カシモ~中古スマホと格安SIMのコラボ販売~について解説します

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

カシモ~中古スマホと格安SIMのコラボ販売~について解説します

カシモの特徴

カシモはネット型リユースサービスを展開している「マーケットエンタープライズ」と光通信が合弁で作った「MEモバイル」が提供するMVNOです。カシモでは中古スマートフォン端末と格安SIMをセットで販売しているのが特徴になっています。

また、カシモでは【カシモWiMAX】というブランドでWiMAXの発売も始めました。

① 中古端末で端末代金を節約することができる

カシモは中古スマートフォンの買取りを行っているマーケットエンタープライズの関連企業ですので、豊富な在庫の中から気に入ったスマートフォンを格安で購入することが可能です(無料端末もあり)。このように端末を中古にすることでさらにスマホ料金を節約することができます。

② 面倒な初期設定不要で即スマートフォンを利用することができる

カシモでは無料でネット回線接続設定を行った状態で納品してくれます。ですからSIMカードを自分で選択する必要もありません。また面倒な初期設定を自分でする必要がなく、スマートフォン到着=即利用することができます。

③ 保証サービスが充実している

カシモなら中古のスマートフォンにも充実した保証サービスを付けることができます。ですから「中古ですぐ壊れたらどうしよう」といったことがありません。水没・画面破損・不慮の事故などの場合に無償で修理or端末交換で対応してくれます*。
*保証サービスの申し込みは端末申し込み時に同時に行います

④ セキュリティ対策も万全

カシモならフィッシング詐欺対策や個人情報の流出を防止するためのセキュリティソフトを月額300円で利用することができます。アメリカで売り上げナンバーワンのWEBROOTを利用することができます*。
*セキュリティサービスの申し込みは端末申し込み時に同時に行います

⑤ お客様サポートも充実

カシモなら、フリーダイアルから格安スマホやSIMサービスに関する相談をすることができます。「メールでの相談では不安」という方でも、安心して電話で相談することが可能です。

カシモ相談ダイヤル
電話番号:0120-327-663
営業時間:10時~19時
年中無休

カシモの料金プラン

① プランと料金

 

1GB

3GB

5GB

7GB

10GB

データ専用

980円

1,680円

1,980円

2,280円

2,780円

データ専用+SMS

1,300円

1,880円

2.180円

2,480円

2,980円

データ専用+SMS+音声通話

1,800円

2,380円

2,680円

2,980円

3,480円

Webページ閲覧回数

約3,400回

約10,200回

約17,000回

約23,800回

約34,700回

動画視聴時間

約4.5時間

約13.5時間

約22.5時間

約31,5時間

約70時間

アプリ通話時間

約4.5時間

約13.5時間

約22.5時間

約31,5時間

約70時間

 

② 各種手数料

初期費用

3,000円

MNP費用

3,000円

APN設定サービス

0円

端末保証サービス

500円(月額)

セキュリティサービス

300円(月額)

留守番電話サービス

300円(月額)

キャッチホン

200円(月額)

アクセサリー(充電アダプター)

700円

通話料金

20円/30秒

 

カシモでは約200種類の端末の中からお気に入りの端末を選んでSIMカードと一緒に購入します。端末代金によって、月々のお支払額が異なりますのでご注意ください。

≪購入代金例≫

ⅰ AQUOS PHONE ZETA docomo 32GB ホワイト

参考:https://www.kashi-mo.com/order/item?item=1525

こちらの端末を選択した場合は端末代金がなんと「0円」です。1GBプラン(データ通信のみ)を選択した場合なら、月額料金が端末代込み980円でスマートフォンを使うことができます。

ⅱ P9 lite VNS-L22-WHITE SIMフリー 16GB ホワイト

P9 lite VNS-L22-WHITE SIMフリー は現在、価格comで人気ナンバーワンのスマートフォンです。

カシモではSランク品が一括支払い23,600 円、Aランク品が一括支払い 20,600 円になっています。

新品での価格comの最安値が23,298円になっていますので、特別安いというわけではありません(現在在庫なし)。価格comの中古価格は23,980円になっていますので、若干安い程度でしょうか。

人気のiPhone 5s

24ヶ月の分割払いを選択した場合端末代金は月額650円の支払いになります。人気のiPhoneが端末代金込みで1,650円~使うことができます。

このようにどの端末を選択するのかで大きくスマートフォン費用が変わってきますので、注意しましょう。

カシモにはどんなオプションサービスがある?

① 端末保証サービス

カシモでは月額500円で端末保証サービスを付けることができます。水没・画面破損・不慮の事故などの場合。無償で修理or端末交換で対応してくれます。

② セキュリティ対策

カシモではセキュリティソフトを月額300円で利用することができます。

③ 通話オプション

留守番電話サービスが月額300円、キャッチホンを月額200円でつけることができます。

④ 高速通信量の追加

カシモでは0.5GB500円、1GB1,000円で高速通信量を追加チャージすることができます。これは業界でも安い部類に入るのでお得な価格設定になっています。

≪追加チャージ価格比較≫

楽天モバイル

DMMモバイル

IIJmio

mineo

UQ mobile

カシモ

300円・100MB

200円・100MB

200円・100MB

150円・100MB

200円・100MB

100円・100MB

このようにカシモの追加チャージ料金は業界最安値になっています。ただしカシモでは追加チャージ分を翌月に繰り越すことができないので注意しましょう。

カシモの評判

カシモの評判はすこぶる高くなっています。特に中古スマートフォンの品質状態が良いことがあげられています。マーケットエンタープライズは中古専門の買取業者ですので、高品質の中古スマートフォンがそろっているようです。

また、通話状況も「繋がりやすい」との口コミが多くみられます。特に混雑時間帯だからといって「繋がらない」という状況は起きていないようです。カシモ自体まだサービスを開始して間もないMVNOですので、通信状況はすこぶる好調のようです。

初期設定に関しても「問題なく、便利」との口コミが多くみられます。

カシモの速度は?

カシモではNTTドコモの通信網を利用していますので、通信エリアは日本全国につながります。また通信速度は最大通信速度262.5Mbpsとなっています。

カシモで購入できる端末と下取りについて

カシモの親会社はマーケットエンタープライズです。マーケットエンタープライズはネットによるリユース商品の取り扱いが本業です。ですから、中古スマートフォンを提供するだけではなく、中古スマートフォンの買取りも行っています。

カシモで購入できる端末はスマートフォンだけではありません。タブレットにパソコンも購入することが可能です。

カシモで取り扱っているスマートフォンはおよそ200種類もあります、人気のiPhoneだけではなく国内外21メーカーの端末を取り扱っています。

≪カシモ取り扱いメーカー一覧≫

・Apple

・SonyMobileCommunications

・SAMSUNG

・富士通

・Huawei

・プラスワン・マーケティング

・ASUS

・SHARP

・LGエレクトロニクス

・京セラ

・Dell

・NEC

・Panasonic

・東芝

・ZTE

・Lenovo

・blackberry

・covia

・Acer

・Motorola

・MOUSE COMPUTER

カシモでは不要になったスマートフォンの下取りサービスも行っています。1台1台丁寧に下取り価格を決めてもらえます。また下取りした端末のデータ処理も行っていますので安心です。

カシモの申込方法と流れ

カシモはオンラインからだけではなく、電話でも申し込みすることができます。電話でのお申し込みの場合はフリーダイアル0120-327-663に電話で問い合わせをしましょう。

① 申し込み準備

カシモでは申し込みの際にクレジットカードと本人確認書類が必要になりますので、最初に準備しておきましょう*。
*カシモではクレジットカード決済のみの支払いになっています

② 好きな端末を選択する

欲しい端末を選びます。端末を選択後、SIMプランを選択します。そのあと決済方法の入力と本人確認書類のアップロードを行います。

③ 電話連絡

カシモから直接電話連絡があります。そこで本人確認書類が取れ次第、契約が成立になります。カシモで商品を出荷した後にカシモからメールが届きます。

カシモの電話番号:0120-327-663

カシモの設定方法

基本カシモでは無料で初期設定サービスがついてきますので、商品到着=即スマートフォンの利用開始の流れになります。

カシモでSIMカードのみ購入した場合のみ設定が必要になります。SIMカードのみの購入の場合商品にAPN設定ガイドが同梱されてきますので、そちらをご覧ください。

カシモの解約方法と違約金

カシモを解約したい場合はカスタマーサポートに問い合わせをします。毎月10日18時までの解約の場合当月中の扱いで解約することができます。日割り計算はありませんので、10日前に解約申し込みをしましょう。

足もでは最低利用期間が設定されています。24ヶ月です。その最低利用期間内に解約をする場合、9,500円の契約解除料金が発生しますので注意しましょう。

カシモに関する注意点

① 端末を購入しない場合は割高になるので注意しましょう

カシモでは端末を購入せずにSIMカード単品での契約の場合は他社に比べて割高になりますので注意が必要です。

≪SIMカード料金比較≫

 

カシモ

IIJmio

データのみ

1,680円

900円

SMS付き

1,880円

1,040円

SMS+音声通話付き

2,380円

1,600円

*3GBプランの場合

このようにIIJmioと比較すると歴然です。ですから、端末を購入しない場合は他のMVNOを選択したほうが無難です。

② 最低利用期間の縛りが長い

カシモでは最低利用期間の縛りが一律24ヶ月と長期になっています。解約手数料も一律9,500円と高額に設定されていますので注意が必要です。

③ 高速通信のON/OFF機能がない

カシモでは高速通信量を自分でセーブすることができる機能がありません。また、カシモでは高速通信量の追加チャージをすることができますが、追加チャージ分は翌月に繰り越すことができないので注意が必要です。

中古端末と格安SIMカードの販売という革新的なサービスを提供する「カシモ」を紹介してきました。カシモでは月額料金が端末代を含めて980円から利用することができますので、スマートフォンを「とにかく安く使いたい」という層にぴったりのサービスであると思います。