。mineo(マイネオ)でWiMAX2+ルーターを使うためには中古品を買うのが主流です。

●初心者向けとは言えない
WiMAX2+ルーターを使うための難易度は、スマートフォンで格安SIMをそのまま使う難易度より高くなります。さらにWiMAX2+の知識やWi-Fi、LANの知識も場合によっては必要となってきますので、初心者向けとは言えません。スマートフォンやタブレットで難なく格安SIMを使いこなせる程度の慣れが必要でしょう。

●旧WiMAX回線は使えない
旧WiMAX電波とWiMAX2+電波は違います。2+の方が後発の技術で名前もWiMAXと共通していますが、旧WiMAXの上位互換というわけではありません。mineo(マイネオ)では旧WiMAX電波には対応していません、必ずWiMAX2+のカバーエリアを参考にしながら使いましょう。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちらから

Broad WiMAX公式サイトはこちらから