1. ホーム
  2. 格安スマホ
  3. 楽天モバイル
  4. 楽天モバイルのテザリングは遅い?端末の設定方法や速度・料金を解説
公開日:2020/06/17
最終更新日:2020/10/23

楽天モバイルのテザリングは遅い?端末の設定方法や速度・料金を解説

楽天モバイルでテザリングする方法が知りたい!
楽天モバイルのテザリングにはオプション料金がかかる?

この記事では、楽天モバイルでテザリングする3つの方法について、設定の手順やメリット・デメリットを紹介しています。

結論から述べると、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT 2.0」のWi-Fiテザリングが速くてお得です。ポケットWi-Fiよりも速度に優れ、楽天回線エリア内なら速度制限を気にせずデータが使い放題でおすすめですよ。

「Rakuten UN-LIMIT 2.0」プランでは、300万名を対象に月額2,980円が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。スマホをセットで購入すれば最大26,300円相当の楽天ポイントも還元されます。

1年間月額料金が無料で、契約解除料も無料なので、試しにポケットWi-Fiの代わりに契約をして使ってみるのもいいですね。

また2020年8月現在、楽天の公式発表では申込数は既に100万回線を超えています。キャンペーンが終了する前に申込を検討しましょう。

iPhone12最新情報

編集部の調査では、2020年10月23日に発売されたiPhone 12・iPhone 12 Proも「楽天回線」「Rakuten Link」「SMS」が利用できることを確認しました。
まだ楽天モバイルの公式サイトにはiPhone12の情報はありませんが、今後更新する予定とのことです。

Rakuten UN-LIMIT Vは、4Gはもちろん5Gにも対応しています。
しかし、iPhone12の端末は楽天モバイルでの取り扱いがないため、iPhone12に機種変更したい人はAppleの直販などでSIMフリー版のiPhone12を購入するとよいでしょう。

楽天モバイルは、新規契約または乗り換え(MNP)で申し込むことができます。24時間好きなときに申し込めるWeb公式サイトが便利です。

  1. 「新規/乗り換え(MNP)お申し込み」ボタンから手続きに進む
  2. Rakuten UN-LIMIT Vのプランを選択
  3. 月額プラン料金1年間無料」の表示を確認し「申し込む」ボタンを押す
  4. 楽天会員IDを入力
  5. 個人情報が合っていることを確認し、次に進む
  6. 「新規」か「MNP」を選択
    ※MNPの場合は事前に取得した予約番号を入力
  7. 配送希望日や支払い方法を選択し、申し込む

【格安スマホ学園独自調査】
2020年10月23日 楽天モバイル 福岡天神西通り店

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
この記事のもくじ

楽天モバイルはテザリングに使える!速度はポケットWi-Fiより優秀

スマホのテザリングには3つの方法があります。

  1. スマホからWi-Fiを飛ばす
  2. USBケーブルでつなぐ
  3. Bluetoothでスマホに接続する

それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

テザリング方法 メリット デメリット
Wi-Fi 速い・接続範囲が広い 電力の消費量が大きい
USB 速度が安定する 接続範囲が狭い
Bluetooth 電力の消費が少ない 遅い・接続範囲が狭い

通信速度に優れているのはWi-Fiテザリングです。しかも、スマホのWi-Fiテザリングは速度がポケットWi-Fiよりも優れています。

ポケットWi-Fiから楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」に乗り換えた人は、速度が大幅に改善したようです。

楽天モバイルなら、ポケットWi-Fiよりも快適にインターネットを使えますよ。

「Rakuten UN-LIMIT 2.0」プランでは、300万名を対象に月額2,980円が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。スマホをセットで購入すれば最大26,300円相当の楽天ポイントも還元されるので、一度サイトをのぞいてみましょう。

本当に、楽天モバイルのテザリングはポケットWi-Fiよりも速度が出るのでしょうか。当メディアの編集Sも実際に試してみました。

編集Sも体験!楽天モバイルのテザリングで速度は十分

当メディアの編集Sは、iPhoneで楽天モバイルのMVNOプラン(格安SIM)を契約してパートナー回線を利用しています。MNOプラン(UN-LIMIT)の楽天回線よりは速度が落ちるものの、通話やSNSなどのデータ通信には困りません。

この楽天モバイル(格安SIM)をWi-Fiテザリングして、MacBook Proにつないでみました。その時の速度がこちらです。

楽天モバイルWi-Fiテザリングの速度

実際、この速度でも動画視聴やインターネット検索は快適でした。自宅ではいつも光回線を利用していますが、そんなに差は感じなかったです。

楽天モバイル以前はソフトバンクのスマホを利用していました。ソフトバンクでもテザリングは可能ですが、オプション料金を支払う必要があったので負担だったんです…。

楽天モバイルならテザリングは申し込みオプション料金不要ですし、速度も問題ないのでコスパが良いと感じます。ただ、この楽天モバイルだとPing値が高いので、反応速度が重要なオンラインゲーム(FPSなど)だと光回線の方が良い気がします。

ちなみに、楽天回線でWi-Fiテザリングするとさらに速くなるようですよ。編集Sと同じくiPhoneでテザリングした人は、楽天回線で29Mbpsの速度が出ています。

編集Sの速度の倍ですね。

「Rakuten UN-LIMIT 2.0」なら、楽天回線の高速通信をデータ無制限で使い放題です。格安SIMと同じく、テザリングのオプション料金も必要ありません。

楽天モバイルのテザリング方法は3つ!設定方法やメリット・デメリットを紹介

先ほども紹介した通り、テザリングの方法は以下の3つです。楽天モバイルもこの3つの方法でテザリングできます。

  1. スマホからWi-Fiを飛ばす
  2. USBケーブルでつなぐ
  3. Bluetoothでスマホに接続する

テザリングの手順、メリットとデメリットについて一つずつ見ていきましょう。

iPhoneとAndroidでWi-Fiテザリングする設定方法

Wi-Fiテザリングの手順は、iPhoneとAndroidで異なります。

iPhoneのWi-Fiテザリング例
  1. スマホの「設定」をタップして開く
  2. 「インターネット共有」をオンにする
  3. ネットワーク名・パスワードを確認してWi-Fiをオンにする

iPhoneも機種によって多少操作が異なります。画面に従って設定を進めましょう。

AndroidのWi-Fiテザリング例
  1. スマホの画面を上から下にスワイプする
  2. アクセスポイントアイコンを長押しする
  3. 「Wi-Fi アクセスポイント」をオンにする

Androidも機種によって操作が異なります。テザリング設定画面の「Wi-Fiテザリングを設定」からSSIDとパスワードを設定する場合もあるので、機種ごとの手順に従って進めてください。

Wi-Fiテザリングのメリットとデメリット

楽天モバイルでWi-Fiテザリングを利用すれば、ポケットWi-Fiより優れた通信速度を手に入れられるでしょう。スマホなので持ち運びも便利です。

Wi-Fiテザリングのメリットは複数台を同時に接続できる点にもあります。Wi-Fi接続に対応したパソコンやゲーム機、カメラなどが同時に利用できるでしょう。

ただし、Wi-Fiテザリングは電力の消費量が大きく、そこがデメリットと言えます。外出先では充電に注意しましょう。

iPhoneとAndroidでUSBテザリングする設定方法

USBテザリングを行う場合は、スマホのUSBケーブルを用意しましょう。設定方法は以下の通りです。

iPhoneのUSBテザリング例
  1. USBケーブルでスマホと受信機器をつなぐ
  2. スマホの「設定」から「インターネット共有」を選択
  3. 「インターネット共有」をオンにする

「設定」に「インターネット共有」がない場合は、「モバイルデータ通信」の中にあるインターネット共有をオンにしてください。

AndroidのUSBテザリング例
  1. USBケーブルでスマホと受信機器をつなぐ
  2. スマホの画面を上から下にスワイプする
  3. アクセスポイントアイコンを長押しする
  4. 「USB テザリング」をオンにする

iPhoneもAndroidも、USBケーブルをつないだ後に設定を行います。

USBテザリングのメリットとデメリット

USBテザリングのメリットは、ケーブルで直接つなぐため安定した通信速度を得られる点にあります。ただし、そのぶん接続範囲は狭くなり、一度に複数の機器をつなぐこともできません。

また、USBテザリングは接続機器が限られる点がデメリットです。例えば、AndroidはMacパソコンにUSB接続できません。

iPhoneとAndroidでBluetoothテザリングする設定方法

最後に、近距離無線通信Bluetoothを使ったテザリング方法を紹介します。

iPhoneのBluetoothテザリング例
  1. スマホ「設定」をタップして開く
  2. 「Bluetooth」をオンにしてペアリング手順が終わるのを待つ
  3. 接続機器の設定でデバイス一覧からiPhoneを探す
  4. パスコードを確認してペアリングを行う

iPhoneと接続機器の両方で設定を行ってください。

AndroidのBluetoothテザリング例
  1. スマホの画面を上から下にスワイプする
  2. Bluetoothアイコンをタップし、接続機器とペア設定する
  3. 接続機器のネットワーク接続をセットアップする
  4. スマホのアクセスポイントアイコンを長押しする
  5. 「Bluetooth テザリング」をオンにする

こちらもiPhone同様、スマホと接続機器の両方で設定が必要です。

Bluetoothテザリングのメリットとデメリット

BluetoothはWi-FiやUSB接続よりも消費電力を抑えることができます。外出先で長時間インターネットを利用する際には便利です。

ただし、速度はWi-Fiテザリングの方が優れています。接続範囲も狭いので複数の機器を同時につなぐことは難しいでしょう。

楽天モバイルのテザリングに適した「UN-LIMIT」3つのメリット

ポケットWi-Fiよりも速い楽天モバイルのテザリング。楽天モバイルを選ぶなら、格安SIMよりも楽天回線が使える「Rakuten UN-LIMIT 2.0」がおすすめです。

UN-LIMITなら以下3つのメリットを得らます。

  • 楽天回線で高速データ通信が使い放題
  • プラン料金が月2,980円で3大キャリアより安い
  • キャンペーンでプラン料金が1年無料ポイント還元

1.楽天回線で高速データ通信が使い放題

UN-LIMITでは、楽天回線とパートナー回線(au回線)が利用できます。楽天回線エリア内であれば、高速通信でデータが使い放題です。

ポケットWi-Fiにはデータの利用制限があり、容量を超えると速度制限がかかってしまいます。UN-LIMITなら楽天回線を使えば速度制限を気にしなくてもいいので便利です。

一方、楽天モバイルは楽天回線のエリア外ではパートナー回線に接続します。パートナー回線のデータ容量は月5GBまでで、超過すると速度制限がかかり最大1Mbpsでの通信となってしまいます。

5GBの目安は、インターネット検索だと6,250回、5分程度のYouTube動画であれば475回再生です。高画質の動画やオンラインゲームを多様しなければ、速度制限にはなりにくいと言えます。

また、制限速度後の1Mbpsも、パソコン作業やzoom会議程度であれば問題なくできます。インターネット検索やSNSもそれほどストレスを感じずに済むでしょう。

ちなみに、3大キャリア(ドコモ・au・SoftBank)にもデータ通信制限があります。制限後の速度はいずれも123kbpsなので、楽天モバイルならその8倍近くの速度が出る計算です。

自宅や職場、学校のいずれかが楽天回線エリアであれば、楽天モバイルのテザリングを有効に使うことができるでしょう。

2.プラン料金が3大キャリアより安い

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT 2.0」の月額料金は2,980円。3大キャリアのデータ使い放題プラン・大容量プランよりも安くてお得です。

楽天モバイル
「Rakuten UN-LIMIT 2.0」
月額2,980円
※無料専用アプリでかけ放題
au
「データMAX 4G LTE データ使い放題」
月額9,280円
※かけ放題1,800円を含む
SoftBank
「メリハリプラン 50GB/月」
月額9,280円
※かけ放題1,800円を含む
ドコモ
「ギガホ 60GB/月」
月額8,680円
※かけ放題1,700円を含む

もし今、3大キャリアのスマホを契約しているなら、楽天モバイルに乗り換えると月々67%程度の節約になります。

また、3大キャリアではテザリングのオプション料金が発生しますが、楽天モバイルは無料でテザリング可能。手続きも要りません。

3.キャンペーンでプラン料金が1年無料&端末ポイント還元も

楽天モバイルでは、300万名を対象に「Rakuten UN-LIMIT 2.0」のプラン料金が1年無料になるキャンペーンを実施中です。さらに、スマホとセットで契約すれば楽天ポイント最大26,300円相当分が還元されます。

ポイント還元を利用すれば、以下のようにスマホ代が実質無料になる機種もありますよ。

スマホの機種 一括払い価格 最大ポイント還元
AQUOS sense3 lite 23,619円 26,300円相当
OPPO A5 2020 20,019円 26,300円相当
Rakuten Mini 17,000円 22,000円相当
Galaxy A7 17,000円 21,300円相当

Wi-Fiテザリングは電力を消費します。古いスマホだと充電の減りも早いので、これを機に新しい端末を手に入れるのもいいですね。

UN-LIMITのキャンペーンについては、公式サイトで詳しく紹介しています。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
データ容量
(楽天エリア)
月額料金
完全データ使い放題 1年無料
国内通話 契約解除料
アプリ利用でかけ放題 0円

おすすめポイント

  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
1年無料は先着300万名限定

詳細を確認する!

楽天モバイルでテザリングする際の注意点

使用中の端末を使って楽天モバイルを契約する場合、テザリングが可能な機種かどうかを確かめる必要があります。特に、Wi-Fiテザリングを利用する場合は、スマホの通信規格が接続したい機器に対応していなければ使えません。

なお、楽天モバイルのMVNOプラン(格安SIM)で動作確認済みのスマホは、ほとんどがWi-FiテザリングあるいはUSBテザリングに対応しています。もちろん、楽天モバイル公式サイトで扱っている製品なら、すべてテザリング対応です。

使用中の端末が古いのであれば、これを機に新しいスマホへの買い替えも検討してみましょう。UN-LIMITプランとスマホをセットで申し込めば、月額が1年無料になるだけでなく、楽天ポイントも還元されるのでお得ですよ。

【まとめ】楽天モバイルのテザリングはポケットWi-Fiより速くてお得

この記事では、楽天モバイルのテザリングについて紹介してきました。楽天モバイルのWi-Fiテザリングは、ポケットWi-Fiよりも速度に優れていることがわかりました。

また、楽天回線を利用する「Rakuten UN-LIMIT 2.0」には以下3つのメリットがあります。

  • 楽天回線で高速データ通信が使い放題
  • プラン料金が月2,980円で3大キャリアより安い
  • キャンペーンでプラン料金が1年無料ポイント還元

楽天モバイルでは、300万名を対象にプラン料金1年無料キャンペーンを実施中です。しかも、プランとスマホをセットで申し込めば最大26,300円相当の楽天ポイントが還元されます。

ポケットWi-Fiより速い通信環境を、楽天モバイルでお得に手に入れましょう。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
データ容量
(楽天エリア)
月額料金
完全データ使い放題 1年無料
国内通話 契約解除料
アプリ利用でかけ放題 0円

おすすめポイント

  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
1年無料は先着300万名限定

詳細を確認する!

楽天モバイルのオススメ記事