格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

eFaxの申し込み方法と注意点について

eFaxの申込方法

eFaxは非常に申込方法が簡単で、FAXの送受信がネット回線を使用して行えるシステムであるため、手続きの全てがネット上でできます。

申し込みに際しては一切必要なものはなく、本体を複合機のように買ったり、専用のモデムをIPアドレスFAXのように買ったりする必要がありません。

eFaxへ申し込みする場合には、まず「お申し込み」のページを公式サイトで開いて、自分の国を選んで、自分が好きな東京03や宇都宮028などというような市外局番を選択します。

別のインターネットFAXの場合には、「ファックス番号は050から始まる」というように決まっている場合が多くありますが、eFaxの場合には市外局番は好きなものが選べるため、このことが大きな一つのメリットでしょう。

そして、料金に関しての説明が次のページでは記載されているため、しっかりと事前にチェックした後、自分の名前やEメールアドレス、支払いをするための個人情報の電話番号や住所などを入力します。

また、プランとしては、「eFax Plus 年払いプラン」と「eFax Plus 月払いプラン」から選ぶようになっており、eFaxをできるだけ安い料金で利用したい場合は前者の方がお得になります。

このように、個人情報などを全て間違いなく入力して、入力した情報を最後にチェックすると申し込みは完了になり、eFaxからメールが登録したアドレスに送られるため、詳しくこのメールをチェックすることが必要です。

eFaxの申込方法に関して分からなければ、カスタマーサポートに一度確認してみましょう。

eFaxの場合には、申し込みを公式サイトより行ってアカウントを取ると、FAXの送受信がすぐにインターネットFAXを使ってできるようになっています。

ビジネスですぐに利用したいと思っている場合には、間違いなくeFaxに入会する方がいいでしょう。

月額料金が、普通のFAXの場合には1万円余りかかりますが、eFaxサービスの場合には1500円と非常に安くなっており、送信料金と受信料金が150ページ以内は無料であることがやはりお得でしょう。

インターネットFAXを家庭用のファックスとして使用する場合には、やり取りを1ヶ月間で行う回数はそれほど多くないため、送受信は150ページ以内におそらくなるでしょう。

eFaxを申し込む際の注意点

インターネットFAXは世の中に多くありますが、eFaxは特に高い人気があり、メリットが多くあるサービスです。

しかし、メリットが多くある一方、eFaxを申し込む際には注意点もあります。

  • 営業をカスタマーサポートが行っている時間が短い

eFaxを申し込む際の注意点として、営業をカスタマーサポートが行っている時間が短いことが挙げられます。

無料トライアルの30日間が終了した後、解約する場合には直接カスタマーサポートに電話をかける必要があります。

eFaxを申し込む時には、全ての手続きがインターネット上でできますが、解約する時には電話をかける必要があるので、面倒であるという意見があります。

このカスタマーサポートは、営業している時間が月曜日~金曜日の午前9時~午後5時になっており、電話をこの時間帯以外にかけても繋がりません。

クレジットカード決済を無料トライアルを利用する場合に選ぶと、番号を入力する必要があるので、30日間が経つと有料プランに勝手に課金したと判断されます。

営業をカスタマーサポートが行っている時間を掴んでいなかった場合、電話が土日と被って繋がらず、退会したくてもできなくなるので、十分に注意しましょう。

  • 別のメールにFAXが埋もれる恐れがある

eFaxに限定したものではありませんが、インターネットFAXの場合はメールボックスの中にメールが届くので、別のメールに埋もれる場合があります。

迷惑メールがもともと頻繁に届く場合は、別のメールの中に大切なFAXが埋もれて分からなくなり、そのままになる恐れがあります。

また、容量をメールボックスがオーバーしていると、FAXそのものが受信できないので、メールアドレスは常にボックスの中を整理するようにしましょう。

しかし、eFaxの場合にはスマホアプリが採用されており、このアプリを使用することによって、eFax のメールのみが抽出できるので、別のメールに埋もれる恐れは全くないでしょう。

しかも、ユーザーがiPhoneを利用している場合でもAndroidを利用している場合でも使えることも優れています。

このスマホアプリはダウンロードが無料でできるので、eFaxを利用する場合には必ず使いましょう。

eFaxは誰でも申込できる?

eFaxは、法人でも個人事業主でも誰でも申込みできます。

法人が使っても個人事業主が使っても、コストダウンが同じように図れるでしょう。

個人事業主の場合は、一人も従業員がいない場合もあるでしょう。

このような場合には、FAXのリースはおすすめではありません。

やはり料金が高くなり、FAX内容をチェックするために、事務所や自宅にその都度に帰る必要があるのは、非常に大変です。

しかし、eFaxを使うと、メールがチェックできると、どこでもいつでもFAX内容をチェックしたり送ったりすることができます。

FAXのリースの電気代や月額料金を低減できる以外に、高い利便性が実感できるでしょう。

この高い利便性を体感してもらうために、無料トライアルをeFaxは準備しているインターネットFAXです。

そのため、「ビジネスで使用してみたい」と思っている人は、詳しい内容を公式サイトでチェックしてみましょう。

eFax申込時に必要なものってある?

では、eFax申込時に必要なものは何かあるのでしょうか?

eFaxの登録方法は、手続きをインターネット上で行うのみで、インターネットFAXの機能の送受信がすぐに使えます。

そのため、eFax申込時に必要なものは、インターネットが利用できる環境のみです。

しかも、別のインターネットFAXとは非常に違っており、使用方法が分からない人のために無料トライアルを30日間設けていることも大きなメリットでしょう。

30日間使うのであれば、違約金や追加金を払う必要がなく、eFaxが適していなければ解約もできます。

ここでは、eFaxにどのような手順で登録するか詳細にご紹介しましょう。

eFaxをビジネスで採用したいと思っている場合はぜひ参考にしましょう。

まず、eFaxの公式サイトにアクセスして、ページの下のボタンの「30日間無料トライアル」をクリックします。

「年払いプラン」あるいは「月払いプラン」の好きな方を選びます。

有料プランが31日目から始まるようになっているので、解約する場合は電話をeFaxのカスタマーサポートへかける必要があります。

好きな番号が選べるので、国と市外局番を選びます。

個人情報の名前とメールアドレスを入力します。

国、郵便番号、住所、都道府県、会社名、電話番号、クレジットカードの種類、お支払い方法、クレジットカード番号を入力します。

ボタンの「規約に同意して登録する」をクリックします。

eFaxの登録はこれで終わり、登録したメールアドレスへ事務局からメールが送られるためチェックします。

すぐにeFaxの機能を使えます。

eFaxの登録はこのような流れになり、30日間、1月に送受信が150ページ以内であればお金が一切かかりません。

eFaxの登録の際に、料金プランやクレジットカード番号を選ぶ項目があるので、「お金が実際にはかかるかもしれない」という不安を持つ人も多いでしょう。

しかし、先にご紹介したように、有料になるのは31日目からであるため、30日間以内に電話をカスタマーサポートへかけると解約がすぐにできます。

電話を直接カスタマーサポートにかけるのは少し大変でしょうが、解約手続きをすると全く料金が請求になることはありません。

オンライン上で解約手続きができないことが唯一のeFaxのデメリットですが、どのようなインターネットFAXの場合にもデメリットはあるため、これについては仕方がないでしょう。

その代わり、パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも使えるため、eFaxを実際に使ってみましょう。

申し込んでから利用できるまでどのくらいかかる?

eFaxを利用する場合には、アカウントをまず取得する必要があります。

eFaxのアカウントは簡単な取得方法です。

アカウントを取得する場合は、eFaxのホームページへまずアクセスして、FAX番号を好きな市外局番から選択した後、登録をするため個人情報を入力するようになっています。

このようにわずかの作業によって、スマホやパソコンを使用してeFaxの機能を使用することができ、送受信がどこでもいつでもできます。

このため、eFaxは申し込んでから利用できるまでは、時間がほとんどかからないと言ってもいいでしょう。

eFaxは、非常に便利である、外出先でも使用できる、経費が削減できる、というような3つのメリットがあるため、おそらく人気になっているのでしょう。

複合機を新しく買いたいと思っている人は少なくなっており、この理由もインターネットFAXがメインになっているためでしょう。

当然ですが、複合機をビジネスで使うことそのものが間違っているということではありません。

また、FAXをこれまでと同じように使用している会社もあります。

しかし、将来的なビジネスのことを考慮するのであれば、eFaxを採用する方が非常におすすめででしょう。

現在は、無料トライアルが30日間行われているため、eFaxのアカウントを取得して、一度ぜひ登録してみましょう。

一方、eFaxのアカウントを取得して有料会員になると、スマホアプリの便利なものを使うことができます。

eFaxは、スマホ版のアプリを採用している一つのインターネットFAXで、「Google Play」や「App Store」で買うことができます。

AndroidでもiPhoneでも使うことができ、PINコードとログインIDを入力してマイページへアクセスすると、FAXの送受信の機能が同じように利用できます。

このようなスマホアプリの便利なものが採用されているため、どこでもいつでも好きな時に届いたFAX内容を確認したり、取り引き先に送信する必要がある資料を送ったりすることができます。

詳しい内容がeFaxの公式サイトでも紹介されているため、スマホアプリはどのようなものかチェックしてみましょう。