1. ホーム
  2. 格安スマホ
  3. 楽天モバイル
  4. 楽天モバイルは楽天カード以外で支払うとポイント還元される?楽天カードのメリットを徹底解説
公開日:2020/06/12
最終更新日:2020/10/06

楽天モバイルは楽天カード以外で支払うとポイント還元される?楽天カードのメリットを徹底解説

楽天モバイルを検討しているけど、やっぱり楽天カードを作って支払ったほうが良いのかな?
楽天モバイルを楽天カードで支払うとポイントがたまりやすい?

楽天モバイルは楽天グループが運営するサービスの1つです。そのため、冒頭のような疑問を持つ人も多いでしょう。

結論として、楽天モバイルは楽天カードを持っていなくても申し込めます。しかし、実際には楽天カードを持っていたほうが楽天ポイントが効率的に貯まるためお得です。

本記事では、楽天カードのメリットや効率的にポイントを貯められる方法などを詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

もし楽天カードをすでに持っている人は、楽天モバイルにWebで申し込むとスムーズに手続きが可能です。ぜひ以下のページから手続きを行ってくださいね

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
データ容量
(楽天エリア)
月額料金
完全データ使い放題 1年無料
国内通話 契約解除料
アプリ利用でかけ放題 0円

おすすめポイント

  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
1年無料は先着300万名限定

詳細を確認する!

この記事のもくじ

楽天モバイルは楽天カード以外で支払いするとポイントがもったいない!

先ほど伝えたとおり、楽天モバイルは楽天カード以外で支払うことも可能です。具体的には以下の支払い方法が用意されています。

  • クレジットカード/デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント支払い

しかし、楽天ポイントをより多く貯めるためには楽天カードでの支払いが最もおすすめです。以降でその理由を具体的に説明していきますね。

楽天カードのメリット1.楽天ポイントを2重取りできる

そもそも楽天カードは、カード利用料金の1%がポイントとして還元されます。例えば100円の買い物で楽天カードを利用した場合、1ポイントが付与され、1円相当額が還元されるということです。

さらに楽天モバイルの支払い方法を楽天カードにすることで、「さらに1%」がポイントとして付与されます。

現実的な例で「どれくらいポイントが貯まるのか?」をシミュレーションしてみましょう。楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」では契約期間の縛りがなくいつでも解約金なしで解約できますが、仮に月額2,980円(税抜)で2年間利用したとすると、楽天ポイントは700ポイントほど貯まります。

楽天カードで支払っていない場合には仮にカード還元率が1%だとして2年間でおよそ350ポイントのため、2倍の差があります。

Rakuten UN-LIMIT 2.0ではプラン料金月額2,980円が1年無料になるキャンペーンを行っているため、条件に該当する人は1年間分の利用料金による還元がされず、先ほどの例で実際に獲得できるポイントが異なってくることに注意してください。

楽天カードのメリットはこれだけではないので、ぜひ以降もチェックしてみてくださいね。

楽天カードのメリット2.楽天ポイント倍率がアップ

楽天では現在「SPU(スーパーポイントアップ)」というエントリー手続き不要で全楽天会員を対象としたキャンペーンを行っています。これは「楽天関連サービスを利用した楽天会員に対し、楽天市場での買い物で付与されるポイント倍率が上がる」というキャンペーンです。

楽天カードを利用している人は楽天市場でのポイント倍率は基本の1倍から「+2倍」であり、楽天モバイルの契約者は「+1倍」になります。つまり、楽天カードを持っていて楽天モバイルを利用していれば「+3倍」となり、合わせて4倍となります。

例えば利用しているiPhoneやスマホのケースを楽天市場で3,000円で購入した場合、通常は30ポイントのところを、SPUにより4倍となるため120ポイントを獲得できるようになります。

さらにポイント倍率を上げたいと考える人は、ぜひ以下の表を見て検討してみてください。2020年9月時点では対象となるサービスは全部で16サービスあるため、最大で16倍になります。

対象サービス 倍率
楽天ひかり +1倍
楽天カード +2倍
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード +2倍
楽天銀行+楽天カード +1倍
楽天の保険+楽天カード +1倍
楽天でんき +0.5倍
楽天証券 +1倍
楽天トラベル +1倍
楽天市場アプリ +0.5倍
楽天ブックス +0.5倍
楽天kobo +0.5倍
楽天Pasha +0.5倍
Rakuten Fashion +0.5倍
楽天TV・NBA Rakuten +1倍
楽天ビューティー +1倍

さらに楽天イーグルスなどスポーツチームが勝利した翌日には最大で3倍になったり、お買い物マラソンで最大28倍をさらにプラスしたりすることもできます。ただし、ポイントの獲得上限は月に5,000ポイントなどと決められているため注意が必要です。

楽天カードのメリット3.貯まったポイントで楽天モバイルの料金を支払える

貯まったポイントは、楽天モバイルの料金の支払いにも利用できます。

1ポイント=1円として利用でき、毎月500円相当の500ポイントを楽天ポイントで支払い、残額は楽天カードで支払うという設定も可能です。

このように、楽天関連サービスを利用する人にとってはポイントが貯まりやすい楽天カードは、楽天モバイルとの相性がとても良いです。

つづいて、楽天モバイルの魅力と申し込み方法、楽天カードの申し込み方法などについて説明していきます。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料

楽天モバイルUN-LIMITのキャンペーンで楽天ポイントが還元

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」は、楽天回線を使用すると月間データ容量は無制限で、パートナー回線(au回線)エリアでは月間5GBまで利用できる通信プランです。「300万名までは1年無料」というキャンペーンを打ち出しており、契約期間の縛りもなく、いつ解約しても解約金が発生しないという魅力的なプランを提供しています。

それだけでなく、「製品+プラン」のセット購入で最大26,300円相当分のポイント還元キャンペーンもあります。これは対象端末ごとに20,000ポイント還元されるものや15,000ポイント還元されるものなどがあり、「Rakuten Link」というアプリを用いて10秒以上の通話と1回以上のメッセージ送信を「申し込み翌月末日まで」に行えばポイントが付与されるものです。

Rakuten UN-LIMIT 2.0は、非常に魅力的なプラン内容となっています。ぜひこの機会に楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」を検討してみてください。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料

楽天モバイルと楽天カードの便利な申込方法

ここからは実際に楽天モバイル、楽天カードそれぞれの便利な申込方法について解説していきます。すでに楽天モバイルを持っている人は楽天カードの申込方法を、持っていない人は両方の申込方法を参考にしてくださいね。

なお、本記事では楽天モバイルと楽天カードをあわせて利用することをおすすめしているため、セットで紹介していますが、楽天モバイルには楽天カードを持っていなくても申し込めます

楽天モバイルの申込はWebが便利!楽天カードなしでも申し込みOK

楽天モバイルはWebと店舗(ショップ)での申し込みが可能です。しかし、24時間いつでも好きな時間に申し込めるWebでの申し込みがおすすめです。

楽天モバイルに申し込むにあたって、事前に準備するものは以下のとおりです。

  • 運転免許証、マイナンバーカードなどの本人確認書類
  • 楽天会員ユーザID/パスワード
  • クレジットカード/銀行口座
  • (MNP転入の場合は)MNP予約番号
  • (18歳未満の場合)親など法定代理人の方の同意書・捺印

なお、本人確認書類で健康保険証、パスポートなどを提出する際には、「発行から3ヶ月以内の氏名・住所が一致している公共料金の領収書、納税証明書など」補助書類が必要です。

楽天会員で、楽天カードを登録している人の場合は、申し込みの際に楽天IDを入力すると自動で楽天カードが支払いカードとして登録されています。

楽天カードを持っていない人は楽天カードでなくても支払い方法の設定ができ、使えるカードは以下のとおりです。

クレジットカード
  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
デビットカード
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

現時点で楽天カードが使えない状況にある人でも、楽天カードを申し込んで楽天カードが届くなど、使えるようになってから支払い方法の変更手続きが可能です。そのため、楽天カードの審査やカード到着を待つ必要はありません。

ぜひまずは楽天モバイルにWeb申し込みをしてみてください。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料

楽天カード申込もWebが便利

楽天モバイルへの申し込みだけでなく、楽天カードの申し込みもWeb申し込みがいつでも好きな時間に申し込めるため便利です。

楽天カードは時期にもよりますが、数千ポイントの楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していることがあります。実際に2020年9月27日時点では「楽天カード新規入会&利用でもれなく6,000ポイント さらに楽天市場でのお買い物にがポイント最大6倍」キャンペーンを実施しています。

このようなキャンペーンの対象期間中に申し込むことでよりお得に利用できますね。

楽天カードにはいくつかの種類があり、どれを選ぼうか悩む人も多いでしょう。以降で、どのカードを選ぶと良いのか、おすすめを紹介しますので参考にしてみてください。

楽天カードは種類が豊富!ポイント還元が魅力なゴールドカードでポイント支払いもできる

楽天カードは種類が豊富で、2020年9月末時点で9種類あります。以下の表に情報をまとめたので参考にしてください。

カード名 年会費 楽天市場のポイント倍率
楽天カード 永年無料 最大3倍
楽天PINKカード 永年無料 最大3倍
楽天ゴールドカード 2,200円(税込み) 最大5倍
楽天プレミアムカード 11,000円(税込み) 最大5倍
楽天銀行カード 永年無料 最大3倍
楽天ANAマイレージクラブカード 初年度無料 最大3倍
楽天カード アカデミー 永年無料 最大3倍
アルペングループ楽天カード 永年無料 最大3倍
楽天カード みちのく銀行デザイン 永年無料 最大3倍

このなかでも、「楽天カード」、「楽天ゴールドカード」、「楽天プレミアムカード」について以降で説明していきます。また、家族で楽天モバイルへの乗り換えを検討しているなら、「家族カード」の利用も検討しましょう。家族カードについては、後ほど解説するのでぜひ参考にしてください。

1枚持っておくと便利な楽天カード

楽天カードの種類のうち、楽天カードの年会費は永年無料で還元率は先述のとおり1%となっています。

楽天モバイルと組み合わせて使った場合、楽天モバイルの利用料金を楽天カードで支払うことで1%、カード自体の利用料金で1%加算され、合わせて2%が還元されることは先ほども紹介しました。

さらにSPUプログラムにより楽天モバイルと楽天カードを利用することにより楽天市場での買い物のポイント倍率は4倍となります。さらに他の楽天関連サービスも利用することで4倍以上も見込めますよ。

年会費は無料のため、年会費を負担に感じる人にとっては楽天カードがおすすめです。

楽天市場での買い物でポイントが貯まりやすい楽天ゴールドカード

さらに楽天ポイントが貯まりやすいのは「楽天ゴールドカード」です。

楽天ゴールドカードの年会費はわずか2,200円(税込み)であり、楽天カード公式でも「手軽に持てるゴールドカード」とうたっています。

その他のゴールドカードである「dカード GOLD」、「三井住友カード ゴールド」、「JCBゴールド」はすべて年会費11,000円です。1万円台のゴールドカードが多いなか楽天ゴールドカードは2,200円であるため、手軽に持てるゴールドカードとうたっていることにもうなずけるのではないでしょうか。

還元率はベーシックな楽天カードと同様に1%です。

楽天モバイルと組み合わせて使った場合、楽天カードと同様にポイントの2重取りが可能で還元率は合わせて2%、SUPプログラムによりポイント倍率は5倍となります。

楽天カードの4倍に対して楽天ゴールドカードでは5倍となるため、楽天市場での買い物が多い人に楽天ゴールドカードはおすすめです。

さらに貯まったポイントは楽天モバイルの支払いにも充てられます。

海外で利用できる特典が魅力の楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードが国内の空港ラウンジが年間2回まで無料なのに対し、制限なく海外の対象空港ラウンジが利用可能です。海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、動産総合保険などの保険サービスも付与されます。

年会費は11,000円(税込み)で、ポイント還元率は1%で変わりません。

楽天プレミアムカードでも、楽天カード、楽天ゴールドカードと同様に楽天モバイルと組み合わせて利用することでポイントの2重取りが可能です。

SUPプログラムにより、楽天市場での買い物が最大で5倍となります。

楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードを比較した際には、SUPプログラムのポイント倍率は年会費と比例して増えないため、海外ラウンジや保険サービスなど付加価値を重視したい人におすすめです。

楽天カードの家族カードでポイントと支払いをまとめて管理

楽天カードの「家族カード」は「契約者の家族」に発行できるカードのことで、以下のようなメリットがあります。

  • カードは違っても引き落とし口座が同一で管理が楽
  • 家族カードを利用した分までポイントが貯まる(家族みんなでポイントを貯められる)
  • 利用明細をいつでもまとめて可能
  • ポイントを家族間でシェアできる

この家族カードは5枚まで作れます。そのため、「妻や夫」、「子4人」といった持ち方も可能です。さらに、家族カードの年会費は永年無料で、家族カードにかかる維持費はありません。

このように、楽天カードの家族カードは管理が楽になったり、家族みんなでポイントを貯めれたりするので非常に便利です。ぜひ活用してください。

【まとめ】楽天モバイルと楽天カードでポイントを効率的にためよう

本記事では楽天モバイルと楽天カードについて解説し、以下3つのメリットを紹介しました。

  • 楽天ポイントを2重取りできる
  • 楽天ポイント倍率がアップ
  • 貯まったポイントで楽天モバイルの料金を支払える

楽天モバイルと楽天カードの相性は良く、楽天関連サービスとの併用で楽天ポイントが貯まりやすくなっています。楽天モバイルの支払い方法を楽天カードに設定すれば、カード自体の利用還元1%に加えて、楽天モバイルの利用料金の1%も還元されます。これでポイントを2重取りすることが可能です。

さらに楽天市場でお買い物をする人にとっては、SPUプログラムによりとてもお得に買い物ができることでしょう。

楽天モバイルの新プランRakuten UN-LIMIT 2.0は契約期間の縛りがなく、いつ解約しても解約金が発生しません。さらに今なら1年間無料キャンペーンを行っており、とても魅力的なプラン内容となっています。データ通信に関しても楽天回線エリア内では無制限に使用でき、パートナー回線エリアで月間5GBを使い果たしたとしても制限速度は最大1Mbpsで比較的快適な速度です。

これから楽天カードを作る人は、ぜひ「楽天カード」か「楽天ゴールドカード」を選択してくださいね。

楽天カードと楽天モバイルをうまく組み合わせて、効率的にポイントを貯めましょう。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)」
楽天モバイル
データ容量
(楽天エリア)
月額料金
完全データ使い放題 1年無料
国内通話 契約解除料
アプリ利用でかけ放題 0円

おすすめポイント

  • 5G対応機種ならプラン料金そのままで4G+5G
  • 300万名を対象にプラン料金2,980円/月が1年無料
  • 途中で解約しても違約金無料
1年無料は先着300万名限定

詳細を確認する!

楽天モバイルのオススメ記事