トーンモバイル専用端末m15の特徴と注意点をわかりやすくご紹介

トーンモバイルの専用端末m15の特徴や注意点についての画像
スマ子ちゃん
トーンモバイル専用端末のm15ってどんな特徴がありますか?
学園長
トーンモバイルのm15はこれまでの機種よりギガ数が多いから、アプリを多く使いたい人におすすめなんじゃ!

この記事を読んだらわかること

  • トーンモバイルはSIMカードの装着の手間がない
  • m15はLTE対応だが、トーンモバイルは3G回線ですべて補えるためLTEを生かせない
  • m15がおすすめなのはアプリを多く使いたい人

トーンモバイルm15の特徴とは?

トーンモバイルのm15とは一体どのような機種なのか、以下に特徴をまとめ表を作ってみました。

機能名スペック
OSAndroid 5.1
CPUMediaTek MT6735(64bit 1.3GHz クアッドコア)
メモリ2GB
内蔵ストレージ16GB
外部ストレージmicro SDカード対応 最大32GBまで
バッテリー3,000mAh
SIMカードサイズnano SIM
対応通信方式GSM 850/900/1800/1900

WCDMA 1/6/9/19

LTE 1/3/19/21

HSDPA,HSUPA

Wi-Fi(802.11a/b/g/n)

Bluetooth4.1

A2DP 1.2/AVCTP 1.0/AVDTP 1.2/AVRCP 1.3/BNEP/GAVDP 1.2/HFP 1.6/HID 1.0/HSP 1.2/IOPT/MAP 1.1/OPP 1.1/PAN/PBAP 1.1/RFCOMM/SPP 1.2

GPSA-GPS
寸法高さ147.9mm 幅74.5mm 厚さ8.6mm
重量165g
ディスプレイ1280×720ピクセル 5.5インチ液晶
カメラ前面500万画素 背面1300万画素

m15はアプリを多く使いたい人にオススメ!

アプリ実行時には必ずこの内蔵メモリを作業領域として一定の割合で使用されます。その容量はアプリによって異なりますが、作業領域が大きければ大きいほど同時に実行できるアプリの数も多くなります。トーンに着目してみるとトーンスマホの中では内蔵メモリが2GBの唯一の機種がm15です。
※2017年8月1日に発売された新しい端末【TONE m17】も2GBとなっています。
【TONE m17】の記事はこちら

各アプリってどれくらいメモリを使用するの?

これまでのトーンスマホは1GBという容量は決して多い方ではなく、スマホの中では最低限のメモリ量だと言ってもいいくらいです。

筆者調べですが、どのアプリがどのくらいメモリを使用するのかを表にまとめてみました。

アプリ名メモリ最大使用量
パズドラ(ゲーム)199MB
Googleアンケートモニター93MB
Google日本語入力56MB
Android OS(※1)355MB
Android システム(※1)83MB
システムUI(※1)73MB

(※1)これらはAndroidスマホである限りユーザーの利用状況に関わらず必ず起動しているものです

注釈にもあるように、スマホ利用者が何もしていなくともAndroid OS自体が常時内蔵メモリを消費しています。OSのバージョンによりその容量は異なりますが、おおよそ500MB前後はシステムが利用しているので、その容量分だけユーザーが使うことが出来ない領域があると考えておいた方が良いでしょう。話を戻して、システムのメモリ使用量を踏まえて内蔵メモリ1GBの機種にスポットを当ててみましょう。500MBは1GB(1,000MB)のちょうど半分の量です。ユーザーがアプリ起動により自由に使える内蔵メモリは残りの500MBということになります。そして、先ほどのメモリ使用量の表を見てください。残り500MBでは複数のアプリ起動のためにはかなり心もとないことがお分かりいただけると思います。

m15の内蔵メモリ2GBを活かしていろんなアプリを楽しもう

そこで、m15のスペックを見てみると内蔵メモリは2GBなので、ここからシステムのおおよその利用量である500MBを引いてみます。「2,000MB(2GB)-500MB=1,500MB(1.5GB)」です。1.5GBの空きメモリ容量があればアプリ利用にかなりの余裕が出ると見て良いでしょう。このようにm15は他のトーンスマホと比べてアプリ利用に重視した設計となっています。

メモリが少ないとどういうデメリットがある?

実際にメモリが少ない状態で例えばアプリが要求する内蔵メモリが不足していた場合はどうなるのでしょうか?その現象やメモリが少ないことによるデメリットを挙げてみます。

デメリット(1)アプリが起動しない

最悪のパターンがこれです。アプリはインストールできたとしても、起動となると話は別です。インストールに必要なものは「内蔵ストレージ(外部ストレージでも可)」、アプリ実行に必要なものは「内蔵メモリ」です。ストレージとメモリは同じ記憶装置の一種なのですがこのように用途によって完全に使い分けられています。ストレージはメモリの代替となることはできませんし、その逆も同じことが言えます。これらの容量は機種毎に定められているもので、後から変更することはできません。そのため、メモリ不足によりアプリ起動に失敗した場合はどうすることもできないのです。この場合は、残念ながら諦めるしかありません(もしくは内蔵メモリが多いものに機種変更を行う)

デメリット(2)複数のアプリの同時起動に支障が出る

Androidはタスクボタンにより、いくつものアプリを同時起動した後に前面に出すアプリを切り替えることができます。この特徴を使うことで、一般的なPCのOSのように、作業途中のアプリを複数同時起動が可能なのです。しかし、メモリが不足しているとこのアプリ切り替え時に次のような現象が起こります。

デメリット(3)切り替えたいアプリが再起動する

メモリが不足していなければ、切り替え対象のアプリが作業途中の状態を復元して再現できます。しかし、メモリが不足している場合は、切り替え先のアプリが再起動し作業途中の状態をスムーズに復元できずに手間取ってしまうことがあります。

デメリット(4)アプリの同時起動に支障が出る

「A、Bのアプリを起動するとして、これらのアプリタスクを相互に切り替えたとします。どちらも同時起動するためのメモリが不足しているので(そう仮定します)、相互切り替え時に必ずアプリ再起動が行われます」このような状況では、実質アプリの同時起動が出来ているとは言えません。

デメリット(5)アプリの動作が不安定になりがち

もたつきや正常動作をしなくなるなどの現象も考えられます。

各種カードの装着・取り外し方法について

トーンモバイルにSIMカードを装着したり、取り外したりする際にはどのようにしたらいいのか、以下でご紹介していきます。

トーンモバイルはSIMカードの装着の手間ナシ

トーンモバイルのスマホは購入当初からSIMカードが装着された形で配送されます。そのため、ユーザー側で端末からSIMカードの取り外しなどを行うことは滅多にありません。

SIMカードの取り外し・装着方法

先ほど解説した通りですが、「SIMカードが破損してしまった」というケースも考えられます。トーンモバイルでもSIMカードの再発行が可能ですので、そういったシチュエーションがあると想定した上でSIMカードの取り外し・装着方法を解説します。

SIMカードの取り外し・装着方法

  1. m15の電源を落とす
  2. m15の背面カバーを取り外す※1
  3. 本体側面にSIMカードスロットがあるので、取り外し・装着を行う
  4. 取り外し・装着を終えたら背面カバーをツメに合わせて押し込む※2

※1.ネジなどはなく、専用のツメで本体とカバーは固定されています。本体の角を強く引き上げることでカバーが浮きます。一部浮いた箇所から徐々に全体のツメを剥がすように持ち上げていくことでカバーが外せます。
※2.このとき全体を見回して隙間がないように気をつけるのがポイントです

SDカードの取り外し・装着方法

m15は外部ストレージとしてmicro SDカードをサポートしています。

トーンモバイルm15のここに注意する

29,800円(税抜)と格安スマホの価格帯ではすこし割高?

同価格帯(価格幅は広いですが)の名機といえばZenFoneがあります。これらと比較するとやはり見劣りすることは間違いないでしょう。そういう意味では割高感に繋がってしまうと言わざるを得ません。性能的には「ごく一般的なスマホ」と捉えておくのが無難です。

m15はLTE対応。しかしトーンモバイルではLTEは活かされない

トーンモバイルの通信速度はたとえ高速チケットを使用したとしても、3G回線で全て補うことが可能です。そのためm15はLTE対応端末とは言っても、その真価が発揮されることはありません。「m15を使えば通信速度が速くなる」と考えている方は要注意です。

防水に対応していない

防水・防塵を期待している方も要注意です。

UIが独特

トーンスマホはUIが独特です。Android標準のUIが使いたいという方は設定で切り替えなければいけません。

比較的安定した通話を求める方には向かない

トーンモバイルを含めIP電話を用いた通話はあまり安定しているとは言えません。しかし、トーンモバイルで安定した通話品質を求めるためMNP転入など090番号(携帯電話番号)を付与する場合、月額が約1,000円も上がってしまいお得度が下がってしまいます。これらの対策方法として、SkypeやGoogle Voice(Googleハングアウト通話)などを用いることをおすすめします。大手企業が運営している安心感とシステム的にはIP電話なのですが、比較的安定した品質で通話できることがメリットです。また、IP電話と同じく電話番号を利用した通話も可能です(有料)