mineo(マイネオ)のSIMカードについて徹底的に調べてみた

mineo(マイネオ)のメリット

最近話題のmineo(マイネオ)。どのようなメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

月額料金の安さ

3大キャリアのスマートフォンの平均月額使用料は約8,500円といわれています。mineo(マイネオ)は音声通話SIMのデータ使用量月額最大30GBの場合でも6,000円台という安さが魅力です。データ通信のみのシングルタイプ500MBプランでは基本料金が700円台、3GBでも900円台のため、通話専用のフィーチャーフォンとデータ通信専用のmineo(マイネオ)シングルタイプの2台持ちをすれば、月額8,000円以上かかっていた携帯料金を3,000円以下にすることも可能になります。

SMSが月額基本料無料

格安スマホに多い「SMS機能付きのデータ通信プラン」というのがmineo(マイネオ)には存在しません。なぜかと言うと、auプラン(Aプラン)ではオプションとして無料でつけることができるからです。(※ただし、ドコモプラン(Dプラン)のシングルタイプは120円、ソフトバンクプラン(Sプラン)は180円必要)

他社格安スマホにあるSMS機能つきプランは、SMSがついていないデータ通信プランと比べると数百円高くなっているため、それがなく無料でSMS機能がつけられるmineo(マイネオ)はお得といえます。しかし楽天モバイルと比べると、SMS付きでも料金は数十円しか変わりません。

楽天モバイルのSMSの詳細はこちらの 楽天モバイルでSMSを使用するプラン選びと注意点 をご覧ください

データ量繰り越しサービスがつかえる

mineo(マイネオ)の大きなメリットのひとつとして、余ったデータ量を翌月に繰り越しができるデータ繰り越しサービスがつかえます。3GBプランを契約し、その月に2GB分しか利用しなかった場合は翌月に4GB相当のデータ量が使えるということです。繰り越した分は翌月までしか使えませんが、月によってデータ使用量にバラつきがでやすい人にはプラン以上のデータ量を使えるように感じるかもしれませんね。

また、余ったデータ量をシェアできる「パケットシェア」(※最大10回線まで)という独自サービスも展開しているので、余すことなく有効活用できます。

テザリングができる

端末をアクセスポイント(親機)として、ゲーム機やパソコンなど様々な外部機器(子機)からネット接続ができます。他社格安スマホでは制限がかかってできないものが多いのですがmineo(マイネオ)の端末なら制限なく利用することが可能です。

mineo(マイネオ)のテザリングについての詳しい詳細はこちらのページを参考にしてください。mineo(マイネオ)のテザリング設定の方法から注意点まで

豊富なオプション

mineo(マイネオ)のプランは、基本はシンプルなものだけになっており、利用者が欲しい機能を追加オプションとしてつけることができるのが魅力です。オプションも無料のものから月額数百円程度のものまで揃っていますので、自分が欲しいサービスをチョイスすることができます。

au・docomo・ソフトバンク回線を使える

今お使いのスマホをそのまま格安SIMで使いたいという人は、au・docomo・ソフトバンクのスマホをmineo(マイネオ)で使用する事ができます。同じキャリアの回線なら一部を除いてほぼすべての端末がSIMロック解除なしで使えます。

mineo(マイネオ)の弱点

mineo(マイネオ)を使用するうえでの弱点、デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

auプラン(Aプラン)のデータ通信はLTEのみ

mineo(マイネオ)のシングルタイプ(データ通信SIM)は、「au 4G LTEサービスエリア」のみ利用可能で、「au 3Gサービスエリア」のみでつながるエリアでは利用することができません。デュアルタイプ(音声通話SIM)の音声通話のみなら3G通信可能ですが、LINEやメールの送受信、ウェブサイトの表示などのデータ通信には使えません。

2019年9月30日までの契約では、ご利用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出すると9,500円かかる

利用開始をした月の翌月から12ヶ月以内にMNP転出をするとMNP転出時契約解除料として9,500円掛かってしまいますので、MNPの予定がある方は契約日を確認するなど少し注意が必要です。(2019年9月30日を過ぎて契約した場合はかかりません)また、MNP転出の際は、ご利用期間を問わず、一律MNP転出手数料3,000円がかかります。

mineo(マイネオ)利用者の口コミ・評判について

当サイトではmineo(マイネオ)の利用者100人に対してアンケートを実施しました。

アンケート回答者に一言コメントをいただいたのでそちらをまとめてみます。

以前はauを使っていました。mineo(マイネオ)に変えてから値段が6千円ほど安くなって家計が楽になりました。通信状況はauに比べると多少重くなる事がありますが不満ありません。(30代主婦)

初の格安SIMになるのですが、ネットでの手続きも難なく完了し、自分で行う開通手続きも難なく終了出来たので意外と簡単に導入出来ました。またネットで言われていた混雑時の通信速度の低下も気になるレベルの低下、通信エラーもなく通常のキャリア回線と変わりなく使用できているので満足です。料金もかなり抑えることが出来ているので変えてよかったと思っています。(20代男性サラリーマン)

格安SIM使ったのは初めてで、こんなに安くて何か裏があるんじゃないかと勘ぐっていましたが、使い始めて一番驚いたのが思ってたよりも普通に使えるということでした。ヘビーユーザーの方からみたら色々不満もあるようですが、私のように携帯を連絡にしか使わない人ならば大手キャリアスマホと同じように不都合なく使えると思います。今まで月額7000円近く払ってたものが1500円程度に抑えられているので大満足です。(30代男性自営業)

以前はauを使っていました。au時の月額の料金は夫婦と子供合わせて約17,000円でした。さほど、携帯を使用するわけでも無く、一般的にウエブ閲覧、メール等初歩的な使い方しかしていないので格安携帯で十分役立つのでは無いかと思い、今夏キャリアの変更をしました。mineo(マイネオ)にしてからは月額夫婦+子供で約4,000円となり特に不便も感じず、大変満足しております。もっと早く変更していれば、節約出来たのに・・と後悔しています。(30代主婦)

mineo(マイネオ)でセット購入できるSIMフリー端末一覧(料金や性能)

mineo(マイネオ)のHPから端末とSIMをセットで購入することもできます。既に現在使用中の端末やiPhoneなどに契約したSIMを挿し込んで使うこともできますので、新規で端末を契約したい人はこちらから選んでみても良いかもしれません。

mineo(マイネオ)HPから購入できるSIMフリー端末の一例を表で紹介

プラン機種名メーカーカメラ画素数プラットフォームメモリCPU価格
(税抜)
Dプラン
Aプラン
Sプラン
HUAWEI
nova 5T
HUAWEI4,800万画素Android™ 9.0 8GB2×2.6GHz+
2×1.92GHz+
4×1.8GHz

51,600円

Dプラン
Aプラン
Sプラン
HUAWEI
P30
HUAWEI 4,000万画素

3,200万画素
Android™ 9.0   Pie6GB2×2.6GHz+
2×1.9GHz+
4×1.8GHz
74,400円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
HUAWEI
P30 lite
HUAWEI2,400万画素Android™ 9.0   Pie4GB4×2.2GHz+
4×1.7GHz
32,400円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
HUAWEI
nova lite 3
HUAWEI1,300万画素Android9.0   Pie3GB4×2.0GHz+
4×1.7GHz
24,000円
Dプラン
Sプラン
HUAWEI
Mate 20 Pro
HUAWEI4,000万画素Android9.0+
Emotion UI 9.0
6GB2×2.6GHz+
2×1.92GHz+
4×1.8GHz
99,600円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
Zenfone 6ASUS4,800万画素Android9.0   Pie6GBQualcomm®
Snapdragon™ 855
97,200円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
Zenfone
Max(M2)
ASUS1,300万画素Android8.1  Oreo
4GBQualcomm®
Snapdragon™ 632
22,800円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
zenfone
Live(L1)
ASUS1,300万画素Android8.1 Oreo
2GBQualcomm®
Snapdragon™ 430
16,800円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
AQUOS
sense3
SH-M12
シャープ1,200万画素 Android9.0  Pie
4GB2.2GHz+1.8GHz36,000円
Dプラン
Aプラン
Sプラン
Xperia AceSony Mobile Communications1,200万画素Android™9.0 Pie4GBQualcomm® Snapdragon™ 63044,880円

毎月のサポートとして、端末に関するサービスをつけることができます。端末購入時に申し込むことができるので、万が一のトラブルに備えてつけておくと安心できます。端末安心サポートに加入していない場合、もし端末に修理などが必要になったときに端末代金相当額が必要になる場合があります。

 月額料金サービス内容
端末安心保証サービス370円落下や水没による故障や、万が一のトラブル時にお客様の最小限の負担に抑えます。
持込み端末安心保証サービス500円お手持ちの端末の故障時に、故障端末の修理や交換端末の提供を行うサービスです。

mineo(マイネオ)格安SIMの一番安いプランは、端末代含めて月額いくらぐらい?(SIMと端末セット購入の場合)

通話はとりあえず現在利用中の携帯をそのまま使用し、データ通信のみ格安スマホを試してみたいという方の場合、一番安いプランに端末代金を含めて月額どのくらいでスマホを持つことができるのでしょうか。

データ通信のみのシングルタイプ500MBプランで、3つの端末を取り上げてそれぞれの端末代金を含めた場合の月額料金を試算してみました。

基本データ容量プラン月額端末代金(分割)プラン料金合計月額料金
500MB
音声通話なし
AプランHUAWEI nova 5T
2,150円
700円2,850円~
DプランHUAWEI nova lite 3
1,000円
700円1,700円~
SプランZenfone 6
2,800円
790円3,590円~

 

一番安い500MBプランで端末代金とセットにしても月額料金が一番高い端末でも4,000円以下となります。3大キャリアスマホの平均月額利用料は約8,500円と言われていますので、それと比べるとかなり格安になりますね。

もし500MBを越えてしまうことがあっても、100MB150円で追加チャージできますので安心できます。

データ容量をシングルタイプの最大30GBに変更した場合はこちらです。

基本データ容量月額端末代金(分割)プラン料金合計月額料金
30GB音声通話なしHUAWEI nova 5T
2,150円
5,900円8,050円
HUAWEI nova lite 3
1,000円
5,900円6,900円
Zenfone 6
2,800円
5,990円8,790円

 

30GBでも、端末料金を含めてもこの価格ならお安いのではないでしょうか。

 

3大キャリアの月額料金とmineo(マイネオ)の料金比較(通話データSIM)

現在3大キャリアのスマートフォンを利用中の方は、月額料金が毎月いくら請求されているかしっかり把握していますか?大体毎月8,000円以上の請求があるのではないでしょうか。

また、今現在フィーチャーフォンなど通話メインで使用していて、これからスマートフォンに乗り換えたいとお考えの方は、利用額がどのくらい増えてしまうのか心配ではありませんか?スマートフォンの料金はとても高いイメージがあるのではないでしょうか。

スマートフォンを利用する上で一番のネックである月額料金の高さを、3大キャリアとmineo(マイネオ)の格安SIM(音声通話SIM)の場合とで比較してみました。

 docomo
(ギガライト)
au
(新auピタットプランN)
softbank
(ミニモンスター)
mineo
デュアルタイプ※Dプランの場合
インターネット
接続料金
300円
(spモード)
300円
(LTE NET)
300円
(ウェブ使用料)
1GBまで2,980円2,980円3,000円
2GBまで5,000円
3GBまで3,980円1,600円
4GBまで4,480円
5GBまで4,980円6,500円2,280円
(6GB)
7GBまで5,980円5,980円7,500円
(50GBまで)
3,220円
(10GB)

 

3大キャリアの5GBと比べて、mineo(マイネオ)なら音声通話SIMのデュアルタイプ(6GB)でも2,280円と半額以下です。

しかし、3大キャリアが通話料定額のかけ放題が設定されているのに対し、mineo(マイネオ)は20円/30秒の通話料が別途必要になります。

しかし、これについては通話料が半額になる通話アプリを利用したり、メッセージアプリを上手に利用することで、通話料金を抑えることができるようになります。またIP電話を月額基本料無料で使うことができるので、このIP電話を利用しても通話料を低く抑えることができます。

補足:そもそもmineo(マイネオ)とは?

mineo

「mineo(マイネオ)」は関西電力系列会社、株式会社オプテージの格安SIMカードです。SIMカードの中に契約者の情報が全て入っているので、SIMカードをスマホ本体に差し込めば、それがあなたの電話番号とメールアドレスを持つ、あなた専用のスマホとなるのです。

mineo(マイネオ)では、通常の格安スマホに多いデータ通信「データ通信SIM」「データ通信SIM(SMS機能つき)」「音声通話SIM」の3種類ではなく、シングルタイプ「データ通信SIM」デュアルタイプ「音声通話SIM」の2種類のみになっており、その他の機能についてはオプションで追加していく仕様になっているので、自分にとって本当に必要なものだけを選んでいくことができます。

mineo(マイネオ)の2種類のSIMはそれぞれ使える機能が異なっています。シングルタイプと呼ばれるデータSIMは音声通話ができないので、通話用の電話は持ちつつ、2台目としてデータ通信のみをスマホで利用したい、タブレットを使いたいという人向け。デュアルタイプと呼ばれる音声通話SIMは、端末ひとつで通話もデータ通信も利用したい人向けです。自分が欲しい機能はどれなのか、許容できる範囲はどこまでかなどを把握して選ぶようにしましょう。

2つのSIMタイプ

 音声通話SMS機能MNP通信エリア
シングルタイプ(データSIM)×
※一部有料
×au 4G LTE Xi(クロッシィ)
FOMA SoftBank 3G SoftBank 4G LTE
SoftBank 4G
デュアルタイプ(音声通話SIM)(データ通信)
au 4G LTE Xi(クロッシィ)
FOMA SoftBank 3G SoftBank 4G LTE SoftBank 4G
(音声通話)
au 4G LTE au 3G Xi (クロッシィ)
FOMA SoftBank 3G
SoftBank 4G LTE

 

MNP(ナンバーポータビリティー)は、現在使用中の電話番号をそのまま引き継げるサービスです。別途3,000円のMNP手数料が必要になります。

mineo(マイネオ)のオプションサービスについて

mineo(マイネオ)には多彩なオプション機能があり、自分の好みのものをチョイスしてつけることができるのも魅力です。オプションは無料のものと有料のものがあります。

オプションサービス一覧(Aプランの場合)

オプションシングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
フリータンク無料 余ったパケットを貯めたり貰ったりできます。
パケットギフト無料 他のユーザーとデータ量を分け合うことが出来ます。
パケットチャージ150円/100MB 高速通信できるデータ容量を増やします。
パケットシェア無料 繰り越した容量をグループ内でシェアできます。
メールウィルスチェック200円/月 メールが届く前にウィルスを検知・削除します。
SMS月額基本料無料 送信:3~30円/通 受信:無料 ショートメールメッセージの送受信やLINEなどの登録に必要です。
国際SMS月額基本料無料 送信:100円/通(免税) 受信:無料
ウィルスバスターモバイル270円/月・ライセンス 総合的なセキュリティ対策を行います。
三者通話サービス×200円/月 通話中に新たに別の人を呼び出し3人で同時会話ができます。
迷惑電話撃退サービス×100円/月 迷惑電話やいたずら電話をかからなくします。
着信転送サービス×無料 電話がかかってきたときに、登録した別の電話に転送できます。
割込通話サービス×無料 通話中でも別の人からの電話にでられます。
番号通知
リクエストサービス
×無料 非通知の電話に、番号通知するようアナウンスを流します。
ボイスメール×無料 相手の電話を鳴らさず伝言を残せます。

3大キャリアからmineo(マイネオ)へのMNP乗り換え方法

mineo(マイネオ)のデュアルタイプなら、現在使用中の電話番号(070/080/090)を3大キャリアからそのまま引き継ぐことができるMNP(ナンバーポータビリティ)を利用することができます。格安スマホに乗り換えたいけど、電話番号が変わるのは嫌だという方におすすめです。

MNPの乗り換え方法はたった3ステップなのでとても簡単です。

1、 現在契約中の携帯電話会社にMNPの予約を行い「MNP予約番号」を受け取ります。申込は携帯会社店頭、携帯端末、一般電話、パソコンのどれからでも大丈夫です。

docomo

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話1519:00~20:00
一般電話0120-800-0009:00~20:00
パソコンMy docomo→ドコモオンライン手続き9:00~21:30

 

au / 沖縄セルラー

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話0077-754709:00~20:00
一般電話0077-754709:00~20:00
EZwebトップページ→「My au」→「申し込む/変更する」9:00~20:00

 

Softbank / ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話*55339:00~20:00
一般電話0800-100-55339:00~20:00
パソコントップページ→「My softbank」→「各種変更手続き」9:00~20:00

 

Y!mobile

利用方法MNP予約受付窓口受付時間
Y!mobileの電話1519:00~20:00
他社の携帯電話/固定電話0570-039-1519:00~20:00
パソコン「My Y!mobile」9:00~20:00

 

2、MNP予約番号を手に入れます。

3、MNP予約番号の有効期限内にMNPの手続きをします。

※MNP予約番号の有効期限は番号発行日を含めた15日間です。有効期限が切れた場合は無効となりますので、改めてMNPの申込を行ってください。

参考:mineo(マイネオ)への転入は計画的に 転入費用を最小に抑えるMNPの手続き方法

mineo(マイネオ)はこんな人にオススメ

mineo(マイネオ)は他社の格安スマホと比べてもお得なポイントがたくさんあります。他社のプランでは有料となるSMS機能がAプランなら月額基本料無料で使えます。また、mineo(マイネオ)の運営会社オプテージのIP電話サービス「LaLaCall」をシングルタイプ、デュアルタイプ両方で月額基本料100円(税抜)で使うことができます。mineo(マイネオ)通信サービスを利用している場合は無料通話100円(税抜)分がつきます。

また、余ったデータ量を翌月に繰り越せたり、グループ内で余ったデータ量をシェアできるといったmineo(マイネオ)だけの独自サービスも展開しています。

回線はau・docomo・ソフトバンクのものを使用しているので、今現在それらのスマートフォンを使用中の方が乗り換えてもそんなに不便を感じることなく使用できるのではないでしょうか。

3大キャリアからの乗り換えだけでなく、これからスマートフォンデビューを考えている方で「まずはスマホの操作を覚えながら、スマホでできる色々なことに挑戦したい」という方や、「スマホにしてみたいけど、月額料金があまり高額になるのは嫌だな」という方は、便利なオプションサービスがあるmineo(マイネオ)を選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

mineo(マイネオ)のプリペイドパックについて

mineo(マイネオ)のプリペイドパックについてみていきましょう。

プリペイドパックってどんなものか?

mineo(マイネオ)にはプリペイドパックというものがあります。これは一体どんなものなのでしょうか?

これは一言で言うと、お試しパックという事になります。

「mineo(マイネオ)と契約しようとおもっているけれど、少し心配」「mineo(マイネオ)って本当に大丈夫なの?」という方にピッタリのサービスだと思います。

参考:mineo(マイネオ)のプリペイドパックは初心者から上級者まで全てのユーザーにメリット有り

こんな人におすすめ

次のAさんような例を参考にみてください。

Aさん:私はLINEやパズドラのアプリをよく使うので、データ通信料の事が心配。どのくらい必要かもわからないし、かといって高いプランを選ぶのもなー。。。

しかも私の地域ではきちんとつながるのだろうか?通話機能はつけなくても本当に不便がないのだろうか?

あー、いきなり本契約してしまうのは少しこわいなー。。。

こんなときにmienoのプリペイドパックを購入して使用すればお試しができるので、Aさんのような不安を抱えている方にとってピッタリのプランになっているんです。

きちんと試してから、気に入れば本契約を行えば良いということですね。

プリペイドパックを使用する手順

使用する手順は至って簡単でシンプルです。

プリペイドパックを購入する→mineo(マイネオ)に開通手続きの電話をかける→完了

これで完了となります。早いですね。

⇒TOPページに戻る