楽天モバイルと楽天カード・家族カードの組み合わせ利用法

楽天カードには、契約者本人の他に家族も同様に利用できる「家族カード」があります。家族カードで支払った時に貯まるポイントはすべて契約者本人の楽天カードのアカウントにつきます。

そして、「家族カード」は楽天モバイルにも適用されており、家族で貯めたポイントで月々の利用料金を支払うことができるのです。

この記事では、家族で楽天モバイルに申し込んだ人が利用すると便利な家族カードついて紹介していきます。

楽天モバイルで家族カードを使うと便利な3つの特徴
1支出の管理が楽になる
2楽天スーパーポイントの管理が楽になる
318歳以上の子どもにもカード持たせることができる

家族全体の携帯代を見直したい人は、月額2,980円の楽天モバイルを利用することで抑えられます。今なら次のような特典もあり、お得に申込ができますよ。

楽天モバイル

楽天モバイルキャンペーン
通信速度月額基本料金
高速
データ通信
2,980円
国内通話契約解除料
アプリ利用で
かけ放題
0円

おすすめポイント

  • 楽天回線エリアなら高速データ通信で使い放題
  • いよいよiPhoneもサポート開始
  • 今なら1年間月額基本料金無料

1年無料は300万名限定

楽天モバイルを申し込む

家族カードとは?

■家族カードは、楽天カードに付帯して家族が利用できるクレジットカード

楽天カードは、買い物をする際にカード利用をすると100円に付き1ポイント(楽天市場で利用する場合は2ポイント)が貯まるクレジットカードとなっており、貯まったポイントはそのまま換金して利用することができます。

そして、楽天カードには家族に付帯できる「家族カード」があります。

楽天カードの持ち主が家族で一人しかいない場合は、その人名義で家族カードを発行できますが、家族で二人以上が持っている場合は、誰を代表者名義にするのか決めてから発行するとよいでしょう。

また、家族カードは楽天モバイルの決済に使うことができます。

次では、楽天モバイルで家族カードを利用すると便利になる3つの特徴について紹介していきます。

家族カードを使うと楽天モバイルで便利になる3つの特徴

ここでは、楽天モバイルで家族カードを活用すると便利になる3つの特徴を紹介していきます。

楽天モバイルで家族カードを使うと便利な3つの特徴
1支出の管理が楽になる
2楽天スーパーポイントの管理が楽になる
318歳以上の子どもにもカード持たせることができる

(1)支出の管理が楽になる

家族全員分のカードの利用管理がまとめて行うことができます。引き落とし口座も代表名義人の1人だけの登録で済むので手間もかかりません。

家族内の誰が利用したかは「本会員」または「家族」という大きな区別ですが明細に記載されます。利用明細をまとめて確認できるので、月々の支払額を簡単に確認できて便利です。

また、家族で楽天モバイルに契約している場合は、携帯代の支払管理もしやすくなります。家族で楽天モバイルの契約をするか検討している人は、公式HPを確認してみるとよいでしょう。

特典
申込
  • 楽天回線なら高速通信が使い放題
  • 低速モードでも最大1Mbpsの速さがあるので動画やSNSが見られる
  • 今なら1年間基本料金無料
楽天モバイルの紹介画像

(2)楽天スーパーポイントの管理が楽になる

家族別々でカード契約をした場合、ポイントは個々が利用しているカードに貯まります。もし、家族でポイントを共同して利用したいのであれば、それぞれのポイント管理を行う必要があり、手間がかかってしまいます。

一方で、家族カードで契約した場合、獲得ポイントが、本会員(家族カードの代表名義)にすべて付与されるのです。

例えば、5人家族の家族カードを利用すると、5人分のポイントが本会員にすべて貯まっていくというワケです。

そのため、家族でポイントを管理したい人は、家族カードを利用するとポイントの管理が楽になります。

(3)18歳以上の子どもにもカード持たせることができる

一般的にクレジットカードの申込は20歳以上という年齢制限がありますが、家族カードであれば18歳以上(高校生以外)から所有することができます。

例えば、未成年のお子様が海外留学や上京を予定しており、1人で生活費を賄えるのか心配になる人は、家族カードを所有させてみることを検討しても良いでしょう。

以上が、楽天モバイルで家族カードを利用すると便利な3つの特徴となります。そして、家族カードの利用を検討している人は、次で紹介する注意点を踏まえた上で申込を行うようにしましょう。

楽天モバイルで家族カードを利用する時の2つの注意点

上記では、楽天モバイルで家族カードを利用するとお得になる特徴を紹介しましたが、家族カードを利用するうえで気をつけたい注意点があります。

ここでは、2つの注意点について紹介していきます。

(1)家族カードは申込できる対象者と発行枚数に制限がある

家族カード会員として認められる申込者は「生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上・高校生不可)」に限定されます。

また、本会員カード1枚につき、家族カードの発行可能数は5枚までなので注意しましょう。

楽天モバイルには家族向けの契約プランはありませんが、一人ひとりそれぞれ契約し、支払いを家族カードにすることでポイントや支払いをまとめられるメリットがあります。

ポイントもたまるので、家族カード利用者は支払カードで家族カードを指定するようしましょう。

(2)楽天スーパーポイントには期間限定ポイントがある

1ポイント1円が(楽天会員を継続する限り)実質無期限である通常獲得ポイントと利用期限をすぎると失効してしまう期間限定ポイントとに分かれます。

楽天モバイルで得られるポイントはほとんどが通常ポイントなのですが、キャンペーンによっては期間限定ポイントになっているかもしれません。

楽天でのポイント獲得においては、期間限定で得られるものなのかどうかきちんと認識しておかなければ「ポイントを得たけれど、いつのまにか使ってもいないのに減っていた(失効分が減っていた)」ということになりかねません。

ポイントを獲得する際には、そのポイントが通常ポイントなのか期間限定ポイントなのかを把握しておくことが重要です。

楽天スーパーポイントが貯まる仕組みと利用できるサービス

楽天スーパーポイントが貯まる仕組みと、ポイントが利用できるサービスをいくつか紹介していきます。

楽天スーパーポイントが貯まる仕組み

  • 楽天カードは利用料金に対して1%の還元ポイントが付与される
  • 楽天モバイルは利用料100円につき1ポイントが付与される
  • 各種公共料金の支払いを楽天カードにまとめることで実質1%の割引
  • 本会員以外の家族会員が利用しても同様にポイント獲得可能
    ※家族利用時のポイントはすべて本会員名義に付与
  • 楽天カード本会員名義にまとめられたポイントを家族カードごとに移行することも可能
    ※期間限定ポイントと一部提携先から交換したポイントは移行不可

楽天スーパーポイントが利用できるサービス

  • 楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスでポイント支払いができる
  • 楽天グループ以外のサイトでも楽天あんしん決済サービスのマークがあればポイント支払いができる
  • 楽天スーパーポイントをANAマイルに交換可能

家族カードを利用することに向いている人

■楽天のサービスを多く利用している人
楽天カード利用で通常より多くの特典ポイントが付く対象サービスは、同じ楽天関連企業提供のサービス利用時です。楽天関連サービスを普段から多く利用している方は還元率も高くなりますのでお得です。

■家族で楽天モバイルに契約することを検討している人
家族の携帯代を少しでも抑えたいと考えた際に、楽天モバイルに関心をもった人もいると思います。もし、家族で楽天モバイルに契約する場合は、家族カードを利用すると管理がしやすくなります。

■子どもが遠出する際の金銭面に不安を感じている人
子どもが海外留学や上京など遠出をする場合、親の立場としてはこどもの金銭面に不安を覚える人もいると思います。その際、家族カードであれば、親のクレジットカードの限度額の枠組みで子どもも利用することができます。

楽天モバイル

楽天モバイルキャンペーン
通信速度月額基本料金
高速
データ通信
2,980円
国内通話契約解除料
アプリ利用で
かけ放題
0円

おすすめポイント

  • 楽天回線エリアなら高速データ通信で使い放題
  • いよいよiPhoneもサポート開始
  • 今なら1年間月額基本料金無料

1年無料は300万名限定

楽天モバイルを申し込む

\お得で料金が安い/
SIM一覧
楽天モバイル
楽天モバイルバナー
  • 今なら1年間無料
  • iPhoneも使える
  • 解約金無料で解約可能
y.u mobile
yumobile
  • 今なら22,500円
    キャッシュバック
  • 実質1年間月額0円
    (3GBプランの場合)
LINEモバイル
LINEモバイルバナー
  • 最大2か月0円
    (音声通話SIM限定)
  • iPhoneも使える
トーンモバイル
トーンモバイルバナー
  • 基本料金1,500円~
  • 最短2日で受渡可能