楽天モバイルの機種変更の方法を徹底解説!意外と簡単な3つの手順

楽天モバイルの機種変更の方法の画像

スマ男くん
楽天モバイルの機種変更って、難しそうだし面倒くさそう…。

格安スマホの機種変更は自分で手続きをする必要があり、難しそうに感じますよね。

しかし、楽天モバイルの機種変更は、意外と簡単な3ステップでできるんです。

楽天モバイル機種変更の簡単3ステップ
1楽天モバイルのHPから新しい端末を買う
2昔の端末から新しい端末にSIMを差し替える
3APN設定(初期設定)を行う

楽天モバイルならすでに契約中の方でも簡単に、しかも楽天モバイル会員限定価格で機種変更することが可能ですよ。

楽天モバイルの魅力

  • 格安スマホ契約率No.1
  • SIMフリーの種類が豊富
  • 実店舗でサービスを受けられる
  • 楽天会員ならポイントがもらえる

楽天モバイルの機種変更の問い合わせはどこにすればいい?

機種変更用の問い合わせをする窓口は基本的にはありません

その代わり、楽天モバイル契約者であれば、買い増し注文用の窓口はあります。

楽天モバイル契約中に機種変更するためには以下の2つのパターンが考えられます。

楽天モバイル端末の機種変更・買い増しをする

楽天モバイル端末を買い増しするためには、楽天モバイルの格安SIMサービスを利用していることが条件です。

この場合は、会員サポートページから買い増し注文を行います。

楽天モバイル端末以外を入手する

「少しでも安価に端末を手に入れたい」「楽天では取り扱っていない端末やiPhoneが利用したい」と言う方は楽天モバイル端末以外の端末への機種変更も可能です。

楽天モバイル端末以外に機種変更しても、契約内容自体に影響することはありません。

SIMロックフリー機種であればどのような端末を選んでも大丈夫です。

入手方法としては中古端末専門ショップやオークションサイト、オンラインショップの中古販売などが考えられます。

しかし、端末の保証の問題や、中古品であるが故のバッテリーの劣化等、目に見えない部分のデメリットを抱えてしまいます。

初心者は楽天モバイル端末の機種変更・買い増しがおすすめ

楽天モバイル端末以外の端末を購入する場合、楽天モバイルのSIMカードでも動作するかを自分自身で確認する必要があります。

自分で動作確認できるか不安な方は、楽天モバイル端末以外の入手は避けたほうが良さそうです。

従来の端末から新しい端末に変更するまでの流れ

■楽天モバイル公式端末を購入し機種変更を行う方法

  1. 楽天モバイルのサポートページであるメンバーズステーションにログイン
    このログインを行うためには楽天モバイルの何かしらのSIMサービスを利用している必要があります。
     
  2. 端末買い増しサービスの申し込みボタンをクリック
     
  3. 端末買い増しサービスの注意事項をよく読み、同意してからさらに申し込みボタンをクリック
     
  4. 画面の指示に従い新しい端末の注文を完了させる
     
  5. 新しい端末が届いたら、正常に動作するかを確認
     
  6. 新しい端末と今まで利用していた端末両方の電源を落とす
     
  7. 今まで利用していた端末からSIMカードを取り出す
     
  8. 新しい端末に手順7で取り出したSIMカードを装着する
     
  9. 新しい端末の電源を入れ、SIMカード認識エラーが無いかどうかを確認
     
  10. 新しい端末でAPN設定を行う
     

■楽天モバイル以外から端末を調達する場合の方法

1.オークションサイト、中古ショップ等でお好きな端末を入手する
お好きな端末とはいえ、購入に際して気をつけなければいけない点があります。次の通りです。

・SIMカードサイズが今まで利用していた端末にセットされているものと同じ
異なる場合でも構いませんが、詳細は次の「機種変更の注意点」の冒頭にて解説しています。

・ドコモ版もしくはSIMフリー版端末であること
これ以外でもSIMカードはセットできますが、実際に使えない場合があります。

・3G専用端末ではないこと
楽天モバイルでは2015年10月6日以降に申込のSIMカードでは3G専用端末ではデータ通信ができません。LTE対応機種を選択しましょう。

・保証の条件が限定されること

・中古の場合は、各部品の劣化を前提に購入すること

2.端末入手後の手順は上記(楽天モバイル公式端末版)の手順5以降と同じです
端末の入手方法により2通りの方法を解説しましたが、どちらの方法においても移行手順を全て終えると、新しい端末で電話機能(通話SIMの場合)とモバイル通信を利用したインターネット接続ができるようになります。同時に、SIMカードを取り外した側のスマホではこれらの機能が使えなくなりますのでご注意ください。

機種変更の際の注意点

■新規購入する端末のSIMスロットの対応カードサイズに注意
古い端末がnanoカードサイズであれば、新しい端末もnanoカードサイズ対応のものから選ぶのが得策です。「新旧端末において同じカードサイズ」に対応していることが重要です。なぜかというと、今まで使ってきたカードサイズとは違う端末を購入した場合、楽天モバイルに対してSIMカードサイズ変更手続き(3,000円(税別)の手数料)をしなければいけないためです。
カードサイズが違ったとしても小さいサイズから大きなサイズへはSIMカードアダプタの利用を、カードサイズが大きなものから小さいサイズへはSIMカードカッターを利用する手があります。アダプタの方は元のカードに傷を付けることなく装着可能ですが、SIMカードカッターはその名の通り、不要な枠の部分を切り落とす作業が必要です。慣れていない方にはおすすめできませんが、こういった方法もあります。

■データの移行はユーザー自身で行わなければいけない
SIMカードの引っ越しにより新しい端末に移行できるのは、電話番号と回線契約のみです。メールアドレス設定・メール内容・アプリ・Edyを代表とするおサイフケータイのアカウントの引っ越し・各種ユーザー情報の移行などの点については全てユーザーの手で移行作業をしなければいけません。また、おサイフケータイに関しては新しい端末がおサイフケータイに対応している必要があります。

■3G専用端末は利用できない
2015年10月6日以降に申し込みをした楽天モバイルのSIMと3G専用端末の組み合わせでは、通話のみの機能に限定されてしまいます。データ通信は一切行うことができません。そのため、万が一データSIMを装着してしまった場合は、何もすることができなくなります。楽天モバイル提供の端末ラインナップに3G専用端末は存在しませんが、中古品など楽天モバイル以外からの端末入手時には十分気をつけておく必要があります。

■au・Softbankキャリア版端末は使えないものとして考えておいた方が良い
SIMロック解除が義務付けられましたが、ドコモ版以外のキャリア端末は楽天モバイルでは原則として利用できないと考えておいた方が良いです。SIMロック解除をすることで、ドコモのSIMカード(楽天モバイルはドコモ回線のため)を受け付けることができますが、端末の仕様としてドコモの電波に対応していないことが多いのです。中古端末を購入する際、auキャリア版はドコモ版と同性能の場合でも割安で入手しやすい特徴があります。しかし、楽天モバイル公式でもドコモ以外のキャリア版端末の利用を推奨していません。また、動作確認一覧においても更新されることがなさそうです。

■古い端末を安易に人に手渡さない
データの抹消を行っていない古い端末の中には重要な個人情報が格納されたままです。「もう使わない」と言っても安易に人に手渡してはいけません。中古品として売却する際にも「データの抹消」と「端末の初期化」は行っておいた方が無難です。もちろん、この作業は新しい端末にデータを移し終えた後に行うのが普通です。

月額料金は、端末代金以外は変わらないの?必要な手続きは?

■端末代金以外の支払いは変わることがない
古い端末から新しい端末へはSIMカードの引っ越し作業をするだけです。そのため、SIMカード自体の契約には何ら変更点はなく、そのまま継続することを意味します。端末代金以外の支払い金額の増加はありませんのでご安心を。

■ユーザーが利用する端末に制限はない
利用端末はユーザーの自由で選べます。SIMカードのサイズが合っており、SIMカードをセットできさえすればどのような端末での利用も可能なのです。そのため新旧端末間のSIMカード移動に伴う報告や手続きも不要です。

その他、機種変更についてのQ&A

■通話SIM契約だが、MNPを使わないといけない?
楽天モバイルの契約内での機種変更になるので利用するのは同じSIMカードです。同じカードを使っている以上、MNPを含む各種手続きも不要です。

■SIMカードを差し替えればアプリも引き継げる?
残念ですが、引き継ぎはできません。引き継げるものは「電話番号」のみです。アドレス帳、メールの連絡先、コンテンツデータなど、古い端末から新しい端末へはこれらをユーザー自身で移行しなければいけません。ただし、AndoridであればGoogleアカウントを使ったインストールアプリ情報などある程度同期を取る範囲でのリストアはできます。iOS端末間の移行であればもう少し踏み込んだリストアが可能です(要バックアップ手続き)

■iPhoneからAndroidに引っ越しは可能?
上記と同じように、各種データはユーザー自身の手で移行しなければいけません。さらにiOSからAndroid端末(もしくは逆)への移行は同OS機種間よりも手間がかかります。