激安格安SIMであるワイヤレスゲートWi-Fi+LTEを徹底分析

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

激安格安SIMであるワイヤレスゲートWi-Fi+LTEを徹底分析

ワイヤレスゲートとは?

2004年「トリプレットゲート」として会社を設立しました。2011年「ワイヤレスゲート」に社名変更。翌年2012年7月東証マザーズに上場しました。2016年3月より東証一部に鞍替え済です。公衆無線LAN、WiMAXのサービスが本業です。ヨドバシ系の店舗で商品を販売しています。

このように、急成長中のワイヤレスゲート。ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEは次の成長を担う商品になりうるのでしょうか?

ワイヤレスゲートのSIMサービスの特長~あくまでメインはWi-Fiサービス

ワイヤレスゲートのSIMサービスは他社とコンセプトが大きく違っています。池田社長自ら「LTEでの通信は、あくまでもWi-Fiが使えない場所でそれを補完するために付けたもの。Wi-Fiがメインのサービス。」と語るように、ワイヤレスゲートではWi-Fiがつながらない時の「補完」としてSIMサービスがあるといった位置づけになっています。

①Wi-Fiサービスが利用できる
ワイヤレスゲートは元々公衆Wi-Fiのサービスを提供している企業です。Wi-Fi+LTE ではSIMサービスだけではなく、全国各地40,000か所の公衆Wi-Fiサービスも利用することができます。

②通信量が無制限でワンコインのプランがある
480円プランでは、通信料がなんと「無制限」の使い放題になっています。Wi-Fi+LTEの通信はdocomoのLTE/3Gの通信網を利用していますので、通信エリア的には問題ありません。

③480円プランの通信速度は250kbps
一般的に低速通信の速度が200kbpsですので、それに少し毛が生えた程度の速度設定になっています。速度を求める方にはWi-Fi+LTEは「不向き」になっています。実際250kbpsで使い放題と言っても動画は全滅ですし、あまり使い放題の恩恵は受けにくい印象があります。

ワイヤレスゲートのSIMサービスの料金プランと速度

ワイヤレスゲートのSIMサービスのプランは現在3プランと大変シンプルになっています。プランで悩むことがない設定です。

プラン SMS 月額料金 最大通信速度 Wi-Fi
Fonプレミアムプラン 1,556円 3Mbps BBモバイルポイント・eoモバイルWiFi・Wi2・Fon
1,741円
480円プラン 445円 250kbps BBモバイルポイント・eoモバイルWiFi・Wi2
584円
音声+Fonプレミアムプラン 2,980円 3Mbps BBモバイルポイント・eoモバイルWiFi・Wi2・Fon

*全て税別です

ワイヤレスゲートのSIMサービスのオプション

①SMS(ショートメッセージサービス)機能
480円プラン・Fonプレミアムプランでは月額139円(税込み150円)でSMS機能をオプションで利用することができます。

≪SMS料金表≫

送信 国内 税込3円(税別2.78円) / 1通
海外 50円 (非課税) / 1通
受信 無料

②通信量チャージ
200MBで500円(税込 540円)
有効期限は6か月になっています

③ワイヤレスゲートWi-Fiサービス
日本全国40,000か所のワイヤレスゲートWi-Fiサービスが「無料オプション」でついています。使い方は端末のWi-FiをONにして、専用アプリを起動するだけです。

④Fon WiFiスポット
480円プラン以外で利用することができます。
国内外の2,000万か所でFonのWi-Fiサービスを受けることができます。

⑤音声通話サービス
音声+Fonプレミアムプランのみ音声プランを利用できます。

≪音声通話サービス料金≫

音声通話サービス月額料金 なし
音声通話料金 国内通話 税別20円(税込21.6円)/30秒
デジタル通信料 税別36円(税込38.88円)/30秒

≪音声通話サービスオプション≫

転送電話・国際電話・迷惑電話ストップサービス・遠隔操作は標準装備になっています。

留守番電話サービス(月額300円)とキャッチホンサービス(月額200円)は有料オプションになっています(税抜)。

ワイヤレスゲートのSIMサービスで利用できる端末

基本的に以下の基準を満たしている端末であれば利用することができます。

・通信方式がLTEまたは3G対応

・技適マークの付いた端末

・NTTドコモXiまたはFOMA対応の端末

・SIMフリーの端末の場合はワイヤレスゲートが使用している周波数帯に対応していること

・iOS6.1以上(専用アプリの動作環境)

・Android 2.3.3以上(専用アプリの動作環境)

具体的にはワイヤレスゲートのHPで確認することができます。

参考URL:http://www.wirelessgate.co.jp/sim/service/yd/terminal/device/

ワイヤレスゲートのSIMサービスの評判

480円プランですが、通信速度の遅さがやはり気になるところです。サービス開始時よりも申込者が増え、時間帯によっては「かなり」つながりにくいといったコメントも見られます。また都市圏では、通信が混雑して、さらにつながりにくいようです。480円プランの場合は「動画を見ることはできない」と思ったほうが良いでしょう。

3Mbpsの中速無制限のプランのほうですが、こちらの場合は動画再生もでき、問題なく使えているようです。ただし高画質の動画は難しいようです。最初に動画を読み込んで再生するタイプの動画であれば、今のところは利用可能になっています。

口コミで悪評高いのが設定の仕方です。中には「設定できなくてつかっていない」という書き込みもあります。ワイヤレスゲートでは、販売をヨドバシカメラに委託しているため、確かに公式HPを見ても設定だけではなく、商品に関することがすべてわかりにくいです。ですから、格安SIM慣れしている上級者ユーザー向けの商品といった感じが否めません。

ワイヤレスゲートのSIMサービスの申込方法と流れ

申し込みをする場合はワイヤレスゲートのHPからではなく、ヨドバシカメラのHPからの方が簡単です(ワイヤレスゲートでは直接販売をしていません)。

①ワイヤレスゲートのSIMサービスの申込方法
オンラインでも店頭でもワイヤレスゲートのSIMカードを購入することができます。ここでは、オンラインで購入する場合の流れを説明していきたいと思います。

≪オンラインで購入する場合≫

ⅰ ヨドバシカメラHPを開く

http://www.yodobashi.com/index.html

ⅱ 赤枠に「SIM ワイヤレスゲート」と入力する

参考:http://www.yodobashi.com/index.html

ⅲ 注文する

② ワイヤレスゲートのSIMサービスの申込からの流れ

1 準備するもの

・クレジットカード
ワイヤレスゲートではクレジットカードが必須条件になっています

・本人確認書類(音声通話対応SIMの場合)

・連絡先メールアドレス

・MNP予約番号(音声通話対応SIMの場合)
音声通話対応SIMの場合のみMNPを利用することができます。
有効期限が10日以上あるものを用意します

ⅱ SIMカードを購入する
ヨドバシカメラの店舗かヨドバシカメラの通販サイトで購入します

ⅲ SIMカードを台紙から取り外す

ⅳ SIMカードを端末に挿入する
SIMカードの挿入方法はお使いの端末のHPを調べるとわかりやすいです

ⅴ ブラウザを立ち上げる(APN設定する)
APN設定をしてブラウザを開くと、自動的に申し込みページに接続することができます。
3G端末やiOS端末では設定方法が異なります。詳しくはワイヤレスゲートHPを確認してください(http://www.wirelessgate.co.jp/service/sim-apn.html#sim-1)

ⅵ 必要事項を記入する

ⅶ 専用アプリ(確認メールの本文記載のURL)をインストールして完了

ワイヤレスゲートのSIMサービスで利用できる公衆無線LANスポットは?

①480円プランの場合
日本全国にある40,000か所の公衆Wi-Fiスポットで利用が可能です。JRの主要駅や空港、マクドナルドやスターバックスなどで利用することができます。

・BBモバイルポイント

・Wi2-300

・eoモバイル

また、上記の表示があるWi-Fiスポットであれば利用可能です。

②上記以外のプランの場合

・BBモバイルポイント

・Wi2-300

・eoモバイル

・Fonスポット

*1 Fonスポットは世界中に約2,000万か所あります。

*2 docomoのWi-Fiスポットは利用することができません

*3 一部店舗ではWi-Fiサービスを利用することができない場合があります

③Wi-Fiの利用手順
インストールした専用アプリを起動して、Wi-Fi機能をONに設定すると、自動的に対象スポットで接続することができます。

④Wi-Fiの通信速度
最大54Mbpsでの送受信が可能です。ただし回線の混雑状況などにより異なる場合があります。

⑤公衆無線LANのスポットでの通信量と料金
公衆無線LANのスポットでの通信制限はありません。また、通信料金は無料です。公衆無線LANのスポットに接続した場合、通信容量に換算されることはありません。

ワイヤレスゲートのSIMサービスの解約方法

ワイヤレスゲートのHPはインターネット慣れをしていない方には使いにくいHPになっています。トップページで「検索」の機能がないためです。ですから、丁寧に解説していきたいと思います。

①ワイヤレスゲートのHPを開く

公式HPアドレス:http://www.wirelessgate.co.jp/index.html

HPのトップページの画面中段にある「SIMサービスショートカット(赤で囲んだ部分)」にカーソルを合わせる。

カーソルを合わせると、上記の表示が出るので、「SIMサービスFAQ(緑で囲んであるところ)」をクリックする。

②SIMIサービスFAQより解約手続きのページに行く

上記の「解約について(青で囲んであるところ)」をクリックする。

③「解約について」から解約手続きをする

ⅰ FAQトップの「SIMサービスの解約方法を教えてください(紫で囲んだ部分)」をクリックする

ⅱ 専用アプリを使う場合
専用アプリを起動し、オンラインサイトから手続きが可能になっています。

ⅲ 専用アプリを使えない場合
オレンジ色の「こちら」をクリックすると、解約ページが表示されます。
この際にSIMカードの電話番号or手続き用IDとパスワードが必要になります。

④SIMカードを返却する
〒140-0002
東京都品川区東品川2-2-20天王洲郵船ビル5階
株式会社ワイヤレスゲートSIMカード返却係
解約手続きが完了したら、上記あてにSIMカードを返却します。送料は自己負担になります。なお、ワイヤレスゲートでは返却しない場合でもなんのペナルティもありません。

≪解約に関する注意点≫

ⅰ ワイヤレスゲートでは毎月5日がクレジットカードの引き落とし日になっています。ですから、解約はその前にしたほうが良いです。

ⅱ 音声通話対応SIMの場合日割り計算ができない
ワイヤレスゲートではデータ通信専用SIMのみ日割り計算が可能になっています。ですから、SMSと音声対応通話SIMは日割り計算になりません。

ⅲ MNP転出する場合のみ解約金が発生する場合がある
この点、インターネット上でかなり偽の情報が氾濫しているので注意が必要です。

・ワイヤレスゲートではMNP転出の場合(一定条件下)でしか違約金が発生しません

・違約金が発生するのは、MNP転出で契約から13か月未満の場合のみで、違約金は税別11,000円(税込11,880円)になります

・MNP転出の手数料はSIMカード1枚につき、税別3,000円(税込3,240円)になっています

ワイヤレスゲートのSIMサービスに関する注意点

①設定が難しい
ワイヤレスゲートのHPが使いにくい(検索機能がない)上に、解説がかなりあっさりしています(わかっていて「当然」とのスタンス?)。格安SIMの初心者では設定はかなり苦労すると思います。口コミでも「設定できないから、使っていない」との口コミがあったほどです。IT系の設定に自信がある方以外にはおすすめできません。

②Wi-Fi環境で使用スタンスが決まる
ワイヤレスゲートでは主力がWi-Fiサービスで、その補完機能としてSIMサービスがあるといったスタンスです。ですから「ワイヤレスゲートのSIM」を目当てにSIMカードを購入しても、使い勝手がよくないと思われます。
逆にWi-FiユーザーがワイヤレスゲートのSIMを選ぶのであれば、便利な機能として利用できるといった感じです。
「普段からWi-Fiを使っているのか?」この点に基準を置いてワイヤレスゲートのSIMを購入するかを決めると、間違いはないと思います。

③MNP転出の場合の違約金が高い
MNP転出の場合の違約金には月割り計算がなく、一律で税別11,000円(税込11,880円)となっています。ですから解約する場合は契約月の計算に注意しましょう。
初月は「SIMカードの発送日(店舗申込の場合はSIMカードの受け渡し日)」の「翌月」を1か月として計算しています。買った月が初月ではないので、十分注意しましょう(ここはしっかり確認しないと間違いやすいと思います)。
1ヶ月間違っても違約金が月割り計算にならないので「十分」に注意を払ってください。

≪MNP転出と違約金・手数料のまとめ≫

違約金が発生する可能性があるケース MNP転出する場合のみ
初月はいつ? SIMカードの発送日(店舗申込の場合はSIMカードの受け渡し日)]の「翌月」
12か月目までにMNP転出が完了(違約金) 税別11,000円(税込11,880円)
13ヶ月目以降にMNP転出が完了(事務手数料) 税別3,000円(税込3,240円)

④途中でのプラン変更はできないので注意しましょう
ワイヤレスゲートでは著中でのプラン変更をすることはできません。ですから途中でプラン変更する場合は「解約→新規申込」になります。
契約時にしっかりとプランを選択しましょう。
ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEはワンコインでWi-Fi機能まで使える便利なSIMカードサービスです。SIMカード目当てで購入するといった感じよりも、Wi-Fiを安く使いたい方用のSIMカードサービスだと思います。そして480円プランの場合はメインの通信として利用するのは、かなり難しいと思います。ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEはワイヤレスゲートで発表しているように「Wi-Fiの補完機能としてのSIMサービス」とのスタンスで利用するのが一番かと思います。