楽天モバイルの支払い方法|デビットカードも使えるんです

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルの支払い方法 デビットカードも使えるんです

楽天モバイルの支払方法は基本的に「本人名義のクレジットカード」

MVNOの格安SIMサービスでは料金支払いの際はクレジットカードを使用することが一般的です。楽天モバイルのオンライン申し込み画面にも申し込みの際に必要なものとして「ご本人名義のクレジットカード」「本人確認書類」となっています。大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)を契約しているユーザーは、銀行振込/引き落としを利用していたユーザーも多いでしょうが、格安SIMサービスでは一部を除いてそのほとんどが銀行振込には対応していません。銀行口座の確認や口座印の照合や書類の郵送等プロセスが増えることを考えれば、クレジットカード決済はユーザーの利便性に配慮した決済方法と言えます。また、キャリア側でも銀行とのやり取り等の一手間を簡略化できることでのコストが軽減できますので、ユーザー・キャリア双方にメリットがあると言えそうです。楽天モバイルではデビットカードで料金の支払いが可能ですが、格安スマホ学園では「楽天カード」でのお支払いをおすすめしています。楽天モバイルの利用で1%、楽天カードの利用で1%ポイントが獲得できるので楽天モバイルの端末代金、月々のお支払いで合計2%ポイントが獲得できます。楽天モバイルの通話SIMを契約時は楽天市場での買い物時に+1%のポイントが獲得する事ができます。日用品など出来る限りの買い物を楽天市場で済ませる事で、お子さんがいる家庭などでは楽天ポイントだけで楽天モバイルを運用するなんて事も可能なポイント制度となっています。

→年会費無料楽天カードの申し込みはコチラ

2016年11月よりスマホ利用料の口座振替に対応!

楽天モバイルでは2016年11月利用分より、料金の支払いで口座振替が選択する事ができます。ただし、端末の分割払いの代金を口座振替にする事は不可能なのでご注意ください。

詳細は楽天モバイル公式サイトからもご覧になれます

「楽天カード」を支払いに使用すればこんなにオトク!

また、楽天モバイルは楽天グループとして「楽天カード」があり、料金支払いのクレジットカードとして「楽天カード」を指定することでさまざまなメリットがあります。料金支払いで「楽天スーパーポイント」が付与されるのはもちろんですが、楽天モバイルが力を入れているセット端末の分割払いも楽天カードなら可能です。スマホユーザーに必須の格安電話アプリ「楽天でんわ」も楽天会員なら楽天スーパーポイントが通話料100円につき1ポイントが付与されるのですが、楽天カードで通話料を支払えばポイントは2倍。貯まったポイントは楽天グループのいろいろなサービスで1ポイント1円で使用することができます。

楽天カードは年会費無料で手続きも簡単ですので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードのポイント獲得イメージ

「3.1GBパック通話SIM」+「Xperia J1 Compact」+「楽天でんわ」申し込みの場合

※現在、楽天モバイルではXperia J1 Compactの販売は終了しています。

・申し込み時

10,000ポイント(Xperia J1 Compactキャンペーン)

1,500ポイント (楽天でんわ同時申し込み)

30ポイント(契約事務手数料)

合計11,530ポイント(当キャンペーンは現在終了しております。)

・月々の料金支払い他

楽天モバイル支払い(3.1GBパック通話SIM+ Xperia J1 Compact分割払い)40ポイント

楽天でんわ支払い 100円につき2ポイント

2年間楽天モバイルを利用した場合の楽天ポイント獲得数

・約13000ポイント=13000円分

一方で、クレジットカードを保有していないユーザーや様々な事情でクレジットカードの作成が困難なユーザーにとってはせっか くの格安SIMサービス利用の大きなハードルになってしまいます。クレジットカードを作成するためには個人情報登録とともに発行会社による審査等もあり、 その煩わしさから二の足を踏むユーザーもいると思います。そんな人に便利なのが「デビットカード」。今回は楽天モバイルを例に、格安SIMサービスでデ ビットカードを使うための方法や注意すべき点などを詳しくご紹介していきます。

クレジットカードとデビットカードの違いって何?

Leadership Concept

まずは「デビットカードって何?」というところから見ていきます。デビットカードの一番の特徴は「銀行の預金口座から直接決済できる」という部分です。

リアルタイムに銀行口座の預金残高とリンクするため使い過ぎ等の心配もいりません。逆に言うと銀行口座の預金残高以内でしか使用できないため、口座残高がないと決済できないことになります。

クレジットカードの場合は、極端に言うとクレジットカード会社の決済日に預金残高があればいいだけなので、使用する時点では口座残高に関係なく決済することができます。この点が最も大きく異なる点で、口座残高に関係なく決済できるクレジットカードは発行前に保有者の信用情報(端的に言うとこれまで決済金額を払わなかったことはないか、資産状況はどうなのか、定収入はあるか等)を厳しく審査する必要があるのです。

一方、デビットカードの場合は「銀行口座の残高以内でしか決済できない」ため、このような厳しい審査はありません。ある意味、無審査で手に入れることができるカードと言えます。

デビットカードは知名度のたかいもので言うと「JCBデビット」「VISAデビット」「Masterデビット」などがあります。「Masterデビット」は海外発行が多いため、日本国内発行のデビットカードは「JCBデビット」と「VISAデビット」のどちらかであることが多いと思います。これらはそれぞれ「JCBマーク」や「VISAマーク」「Masterマーク」のあるお店やサービスで使用することができます。この点においては”クレジットカードとほぼ変わらない”と言えます。

デビットカードを使えるかどうかは事業者毎にさまざま

ところが一部の商品やサービスにおいては「クレジットカードは使えるのにデビットカードは使えない」といったことがあります。これは「商品・サービスを提供するのと”同時に”決済するのか」「商品・サービスを提供した”後で”決済するのか」という部分が大きなポイントになります。

⇒お得な楽天カード使える楽天モバイルの詳細はこちら

クレジットカードの場合は決済をクレジットカード会社が保証してくれるのでどちらの場合も問題ないのですが、デビットカードで特に後者の場合(商品・サービス提供”後”の決済)は商品・サービス提供時点ではその人の口座残高など分かりようもないのですから提供事業者にとってはリスクとなってしまうのです。具体的には「ガソリンスタンド」など。ガソリンを注いでしまった後にいざデビットカードで支払おうとしたら口座残高が足りなくて決済できないということはありがちなことですよね。なので、ガソリンスタンド(特にセルフサービスのGS)などはデビットカードに対応していないところもあるのです。

携帯電話キャリア・格安SIM提供事業者も同様のサービスに含まれます。ユーザーの口座残高が不明なまま、通話・通信サービスを提供しているということです。そのため対応するかしないかは提供事業者しだいという部分なので、各社まちまちの対応になっているのが現状なのです。

楽天モバイルはデビットカード決済に対応しています!

楽天モバイルでは「楽天銀行」と「スルガ銀行」発行のデビットカードに対応しています。デビットカードの場合、銀行によって「月次決済に対応」しているかどうかがそれぞれなのですが、この2行に関しては月次決済に対応していることをHP内で大々的にアピールしています。「月次決済」とは先ほど触れた「商品・サービス提供”後”に月毎に決済するもの」です。格安SIMなどの通信費以外では電気・ガス等の公共料金がこれらに含まれます。この月次決済に対応しているデビットカードであれば、楽天モバイル以外の格安SIMサービスでも使える可能性は高くなります。デビットカードをつくる際は、このような点にも注意しておきましょう。

さて、楽天モバイルで使えるデビットカードですが、オススメはもちろん「楽天銀行デビットカード」。ブランドは「VISA」か「JCB」を選択することができます。銀行キャッシュカードとの一体型ですので、銀行口座を申し込む際に同時にデビットカードを指定することもできますし、口座開設後に一体型カードに変更することも可能です。詳しくは楽天銀行HPで確認してください。おススメする理由は「楽天スーパーポイント」が付与される点です。「JCBデビットカード」なら100円で1ポイント、「VISAデビットカード」なら1000円で2ポイント、「VISAゴールドデビットカード」なら1000円で5ポイントなど。もちろん楽天モバイルの支払いでもポイントが付きます。貯まったポイントは1ポイント=1円として楽天市場をはじめとする楽天グループの様々なサービスの支払いに使用することができます。

楽天モバイルで支払方法を「デビットカード」に設定しよう!

楽天モバイルを公式HP上から申し込みする場合を例にご紹介します。申し込み画面ではまず、端末やSIMカード(プランやサイズ含)などの商品を選択した後、個人情報入力画面へ進みます。楽天会員であれば個人情報が自動的に入力されます。商品の配送日時などを指定した後に「お支払方法」の画面になります。ここでデビットカードを指定するのですが、記載は「クレジットカード」としかありませんが、ご心配なく。「楽天銀行」および「スルガ銀行」発行のデビットカードには対応していますので、気にせず入力を進めていきましょう。「カード会社」選択欄では「JCB」や「VISA」など自分のデビットカードに貼付されているマークのブランドを選択してください。カード番号はデビットカードに記載の16桁の番号を入力。カード有効期限やカード名義人などもデビットカード記載の情報通りに入力してください。セキュリティコードはデビットカード裏面のサイン欄上部に記載の番号下3桁になります。これでデビットカードを支払い決済に指定することができました。利用規約を確認同意し、「申し込みを確定する」ボタンをクリックすれば申し込み終了となります。

まとめ

楽天モバイルをはじめとする格安SIMサービスでは料金支払いの際はクレジットカードを使用することが一般的です。実際に申し込みの際に必要なものとして 大きく「ご本人名義のクレジットカード」「本人確認書類」となっています。大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)を契約しているユーザーは、銀行振 込/引き落としを利用していた人も多いでしょうが、格安SIMサービスでは一部を除いてそのほとんどが銀行振込には対応していません。銀行口座の確認や口 座印の照合や書類の郵送等プロセスが増えることを考えれば、クレジットカード決済はユーザーの利便性に配慮した決済方法と言えます。また、キャリア側でも 銀行とのやり取り等の一手間を簡略化できることでのコストが軽減できますので、ユーザー・キャリア双方にメリットがあると言えそうです。

⇒TOPページに戻る