mineo(マイネオ)のネットでの評判と他の会社と比べた利点について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo(マイネオ)ユーザーの評判と他の格安SIMと比べて優れている点について

mineo(マイネオ)ユーザー100人の声とネットユーザーの声を集めました

当サイトではランサーズの利用者かつmineo(マイネオ)の利用者100人に対してmineo(マイネオ)を使ってみてどうだったか、また今後も使っていきたいかどうかのアンケートを取りました。

実際の利用者の生の声を一部ですがお伝えしようとおもいます。 

・通話料がかかるが、普段あまり通話せず、ラインの電話などもあるので、月額2000円程度におさえられているのはほんとに助かります。もっと早く替えれば良かったなと思います。 *30代主婦

・iPhoneを使用していましたが、あまり使用しないのと月々の利用料金が負担になっていたので、料金が安いmineo(マイネオ)に乗り換えました。
会社の昼休みや移動中にSNSを観覧したり投稿する程度の使用の私にとっては、特に不満もなく安い料金で利用できるので満足しています。ただ一点不満を挙げるなら通信速度です。SNSの観覧だけでも、たまにイラッとすることもあります。特に昼過ぎの通信速度が遅いように感じます。恐らく利用者は私と同じような使用環境でアクセスが集中する時間帯なのかもしれません。
しかし総合的に評価すると、利用料金が大幅に安くなったので満足しています。 *40代サラリーマン

・容量が細かく別れており、月額料金も抑えられていたため、とてもよかったです。また、ドコモとau回線の両方を選ぶことができるため、その点も他の会社には無い良い点だと思います。 *20代フリーター 

・半年ほど前に、キャリアから乗り換えました。格安の回線は色々あったのですが、クチコミでの評価が高く、初心者にもHP が分かりやかったので、mineo(マイネオ)にしました。申し込みしてから、4日後にSIMが届き親切なマニュアルもあったため、簡単に設定できました。わからないことがあれば、サポートも丁寧なので、初心者の方にはオススメです。やはり、回線速度が心配だったのですが、昼間にたまに遅くなりますが、特にストレスを感じるほどではないです。IP電話もありますが、ややエコーがかかる時もあるので、楽天でんわを使っています。端末の種類が少ないので、端末は自分で用意したほうがいいと思います。また、固有のメールアドレスは持てません。
しかしなんといっても、キャリアの時に毎月かかる固定料金を考えると、3分の1程度におさえられるので、満足しています。*40代主婦

・auからの乗り換えで、MNP転出を含めて申し込みから完了まで非常にスムーズでした。ネットや通話の品質など不安もありましたが、auのときと劣る部分は見当たりませんメールアドレスも変わりますが、ほとんど使用していなかったので問題ないです。使い放題とは名ばかりの7G制限と比較して、現在契約している3Gで十分だと感じます。au時の月額約8000円から現在は月額税込み1633円で大満足です。*40代サラリーマン 

・今までauを使っていましたが、au端末でも使えるのが便利だと思いました。今まで携帯電話の料金が高いと感じていましたが、料金も安くなって嬉しいです。ただ少し速度が遅いのがネックです。*20代女性

・mineo(マイネオ)を使ってよかった点と改善してほしい事を下記にまとめました。個人的には、データ容量がもっと増えれば大満足です。

★良かった点

①店頭に行く必要なく、インターネットとクレジットカードがあれば、簡単に申し込める事ができる。

②使いすぎて、データ容量を超えても簡単にすぐに追加できる。

③今まで使用していたauに比べ安く済んでいる。

★改善してほしいこと

・月に使用できるデータ容量の上限をもっと増やしてほしい。20GBプランなど *20代主婦 

・一年ほどmineo(マイネオ)を使っていますが、お昼の通信速度の低下を除いては概ね満足しています。逆に、速度以外には一切の不満はありません。スマホ代が3分の1になり、フリータンク等サービスは向上したので、乗り換えして良かったと感じています。 *20代サラリーマン

・simの到着時にマニュアルも添付されていました。そのため初めての格安simであっても、問題なく回線切り替えを行うことができました。mineo(マイネオ)スイッチは速度が低下するかわりに、データ容量の消費を防ぐことができ便利です。Dプランを契約したのでドコモ回線を利用できます。動画の視聴、音楽の再生、LINEなどにスマホを利用していますが、とくに不満を感じることはありません。 *40代男性

・自分は最近6か月無料になるキャンペーンがあったので使い始めたのですが、安い割にしっかり使えるし特に何も問題は無いのですが、1つ残念だなと思ったのが自分の住んでる地域には店舗がない為に、トラブルがあったり困った時などに対応する時にめんどくさそうかなと思いました。*30代男性

mineo(マイネオ)のネットでの評判について。結局いい?悪いの?

上記では実際のユーザーに対して格安スマホ学園が独自に実施したアンケートの結果となります。 

では次にネットでの評判をまとめてみましたのでご覧ください。

●公式販売の端末数が少ない
取り扱い端末数が多いとは言えませんので、契約時に格安スマホを購入したいと考えている方には少しつまらなさを感じてしまうかもしれません。また、端末に一定の保険をかけたいという方にも満足しにくいラインナップだと言えます。

●個人で複数の格安SIMカードを契約時にパケットギフト機能が使えない
mineo(マイネオ)では同一名義のSIMカード間ではパケットギフト機能が利用できないという仕様になっています。この場合はパケットシェアを利用することになりますが、mineo(マイネオ)でのメール認証を行う必要があるためパケットギフト機能よりも手続きが複雑で面倒というデメリットがあります。必ずmineo(マイネオ)から提供されるメールアカウントを受信できる環境を構築する必要があるため、初心者の方にも優しくありません。

●mineo(マイネオ)の回線管理アプリ「mineo(マイネオ)スイッチ」は一定期間でID・パスワード入力を求められる
スマホにインストールして使うmineo(マイネオ)スイッチですが初回起動時はもちろんのこと、ある日突然IDとパスワード入力を求められます。特にIDとパスワードは覚えにくいこともあり、不便を感じるかもしれません。かといって、常にIDとパスワードをスマホ上にメモしておくのもセキュリティ対策上好ましいと言えませんので難しいところです。

mineo(マイネオ)の優れているところ

●au回線とドコモ回線のどちらにも対応
キャリア版スマホで格安SIMを運用するにあたり、最大の問題となるのが「回線」です。MVNOの回線はたいてい1種類であることが普通ですがmineo(マイネオ)はauとドコモ両方の回線に対応しています。ユーザーはmineo(マイネオ)の契約時に利用したい回線を「プラン」として選択すれば良いことになります。au回線を利用したいのであれば「auプラン(Aプラン)」を、ドコモ回線を利用したいのであれば「ドコモプラン(Dプラン)」を選択する形です。

●スマホの選択肢が増える
mineo(マイネオ)の回線がau・ドコモ両対応なのは前述した通りです。選べる回線が複数あれば、キャリア版スマホの対応数も増えることにつながるわけです。たとえば既に持っている端末がau版スマホの場合、mineo(マイネオ)のauプランを選択することによりSIMロック解除手続き無しでそのまま使うことができるのです。

*ポイント:SIMロック解除ができてもキャリア回線の縛りがある
たとえばauキャリア版スマホをSIMロック解除してmineo(マイネオ)のドコモプランで運用できるかというと「難しい」と言わざるを得ません。なぜならば、キャリア版スマホは受信できる電波もそのキャリアが発信している周波数だけに調整されていることが多いからです。たとえキャリア版以外の回線のSIMカードを受け付けたとしても、他社の電波を受信できないことにより実質使えないことにつながります。そのため、キャリア版の回線をそのまま使うのがベストだと言えるのです。

●カバーエリアを引き継ぎやすい
今までドコモキャリア契約、もしくはドコモ回線系のMVNOを利用していた方はドコモのカバーエリアを利用した方が違和感なく使えると思います。このパターンをau回線にも当てはめることができるので、今までauを利用してきた方はauプランを選択することで従来のカバーエリアと同じ使用感で運用ができます。

●知り合いとの間でデータ容量の譲り合いが可能
データ容量のシェアに近しい機能です。自分が所有しているデータ容量をほかのユーザーに譲り渡すことができる機能があるのです。これには特別な手続きは必要なくユーザーサイトにログインして、譲り渡したい容量(MB単位)を入力してギフトコードを受け取るだけです。そのギフトコードを受け取り側のユーザーに知らせ、そのコードをユーザーサイトに入力することで容量の移行が完了します。さらにこの機能は無料で利用ができ、その他利用によるデメリットも生じないのが特徴です。

●ユーザーのコミュニティサイトが充実している
「MVNO・格安SIM」と言えば自己責任が重い代わりに安価で音声通話や通信サービスを受けられるのが利点です。この自己責任というのは公式サポートが受けにくいという点も含まれています。そのため、格安SIMや端末を利用するに当たって生じる疑問なども利用者自身で解決するのが基本だと言えます。mineo(マイネオ)では「マイネ王」というコミュニティサイトが存在します。ユーザーの疑問やレビューなどをmineo(マイネオ)ユーザー同士で解決できる便利なサイトです。もちろん、mineo(マイネオ)公式によるサポート窓口もあるのでプラスアルファとしてサポートが充実していると考えることができるのです。

●通信速度が比較的優れている
あくまで他社MVNOと比較しての話になりますので絶対的に通信速度が速いとは言い切れないのですが、速度的には安定している部類に入ります。しかし、今後継続して速度が安定しているかどうかは不明と言うほかありません。MVNOの速度は契約ユーザーや同時接続人数、MVNO側の設備の具合により大きく左右されます。

●月500MBのプランから契約ができる
「データ通信をあまりしないけど高速通信には対応してほしい」という方にmineo(マイネオ)では高速通信容量500MB/月のプランから用意されているので最適かもしれません。データSIMであれば700円/月から契約できるのでお財布にも優しいプランです。

●回線管理アプリが提供されている
Android版・iOS版両方で「mineo(マイネオ)スイッチ」という管理アプリが提供されています。回線速度を低速通信(200kbps)に制限することにより高速通信容量を節約できる機能、当月のデータ使用量や残量などのチェックも可能です。

●最低利用期間がない
mineo(マイネオ)では音声通話SIM契約時、最低利用期間の設定はありません。ユーザー側は自由なタイミングで解約しても違約金が発生することがないのです。MVNO業界では平均1万円、期間としては半年から1年程度が条件となっていることが多いため大きな利点です。ただし、MNP転出に伴うmineo(マイネオ)解約については転出手数料12,420円(税込)が請求されてしまうので気をつけましょう。違約金無し・最低利用期間無しが適用されるのは電話番号が消滅する解約についてのみです。

mineo(マイネオ)のプラン内容について

・Dプラン(ドコモプラン)の料金表

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信専用SIM)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話対応SIM)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

 

・Aプラン(auプラン)の料金表

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信専用SIM)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話対応SIM)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

*両プランの通話料金・・・国内通話:20円/30秒

mineo(マイネオ)を選ぶ際の注意点

●容量の譲り渡し時のギフトコードの盗難に注意
容量の譲り渡しは手続きが簡単なのですが、その分セキュリティ対策が緩いという見方もできてしまいます。たとえばギフトコードをtwitterのツイートで渡してしまうと、本来渡したい相手以外もそのコードを閲覧できてしまいます。コード受取人の指定ができませんのでmineo(マイネオ)のユーザーであればそのコードを利用できてしまうわけです。このように第三者が閲覧できるツールやアプリを用いてのギフトコードのやりとりは危険です。必ず1対1でギフトコードを受け渡しができ、かつ第三者が閲覧できない連絡方法でやりとりを行いましょう。

●パケットシェアとパケットギフトは同時利用できない
同時利用できないと言っても、どちらか一方なら使えるのかというとそうではないことに注意しなければいけません。パケットシェアが使えるのはユーザーが同一住所に住んでいることを証明できる前提が必要です。パケットギフトはパケットシェア適用外ユーザーかつ同一契約者(同じeoID)のSIMではないことが条件となってきます。

mineo(マイネオ)がオススメなのはこんな人!

●格安スマホの自己調達に抵抗感のない方・au端末を所有している方
mineo(マイネオ)では公式の取り扱い端末数がほかのMVNOと比べても多いとは言えません。従ってmineo(マイネオ)がおすすめできるパターンとして次の2通り考えられます。

●既に端末を所有している方
特にauキャリア版端末をお持ちの方はauプランを契約することでSIMロック解除無しで利用ができます。コンテンツ2でも解説しましたが、SIMロック解除ができたとしても他社の電波を受信できるとは限りません(機種によります)auキャリア版スマホをお持ちの方はmineo(マイネオ)のauプランを、ドコモキャリア版スマホを所有している方はドコモプランで利用するのが最適です。回線さえ合えば無理にSIMフリー版スマホを新しく購入する必要もなくなるので、お財布に優しいメリットもあります。

●公式の販売端末以外の調達に抵抗感のない方・なれている方

・初心者~中級者の方
au・ドコモ回線が選択できる、コミュニティサイトの充実、回線速度の安定度、料金設定がそれほど高くないこと、スマホ用公式アプリが最低限用意されている等々総合的に優れたMVNOであることは間違いありません。格安SIM入門用MVNOとしても十分成立すると思われます。音声対応のSIM契約時にも違約金0でいつでも解約可能なのも見逃せません(MNP転出による解約は最低利用期間による違約金の条件があります)

mineo(マイネオ)の評判を100人に聞いた結果、4.5点でした。