パナソニックの格安SIMであるWonderlink LTEについて徹底調査

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

パナソニックの格安SIMであるWonderlink LTEについて徹底調査

Wonderlink LTEの特長

Wonderlink LTEは700kbsでの使い放題が話題的には先行しています。しかし、大手家電メーカーであるパナソニックがいったん売却したインターネット業界に再度進出してきた「真の」理由はおそらく使い放題プランを提供して、格安SIM業界に君臨することではありません。

Wonderlink LTEのプランを詳細に見ていくとわかるのですが、自社製品に付随するサービスとして格安SIMサービスを取り扱っているといったスタンスであると思います。

ネット上ではあまり評判がよくない理由は、Wonderlink LTEの捉え方を間違っているからだと思います。Wonderlink LTEを十分に使いこなす方法は別にあるのです。今回はWonderlink LTEのサービスを十分に活用することができるプランもご紹介していきたいと思います。

  • インターネット環境をビジネスに有効利用することができる

外でノートパソコンを使って仕事をする方が増えています。ブロガーやノマドワーカーといった分野の方ではなく、一般のビジネスマンでも現代においてパソコンは必須アイテムです。外でパソコンを使って作業する場合、皆さんはどうしているのでしょうか?

・ノートパソコン

・スマートフォン

・Wi-Fi

・mobileバッテリー

上記の持ち物は全て必須ですよね?こうしてみると、持ち物がかなり多いのがわかると思います。しかもWi-Fiですと、スリープのたびに接続をし直さなければならず「快適」に仕事をできる環境ではないのがお分かりいただけると思います。

こういった状況を一挙に解決することができるのがWonderlink LTEのSIMサービス(&パナソニックの製品)なのです。Xi(LTE)対応レッツノート(パナソニックの超軽量ノートパソコン)を利用すれば、パソコンにSIMカードが装備されていますので、外出時に軽量のノートパソコン(重さは1㎏以下)を1台持つだけで、外出時でも快適にインターネット環境を利用しながら仕事をすることができるのです。ですから、Wonderlink LTEはビジネスマンには必須のアイテムになりそうです。

≪参考:Xi(LTE)対応レッツノート対応Wonderlink LTE回線サービス≫

パソコン専用 Wonderlink LTE A

ⅰ パナソニックのLTE対応シリーズのパソコンは動作検証済

どのパソコンにWonderlink LTEは対応しているのかなどを自分で調べる手間が省けます

ⅱ 月額889円から(3GBプラン)と価格設定も業界最安値水準

ⅲ docomo回線を利用しているため、日本全国どこでも繋がる

ⅳ 初月利用料金は「無料」

≪参考:Wonderlink のキャンペーン≫

春モデル XZ6シリーズ LTEがついてくるキャンペーン

・初期費用無料

・最大6か月LTE回線利用料金無料

・初期設定後即ネットに接続できるnanoSIMをレッツノートに挿入した状態で購入できる(面倒な設定不要)

このようにWonderlink LTEはハード(パソコン)とセットで利用するとそのサービスを存分に享受することができます。家電メーカーならではの強みをSIMに活かしたMVNOサービスであると言えます。

特にレッツノートのキャンペーンは人気が高くなっています。面倒な設定が不必要なうえ、初期費用&通信料金が6か月無料ですから当然ですよね。

  • 通信量「無制限」で700kbpsを使えるコースがある

上下700kbpsの速度の通信を無制限で利用できるコース「F-使い放題700」があります。格安SIM利用層に人気のプランです。月額利用料金も1,580円(高速通信1GB付き)と他のMVNO業者にはないプランをWonderlink LTEでは提供しています。

≪他社との比較≫

他社でF-使い放題700と同じプランはありません。似たプランはOCNモバイルONEの16GB/月(現在1GB増量中)のプランになります。

 プラン F-使い放題700 OCNモバイルONE
高速通信量 1GB 16GB
最高通信速度 700kbps 500kbps
月額利用料金 1,580円 1,800円
通信制限 あり あり

 

F-使い放題700のほうが圧倒的にコスパもよく、最高通信速度も速くなっています。しかも、OCNモバイルONEのプランは「通信無制限」ではなく上限があります。16GBを使い切った場合通信速度は200 kbpsに制限されてしまいます。

このようにF-使い放題700のプランは他社のMVNOにないWonderlink LTE独自のプランになっています。

Wonderlink LTEの料金プラン

Wonderlink LTEのプランは目的別に応じて分類されています。ですから自分にあったプランを簡単に選択することができます。

▽使い放題プラン(LTE Fシリーズ)

プラン F-使い放題700 F-7G
高速通信量 1GB 7GB
パケット通信量 無制限 上下700kbps
月額費用 1,580円 2,480円
通信速度制限 24時間の通信量が1GBを超えた場合通信制限をする場合がある
契約期間の縛り なし なし

 

▽低価格で使いたい方へのプラン(LTE Iシリーズ)

プラン I-3Gシングル I-5Gシングル I-7Gシングル
高速通信量 3GB 5GB 7GB
月額費用 890円 1,460円 1,870円
通信速度制限 3日ルールあり(直近3日間の通信量が366MB)を超えた場合速度を制限する場合があります
契約期間の縛り なし なし なし

 

▽パナソニック パソコン専用(LTE Aシリーズ)

プラン エントリーコース レギュラーコース ウィークリーコース
高速通信量 3GB(月) 7GB(月) 1GB(週)
月額費用 889円 1,960円 1,000円
通信速度制限 500MB/3日間 1GB/3日間 なし
契約期間の縛り 6ヶ月間 6ヶ月間 6ヶ月間

 

▽LUMIX CM専用プラン(LTE Lシリーズ)

プラン L-3G L-5G
高速通信量 3GB 5GB
月額費用 1,480円 1,980円
通信速度制限 1GB/3日間
契約期間の縛り なし なし

Wonderlink LTEの評判

最高通信速度700kbpsが無制限の「F-使い放題700」プランですが、思ったほど評判は良くありません。理由は動画を見ることができないことにあると思います。YouTubeの再生すら厳しいといった声が聞こえます。ですから「動画見放題だ~」とおもって「F-使い放題700」プランを申し込んだ層に不評を買っているようです(解約したの投稿が多くみられます)。

この「F-使い放題700」プランですが、ブロガーやノマドワーカーといったプロには好評です。700kbpsが無制限のプランは他社にはないこと、ミドル速度の通信が無制限なため、安心して仕事に利用できることが理由のようです。

Wonderlink LTEは「プロ向け」のラインナップだと思います。ビジネスでパソコンを利用する層・インターネットで活動しているプロなどです。

Wonderlink LTEはどんな人におすすめ?

ずばり Wonderlink LTEは「プロ」向けの仕様だと思います。開発時点で「プロ」層をターゲットにしているとしか思えません。ですから一般の利用者が少なく、一般ユーザーからの評判も良くないのだと思います。

  • ビジネスマンにおすすめ~パソコン専用・LTE Aシリーズ

春モデル XZ6シリーズ LTEがついてくるキャンペーンなどをみてもお分かりのように、ビジネスマンが外で仕事をするインターネット環境を手軽に提供してくれているのがWonderlink LTEです。面倒な設定もなしでそのままビジネスにパソコンを導入することができます。

  • ブロガー・ノマドワーカーにおすすめ~F-使い放題700プラン

700kbpsといったミドルな速度を無制限に使えるプランは他社にはありません。700kbpsなら、楽々WordPressの投稿もすることができます。通信制限にかかることなく安心して使えるミドル回線はネットで生計を立てている層におすすめです。

  • プロのブロガーにうれしいサービス~LUMIX CM専用プラン

パナソニックの高性能デジカメである「LUMIX CM」専用のSIMカードです。当然、面倒な設定なしで、即使うことができます。撮った写真を即アップロードすることができます。しかも写真専用のうれしいサービスが付いています。アップロードスピード制限がありません(速度制限もなし)。ですからいつでも高速に写真をアップロードすることが可能です。

Wonderlink LTEの速度と通信規制

Wonderlink LTEはdocomoの「Xi(LTE)」と「FOMA(3G)」を利用したMVNOサービスですので、エリア的には日本全国つながります。

通信速度は3Gでは下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps、LTEでは下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsになっています。

Wonderlink LTEでは一般的に通信規制がキツイ設定になっていますが、「通信を制限する場合があります」との記載で実際に通信制限をするのかは微妙なところです。口コミなどでも実際に通信制限にかかりましたとの記載は今のところ見当たりません。

≪Wonderlink LTEでの通信規制一覧≫

F-使い放題700 24時間での通信量が1Gを超えた場合はネットワークの状況により速度制限をすることがあります
F-7G
I-3Gシングル 月間上限超過後、直近3日間の通信量が366MBを超過する場合は速度制限をすることがあります
I-5Gシングル
I-7Gシングル
エントリーコース 500MB⁄3日間
レギュラーコース 1GB⁄3日間
ウィークリーコース なし
L-3G 1GB⁄3日間
L-5G

Wonderlink LTEの申込方法と流れ

Wonderlink LTEの申し込みはオンラインのみになっています。公式HPからオンライン申し込みをしましょう。

① パナソニックストアーにアクセスする

アドレス:http://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

② データ通信SIMをクリック→料金・プラン・お申込みをクリック

③ プラン事に申し込みが分かれているので注意

Wonderlinkでは申し込みプラン事に申し込みのアイコンがあります。ご希望のプランを選択して、申し込みをしましょう。

④ 注意事項を読んでページ一番下にある「ご契約はこちらから」をクリック

利用規約を読んで、ページの下の「利用規約に同意する」「プランをクリック」「SIMを選択(nanoSIM・microSIM・標準SIM)をクリック」して「ご契約はこちらから」をクリック

≪Wonderlink LTE申し込みの注意点≫

ⅰ Wonderlink LTEはデータSIMのみのサービスです

ⅱ お支払方法はクレジットカードのみになっています

ⅲ 同時に「CLUB Panasonic」への会員登録が必須になっています

Wonderlink LTEのインターネット接続方法

下記に設定方法が記載してありますが、かなりわかりにくいです。「設定が必要な場合は」とありますので、端末を一緒に購入した場合は面倒な設定はいらないものと思われます。

http://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/howto/setting_lte.html

Wonderlink LTEの解約方法

① Panasonic Storeのマイページにログイン

② 契約状況確認ページから、お使いの契約内容を契約状況詳細で確認

③ 契約状況詳細の一番下の「解約」をクリック

≪Wonderlink LTE解約における注意点≫

ⅰ 解約は毎月15日まで申し込みをすると決まっています。ですから、毎月15日までに解約手続きをしましょう

ⅱ 日割り計算はできません

ⅲ 解約違約金が発生する場合がある(Wonderlink LTE Aプランのみ)

最低利用期間内での解約の場合、高額の違約金が請求されます

1ヶ月目:10,571円+各コースの1か月分の月額費用

2~6ヶ月目:10,571円

Wonderlink LTEに関する注意点

  • 音声通信プランやSMS機能といったオプションがない

Wonderlink LTEはデータ通信SIMの取り扱いの実と大変シンプルになっています。ですから、音声通信プランやSMS機能が必要な方はオススメできません。

  • Wonderlink LTE Aプランの解約金が高い

パソコン専用のWonderlink LTE Aプランのみ、最低利用期間内に解約すると高額の違約金が発生しますので注意が必要です。

基本的にプラン変更は無料ですので、解約ではなくプラン変更で対処することをオススメします。

  • 「CLUB Panasonic」と連動

Wonderlink LTEサービスと「CLUB Panasonic」が連動しているので注意です。「CLUB Panasonic」を退会すると、自動的にWonderlink LTEサービスが解約されてしまいます(しかも退会キャンセルができません)。

  • SIMカードが到着するまで時間がかかる

申し込みから1週間程度かかります。かなりのんびりしていますので注意が必要です。

パナソニックのWonderlink LTEですが、見てきたようにSIM上級者向けのMVNOサービスになっています。パナソニック製品が欲しい場合には設定がいらないため便利ですが、それ以外の方には扱いが難しいサービス内容になっています。

パナソニックのWonderlink LTEはビジネス向けのコアな層むけのサービスではないでしょうか。