OCNモバイルONEの 解約方法や違約金まとめ

OCNモバイルONEの解約方法と手順

  1. ブラウザでOCNマイページにアクセスします
  2. 「料金/手続き」を選択します
  3. 「OCNサービスの解約」を選択します
    通常は「契約している全てのOCNサービスの解約はこちら」を選択します。ただし、こちらを選択すると全てのOCNサービスが解約となってしまいますのでこちらを選択する場合は、OCNモバイルONEだけを契約している方向けと言えるでしょう。
  4. ページ下部の「解約手続きへ進む」を選択します
  5. 「OCN全契約のご解約」を選択します
    手順3にもありますが、全てのOCNサービスの解約をしては困る場合は手順3にて「光・ADSL・高速モバイル・ホットスポット等一部料金プランのご解約」を選択しましょう。
  6. 「メールアドレス(OCN ID)」「メールパスワード(OCN IDパスワード)」を入力しログインします
  7. 「OCN解約」を選択します
  8. 必要事項の入力をし「認証」を選択します
    認証に必要な項目は次の通りです。
    ・お客さま番号
    ・認証ID
    ・認証パスワード
    もしも、お客さま番号や認証IDを忘れてしまった場合には同じ画面から「お客さま番号/認証IDを忘れた方はこちらから手続きができます」というリンクがありますので、そちらで回復手続きを行ってください。
  9. 解約希望日を選択します
    ・ 当日
    ・今月末
    以上のいずれかを選択できます。
  10. 請求書送付先を入力し「次へ」を選択します。
  11. 確認メール送信先を確認し「解約する」を選択します。
  12. OCNモバイルONEに不要となったSIMカードを返却します。
    返却先は
    〒143-0006 東京都大田区平和島3-6-1
    東京団地倉庫A2棟 住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」
    なお、返送費用はユーザー負担です。

違約金はかかるのか?

SIMカードの契約種別により違約金の有無が変わります。OCNモバイルのそれぞれの契約について見ていきましょう。

▼音声対応SIMの場合

  • 最低利用期間内の解約について違約金がある

最低利用期間とその期間内の違約金については次の通りです。
・最低利用期間 6ヶ月
・解約違約金 1,000円(不課税)

では、次に最低利用期間の細かい条件についてです。OCNモバイルONEは申込日の10日後を含む月を利用開始月(1ヶ月目)としています。そこから6ヶ月目までを最低利用期間としているので注意してください。たとえば、4月25日に申し込みをした場合、そこから10日後の5月を利用開始月として計算します。申し込み月がそのまま起算月とならない場合があるので注意しておきましょう。

  • 契約タイミング別による参考例

・4月25日申し込みの場合

利用期間(月)
4月
5月1ヶ月
6月2ヶ月
7月3ヶ月
8月4ヶ月
9月5ヶ月
10月6ヶ月

 

・5月1日申し込みの場合

利用期間(月)
5月1ヶ月
6月2ヶ月
7月3ヶ月
8月4ヶ月
9月5ヶ月
10月6ヶ月

 

▼データ通信専用SIMの場合

他の多くのMVNOと同じくデータ通信専用SIMに最低利用期間も契約自動更新の縛りもありません。ユーザーの好きなタイミングで契約・解約ができますのでかなり気楽に利用ができるでしょう。

SIMカードの完全解約以外の利用法は?

  • SMS機能付きカードへの変更

OCNモバイルでSMS機能をSIMカードに付けたい場合はSIMカード追加を先に行い、カード到着次第旧カードの解約という手順で行います。SMS機能を無くす際も同じような手順です。

  • SIMカード枚数の調整

OCNモバイルONEでは1契約で合計5枚までのSIMカードを所持することができます。解約手続きはこのSIMカード所持枚数を調整するためにも使います。

解約する際の注意点

  • 解約以外にも解約違約金がかかるケースがある

純粋な解約以外にも違約金が発生するケースがあります。

  • 最低利用期間内に音声対応SIMからそれ以外のSIMカードに変更した場合

OCNモバイルONE自体の契約はそのままでも音声対応SIMのプランを変更してしまった場合は解約相当として判断されてしまいます。

  • 最低利用期間内にMNP転出を行った場合

MNP転出を行った際にも解約相当とみなされます。

  • 最低利用期間内のMNP転出の際にはMNP転出手数料+違約金がかかる

上記した通り、最低利用期間内のMNP転出も解約相当として違約金が発生します。さらに、MNP転出手数料3,000円(税別)の請求もありますので、より割高になってしまいます。

  • 解約月の日割り計算はない

月のはじめに解約をしてしまうと損ということです。解約手続きの際に「当日解約」か「月末解約」かの問い合わせがあるので、特に理由がなければ月末解約にしておいた方が良いかもしれません。どちらに設定しても解約月の請求額は同じです。

  • 解約後はSIMカードの返却義務がある

返却に必要な実費はユーザー負担です。最低限、衝撃・水濡れに対応した梱包をして返送することをおすすめします。

  • 解約手続きの不備について

解約手続きの不備は解約完了までの期間が延びる可能性があります。これによって月をまたいでしまったとしても、翌月の料金は請求されますので不備の無いように気をつけておきましょう。