格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

高出力スピーカーを備えるIC-DPR7について徹底解説

IC DPR7の特徴

端末名・型番 IC DPR7
メーカー アイコム株式会社
定価(税別) 57,800円
出力 5W/1W
電波・
使用可能範囲
1〜4㎞
対応中継器:なし
周波数帯 351MHz帯
チャンネル数 送信:30ch 
受信:30ch+上空利用5ch
防塵・防水機能 IP67/66/55/54
本体重量 230g
本体寸法 幅:56mm
高さ: 92mm
奥行:29mm
付属品・
オプション
付属品:バッテリーパック/急速充電器/ACアダプター/
ハンドストラップ/ベルトクリップ/アンテナ
オプション:HM-109/HM-163(接話タイピン型マイクロホン)、
EH-12(ヘルメット取り付け型スピーカー)など
免許の要不要 不要
通信方式 単信方式
電信感度 -5dBμV emf以下(BER=1×10-2 スタティック時)
0dBμV emf以下(BER=3×10-2 フェージング時)
定格電圧 7.4V±10%
電池の種類・
電池持ち
リチウムイオン電池
(約13時間使用可能)

 

「IC DPR7」は5Wの高出力で通信できる、登録局デジタル簡易無線機です。登録局に分類されるトランシーバーは、簡単な登録申請のみで利用できる点が魅力。申請書を「総合通信局」に提出し、登録が完了すれば利用を開始できます。

IC DPR7の特徴として第一にあげられるのが、5Wの出力による通信距離の長さです。IC DPR7の送信出力は、特定小電力トランシーバー(登録なしで利用できるトランシーバー)の500倍。通信可能距離は、障害物がなく見通しのよい場所であれば4㎞に達します。

またIC DPR7は、市街地においても最大1㎞程度の通信を行うことが可能。業務やレジャー、イベントなどの通信手段として、便利に活用できます。

高出力スピーカーと充実した音声機能を搭載

IC DPR7には、800mWの高出力スピーカーが搭載されています。騒音に囲まれるようなシーンでは、トランシーバーの音声は聞き取りにくくなりがち。高出力スピーカーを備えるIC DPR7なら、多少の騒音があっても問題なく通話できます。

また、IC DPR7はノイズキャンセル機能も備えており、送受信できる音声はクリアです。建設現場や工場などの騒音の大きな現場でも、大切な情報を的確に伝達できます。

このほか、録音再生機能を備えている点も、IC DPR7の特徴です。受信した音声の録音に対応しており、リアルタイムで聞き逃した情報を、簡単な操作で聞きなおすことができます。

高度な防塵防水に対応

IC DPR7は、“IP67/66/55/54”の防塵防水性能を有しています。ごく簡潔にいうと、IC DPR6は粉じんにさらされたり、水深1m程度の深さに30分ほど水没したりしても無線機として機能するのです。

またIC DPR7は、米国国防省の物資調達基準に準拠する試験を受けており、耐衝撃性や耐振動性の高さが証明されています。

水や粉じんに強く、堅牢性に優れるIC DPR7は、シーンを選ばず使用することが可能。ハードな使用環境でも、安定した性能を発揮してくれます。

多種類の通話方式に対応

IC DPR7は通常の通信のほか、設定したグループ全体との通信を可能としています。また、事前に設定した「自局番号」を活用すれば、グループ内の特定の相手に呼びかけることも可能。これら多彩な通話方式を活用すれば、業務やレジャーにおいて、的確な情報伝達を行えます。

このほか、緊急時に特定の相手を呼び出す「緊急呼び出し機能」や、使用者が倒れた場合に緊急呼び出しを行う「マンダウン機能」など、IC DPR7の通信機能は多彩。IC DPR7は、業務およびレジャーの安全性確保にも役立つトランシーバーといえます。

類似製品「IC DPR6」との比較

IC DPR7の類似製品に、兄弟機である「IC DPR6」があげられます。IC DPR6も5Wでの通信が行え、かつ高い防塵防水機能を備える登録局デジタル簡易無線機です。

IC DPR7とIC DPR6の基本性能は似通っていますが、機能面の特徴は両者で異なります。まずIC DPR6は、音声の録音再生に対応していません。また、IC DPR7はマイクへの呼びかけだけで送信を行える「VOX機能」を備えていますが、IC DPR6は同機能に非対応です。

この一方でIC DPR6には、「秘話キー」と呼ばれる番号を設定して、盗聴を防ぐ機能が備わっています。同様の機能は、IC DPR7には備わっていません。

IC DPR7とIC DPR6の機能を比較すると、前者は使いやすさを、後者はビジネスでの利便性を重視しているといえます。ちなみに両モデルの実売価格の差は、おおよそ2千円程度です。

よく似ているようで、特徴が異なるIC DPR7とIC DPR6。どちらも高性能であり、用途に合わせて選べば業務やイベントに役立ってくれるはずです。

IC DPR7が活躍するシーン

高出力スピーカーを備えるIC DPR7は、建設現場での使用に適しています。高所での作業が多い建設現場では、少しのミスが命の危険に直結することも少なくありません。音声の聞き取りやすさに優れるIC DPR7を使えば、情報を正確に伝えることができ、安全も確保しやすくなります。

建設現場でトランシーバーを活用する場合、交通整理係やクレーン作業員、高所作業員などが上手く連携できるように配慮する必要があります。中規模の建設現場であっても、5〜10台程度のトランシーバーは用意したいところ。地上と高所の作業員が的確に連絡を取り合えるように、グループ設定して使用することをおすすめします。

また、家屋の建築のような小規模の現場でも、IC DPR7は活躍してくれます。作業員同士が見えない場所に行くと、連絡のために移動する必要が生じて不便です。IC DPR7を2〜3台用意するだけでも、業務連絡のために生じる時間のロスをカットできます。