トーンモバイルの通信速度について徹底解説|他社との比較や特徴

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

トーンモバイルの通信速度について徹底解説|他社との比較や特徴

他社比較!トーンモバイルの通信速度は速い?

  • 平常時の最大通信速度

500~600kbpsが最大速度です。トーンモバイルでは「通信量使い放題」が売りになっていますが、速度面ではあまり速いとは言えません。なぜならば、3G回線で十分補える速度であるため、今主流となっている4G/LTE回線の通信機能が要らない訳です。

  • 他社との比較
MVNO名 プラン名 最大速度 10MBファイルのダウンロード時間(※)
トーンモバイル 基本プラン 500~600kbps
(0.0625~0.075Mbps)
133.33秒
楽天モバイル ベーシックプラン 200kbps(0.025Mbps) 400秒
楽天モバイル ベーシックプラン以外 下り225Mbps
上り50Mbps
0.36秒
IIJmio 下り300Mbps
上り50Mbps
0.27秒
OCNモバイルONE 500kbpsコース 500kbps(0.0625Mbps) 160秒
OCNモバイルONE 500kbpsコース以外 下り262.5Mbps 0.30秒

※プラン名を記載していない項目は全てのプランにおいて同じ最大速度です
※掲載している速度は全て平常時かつ高速通信が有効ならばその時の速度です
※10MBファイルのダウンロード時間は下り最大速度・最大速度で計算をしています

表をご覧の通りMVNOやプランによってかなりの差が出ています。大まかに区別すると3G回線の機能をメインに使っているか、4G回線の機能をメインとしているかの違いです。3G回線ではドコモのFOMAがベースとなっており、こちらの最大速度は(FOMAハイスピード規格になりますが)14Mbpsと言われています。トーンモバイルの対応エリアもFOMAエリア・FOMAハイスピードエリアに準じているため通信方式としてもFOMAハイスピードが用いられていることが分かります。14Mbpsが規格上の最大速度ですが、トーンモバイルとしての最大速度を500~600kbpsに再設定していることも見えてきます。

  • ベストエフォート型のサービス

トーンモバイルに限ったことではありませんが、一般利用のインターネット回線の大半はベストエフォート型です。これは「最大速度を明記していてもいついかなる時でもその速度が出るとは限らない」という意味を持っています。具体的には帯域保証をしないということで利用する時間帯、場所によって通信速度が大きく上下する可能性があることを示唆しています。

  • 「高速チケット」利用で4G/LTEの高速通信対応可能

トーンモバイルでも1GB(300円)単位で高速通信用のデータ容量を購入することが可能です。こちらを利用することで高速通信を利用することができます。仕様は次の通りです。

  • チャージは31日の間に2回まで

例を挙げると、1月10日当日に2回チャージを行ったとすると次回のチャージ可能なタイミングは2月10日以降になります。これはチャージ分の利用量を31日以内に全て使い果たした場合でも同様です。

  • チケットの有効期限も31日

購入から31日間に利用しないと無効になってしまいます。

  • 高速チケットを利用した際の通信速度は3Mbps

これはトーンモバイル平常利用時の5倍程度の速度です。

  • 高速チケット購入&利用のためのマイプラン設定アプリは最新バージョンに

旧バージョンでも購入ができるようですが、割高でかつ容量が少ないチケットになるようです。必ず最新のアプリから利用するように心がけましょう。

速度制限はあるの?

細かい条件はまず置いておくとして「1日あたり100MBの使用量」これを超えた時に速度制限対象となるイメージを持っておくと良いでしょう。

  • 100MBのファイルをダウンロードするのにどのくらいの利用時間がかかるの?

トーンモバイルで100MBのファイルをダウンロードするときにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?仮に100MBのファイルがあったとして、そのファイルのダウンロードしかしていない状況を想定して計算してみます。
「100÷0.075(600kbpsをMBに換算した数値)=1333.333(秒)」となり、1333秒(約22分)です。22分間ダウンロードをしつづけていると1日あたりの上限量に引っかかってしまい、速度制限対象となります。

  • トーンモバイルの速度制限についての細かい仕様

細かく見ると「1日あたり100MBの使用量」という条件は目安であり、確実な指標ではありません。では、速度制限条件はどのような感じになっているのでしょうか。公式サイトでは2つの条件を挙げています。

ケース1:1日の通信量が300MBを超えた場合
この場合、過去3日間で累計の利用量300MBを下回るまで通信制限が行われます。

ケース2:直近3日間の通信量の累計が300MBを超えた場合
通信量は常に計上されています。直近3日間の利用量合計が300MBを超えた時、それを下回るまで通信制限が行われます。

ケース1が当てはまるのは契約し始め、もしくはインターネット利用を3日間行っておらず合計利用量が0MBの状態の時です。意識すべきはケース2で、こちらに注意していればケース1もカバーできます。冒頭で「1日あたり100MB」と書いたのは3日間の通信量合計が300MBということで単純に300MBを3日で割った数値について言っています。1日あたり100MBを目安にすることで、速度制限を避けつつ最大のデータ量を消費できお得です。

トーンモバイルの特徴とは?

  • 動画視聴には向かない

トーンモバイルの通信速度では動画視聴は難しいと考えておいたほうが良いでしょう。どうしても動画対応にしたい場合は、高速チケットを利用するかWi-Fiスポットサービス経由で通信を行う必要があります。

  • 090番号を使わなければ1,000円/月と分かりやすい基本プラン
     
  • サポートが充実していて初心者に優しい

契約の際には必ずトーンモバイル提供のスマホを購入しなければいけないので、スマホデビューの方向けです。

こんな人はトーンモバイルに乗り換えよう

  • インターネットの利用が少ない方・連絡手段が決まっている方

「格安スマホでは通話しかしない、インターネットはあまり使わない」という方はデータ通信速度に影響されにくいですのでトーンモバイル向けだと言えるでしょう。また、LINE・IP電話・Twitterなどの主要アプリを使うには問題ありませんので、これらを固定で使い続けるという方にもおすすめできます。

  • 強力な家族管理機能を使いたい方

現代社会では歩きスマホ・老人介護・子供を取り巻く危険な環境などが問題になっています。トーンモバイルスマホを子供やお年寄りに持ってもらうことで、現在地の確認機能が備わっています。他にも、歩きスマホ警告機能、1日の一定歩数が規定値以下なら通知してもらえる機能などご家族を健康面・安全面でサポートしてもらえるのも大きな特徴です。これらのサービスはトーンモバイルさえ契約していれば無料で提供してもらえます。

  • スマホの使い方がよく分からない方・自信のない方

トーンモバイルのサポートサービスは電話・一部TSUTAYA店舗の店頭・WEBマニュアルなど窓口が多いこと。さらにここに他社では見られない「遠隔操作サポート」も用意されています。たとえば「スマホの動かし方が分からないが店頭に出向くのは少し億劫」という方は遠隔サポートサービスを受けることで操作の代行をしてもらえるのです。遠隔サポートは電話でのやりとりの上で行うものですので、勝手に操作されるという不安点もありません。充実したサポートサービスを希望される人向けです。

トーンモバイルをうまく使いこなすためのコツ

  • アプリのインストール・アップデートはWi-Fi環境下で行う

アプリのアップデートはかなりのデータ量を消費する行動です。モバイル通信環境下でアップデートも行うことができますが、あまりおすすめできません。コンテンツ1で紹介したように10MBのアップデートを行うためには最短でも約20分の時間を消費します。より高速にインターネット回線を使用できるWi-Fi環境下でアップデートをすることをおすすめします。ファイルのアップロード・ダウンロードについても同様です。

  • 安心オプションに加入する

月額500円のオプションとなりますが、安心オプションに加入すると次の特典が得られます。

  • 端末の保証サービス

故障や紛失・盗難時にトーンモバイルスマホに限りますが修理や交換をしてもらえるサービスです。

  • Wi-Fiスポットサービス

全国で63,000ヵ所という膨大なWi-Fiスポットを利用することができます。

特に後者のサービス内容はおすすめで、トーンモバイルのモバイル通信速度をカバーできるものです。さらにWi-Fiスポットサービス経由の利用では速度規制の対象とならないのも大きなメリットのひとつです。速度が求められるアプリや使い方をする方には特におすすめです。オプション契約ですので、モバイル通信の遅さが気になってからでも契約が可能です。こういった後付けできるのもありがたい特徴だと言えるでしょう。

本記事でも解説した通り、モバイル通信で時間のかかってしまいがちなアプリインストール・アップデートもWi-Fiスポット経由でなら高速に可能です。また、Wi-Fiスポットの接続先にもよりますが動画にも対応できるのは嬉しいポイントです。