1. ホーム
  2. 格安スマホ
  3. 楽天モバイル
  4. 楽天モバイルの解約方法。MNP転出方法からプラン解約まで
公開日:2015/08/22
最終更新日:2020/12/24

楽天モバイルの解約方法。MNP転出方法からプラン解約まで

楽天モバイルを解約したい!!
何か安くてお得なスマホないかなぁ…

スーパーホーダイプランや組み合わせプランの方は契約解除料が発生してしまうことがあります

この記事では、契約解除料が発生しないかどうか確かめてもらったうえで、どのスマホに乗り換えるとよいかや、また電話番号を維持したまま解約する方法を紹介していきます。

楽天モバイルの詳細

楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vプラン
  • 日本全国どこでもデータ使い放題
  • 1年基本料金無料(300万名が対象)
  • 楽天回線エリアは高速で完全使い放題
この記事のもくじ

楽天モバイルの解約はモバイルカスタマーセンターへの電話連絡が必須

楽天モバイル解約

楽天モバイルの解約については、SIMカードの種類によって微妙に条件が異なっていますが、解約方法自体は基本的に会員サポートページ「メンバーズステーション」で手続きを行うことになります。

解約は当月での解約には毎月15日までに手続きが必要です。16日以降の解約手続きの場合は翌月が解約月となりますのでご注意ください。また解約時の日割り計算はされませんので、16日以降の手続きの場合は翌月1ヵ月分の月額使用料が必要となります。ただ、楽天モバイルの場合は契約の初年度の月額料金を無料(300万名対象)としていますので、支払い金額をトータルで配慮している印象です。

楽天モバイルの詳細

楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルの評判・口コミを見たい人は、下記の記事も参考にしてください。

MNPを使えばiPhoneの電話番号をそのまま楽天モバイルに引き継げる

MNP(モバイルナンバーポータビリティ※)を使えば以前から使っているiPhoneの電話番号を、そのまま楽天モバイルへ引き継ぐことができます。

※MNPとは…携帯電話の加入者が別のキャリアに契約を切り替えても、元の番号がそのまま使える制度およびシステム

手続き方法はとても簡単です。現在使っているドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアへ「MNP予約番号」の発行を依頼し、その番号と引き継ぎしたい電話番号を楽天モバイルの新規登録画面で入力するだけ。電話番号の切り替え作業が完了した後で楽天モバイルから新しいSIMが送られてくるので、iPhoneへそのSIMを挿し込めば今後も同じ電話番号を楽天モバイルで利用することが可能になります。

ただし、SIMロック解除せずに楽天モバイルで使うことができるiPhoneは、appleが販売している「SIMフリー」のものだけに限られます。ドコモ・au・ソフトバンクが販売しているiPhoneはSIMロックがかかっているため、SIMロック解除後に楽天モバイルで使用できます。

MNPを使って楽天モバイルに電話番号を引き継ぐ手順

今までの携帯電話番号を楽天モバイルでも使いたい時には、MNPの手続きが必要です。

MNPの手順は、まず現在使っているドコモやau、ソフトバンクなどの各キャリアに「MNP予約番号」の発行を依頼します。ショップの店頭やサポートダイヤル、Webサイトから申し込みが行うと、すぐに10桁のMNP予約番号が発行されます。

MNP予約番号が発行されたら、楽天モバイルのWebサイトか直営の楽天モバイル受付カウンターから申し込み手続きを行います。Webで申し込みの場合、「お客様情報入力」の画面の中で、引き継ぎしたい電話番号と、10桁のMNP予約番号、MNP予約番号の有効期限を入力します。

楽天モバイルへMNPをしたい場合、今までの携帯電話番号を申し込みしていた名義と、楽天モバイルの申し込みの名義が同一の必要があります。また、申し込みの時点でMNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。MNP予約番号は発行されてから15日が有効期限なので、逆に計算すると「発行されてから8日以内」に楽天モバイルへ申し込みをしなくてはなりません。

楽天モバイルへの申し込みを完了すると、MNP完了となります。手順を間違えないように気をつけましょう。

楽天モバイルの詳細

楽天モバイルに申し込む

キャリアから楽天モバイルへMNPする場合のタイミング

楽天モバイルへMNPで加入する場合や、楽天モバイルをやめてMNPで他のキャリアへ乗り換える場合は、違約金が発生するタイミングに気をつけましょう。

まず、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアでは、端末代金を分割で支払う契約をしている人が多いと思います。この契約は「2年縛り」と呼ばれるもので、契約した月から2年(24ヵ月)以内に解約した時には違約金が発生してしまいます。この契約は24ヵ月ごとの自動更新となっており、違約金が発生しないタイミングは24・25・26ヵ月目です。

通話SIMを1年以内に解約すると違約金がかかる場合があります

楽天モバイル違約金

2019年9月30日21:59までに契約した楽天モバイルの通話SIM(音声通話付きSIM)の場合には最低利用期間の設定があり、12ヵ月以内に解約の場合には違約金として9,800円がかかります。これは開通月を1ヵ月目として12ヵ月目までに解約した場合にかかってきますが、13ヵ月目以降はかかりません。

一般的に大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の場合には2年縛りのプランを提供していて、25ヵ月目の解約の場合には違約金がかからないのですが、26ヵ月目以降は再度自動更新の形で縛りがかかってしまいます。解約金がかからないタイミングとしては、25ヵ月目、50ヵ月目というピンポイントになりますのでご注意を。そういう点でも楽天モバイルはユーザーに配慮しているといえるでしょう。

またデータSIMの場合には最低利用期間の設定はなく、解約金、違約金はありません。申し込んで3日で解約しても解約金はかかりません。

解約手続後はSIMカードをなるべく早く返却しましょう。返却方法や返却先については手続き時に指示があります。返却する場合の送料は自分で負担しなくてはならないのでご注意してください。

送り先は、

  • 〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
    楽天モバイルRSIM回収係

となります。

楽天モバイル
楽天モバイル
  • 最大25,000円相当のポイント還元
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料

MNPで楽天モバイルから転出したい場合など

楽天モバイルからmnp

楽天モバイルで使用していた電話番号を、そのまま乗り換え先の携帯電話会社で使いたい場合は、MNP手続きが必要です。一般的な解約とは異なり、オンラインでの手続きで完了します。楽天モバイルのWebサイトからmy楽天モバイルへログインします。ログインには「ユーザーID」と「パスワード」が必要です。「契約プラン」の「各種手続き」の項目から「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」を選択して手続きしてください。

MNP予約番号が発行されたら、乗り換え先の携帯電話会社で契約手続きをしてください。乗り換え先での契約手続きが完了したら、楽天モバイルの解約手続きが完了したことになります。解約日が当月15日までであれば、その月が解約月となりますが、それ以降の解約になると翌月解約扱いとなります。これらは日割り計算はされませんので、翌月解約扱いの場合は翌月分の使用料金が全額必要です。ただ、楽天モバイルの場合は申し込み初年度の使用料金が無料(300万名対象)となっていますので、トータルでは余計な費用負担とならないように配慮されています。

MNP転出手数料には3,000円がかかりましたが、2020年11月4日から無料となりました。。

楽天モバイルのmnp期限、空白期間について

ドコモやau、ソフトバンクなどで使用している「090」などの携帯電話番号を楽天モバイルでも使い続けたい時には、MNPの手続きを行います。

現在使っている各キャリアのWebサイトやサポートダイヤル、ショップ店頭で「MNP予約番号」の発行をお願いすると、10桁の数字のMNP予約番号がもらえます。MNP予約番号は使用できる期限があり、有効期限は発行日から15日以内。15日を過ぎると期限切れとなり、使用できなくなるので再発行してもらう必要があります。

ただし、楽天モバイルへ新規契約する場合は、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。実質、楽天モバイルでのMNPの有効期限は8日しかないともいえます。

MNP予約番号は新規発行・再発行ともに無料です。楽天モバイルなどの新しいキャリアで、その電話番号を使うための「MNP転入手続き」が完了した時点で、今までのキャリアから転出手数料として2,000~3,000円が請求されます。

発行されたMNP予約番号を楽天モバイルの新規申し込み画面内で入力すると、今までの電話番号を引き継いで楽天モバイルで使用することが可能になります。

auからMNPで楽天モバイルに乗り換え

auから楽天モバイルへ、今使っている携帯電話番号をそのまま引き継ぎしたい時にはMNPの手続きが必要です。

まず、auで「MNP予約番号」を発行してもらいます。近くにauのショップがあれば、契約者本人が身分証明書を持って行きましょう。電話の場合、MNP専用の電話番号にて、朝9時から夜20時まで受付をしています。

auへ申し込みをすると、すぐに10桁のMNP予約番号を発行してもらえます。この番号を楽天モバイルの新規入力画面で入力すれば、電話番号を引き継ぐことが可能です。ただし、MNP予約番号には発行日から15日という有効期限があり、楽天モバイルに新規入会手続きをする際は、有効期限が「7日以上」残っている必要があります。つまり、auでMNP予約番号を発行してもらってから8日以内に楽天モバイルで手続きをしないと携帯電話番号は引き継がれません。期限切れになった場合は、再度auにてMNP予約番号を発行してもらいましょう。

また、MNP予約番号の発行そのものは無料で行われますが、楽天モバイルなどの別キャリアで電話番号引き継ぎの手続きが完了すると、auなどの発行元キャリアから2,000~3,000円の手数料が請求されます。

MNP予約番号の受付時間は?

MNPをするための「MNP予約番号」はキャリアごとに受付の時間が異なっています。ドコモであれば電話は朝9時から夜20時まで、ネットは24時間対応です。au、ソフトバンクは電話は朝9時から夜20時まで、ネットは朝9時から夜21時半までです。各ショップは営業時間内であれば店内で受付を行っていますが、時間帯によっては混み合うことがあるので注意が必要です。

MNP予約番号は即日発行されます。発行されたMNP予約番号を控えて、楽天モバイルへ申し込み手続きを行いましょう。楽天モバイルは24時間新規入会を受け付けていますが、MNP予約番号は発行日から15日以内という有効期限が定められていて、楽天モバイルへ新規契約する場合は、MNP予約番号の有効期限が8日以上残っている必要があります。

楽天モバイルへMNPした場合LINEのデータはどうなるの?

楽天モバイルへMNPで乗り換えをする際、同じスマホ端末をそのまま利用するのなら「LINE」の設定もそのままで大丈夫です。トーク履歴やスタンプなども、変わらずに使い続けられます。

ただし、楽天モバイルで新しいスマホを購入し、機種変更をする場合は事前に準備をしておかないと、トーク履歴や友だちリスト、スタンプの購入履歴などがすべて消えてしまいます。LINEを初めて使うときの状態に戻ってしまいます。事前に引継ぎ準備をしておきましょう。

オプションサービスの解約も「モバイルステーション」で

オプションサービス(留守番電話など)の解約についても、「my楽天モバイル」で手続きすることができます。my楽天モバイルにログインし「契約プラン」をタップ、「プラン・サービスの設定」を選択してください。サービスの中からオプションの解約を選択すれば手続きが完了します。

こちらも注意したいのは解約日です。当月25日までなら当月扱いで解約が完了しますが、それ以降だと翌月扱いの解約となり、料金は日割り計算されません。

解約前にプランの見直しも検討してみては?

楽天モバイルプラン見直し

「楽天モバイルを解約したい」「MNPで他の携帯電話会社に乗り換えたい」と考える理由は何でしょうか?

もし、料金プランに対して不満があるという場合には、プランの見直しや変更を検討してみてください。

\お得で料金が安い/
SIM一覧
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 最大25,000円相当のポイント還元
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
y.uモバイル
y.uモバイル
  • ⾳声通話SIMを申込でキャッシュバックあり
  • すべてのギガに有効期限なし(ストックの上限は100ギガ)
  • シンプルな2つのプラン
LINEモバイル
LINEモバイル
  • LINEアプリのサービスならギガが減らない
  • LINEモバイルを使っている友だちや家族とギガが分け合える
  • 今お使いのiPhoneなどのスマホがSIMカードを差し替えるだけで使える
TONE MOBILE
TONE MOBILE
  • ギガが無制限で使用可(一部サービスは有料のチケット購入が必要)
  • アプリや利用時間を制限できるのでお子様に持たせても安心
  • 詐欺の可能性があるWebサイトや電話から守ってくれるのでシニアの方にも安心

楽天モバイルのオススメ記事