インターリンクLTE SIM 業界最安値で固定IPアドレスが利用できる

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

インターリンクLTE SIM 業界最安値で固定IPアドレスが利用できる

インターリンクLTE SIMの特長

インターリンクは固定IPアドレスにこだわりを持つ老舗のインターネットプロバイダです。Mobile版でもその精神は強く受け継がれており、全プランに標準装備で固定IPアドレスが付いてくるのが大きな特色になっています。

  • 業界最安値で固定IPアドレスを利用することができる

格安SIM企業で固定IPアドレスを利用することができるのは、インターリンク・ASAHIネット・OCNモバイルONEの3社だけです。OCNモバイルONEは法人契約のみのサービス提供になっているので、個人で固定IPアドレスを利用することができるのはインターリンクとASAHネットの2社だけになります。

≪インターリンクとASAHIネットの固定IPアドレス最低料金比較≫

  月額料金 SMS 固定IPアドレス GB 料金

インターリンク

*1

1,080円 151円 標準装備(初期費用3,240円)*2

128kbpsで

使い放題プラン

初期費用:3,240円

月額:1,081円

ASAHIネット

*3

900円 120円 800円(初期費用800円)*4 128Kプラン

初期費用:3,800円

月額:1,700円

*1 インターリンクは税込み表示になっています

*2 固定IPアドレスは標準装備になっています。また、インターリンクのサービスを10年以上利用している方は初期費用が無料になります

*3 ASAHIネットは税抜き表示になっています

*4 ASAHIネットでは固定IPアドレスはオプションになっています。IPアドレスの登録初期費用のほかに、別途3,000円のプラン申し込みの初期費用がかかります。

このようにインターリンク・ASAHIネットともに「128kbpsで使い放題プラン」があります。初期費用・月額料金ともにインターリンクの圧勝という結果になります。特に月額費用はインターリンクが1,080円(税込み)に対し、ASAHIネットは1,700円(税抜き)となるため、比較対象にした場合インターリンク一択の結果になります。

≪固定IPアドレスでできること≫

固定IPアドレスとはインターネット上の住所です。一般的なIPアドレスは「動的IPアドレス」と呼ばれ、接続と切断を繰り返すたびに変更されています。これと違い固定IPアドレスなら、接続と切断を繰り返してもIPアドレスはいつも同じアドレスを使うことができます。

ⅰ 自宅サーバーを公開することができる

ⅱ 自宅やオフィスのパソコンを外出先から操作することができる

ⅲ  webカメラを利用して、外出先から自宅の様子を見ることができる

固定IPアドレスを利用することによって、上記のことが行えます。ですから、ブロガーやノマドワーカーに必須のアイテムになります。

  • 24時間速度制限解除クーポンが使える~実質上高速通信使い放題

これはSIM業者では珍しいサービスです。通常3日ルールや契約通信量の上限まで高速通信を使ってしまった場合、速度制限がかかります。この速度制限を「24時間速度制限解除クーポン」というオプションを購入することで、通信速度制限を解除することができます。

24時間速度制限解除クーポンは1枚540円で購入の上限はありません。このクーポンのオプションがあるのでインターリンクは実質上「速度制限なし」で高速SIMデータサービスを使うことができます。

  • 余った通信量は繰り越しすることができる

インターリンクLTE SIMでは余った高速通信量を翌月に繰り越すことができますので、経済的です。

  • プラン変更も可能

インターリンクLTE SIMではプラン変更を簡単に行うことできます。しかもプラン変更した「翌日」から即利用することができます。プラン変更は月に1回可能です。プラン変更にかかる手数料は1,620円になっています。

  • 支払い方法を選ぶことができる(法人のみ)

多くのMVNOのモバイル通信サービス企業では「クレジットカードのみ」に対応しているところが多いのが特徴ですが、インターリンクではクレジットカード決済のほかにNTT支払いと口座振替支払いを利用することができます(法人のみ)。

  • 高速/低速の使い分けをすることができる

128kbpsで使い放題プラン以外のどのプランでも簡単に高速/低速と通信速度を設定することができます。データ通信量を上手く節約することができます。

インターリンクLTE SIMの料金プラン

プラン 初期費用 月額料金 通信速度

128kbpsで使い放題プラン

3,240円

※インターリンクのサービスを10年以上継続している場合は「無料」

1,080円 上下最大128kbps
1GBまで高速プラン 1,458円 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
3GBまで高速プラン 1,728円 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
7GBまで高速プラン 2,538円 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
10GBまで高速プラン 3,132円 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps

※料金には消費税及びユニバーサル料金が含まれます

インターリンクLTE SIMの速度と通信制限

インターリンクLTE SIMではdocomoの提供する回線を利用していますので、通信エリアは日本全国つながります。

通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsになっています(128kbpsで使い放題プランを除く)。

インターリンクLTE SIMの評判

インターリンクLTE SIMの評判はすこぶる良いです。特に固定IPアドレスをビジネスで使うブロガーやノマドワーカーの評判が高いです。

24時間速度制限解除クーポンの評判はやはり「高い」です。1回540円で購入すれば、24時間高速通信が塚放題になるからです。そして、24時間速度制限解除クーポンを利用した場合いくら高速通信を使ってもなんの問題もありません。仕事で高速通信をヘビーに使うユーザーに大好評です。

インターリンクLTE SIMはどんな人におすすめ?

インターリンクLTE SIMのメリットは以下になります

・業界最安値で固定IPアドレスが利用できる

・実質的に高速通信の制限がない

・128kbpsで使い放題プランがある

・法人契約の場合支払い方法が選べる

・法人専用(100件以上の契約の場合)の窓口がある

このことから、インターリンクLTE SIMは以下の人におすすめのサービスになります

・固定IPアドレスを使うブロガーやノマドワーカー

・通信費用のコストダウンが必要な法人

・高速通信のヘビーユーザー

インターリンクLTE SIMの申込方法と流れ

インターリンクLTE SIMはオンラインから申し込みすることができます。HPは使いやすいので、申し込みも簡単です。

① インターリンクHPにアクセスする

http://www.interlink.or.jp/

② トップページの中段にある「インターリンクLTE SIM」をクリックする

③ 申し込みの流れ→お申込みへ

インターリンクHPは見てお分かりのようにわかりやすいため、迷うことなくオンラインから申し込みをすることができます。

画像参考:http://www.interlink.or.jp/service/sim/flow.html

④ オンラインからのサインアップ後にSIMカードが郵送されてきます。

⑤ SIMを端末に差し込み、APNの設定します。

設定は簡単です。基本インストールするだけなので、どなたにでも設定することができます。

  • 例 iPhoneでの設定方法

ⅰ ページの赤枠をクリック

画像参考:http://www.interlink.or.jp/service/sim/flow.html

ⅱ 端末別APNの設定マニュアル欄の「iPhone」のところをクリック

ⅲ Safariを起動してhttps://www.interlink.or.jp/lte/apn/を表示します

ⅳ ユーザー名とパスワードを入力します

ⅴ プロファイル場面が開くので、インストールをクリックする→完了

※クレジットカード払い以外を選択した場合は支払いの手続き完了後にSIMカードが送付になります。支払い手続きには7日程度かかります。

インターリンクLTE SIMの解約方法

インターリンクLTE SIMはオンラインから簡単に解約手続きをすることができます。この際に公式HPから解約手続きができませんので、注意が必要です。

ⅰ マイメニューにログインする

下記ページから会員IDとパスワードを入力してマイページにログインする

https://ias.il24.net/register/login.cgi?next=https://ias.il24.net/mymenu/

ⅱ お客様情報の中から「退会(解約)」をクリックして、手続きを行います

ⅲ SIMカードを返却します

〒170-6037
東京都豊島区東池袋3-1-1 37F
株式会社インターリンク SIMカード返却センター

  • オンラインで解約手続きができない場合は「サービス停止シート申請フォーム」に入力して、送信することでも解約することができます。この場合は、インターリンクで確認後、郵送でサービス停止シートを再度発送して、記入後にまた郵送と手続きが煩雑になるうえ、解約手続きまで日数がかかるので注意が必要です。

参考:サービス停止申請フォーム

https://webcasml.interlink.or.jp/form/fm/interlink_1/taikai-1

*SIM返却にかかる郵送代は自己負担になります

  • 解約に関する注意点

ⅰ インターリンクでは日割り計算に対応していません。ですから、解約は月末が無駄なくSIMデータサービスを利用することができて経済的です

ⅱ 解約の縛りは1ヶ月です。

ⅲ 公式HPから退会の手続きをすることができません

インターリンクLTE SIMに関する注意点

  • 固定IPアドレスが不要の場合はメリットが少ない

インターリンクLTE SIMの最低料金プランは1,080円です。他社のMVNOのモバイル通信サービスでは固定IPアドレスを利用しない場合、もっと格安のプランがあります。ですから、固定IPアドレスを利用しない場合はインターリンクLTE SIMを利用するメリットにかけます。

≪主要他社の低速使い放題プラン≫

・ワイヤレスゲート480円プラン

最大250kbpsのデータ通信が使い放題のプランです。そのうえ、Wi-Fiも利用することができます

・UQmobile

最大500kbpsのデータ通信を月額980円で利用することができます

・楽天モバイル

最大200kbpsのデータ通信を月額525円で利用することができます

・mineo(マイネオ) ドコモプラン

500MBの高速通信がついて月額700円と大変お得になっています

・OCNモバイルONE

110MB/日コースなら月額900円で使い放題です

  • 音声通話に対応していない

インターリンクLTE SIMでは音声通話対応のオプションがなく、データ通信SIMのみのサービス提供になっています。

  • 3Gに未対応

インターリンクLTE SIMでは3GFに対応していません。完全4G(LTE)対応のみになっています。ですから、LTE非対応端末でインターリンクLTE SIMを利用することができません。

  • SMSオプションを途中で追加・解約することができない

インターリンクLTE SIMでは途中でSMSオプションを追加・解約することができません。途中で追加・解約する場合は再度新規申込になります。

インターリンクLTE SIMはブロガーやノマドワーカーといったインターネット上で仕事をする人におすすめのMVNOのモバイル通信サービス企業になっています。また、外部から安全にパソコン操作することも可能なので、ビジネスで固定IPアドレスを使う法人にもおすすめです。また、実質「目制限」で高速通信を利用することができるため、データのヘビーユーザーには穴場のMVNOのモバイル通信サービス企業だと言えるでしょう。