格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

性能の高さと価格のバランスに優れるIC-DPR3について徹底解説

IC-DPR3の特徴

端末名・型番 IC-DPR3
メーカー アイコム株式会社
定価(税別) 39,800円
出力 1W/0.5W/0.2W
電波・
使用可能範囲
1〜3㎞
対応中継器:なし
周波数帯 351MHz帯
チャンネル数 送信:30ch
受信:30ch+上空利用5ch
防塵・防水機能 IP57
本体重量 202g
本体寸法 幅:58mm
高さ:95mm
奥行:26.4mm
付属品・
オプション
付属品:アンテナ/リチウムイオンバッテリー/
急速充電器/アダプター/ストラップ/ベルトクリップ
オプション:HM-153(イヤホンマイクロホン)、
LC-181(ソフトケース)
免許の要不要 不要
通信方式 単信方式
電信感度 ー5dBμV emf以下(BER=1×10-2スタティック時)
0dBμV emf以下(BER=3×10-2フェージング時)
定格電圧 BP-271 7.4V 1150mAh min.(1200mAh Typ.)
電池の種類・
電池持ち
リチウムイオン電池
(約14時間使用可能)

 

「IC-DPR3」は、簡単な登録手続きのみで使用できる、登録局デジタル簡易無線機です。IC-DPR3の送信出力は1Wと、400MHz帯を利用する特定小電力トランシーバー(特小)の100倍。登録手続きが必要となるぶん、強力な電波を使用できます。

IC-DPR3は電波の到達距離も長く、見通しのよい場所であれば最大3㎞離れた場所との通信が可能です。市街地でも1㎞程度の距離まで電波が到達するため、多くの業務やイベントで安定した通信環境を構築できます。

ハードな環境に耐える防塵防水性能

IC-DPR3は「IP57」の防塵防水機能を備えており、ハードな環境下でも無理なく使用できます。防塵防水機能を示すIP57について、少し詳しく触れておきましょう。

IP57の防塵防水機能を備えるトランシーバーは、粉じんが舞う空間に8時間放置しても、無線機として機能します。また、水深1mの水道水に沈めて30分間放置しても、無線機としての機能を損ないません。

つまり、IP57の防塵防水機能を備えるIC-DPR3は、埃の多い場所や水を浴びるようなシーンでも無理なく使えるのです。たとえば砂ぼこりが立ちやすい工事現場でも、IC-DPR3ならトラブルを気にせず使用できます。

高出力のスピーカーで聞き取りやすい

IC-DPR3には、500㎽の高出力スピーカーが内蔵されています。騒音が気になる場所での音声の聞き取りやすさが、高出力スピーカーの利点。工事現場のような周囲の音が大きい現場でも、情報を正確に把握できます。

ヘッドセットの併用でVOX機能に対応

IC-DPR3に別売りのヘッドセット「HS-94」を接続すると、VOX機能を利用できるようになります。VOX機能は、音声入力に反応して自動で送信モードへの切り替えを行う機能。ボタン操作なしで音声を送信できるため、作業によって両手がふさがるシーンで役立ちます。

多彩な通話モードを選べる

IC-DPR3には多様な通話機能が備わっており、設定次第で秘匿性を保った通話を行えます。たとえば「ユーザーコード」を設定すれば、チャンネルとユーザーコードを共有するグループだけで通話を行うことが可能。さらに「秘話キー」を設定することにより、同じ秘話キーを共有しないユーザによる盗聴を防げます。

このほか「自局番号」の設定により、グループ内で個別の相手に呼びかけることが可能と、IC-DPR3で行える通話は多彩。上手く機能を使いこなせば、安全かつ効率的な通信環境を構築できます。

類似製品「DJ-DP10」との比較

IC-DPR3と類似した製品に、アルインコ(ALINCO)の「DJ-DP10」があげられます。IC-DPR3と同じく、DJ-DP10は出力1Wのデジタル簡易無線機。IP57を一段上回るIP67に準拠しており、防塵防水機能はIC-DPR3以上です。

また、DJ-DP10の重量は175g(1,000mAバッテリー搭載時)と、IC-DPR3よりもやや軽量。本体のサイズは、IC-DPR3とDJ-DP10でほとんど変わりません。

トランシーバーとしての基本性能は、IC-DPR3とDJ-DP10でほぼ同じといえます。ただし、DJ-DP10に搭載されるスピーカーの出力は300㎽。決して低い出力ではありませんが、IC-DPR3の500㎽には劣ります。

また、DJ-DP10は、本体価格が47,429円(1,000mAhのバッテリーを同梱するセットの場合)と高額。IC-DPR3のほうが、7千円ほど安価です。

価格と性能のバランスを考慮すると、DJ-DP10よりもIC-DPR3のほうがおすすめ。価格の安いIC-DPR3なら、まとまった台数も低コストで調達できます。

IC-DPR3が活躍するシーン

IC-DPR3は、一般的な業務はもちろんのこと、広いエリアを使うアウトドアスポーツにも適しています。たとえば渓流釣りの通信手段として、IC-DPR3は最適です。

防水機能に優れるIC-DPR3なら、河の流れに足を踏み入れる場面でも安心して使用できます。また、電波の出力が高いIC-DPR3は、離れた場所にいる仲間との連絡も容易。ポイント移動の連絡や天候に関する情報の共有、釣果の報告などに役立ちます。

渓流釣りにIC-DPR3を使用するなら、参加人数分の台数を用意したいところです。また、釣りの最中は手がふさがるため、VOX機能対応のヘッドセットは必須といえます。

なお、渓流釣りでは、別グループがトランシーバーを利用している場合があります。グループ同士の通信が混線しないように、チャンネルの設定には気を配りましょう。前述したユーザーコードを活用すれば、ほかのグループとの混線を回避しやすくなります。