格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

AIカメラで万引き防止!従来の万引き対策の常識を覆すAIカメラでの防犯対策について徹底解説

AIカメラでできる最新の万引き対策とは?  

AIカメラとは、従来の防犯カメラにAIが搭載されたもので、監視カメラで映った映像に対して、AIがその行動などから不審人物を特定して、インカムやトランシーバーを通して従業員に連絡をいれ、万引きの発生を未然に防ぐという画期的な万引き対策用のカメラです。

この記事ではAIカメラの仕組みや導入方法やAIカメラの万引き防止以外の嬉しい使い道などをわかりやすく解説します。

AIカメラのすごさといかに万引き防止に向いているかについて  

従来の万引き対策の中で一番ベターなのは「防犯カメラ」。防犯カメラではカバンやポケットに未会計商品を入れただけでは万引きにならず、店舗の外に持ち出して初めて万引きが成立します。そのため、万引き犯が店を出るまでじっと監視し、出た瞬間に声をかける、といった発見方法が一般的でした。 

この場合万引きしたあとに警察に電話し、親御さんや関係者さんに迎えにきてもらい、などといった段階を踏まないといけないため万引き犯を捕まえたとしてもかなりの時間と手間を取られてしまいます。

お店のオーナーからすると、2,000円の商品を万引きから守るために時給1,200円の店長クラスの人材が2時間も3時間も手を取られてしまうと、万引きされるよりも赤字になったりしてしまうというなんとも言えない状況になってしまう可能性があります。 

その点AIカメラでの万引き予防では、まずは万引きしそうなお客さんをAIで検知します。

従来の防犯カメラでは、複数台置いても体を背向けられたりカメラの死角に入ったりするとどうしても万引きした映像を抑えるのが難しいというデメリットがありました。 

しかしAIカメラの場合、背を向けていても人が不審行動をした瞬間にAIが検知し、全従業員にインカム、トランシーバーで不審者の場所と人物を伝達します。

あまり知られていませんが、万引きを企んでいる人のうち、実際に万引きを行う前に店員に何かしら声をかけられた場合ほとんどの人が万引きを諦めるそうです。「店員に見られている」と感じるだけで抑制効果になるそうです。

お店側としても万引きを事前に防げれば、警察を呼んだり取り調べしたりという手間なしで万引きを防ぐことができるので一石二鳥だといえるでしょう。 

 万引き対策として、「万引きGメンを雇う」という対策もありますが、巨大なショッピングモールやスーパーになると、数十人レベルで雇わないと万引きを防ぐことは難しく、コスト面でも大きな負担になると考えられます。 

その点AIカメラでの万引き対策では、あらかじめ死角となる数点に絞ってAIカメラを配置すれば高確率で万引きを事前に防ぐことができるので将来的なコストカットにもなります。

実際にAIカメラを導入しら小売店舗では、万引き被害が40%減になったとい実例も出ており、今後の万引き対策のエースになるであろうという見方もあるそうです。

AIカメラのすごいところは防犯対策以外にも・・・  

と、ここまでAIカメラの高い万引き対策制について解説してきましたが、AIカメラの利点はそこだけではありません。AIカメラではお客さんの来店からの流れやレジの流れの分析、従業員スタッフの動きの分析などのデータを蓄積していき、業務フローの改善に役立てることができます。 

例えば、水曜日は比較的スタッフの動きが落ち着いてるからシフトの人数減らそうか、この売り場とこの売り場で同時に買う人が多いからこことここの売り場をくっつけようか、などと店舗の動線の改善案などがポンポンと出て来ます。

このようにAIカメラは万引き対策などの防犯面以外にも業務改善のために役立てることができるという一石二鳥の設備なのです。 

確かに導入する際には初期費用など多大なコストがかかりますが、数年スパンで見ると必ず店舗の黒字化に寄与するだろうだと感じます。 

AIカメラの導入方法について 

AIカメラは現在アースアイズという会社が主に導入を進めています。アースアイズは人工知能カメラ(AIカメラ)をはじめソフトウェアの開発や販売を手がける会社で、2015年に設立されたまだ若い会社です。アースアイズはNTT東日本とコラボして「AIガードマン」というサービスを立ち上げました。

先ほども解説した通り、AIガードマンは店内の不審者の不審行動を検知した瞬間に店員のスマートフォンに「不審検知」の連絡を一斉に行うサービスで、万引き犯に「事前声かけ」をして万引きを抑制するのが狙い。 防犯カメラでは人間の目で映像を確認後に声かけをしないといけないところ、AIガードマンであれば死角にはいった不審者の行動もカメラで追いかけることができるので効率よく万引きを未然に防ぐことができます。 

また先ほども説明したようにAIガードマンでは不審者発見の他にも店舗の効率化にも一役買ってくれるので、万引き防止以外にも使い道はたっぷり、未知の魅力があります。 

AIカメラの導入相談などに関しては当サイト問い合わせフォームからお問い合わせいただければ最適なAIカメラサービスをご紹介しますのでぜひお気軽にお問い合わせください。