格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

インターネットFAXの選び方や無料で使用する方法・話題のインターネットFAX人気ランキングをご紹介します

インターネットFAXのメリット・デメリット

ビジネスシーンでは特にまだまだFAX文化は健在で、書類の提出をFAXで求められることもしばしば。 この記事ではインターネットFAXのメリットやデメリットを解説し、様々なインターネットFAXサービスのランキングや評判を比較して、おすすめのインターネットFAXサービスをご提案します。

オススメのインターネットFAXサービスのeFAXの詳細はこちら

まずはインターネットFAXのメリット・デメリットを見てみましょう。

インターネットFAX

インターネットFAXのメリット

→ネット環境があればどんな端末でもどこからでもFAXができる。

インターネットFAXは送りたいFAXをEメールに添付しサービス提供会社宛に送信するだけなので、Eメールが送信できる環境があればどこでも、また端末もPCに限らずスマホやタブレットからでも大丈夫です。

→FAX利用のコスト削減になる

大量のFAXを送信するオフィスなどでは電話回線を利用する為、通信コストもバカになりません。

遠隔地になるほど通信料はアップするわけですから、必要経費とはいえど安いに越したことはありませんよね。

また一カ所に複数枚FAXを送ったり、相手先によって仕分けしながら送ったりする場合の手間も相当なものになります。

インターネットFAXなら、PC上でEメールアプリと添付ファイルを操作するだけですし、現在のインターネット回線は基本フレッツでつなぎ放題、距離や時間など通信料を気にせず利用することができます。

またFAXを受信する際もEメール添付で送られてくるので、完全ペーパーレス。

インクやトナー、用紙の補充も不要な上、大量送受信の際のFAX書面を見た上での仕分けが不要など、消耗品や人件費のコスト削減になる訳ですね。

→申し込みから利用開始までが早い

インターネットを利用するネットFAXですが、申し込みから利用開始までの待機時間が短いのも特徴です。

もっとも短い場合はサービス提供会社に登録後すぐなんて場合もあるようです。

FAXを利用するのが目的ですから、まさかインターネット光回線の開通工事のようなことはないでしょうが、ネットの場合回線工事を伴なわない転用でも最短で約10日程度。

電話回線を使うFAX機を新たに導入する場合は、簡易型ならFAX本体を家電店や通販で購入し電話回線を接続するだけなので、最短ではその日のうちにはFAXが使えそうですが、多彩なメリットを持ちサービス提供会社との契約が必要なネットFAXが即使えるというのは、やはり一目置けるメリットでしょう。

急に明日から出張が入ったなんて場合でも、即申し込んで出張先でFAXを受け取るなんて芸当も、ネットFAX申し込みから利用開始までのスピード感なんです。

→トラブルやアクシデントの心配が極めて少ない

Eメール感覚でFAXをやりとりするわけですから、当然FAX機の様な「紙詰まり」や複数相手先からの複数枚のFAXを同時に受信した場合の「受信FAXの混在」、つい誰かが無意識のうちに持ち去ってしまうという「受信FAXの紛失」などの、トラブルやアクシデントの心配がありません。

→セキュリティ対策としても有効

FAXといえば気になるのは書類のセキュリティ対策。その内容としては、ちょっとした伝言メモから見積や発注書、商品在庫票や社内通達なんてこともあるでしょう。

どんなFAXでもキホン部外者には見られたくないものがほとんどです。

そもそも誰もが利用するコピー機兼用FAXの出力トレイや、まるで内容をひけらかすかのように耳障りな排出音とともに表向きに出てくる簡易FAXなど、情報の保護などセキュリティ面での対策はまったくとられていませんよね。

本社から同じ職場の上司に送られて来た社内通達のFAXを仕分け上やむなく見てしまい「ええっ!これってマジ?」なんてオフィスドラマのワンシーンの様な経験、大なり小なり誰しもあるのではないでしょうか。インターネットFAXならEメールでの添付ファイルとして届くので、そんな「開放的な機密文書」にはなりません。

さらには受け取ったFAX添付Eメールのフォルダ振り分け設定をしておけば「見るべき人しか見えない」といったセキュリティ対策も出来てしまうわけですね。このようにインターネットFAXには、今までのFAXの概念をガラリとくつがえす様なメリットがふんだんに盛り込まれているんです。

また利用環境によっては、まだまだ新たなメリットが出てきそうな気配すらしてきますよね。

そんな多彩なインターネットFAXですが、デメリットや弱点が無い訳ではありません。

インターネットFAXのデメリット

メリットばかりとり上げたのでは、実際に使用してみて「そんなこと聞いてない」なんてことにもなりかねません。

検討課題としてインターネットFAXのデメリット的要素も知っておきましょう。

→インターネット環境が必要

その名もズバリ「インターネットFAX」、またFAXはEメールの添付ファイルとして送受信されるわけですから、「Eメールが使えるインターネット環境」であることが必要です。

→月額料金と送受信枚数に応じた料金が必要

インターネットFAXはEメール添付としてFAXが送受信できるわけですが、利用するにはサービス提供会社への申し込み、つまり契約が必要です。

また契約先によって額面は違いますが、毎月の月額料金やFAX送受信の枚数に応じた料金も発生します。

料金の詳細はサービス提供会社の比較項目で紹介しますが、その多くは初月無料で月額料金は300円から1,500円くらいとさまざま。

FAX送信は1枚2.2円から50円、受信の場合は全て無料から150枚を超えると1枚10円など、こちらもサービス会社によって開きがあります。

普通のFAX機の場合もインクや用紙、通信料といったコストはかかりますが、どこでもどんな端末でもといった利便性の高いインターネットFAXも、ランニングコストは必要なんです。

オススメのインターネットFAXサービスのeFAXの詳細はこちら

インターネットFAX すぐにわかる単純明快即答Q&A集

さてここまではインターネットFAXについてのしくみや特徴をいろんな視点から紹介してきましたが、まだまだちょっとした疑問点やよくわからない点はあることでしょう。

そこで想定されるさまざまな疑問をQ&A形式であげてみました。

ここではザックリと、インターネットFAXに関わる疑問を単純明快に答えていきますので、それぞれ詳細については当記事の各項目を参考にしてみて下さい。

★インターネットFAX Q&Aあれこれ

Q A
電話回線がなくてもインターネットFAXは使える? 使えます。Eメールが使える環境があればOK
移転・引越しした時は取得したFAX番号は変わる? サービス会社との契約がそのままであれば変わりません。
スマホの対応OSは? Eメールが出来ればOSは問いません。
相手が普通のFAXなら何でも送受信できる? 出来ます。サービス会社によってIP電話や有料電話が送受信ができない場合があります。
今使っているFAX番号がそのまま使える? 一部のサービス会社で番号ポータに対応しています。
FAX番号は自由に設定できる? 出来ません。eFaxなどは先頭の市外局番が選べます。
契約途中でFAX番号を変えられる? 出来ます。但し有料の場合が多いです。
一度に送信できるFAX枚数は制約がある? 多くはデータ容量での制限で最大50枚程度です。
紙の書面を送る時は? PDFデータに変えて送ります。
FAXを受信した際の通知は? Eメールの受信設定で行なえます。
受信したFAXを転送できる? 通常のEメール転送と同じです。
複人数で同時使用できる? 一部のサービス会社で可能です。
FAXをカラーで送受信できる? 出来ません。途中でFAXデータに変換されるので、従来のFAXと同様です。
送信アドレスリストはデータでとり込める? CSVで出来る場合が多いです。
用紙サイズはどうなる? A5~A3まで、サービス会社で異なります。但し受信はA4サイズになる場合が多いです。
ひとつのメルアドで複数の番号がもてる? eFaxやD-FAXなどでは可能です。
料金の支払い方法は? クレカ、銀行振込、コンビニ、ゆうちょ、ペイジーなどですが、サービス会社によって異なります。
申し込みに本人確認書類は必要? 不要。意思確認で連絡が入る場合があります。
途中でプラン変更できる? 可能ですが、月単位の場合が多いです。
フリーダイヤルに送信できる? ほぼ出来ます。但し050は一部、090、080、070、0990には出来ません。

 

インターネットFAXでよくある質問をまとめてみました。

ただサービス会社によってその対応内容が大きく異なるので、申し込み時にはあらためて確認しましょう。

インターネットFAXサービスの選び方ポイント

さて、色々とインターネットFAXのメリットが見えてきたのではないでしょうか?

「そんな便利なFAXならすぐにでも導入しよう」なんて声も聞こえてきそうですが、このネットFAX、何でもいいという訳ではありません。

というのも、FAXを利用するシーンや頻度、端末環境やコスト面での考慮など、さまざまに選択すべき項目がサービス提供会社によって大きく違ってくるからなんです。

では早速、どのインターネットFAXサービスを選べばいいのか、特徴や機能面をふまえてポイントをあげてみましょう。

・送受信機能

そもそもFAXを利用するにあたって、送信するだけなのか受信のみなのか、それとも送受信の両方必要なのかで、選びべきサービス会社やランニングコストも違ってきます。

現実面と照らし合わせて、送受信の必要性をしっかり把握しておきましょう。

・スマホやタブレットなど、移動系端末への対応

インターネットFAXはスマホやタブレットにも対応しているというメリットを紹介しましたが、これはあくまでFAX機を比べた場合の相対的なもの。

実際の対応端末はサービス会社によって違って来たり、スマホ専用のモバイルFAXなども存在しますから、どれだけの端末対応が必要なのかを決めておきましょう。

・コスト面

インターネットFAXを利用するには、サービス提供会社との契約が必要ですが、導入の際の初期費用の有無、基本月額料金や送受信の各枚数ごとの追加課金の有無、また初期費用が無料になるなど各種キャンペーンを行なっている場合もあるので、チェックしておきましょう。

従来のFAX機と比べてコスト面でもメリットの大きいインターネットFAXですが、逆にランニングコストが必要な点も念頭に置いておきましょう。

・セキュリティ面や管理機能

インターネットFAXを選ぶ際には法人向けなのか個人向けなのかでも、選ぶべきサービス会社が違ってきます。

とくに法人向けの場合は、機密文書や業績/売上報告などセキュリティ面での強化が必要とされる場合が多いですよね。

こうしたセキュリティリスクを最小限に抑えた管理機能を持つサービス会社なら、安心して利用できるというもの。

信頼性のあるインターネットFAXサービスを選ぶのも、検討時の重要なポイントです。

・FAX番号がどこまで選べるのか

インターネットFAXを利用する際に決まってくる(決めることも)肝心のFAXナンバーですが、この決め方もサービス提供会社によってまちまち。

申し込みにともないあらかじめ決まってくる場合やいくつかの選択肢から選ぶ場合、これらは基本的に先頭にIP回線独自の「050」番号がついてきますが、「03」や「06」などNTT市外局番と同様の番号を先頭に付けることが出来るサービス会社もあります。

またサービス提供会社によっては「インターネットFAXを番号ポータビリティできる」機能が、条件付きで提供されている場合もあるんです。

こと業種によってはこだわりたい電話番号と違って「何でもいいや」と軽視されがちなFAX番号ですが、FAX機と併用する場合も含めて、ここであえてFAX番号にこだわってみるのもいいかもしれません。

オススメのインターネットFAXサービスのeFAXの詳細はこちら

今人気のインターネットFAXオススメ度ランキング

さてここから大詰めです。

インターネットFAXサービスは一体どれがいいのか、何が優れているのかを比較データをふまえながらオススメ度をランキング形式でまとめてみました。

名付けて「2018年度版インターネットFAX総選挙オススメ度ランキング」とでもしておきましょうか。

名称はさておいて、独断ですが偏見なしの総合評価を上から順に並べてみました。

とにかく色々と比較してみて下さい。

サービス名 初期費用 月額料金 送信料金 受信料金 FAX番号 無料特典 備考
eFax 無料 1,250円 151枚目からは10円/枚 151枚目からは10円/枚 03、06など全国都市の市外局番 送受信共150枚/月まで無料 無料トライアルあり
jFAX 無料 900円 51枚目からは10円/枚 101枚目からは10円/枚 03 送信50枚/受信100枚まで無料 無料トライアルあり
Message+ 無料 792円 15円/1枚 無料     年払い割引あり
Toones 送信:
無料
受信:
1050円
送信:
無料
受信:
498円~
7~10円/枚 無料~8円/枚     ポイント制、初期4000円~。1P/1円
送信サービスと受信サービスは別のプラン
faxmo 1080円 940円 一律14円/枚
ファインモード
1001枚目~9円/枚 03 or 06 受信1000枚無料/月 請求書送付は月額料金に140円加算
D-FAX 2500円 無料 機能無し 無料 020   ・受信無制限
・020番号の制約で環境によっては発信できない場合がある
KDDIペーパーレスFAXサービス 1000円 950円 15円/枚
サービスユーザー間、KDDI050番号向けは無料
無料 050 なし FAX蓄積容量 基本100MB(増量可能)
モバイルFAX 無料 ガラケー:
300円/月
スマホ:
3600円/年
50pt(2枚まで) 無料 020 1ヶ月無料 ・Softbankとauは送信利用不可(ガラケーのみ)
・500pt:500円
・1100pt:1000円
・2500pt:2000円
BizFAXストレージ&リモート Web限定で無料 1000円 8円/3分 無料      
InterFAX 送信:
無料
受信:
1500円
送信:
1000円
受信:
2200円
60秒まで22円
ファインモード
1001枚目~10円/枚 03 送信250円分無料/月
受信1000枚無料/月
送信・受信同時利用で月額料金が3150円に
PamFax 無料 Free:
無料
Basic:
522円
Pro:
786円
Free:
12円/枚
Basic:
12円/枚
Pro:
8円/枚
Free:
受信なし
Basic:
無料,無制限
Pro:
無料,無制限
813 Proは送信20枚無料/月 Free:履歴30日保存
Basic:履歴30日保存
Pro:履歴無期限保存
その他年間購入プラン等で割引あり
fax050jp 無料 500円 25P/枚(1P=1円) 無料 050 ・30日無料体験(クーポンコード:NEWFAX050JPを入力)
・年払いで+1ヶ月
・登録キャンペーン中(100Pプレゼント)
・友達紹介で+50P
 
FAXCAST 2016年12月サービス終了

 

ここでもっともオススメなのは、上位2つのeFaxとjFaxです。

じつはこの2つのサービス、同じ会社が提供しているんです。

全てを紹介すると大変長くなるので、この2つのサービスをクローズアップして少し詳しく見てみましょう。

 

無料でインターネットFAXを使用できるところはある?

さて人気インターネットFAXの話題が盛り上がった所ですが、これらはすべて利便性がよくリーズナブルでコストダウンにつながるとはいえ、あくまでサービス提供会社との契約ありきのサービスです。

ここでまたまた気になるのは「無料のインターネットFAX」の存在ですよね。

有料サービスがあれば無料版もあり、IT化の進んだ昨今では著名な事務系ソフトやデザイン/画像加工ソフトなども、すべて正規品とデータ互換性のある優れたフリーソフトが存在します。

もちろん完璧な動作保証があるわけではないですが、無料で実用的に使えるならそれも選択肢のうちかもしれませんよね。

早速ですが無料で使えるインターネットFAXもあるんです。

それが、「HelloFax」と「FAX.PLUS」です。

どちらも海外の提供会社ですが、即時開通でiPhoneやAndroidなどのスマホからのFAX送信が可能な完全無料サービス。

なぜ無料かといえば「送信のみでページ数にも制約があるから」なんですね。

先に紹介した事務系/デザインドロー系などのフリーソフトの一部に制約があることと似ていますが、どちらかといえばAVASTやPANDAなどのフリーセキュリティソフトに近い部分があり、フリー(無料)としては最低限の機能、標準的に使える機能を付加する際には有料プランに切り替えといったパターンです。

それでもあまり普段FAX送信をしない場合や、緊急対応などで急きょFAXを送信したい時などには、使えるかもしれませんね。

インターネットFAXの導入シーンや利用例

さて実際にインターネットFAXは、どんな場所で利用すればその便利な機能が充分発揮できるのでしょうか?

ここからはインターネットFAXの導入シーンや活用方法をシチュエーション別に見てみましょう。

・全国に営業所がある企業で活躍

全国に支店や営業所を持つ企業の一般的なやりとりはメールや電話ですが、資料や伝達事項、在庫票や注文票など紙の書面を送るにはやはりFAXは欠かせません。

とくに多いのは本社から各支店や営業所、さらに各社員への一斉送信ですが、支店や営業所によっては最小限の人数で対応している事務所なども多いものです。

倉庫や工場での作業と掛け持ち、また営業の合間に本社から送信されたFAXを見たい時などにインターネットFAXがあれば、まずは手元のタブレットやスマホで内容を確認することができ、その後の行動も効率的というものです。

また逆に各支店や営業所から本社や総務管理部門にランダムに送られてくるFAXの仕分け作業も、文面を理解できる担当者がきっちりと行なう必要があり結構大変な作業です。

そんな時インターネットネットFAXならEメール添付での受信ですから、あらかじめフォルダ分けして自動仕分けすることができスッキリ効率的に仕事が進むというものです。

・個人商店や自営業、SOHOでも大活躍

お店の一角に申し訳なさそうに置かれたコピーFAX、

油煙が舞う飲食店のレジ下のせま苦しいスペースに詰め込まれたFAX電話、

始めて間もない個人事業でコピーFAX機のリース代などもバカにならない運営事情、

請負元や顧客先とのやりとりにFAXが欠かせない狭いSOHOでの利用、

そんな数々の現実ではよくあり得るシーンにも、FAX機本体の不要なインターネットFAXはその活躍が充分期待されます。

とくにめったにFAXを利用しない職場の場合でも、無くそうに無くせないしがらみからオマケ的なオフィス機器のように軽視されがちなFAX機の置き場ですが、本体ハードが存在しないインターネットFAXなら置き場スペースが不要。

普段使っているPCやタブレット、スマホ端末自体がFAXの役割を果たすわけですから、置き場スペースや破損汚損、紙のトラブルや用紙の準備、不要になったFAXの削除などメンテナンスも容易というものです。

・ネットFAXは個人の利用でもチョー便利

個人でFAXを使う場合にもインターネットFAXは多分に利用価値があります。

電話回線を使うFAXは、当然の如く電話回線のある場所でしかFAXを送受信できません。

「FAX送りましょか?」、「FAXで送ってください」そんな言葉を聞く度にドキドキハラハラ、「うちのFAXって使えるんだっけ?」と一か八かの本番勝負に出たり、インク切れや感熱紙切れで思わず買いに走ったりなんてことって意外とよくあるもの。

ましてや自宅にFAXもなく、FAXが利用できるコンビニも近くにない場合は大変です。

送信だけなら近くの友人知人宅や商店のFAXを拝借なんてこともあるかもしれませんが、受信となるとそんな訳にも行きません。

「メール添付で送ってもらえませんか?」紙の資料で送信待ちの相手先に、手間をかけて無理なお願いをしたり、ショートメールでは容量が足りず受信できなかったりと、これまた大騒動。

今ではほとんど使わなくなった固定電話を、いざという時のFAXの為に仕方なく置いているという場合もあるでしょう。

使わない電話回線でも毎月の維持費はかかかります。個人ならなおさら、無駄は省きたいですよね。

これら個人でFAXが必要な場合には、月々の料金負担が最小限で済むインターネットFAXを申し込んでおけば、いざという時にも万全体制。

むしろあらためてFAXを使うシーンが増えてくるかもしれません。

・インターネットFAX乗り換えの場合の違約金はどうなる?

そもそもインターネットFAXには、光回線やケータイと違って「乗り換え」という慣用句がありません。

ただ「FAX機からインターネットFAXに乗り換え」などと、FAXの仕組み自体を入れ替えることを指した言い回しはあるようです。それはともかく「インターネットFAXを使ってみたけどどうも馴染めない」、「機能面で思ったことができなくて不満」などと、利用中のインターネットFAXサービスを違う会社のサービスに入れ替えたい場合もあるでしょう。

余談になりますが、これを当サイト発信用語として「インターネットFAXの乗り換え」と表現することにしましょう。スマホや光回線では、乗り換えの際に違約金はつきものです。

契約年数を縛ることによって割引適用を受けられるわけですから、違約金も当然ですよね。

ではインターネットFAXの場合はどうなのでしょう?

スマホや光回線同様もし乗り換えに伴う違約金があるなら、それもインターネットFAXを選ぶ際の重要な検討ポイントになってきますよね。

じつはインターネットFAXでは、解釈金はかかりません、

正確には、現在の所解約時に違約金のかかるサービス提供会社はありませんとしておきましょう。

初月無料などのキャンペーンは打っていても解約金が発生しないのは嬉しい限りです。

実際の解約では、月途中の場合月末までの料金は発生するといった場合がほとんどです。

また解約を申し出て早くて1~2日後に、通常当月末や翌20日に正式退会、月額料金は不要でポイント制プリペイド式の場合は購入した分は返金されないなど、サービス提供会社によって解約時の処理はさまざまです。とりあえずスマホや光回線のような縛りや解約金が発生しないネットFAXの手軽さは有り難いですね。

そうなると逆に「いつでもサービス提供会社変えられる」といったメリットがあるかもしれませんが、サービス提供会社から取得したFAXナンバーが変わってしまうので、それを相手先に知らせる手間や、乗り換え時の多少の混乱はあるかもしれません。

インターネットFAXのサービス会社を選ぶには、こうした点をチェック把握しておくことが必要になります。

いざ申し込みという時にとっさの判断がつかなくてとりあえず決定、使ってみたけどしっくりこないなんて後悔しないように、事前にじっくり選択ポイントを検討しておきましょう。

インターネットFAXの申し込みから利用開始までのおもな流れ

利用環境や目的に応じて十分検討しインターネットFAXのサービス提供会社を決めたら、早速利用開始となりますが、ここで申し込みから利用開始までの流れを見ておきましょう。

大抵のサービス提供会社は、申し込みから利用開始までが早いのが特徴です。またこれがインターネットFAXのメリットでもあるわけですから、あまりに手間がかかったり手続きがややこしい場合は再検討とした方が良いかもしれませんよ。

申し込み方法はネットや電話で直接となりますが、流れ的には大きく変わりません。

インターネットFAX申し込みの流れ

サービス提供会社の公式サイト申込み窓口へ

申し込み専用ページで必要事項を入力

ここで利用プランやFAX番号の選択を行ないます。

支払方法でクレジットカード以外を選択した場合、口座振替等の手続きには日数を要します。

この場合手続き完了まではクレジットカード払いになることがあります。

開通

インターネットFAXを利用する為のFAX番号と、ログインID/PINコードが付与されます(eFaxの場合)

以上で申し込みは完了、即時開通となりその場でインターネットFAXが使えるようになります。

やはり光回線などの開通手続きからみれば、インターネットFAXはまさに「超高速回線級」の手続きですよね。

オススメのインターネットFAXサービスのeFAXの詳細はこちら

インターネットFAXを実際に利用している人の口コミ

さていよいよサービス提供会社を選択すべき大詰めに近づいてきましたが、もうひとつだけ気になる点、それが実際インターネットFAXと使っている利用者のレビューや評価ですです。

数多くの利用者の声を宣伝ふうなモノ、競合他社の排除的なモノを除外し、公正かつバランスよくピックアップしてみましたので、参考にしてみて下さい。

・インターネットFAXのおもな使用感

→個人事業で毎月の経費も気になりインターネットFAXを導入してみると、用紙の消費や通信量の削減も前評判通り実現、コストダウンとのメリットが納得できました。

→インターネットFAXの良さを管理部門に相談した所、なかなか解ってもらえず半ばあきらめかけていました。当社は支店や営業所も全国に多く点在している為、万が一を思えば躊躇するのも仕方がないかと。

それでも出張先などの出先でしかもスマホなどでFAXが確認できることをゴルフのラウンド休憩中の上司に実際FAXを送り体験してもらった所「これは凄い」と即決裁が下り、当初はFAX機と併用しながら実践、その後好評で今ではすべての支店営業所でネットFAXは欠かせなくなっています。

→パソコンでFAXソフトを使っていましたが、電話回線が不要になるインターネットFAXの存在を知り早速切り替えました。当初は通常のEメール添付ファイルと変わらないなという感覚でしたが、こちらから送信した相手先に紙のFAXで届いているのを見せてもらってある意味凄いって感動、その後その相手先までインターネットFAXを導入してしまいました。

→電話とFAXの番号を別々に使っていましたが、ネットFAXの導入でFAX用回線を解約。ネットFAXでは月額料金の不要なサービス会社と契約しているので、ランニングコストが軽減しています。

→毎日大量のFAXが届いていて、その仕分けだけでもひと苦労していましたが、パソコン1台で仕分けできるインターネットFAXで大助かり、感謝しています。

→インターネットFAXの導入で、通信費では約40%、FAXのリース代は0円、用紙やインクの消耗品は約90%のコストダウンとなりました。

→FAXナンバーが変わるので導入に不安もあったのですが、eFaxの無料トライアルはお試し良かったです。結局正式に導入しました。

→いろんなサイトでインターネットFAXを比較し、結局どこを見ても一番人気のeFaxにしましたが評判通り満足です。

→FAXナンバーを変えたくなかったので、それがデメリットのネットFAXは当初からあてにしていませんでしたが、Toonesというサービスは番号ポータビリティが出来ると聞いて契約、FAXナンバーも変わらず相手先には何ら迷惑をかけることなく導入できてこちらも便利で満足しています。

やはり皆さん、事前によく調べてインターネットFAXを導入しているだけあって、相対的に「使ってみたけどダメだった」なんて感想がほとんどないのにも驚きです。

それでも少しばかり声が上がっていたのが、

→ほとんど使わない月もあるのに月額料金制はイマイチ。

→リトライに失敗して何度か試していると、同じFAXが何枚も来ていると相手から苦情が。

→FAX番号の先頭が050番号になってしまうのは信用取引からいっても困ったもの。

→送信エラーが起こりやすい。

などといったものです。

ただ声は少ない上にこれらの評判をよくよく考察して見てみると「人的&感覚的」なミスやイメージといったもので、あまり気にするほどの事ではないかもしれませんね。

とにかくトータル的には、インターネットFAXにしてよかったというレビューにあらためて納得させられます。

コンビニFAXってどう?インターネットFAXとどっちがおすすめ?

FAXといえば、今や生活の一部となったコンビニにもFAXサービスがありますよね。

今回のメインテーマ「インターネットFAX」は、FAX機がなくてもFAXを送受信できる画期体なサービスなんですが、いかんせんサービス提供会社への申し込みや月額料金、枚数に応じた送受信料金などが必要でした。

FAX機がなくてもFAXは出来る訳ですが、やはり料金は必要という訳ですね。

かといって先ほどの「無料FAX」でも、「最低限の機能のみ」といった制約がありました。

FAX機がなくても、いざという時でも、今やどこにでもあるコンビニのFAXなら無料とまではいきませんが、ほぼそんなFAXがなくて困った不自由な際の役目を果たすのではないでしょうか?

折角ですから少しばかりコンビニFAXについて知っておきましょう。

コンビニFAXの特徴

今や大手コンビニチェーンのほとんどの店舗には、コピーや持ち込みデータのプリントアウトからFAXまでの機能をもったマルチコピー機が置かれています。

このコンビニでのFAX機能は多くのものがヤマト運輸の子会社が提供している「クロネコFAX」という、クラウド型のシステムを利用しているんです。

これはクラウド上にデータを置き、受け取る側がそれにアクセスして受け取るという仕組みなんです。

クラウド型の各種ソフトやiCloudを使っている人にはわかりやすいかもしれませんが、今やクラウド型のシステムは、個々の端末やサーバーに負担をかけず提供する側も管理しやすいことから、もっとも進歩的で主流になっているシステムでもあるんですね。

このクラウド型のコンビニFAXは大変便利で、

→自宅から送信してコンビニで受け取る

→コンビニから送信してコンビニで受け取る

→コンビニから送信して自宅で受け取る

こんな送受信がすべて出来るんです。

「コンビニでFAX送信できる」程度の認識しかなかった人は、もうビックリの世界ですよね。

コンビニFAXの料金

次にコンビニFAXの料金です。

じつは大手コンビニのほとんどどころか、個人経営のコンビニ以外の大手チェーン店ではすべて「クロネコFAX」なんです。

これにより違う系列のコンビニチェーン店でも、クラウド上のFAXデータはクロネコFAXで共有される為、店を選ばず料金も同じでFAXの送受信ができるんですね。

念の為コンビニ店でのFAX利用料金をあげておきましょう。

コンビニ名称 標準料金 海外送信料金 提供サービス
セブンイレブン 50円/枚 不可  
ローソン 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ファミリーマート 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
サンクス・サークルK 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ミニストップ 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ポプラ 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
コミュニティ・ストア 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
スリーエフ 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
セーブオン 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
デイリーヤマザキ 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX

 

チェーン店名もあるので確認できると思いますが、すべて同じ料金です。

唯一最大手のセブンイレブンだけが独自のシステムを使っているので、受信は不可。送信も国内のみに限られます。

個々で気になるのはこのセブンイレブンのFAXシステムの異質感です。

独自路線で他社とのサービスとは個性化を図っているようですが、過去にはソニービデオのベータ方式や記憶媒体のメモリースティック、マツダのロータリーエンジン、電気代が気になって仕方がなかったプラズマ映像のTVなど、独自路線で走りきれなかった過去の技術遺産は多々あるように、セブンだけが異なるFAXシステムはどこまでもつのかという心配さえしてしまうわけです。

余談はさておいて、こうしたコンビニFAXの具体的な利用方法についてはあらためて別カテゴリを用意しますので参考にしてみて下さい。

コンビニFAXとインターネットFAXの比較

さていよいよ直接対決です。

いざという時ほぼどこにでもありどこでも受け取れるコンビニFAXと、今回メインで紹介したやはり利便性の高いインターネットFAX、どちらが使い勝手がいいのでしょう?

ひと目でわかるよう表にしてみました。

  インターネットFAX
(eFaxの場合)
コンビニのFAX機
送受信にかかる時間 ◎速い ○普通のFAX並み
送受信コスト ○まずまず △高い
外出先での送受信 ◎スマホでも可能 △コンビニで可能
デジタルファイル管理 ◎可能 ×不可能
海外送信 ○ほぼ可能 △一部可能

 

一目瞭然、圧倒的にインターネットFAXの方が勝っているということがわかります。

ただ、ネット環境がない場合、インターネットFAXで決済方法が選択できない(クレジットが使えない)場合、ほとんどFAXは使わないが今回ばかりは仕方なくなどといった場合は、コンビニFAXも捨てきれませんよね。

インターネットFAXのまとめ

インターネットFAXのすべてをくわしく紹介してきましたがいかがでした?

ひと記事ですべてを欲張って紹介したので長くはなりましたが、読み切りですべてがわかるよう、これでも知っておくべきポイントを絞ってはいるんです。

各サービス提供会社のさらなる詳細については、個々に別カテを用意していますが、インターネットFAXの利便性についてはほぼ理解頂けたのではないでしょうか?

電話回線やFAX機がなくてもFAXのやりとりができるインターネットFAXは、ペーパーレスでスマートなビジネスシーンにはもってこいの便利で頼もしいサービスです。

一度使い始めるとあらためてその利便性で真価を発揮、次々と導入するオフィスや店舗が増えているんです。

この記事では今注目のインターネットFAXのしくみや使い方、導入コストや実際の利用、人気のネットFAXサービスのオススメランキングまで、インターネットFAXのすべてをわかりやすく徹底紹介します。

最後までじっくり目を通せば、今すぐにでもネットFAXを使いたくなること請け合いですよ♪