楽天モバイルも契約2年縛りはある?損をしないための契約方法とは

2年縛りのアイキャッチ画像

楽天モバイルを解約しようと思うけど、縛りはあるの?

楽天モバイルには2年縛りがありません

そのため、3大キャリアのように縛られることなく、いつでも解約することができます。

ただしデータSIMは無料で解約できますが、通話SIMの場合最低利用期間12か月よりも早く解約すると契約解除料が9800円かかってしまいます。

このサイトでは、これから楽天モバイルを解約しようという方に向けて、他社の安くてお得な格安スマホ解約の際に抑えてもらいたいことを詳しく紹介していきます。

ポイント公式ページ
LINE MOBILEデータフリーで通信量が節約できる詳細へ

また楽天モバイル締め日を確認し、解約する際のタイミングスマホに使用をやめるタイミングを決める際は、以下の記事も合わせて読みましょう。

楽天モバイルもキャリア契約のような2年縛りがあるの?

■楽天モバイルには2年縛りがない

キャリア契約では基本料金を安くするために2年毎の自動更新契約をしなければいけません。これは任意なのですが最大2倍程度の料金差が生まれるため、ほとんど必須だと言えるオプションです。1回の契約に対して2年間という長期の契約期間を求められ、指定期間外での解約には違約金がかかってしまうのでなかなかヘビーな契約形態だと言えます。これは、au・ドコモ・ソフトバンクすべての大手携帯キャリアにおいて同じような縛りがあります。一方、楽天モバイルの契約には「2年縛り」に該当するような契約条件がありません。この後のコンテンツで解約金や詳しい契約条件など解説していきます。

解約金などの情報は楽天モバイル公式サイトからもご覧になれます。

楽天モバイルはいつ解約しても解約金はかからないの?

楽天モバイルには、いつ解約しても解約金がかからない料金プランもあります。しかし、そうでない料金プランも存在します。その違いを知るためにも、楽天モバイルの格安SIMがどのような契約条件になっているのか見ていきましょう。

■楽天モバイルの提供する格安SIMには2タイプある

楽天モバイルのSIMには大きく分けてデータSIMと通話SIMの2タイプがあります。

・データSIMについて

楽天モバイルのデータSIMならMVNOで良くありがちな最低利用期間も解約に伴う違約金もありません。

・通話SIMについて

最低利用期間12ヶ月、期間内の解約手数料9,800円となっています。

SIMのタイプ最低利用期間最低利用期間内の解約手数料
データSIM(SMSなし)なしなし
データSIM(SMSあり)なしなし
通話SIM12ヶ月9,800円

※通話SIMの最低利用期間は開通月を1ヶ月目と定義されています。

楽天モバイルの各プランの月額料金

プラン名データSIM(SMSなし)データSIM(SMSあり)通話SIM
ベーシックプラン525円645円1,250円
3.1GBプラン900円1,020円1,600円
5GBプラン1,450円1,570円2,150円
10GBプラン2,260円2,380円2,960円
20GBプラン4,050円4,170円4,750円
30GBプラン5,450円5,520円6,150円

楽天モバイルの解約時の解約金サンプル

楽天モバイルを解約した場合の手数料について解説していきます。

データSIM(SMSあり)3.1GBプランを契約から5ヶ月目で解約する場合の総コスト

合計金額7,080円

内訳は次の通りです。

  • 事務手数料3,000円(旧「初期費用」=新規契約手数料)
  • 月額料金3.1GBプラン(データSIM SMSあり)2ヶ月目~5ヶ月目 1,020×4=4,080月額料金初月無料なので1ヶ月目の料金を除外しています。
  • ユニバーサルサービス料が1回線1月ごとに数円かかります 年度によって変動するので除外していますが、これらもコストとしてかかります。  
  • MNP転出手数料 3000円 *今楽天モバイルで使用している電話番号をそのまま他社で使用したい場合にかかってきます。

通話SIMを契約5ヶ月目で解約する場合の総コスト

合計金額19,200円

内訳は次の通りです。

  • 事務手数料3,000円(旧「初期費用」=新規契約手数料)
  • 月額料金3.1GBプラン(通話SIM)2ヶ月目~5ヶ月目 1,600×4=6,400円
    月額料金初月無料なので1ヶ月目の料金を除外しています。
  • 解約手数料9,800円
    最低利用期間内の解約なので解約手数料9,800円がかかります。
  • ユニバーサルサービス料(上記サンプルと同じ理由により除外しています)

通話SIMを契約13ヶ月目で解約する場合の総コスト

通話SIMの契約13ヶ月目の解約には解約手数料がかからなくなります。驚くべきは、同じプランを5ヶ月(最低利用期間内)に解約した時と3000円しか変わらない点です。

合計金額22,200円

内訳は次の通りです。

  • 事務手数料3,000円(旧「初期費用」=新規契約手数料)
  • 月額料金3.1GBプラン(通話SIM)2ヶ月目~13ヶ月目 1,600×12=19,200円
    月額料金初月無料なので1ヶ月目の料金を除外しています。
  • ユニバーサルサービス料(上記サンプルと同じ理由により除外しています)

⇒楽天モバイルについてもっと詳しく知りたい人はこちらのページをご覧ください

解約に関する注意事項

  • 契約に日割り計算がない

楽天モバイルの契約は日割り計算がなく、すべて月単位での計算となります。契約時には月初め、解約時には月末に日程を合わせるとお得に運用できます。逆に契約時に月末ですとせっかくの初月無料を有効に使うことができません。また、解約時申請を月の16日以降にしてしまうと翌月末解約になってしまうのでこの点にも注意です。

  • MNP転出による解約時期は他事業者への転入手続きの完了日となる

他通信事業者に乗り換えついでの解約を考えているユーザーは注意しなければいけないポイントです。楽天モバイルからのMNP転出時点が解約日ではない点です。移転先へのMNP転入手続き完了日がイコール楽天モバイルの解約日となります。従って、この解約日ができるだけ月末に合うように調整するとベターだと言えます。

  • プランの解約の締め日は毎月15日

もし当月中に解約をしたい場合にはその月の15日までに申し出なければいけません。15日までの申し出ならば当月の月末日解約となります。16日~月末までの申し込みは来月末日付けの解約となってしまうのです。

  • オプションサービスの解約締め日は毎月25日

オプションサービスの解約締め日はプランの解約締め日と違い、毎月25日になります。当月中のオプションサービス解約には25日までに申し込む必要があります。25日までに申し込みをすると、当月末日でのオプション解除となります。プラン解約と同じで、日割り計算はありません。

2年縛り開放時が一番安く乗り換えができるってほんと?

キャリア契約を違約金0で解約するには2年縛り開放時が一番です。しかし、2年に一度の解約チャンス。結構見落としがちなユーザーさんも多いみたいです。2年縛り契約をスマートに解約をするためには、違約金がかからない解約指定月を先んじて調べておくのがベターです。通信キャリア各社の問い合わせ先を参考として掲載しておきます。

ドコモ問い合わせ先

通話での問い合わせ

ドコモ携帯から 151番

一般電話から0120-800-000

※IP電話からは接続できない可能性があります。

メールでの問い合わせ

dアカウントを持っている方
dアカウントを持っていない方
mydocomoから契約内容の確認

au問い合わせ先

通話での問い合わせ

au携帯から 157番

一般電話から 0077-7-111もしくは0120-977-033

auお客様サポートから

ソフトバンク問い合わせ先

通話での問い合わせ

ソフトバンク携帯から 157番

一般電話から0800-919-0157

mysoftbankから

格安SIMはどこのMVNOを選んでも2年縛りはないの?

「格安SIMはどこのMVNOを選んでも2年縛りはないの?」という大きな疑問の他に、いくつかの疑問点をまとめてみました。

  • MVNOは2年縛りがないのか?

ありません。すべて「最低利用期間」に置き換わっていると考えて大丈夫です。違約金がかかるような条件はこの「最低利用期間内の解約」においてのみ発生します。最低利用期間を超える契約においては、いつ解約しても違約金がかからないのです。さらに、最低利用期間が設けられているプランは総じて通話プランであることも特徴です。データ通信専用SIMではこうした最低利用期間が設けられていることが稀です。例外的に設定されていても2ヶ月程度と短期間であることも共通しています。ただし最近ではUQモバイルやY!mobileといったSIMでは2年契約をする事で月々の料金を割引してもらえるプランもあります。

  • キャリア契約のSIMロック解除していない端末でも流用できる?

これもよくある質問のひとつです。キャリア契約の端末、例えばドコモのスマホをそのまま楽天モバイルで流用できるかということであれば答えはYESです。問題なく使えます。ただし、これがauキャリア版やソフトバンクキャリア版のスマホだった場合にはSIMロックを解除しなけらば楽天モバイルでは使えません。これは、楽天モバイルがドコモの回線を借り受けて通信サービスを提供しているため、ドコモ端末であればSIMロック解除してなくても使えるのが理由です。SIMロックの解除についてはいろいろ条件がありますので楽天モバイルで端末の流用をする場合はドコモ端末を選びましょう。

データSIMでは通話はできないの?

どこのMVNOでもデータ専用SIMもしくはデータSIMと呼ばれる、通話機能を除外したSIM契約があります。これらのSIMでは090番号を用いた通話はできません。しかし、通話機能対応のスマホやタブレットであればIP電話が使えます。IP電話は普通の通話と比べインターネット回線の速度や遅延状態に大きく左右されますが、混雑していない時間帯であれば問題なく通話ができる手段です。

  • SIMフリーの端末では使える?

大抵は問題なく使えますが、上記と同じような問題があります。そのSIMフリー端末の対応バンドが契約するMVNOのバンドの全てもしくは、ある程度対応している必要があります。最新のSIMフリー版iPhoneではau・ドコモ回線の両対応ですが、NEXUS7ではドコモ回線のみ対応です(auバンドは1つのみ対応)このように、SIMフリー端末により対応バンドが大きく違いますので、この点のみ注意が必要です。

楽天モバイル公式サイトはこちら