楽天モバイルでWiFiを使いこなす方法!月額362円で使い放題

「楽天モバイルってWiFiスポット使えるの?」

楽天モバイルには、無料で使えるWi-Fiスポット接続サービスはありません。

しかし、月額362円のオプション「楽天モバイルWiFi by エコネクト」に申し込めば、約15万以上の公衆無線LANアクセスポイントを利用できます

初めて申し込む人は月額362円が1ヵ月間無料なので、近くにWi-Fiスポットがどれだけあるか気軽に確かめることもできますよ。

この記事では楽天モバイルでWi-Fiスポットを使用する方法やポイントをお伝えします。

楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITプラン

  • 日本全国どこでもデータ使い放題
  • 1年基本料金無料(300万名が対象)
  • 楽天回線エリアは高速で完全使い放題

WiFiとは一体どういうもの?

WiFiとは

正式には「Wi-Fi」と表記し「ワイファイ」と読みます。あらゆるゲーム機やPC、スマホやタブレットなどほとんどのIT機器が無線LAN接続のありがたみを誰でも手軽に享受できる時代です。

しかし、無線LANが登場した当初は同じメーカーでないと接続できないことや、同じメーカーであっても独自規格や仕様により相互接続が難しかった歴史があります。そこで登場したのがWiFiという統一規格です。

無線LANに対応する機器はこの統一規格に則って作られることにより、相互接続に関する問題を一気に解決できるようになりました。ルーターやスマホを選ぶ際に見たことがある方もいらっしゃると思いますが「IEEE 802.11」という文字があればWiFi対応していることになります。

楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料

WiFiにもいくつか種類がある

先ほどご紹介した「IEEE 802.11」の語尾にアルファベットが付きます。このアルファベットにより、どの周波数を使いどれだけの通信速度が出せるのかという区別をしています。

先ほど相互接続に関する問題が一気に解決したということですが、もちろん相互接続する2つの機器はこのWiFi規格の区別がひとつでも合致していないと接続ができません。これは物理的な問題で「電波が受け取れない」と理解してもらえると分かりやすいと思います。

相互接続する際に気をつける点

では、どのようにしてWiFi対応機器のつながるかどうかを見極めれば良いのでしょうか?サンプルケースを用いて解説します。

自宅WiFiを使うケース

自宅内アクセスポイント用に無線LANルーター(IEEE 802.11 b/g対応)を購入する必要があります。

アクセスポイントとは?

WiFi接続の基地局となる拠点のことを言います。公共の広範囲のものに加えて自宅内用の小規模のものでもアクセスポイントと呼ぶのが特徴です。

ルーターとは?

ハブ(LAN接続を複数分岐させるための機器)にルーティング機能を付け加えたものです。ルーターがあれば自宅内の複数の端末それぞれに対してインターネット接続環境を提供することができます。

IEEE 802.11 a/b対応スマホを子機として利用

この端末ではルーターのWiFi(IEEE 802.11 b)のみが共通の仕様としてあるので、IEEE 802.11 b経由で接続が可能となります。

IEEE 802.11 a対応スマホ(2台目)を子機として利用

IEEE 802.11 aのみの対応スマホを利用したくても、アクセスポイントとなるルーター側がIEEE 802.11 aに対応していないため、無線を用いた接続ができません。

この端末では残念ながら自宅内のWiFi利用を諦めるか、ルーターをIEEE 802.11 a対応のものに買い替えるかしなければいけません。

New ニンテンドー3DS を利用

3DSがIEEE 802.11 b/gに対応しているので、接続可能です。

まとめ

基本はIEEE 802.11 +「アルファベット」のアルファベットが、接続する側とアクセスポイントで同じ文字がいくつかあることが接続の条件となります。11 nなど下位の複数の規格を包括しているものもありますが、基本は「同じアルファベット文字があること」が重要です。

さらにいうと、自宅WiFiで接続できる機器の数はアクセスポイントのWiFi規格対応数に左右されます。そのため、アクセスポイントとなる無線LANルーターは少し良いものを用意しておくと後々手間が省けます。

一般的な利用においては数千円の価格帯、接続機器が多い・インターネット利用時間が長い場合は1万円弱のものを購入すると満足度につながると思われます。

なお、高級なルーターほど宅内LANの最大通信速度が向上したり、セキュリティ面での付加価値が付いていたりします。

楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料

楽天モバイルで利用できるWiFiスポット

楽天モバイルでは月額362円の「楽天モバイルWiFi by エコネクト」に申し込むと、公衆無線LANアクセスポイントを利用できます。このオプションの特徴は次の通りです。

特徴1:日本全国150,000以上のアクセスポイントを利用が利用できる

楽天モバイルで使えるWiFiスポットサービス「楽天モバイルWiFi by エコネクト」では、日本全国150,000以上のアクセスポイントを利用することができます。(※2019年3月19日 現在)

アクセスポイントは順次拡大中で、今後ますます増えていくようです。

特徴2:Wi-Fiスポットを簡単に地図検索できる

どこに楽天モバイルで使用できるWi-Fiスポットがあるのか、アプリ上の地図で簡単に検索することができます。

特徴3:よく使うWi-Fiスポットを登録すれば自動検知で接続できる

よく利用する駅やカフェなどを事前に登録しておけば、その場所に行くだけで自動的にWi-Fiに接続してくれます。

接続の手間がなくなることはもちろん、「接続し忘れて無駄にデータ通信量を使ってしまった!」ということもなくなります。

オプションの申し込みや詳細は、下の公式サイトの「オプションサービス→楽天モバイルWiFi by エコネクト」からも確認できるので、参考にしてみてください。

楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料

WiFiスポットを利用することでどういうメリットが?

楽天モバイルのモバイルデータ通信は、いつでもどこでもネット環境に接続できるというお手軽さがありますが、WiFiスポットをうまく使い分けることでさらに便利に活用することができるようになります。

たとえば、自宅のインターネット回線は楽天モバイル以外の固定回線を契約している方も多くいらっしゃると思われます。自宅でモバイル通信を使うデメリットは、屋内ですので電波の入りが悪いことがまず挙げられます。

さらに、WiFiスポットを活用することでデータ通信量という観点からも大きなメリットを享受することができます。

速度制限からの回避・データ使用量の削減が可能

楽天モバイル経由で動画・音楽・その他マルチメディアコンテンツを楽しみ続けていると月毎のデータ通信量の上限を使い果たしてしまい速度制限につながってしまいます。

しかし「楽天モバイルWiFi by エコネクト」などのWiFiスポットを活用することで、楽天モバイル自体のデータ使用量を減らすことなくマルチメディアコンテンツやインターネット接続を楽しむことができるのです。

また、固定のインターネット回線契約はデータ使用量上限や速度制限の条件がかなり緩いことが特徴なので、安心して利用できるのもメリットです。

通信が安定している

モバイル通信の弱点は無線であることです。電波経由でのインターネット接続なので、遮蔽物や障害物、その他環境による電波障害に通信速度が左右されてしまいます。WiFiも無線なのですがモバイルデータ通信よりも強力な信号を用いるため、通信が安定します。

接続さえ完了すれば、WiFiスポットの電波が届くエリア内を自由に移動可能なのでモバイルの特徴を活かしつつ利用ができます。さらに、WiFi接続の先は固定回線のインターネットですので、モバイル通信特有の電波障害とは無縁の安定性も得られるのが特徴です。

楽天の正式プラン Rakuten UN-LIMITなら先着300万人まで1年間のプラン料金無料

モバイルWiFiルーターを楽天モバイルSIMで利用する裏ワザ

楽天モバイルでは、上でご紹介した「楽天モバイルWiFi by エコネクト」をお得に契約することができますが、楽天モバイルで契約したSIMをモバイルWiFiルーターにセットして利用するという裏ワザも存在します。

モバイルWiFiルーターに楽天モバイルSIMをセットし利用する

モバイルWiFiルーターは本記事で紹介した宅内アクセスポイントのルーターの携帯版です。この機器にはスマホやタブレットと同じく、SIMカードを装着するSIMスロットが設けられています。

ここに楽天モバイルのSIMカードをセットすることで、外出先でも楽天モバイル経由のデータ通信を利用し小規模なアクセスポイントを作り上げることができるのです。

宅内のルーターとは違い、電波障害の特徴とデータ量は楽天モバイルの契約分から引かれるため、使い勝手は異なりますが、常時WiFi接続環境を携帯できる点がメリットです。

モバイルWiFiルーターのその他の特徴

1.複数のスマホ・タブレットを1枚のSIM契約で扱えるようになる

ただし、データ通信のみです。電話・音声通話機能をWiFi接続した複数台に提供することはできません。従ってセットするべきSIMカードは「通話SIM」ではなく「データSIM」となります。

2.バッテリーの持ちが良くなる

利用端末とモバイルWiFiとで別々に所有することで複数のバッテリーを所有しているのと同じ環境になります。利用端末側もWiFi接続時の方がバッテリー消費が少なくなるため、総合的なバッテリー持ちが良くなります。

楽天モバイル以外の無料WiFiサービスを使う

たとえば、コンビニエンスストアでは無料WiFiサービスを行っているところもあります。良く出向く先の企業ホームページを探してみて無料WiFiを提供しているかどうかチェックし、利用する方法があります。

有料WiFiサービスを別途契約する

楽天モバイルSIMカードを利用していてもWiFiの契約は別です。次に挙げるサービスからお好きなものと契約することで、外出先でもWiFi利用することができます。

楽天モバイルWiFi by エコネクト
提携事業者名株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスソフトバンク株式会社
アクセスポイント数約150,000以上
対応規格802.11a/b/g/n802.11b/g
速度最大300Mbps(ベストエフォート)最大3M~4Mbps(ベストエフォート)
SS-ID(暗号化方式)・Wi2(WEP)
・Wi2_club(WPA / WPA2-PSK)
・wifi_square(WEP)
・mobilepoint(WEP)
サービス名称月額料金主なサービスエリア
Wi2 300362円(税抜)・Wi-FiスクエアWi2 300
・BBモバイルポイント
・UQ Wi-Fiエリア
ワイヤレスゲートWi-Fi580円 ・mobilepoint/mobilepoint1/mobilepoint2
・Wi2/Wi2_club
・eo/eo_WPA2/EAS
・Fonエリア

\お得で料金が安い/
SIM一覧
楽天モバイル
楽天モバイルバナー
  • 今なら1年間無料
  • iPhoneも使える
  • 解約金無料で解約可能
y.u mobile
yumobile
  • 今なら22,500円
    キャッシュバック
  • 実質1年間月額0円
    (3GBプランの場合)
LINEモバイル
LINEモバイルバナー
  • 最大2か月0円
    (音声通話SIM限定)
  • iPhoneも使える
トーンモバイル
トーンモバイルバナー
  • 基本料金1,500円~
  • 最短2日で受渡可能