格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

通話モードが充実した特小FTH-314Lについて徹底解説

FTH-314Lの特徴

端末名・型番 FTH 314L
メーカー バーテックススタンダード
定価(税別) 19,800円
出力 10㎽
電波・
使用可能範囲
300m〜1㎞
(中継器で延長可能)
周波数帯 420MHz/440MHz(中継器使用時)
チャンネル数 20ch+27ch(半復信・中継装置使用時)
防塵・防水機能 IP67
本体重量 85g
本体寸法 幅:47mm
高さ:80mm
奥行:22mm
付属品・
オプション
付属品:ベルトクリップ、アンテナバンド(オレンジ)
オプション:MH-381(小型タイピンマイク)、
MH-73(防浸型スピーカーマイク)など
免許の要不要 不要
通信方式 単信方式および反複信方式
電信感度 -13dB μ V 以下
定格電圧 DC 1.2V
電池の種類・
電池持ち
単三アルカリ乾電池/約33時間使用可能
ニッケル水素電池「FNB-135」/約36時間使用可能

 

バーテックススタンダードの「FTH-314L」は、ハンディタイプの特定小電力トランシーバー(特小)です。特小は無線資格の要らない無線機であり、購入すればすぐに使い始めることができます。

FTH-314Lの出力は10㎽(=0.1W)と、さほど強力ではありません。とはいえ、本体に備え付けのロングアンテナにより、遠距離間の通信を可能としています。

FTH-314Lの通信可能距離は、市街地の場合で300m程度。障害物のない場所であれば、最大1㎞先まで電波を飛ばすことができます。また、無線中継器を使用して、FTH-314Lの電波をより遠くまで飛ばすことも可能です。

FTH-314Lに対応する中継器は、バーテックススタンダードの「FTR-400」や「FTR-308」など。屋外に設置できる中継器には、「FTR-500」があげられます。

防塵防水仕様でタフに使える

FTH-314Lのボディは、「IP67」に準拠しています。IP67とは、電気製品の防塵防水性能を示す「IP規格」の1つです。より詳しくいうと、IP67は「IP6X」の防塵性能と、「IPX7」の防水を指します。

IP6Xは、世界最高の防塵規格です。内部へのダストの侵入を完全に防げる製品だけが、IP6Xに準拠すると認められます。IPX7は、上位2番目の防水規格です。水深1mに沈めて30分放置しても、内部に水が入らない製品だけが、IPX7に準拠すると認定されます。

簡潔にいうと、FTH-314Lのボディには、粉じんや水が浸入しません。このため、野外の業務やレジャーでも問題なく使用できます。

3つの通話モードに対応

FTH-314Lには、「ノーマルモード」「グループモード」「秘話モード」の3つの通話モードが用意されています。ノーマルモードは、もっとも基本的な通話モード。トランシーバー同士のチャンネル番号を合わせて通話する、ごくシンプルな通話方式です。

グループモードでは、チャンネル番号のほかに「グループコード」を使用します。チャンネルとグループコードの双方が一致する機器だけで通話するため、グループ外のトランシーバーとの混信が起こりません。

秘話モードは、盗聴対策用の通話モードです。秘話モードをONにすると、同機能を使用しない機器では通話内容を聞き取れなくなります。秘話モードはほかの通信モードと併用する機能であり、ノーマルモードとグループモードの双方で使用可能です。

個別の呼び出しに便利な「セレコール」

先に解説した通信モードのほかに、FTH-314Lには「セレコール」機能が備わっています。セレコール機能とは、「自局ID」および「グループID」を使用して、任意の相手を呼び出す機能です。

セレコール機能を使用する際は、まず各トランシーバーの自局IDを設定し、続いてグループIDによってグループ分けを行います。ちなみにグループIDは、前述のグループコードとは異なる独立した設定項目です。

セレコールの各種IDを設定すると、個別IDに対する呼び出しと、グループIDに対する呼び出しを使い分けられるようになります。また、設定したすべてのIDを、一斉に呼び出すことも可能です。

セレコールは、とくに個別の呼び出しが必要な場面で役立つ機能といえます。グループモードとは異なる組み分を作りたいときにも、セレコールは役立ちます。

類似製品「UBZ-M51L」との比較

FTH-314Lの類似製品として、ケンウッドの「UBZ-M51L」があげられます。UBZ-M51Lも出力10mWの特定小電力トランシーバーであり、基本的な機能はFTH-314Lと変わりません。ロングアンテナタイプである点も、UBZ-M51LとFTH-314lLで共通しています。

また、UBZ-M51LはIP67に準拠しており、防塵防水機能はFTH-314Lと同等です。ハード面の性能は、UBZ-M51LとFTH-314Lで同等と考えてよいでしょう。

一方、通信設定に関しては、UBZ-M51LはFTH-314Lほど充実していません。グループモードは備わっていますが、セレコールには非対応です。多様な通信グループを作りたい方には、UBZ-M51LよりもFTH-314Lのほうがおすすめといえます。

また、電池持ちについても、UBZ-M51LはFTH-314Lほど優秀ではありません。UBZ-M51Lの使用可能時間は、単三アルカリ乾電池を使用した場合で最大24時間です。

対するFTH-314Lの使用可能時間は、同じく単三アルカリ乾電池を使用した場合で最大33時間。バッテリー性能を重視するなら、FTH-314Lを選んだほうがよいでしょう。

FTH 314Lが活躍するシーン

FTH 314Lが活躍するシーンとして、学校の業務があげられます。防塵防水性能に優れるFTH 314Lなら、砂ぼこりの立つグラウンドでも問題なく使用することが可能。もちろん、プールでも利用できます。

学校行事の中でも、運動会はFTH 314Lが役立つシーンといえます。

生徒が怪我をしたり、体の不調を訴えたりした場合に、FTH 314L

があれば教員室と速やかに連携をとって対処することが可能です。

このほか、遠足や社会見学などのイベントにも、FTH 314Lは役立ちます。生徒を安全に引率するには、教師同士の連携が欠かせません。FTH 314Lで連絡を取り合えば、交通事故を予防できますし、不測の事態にも迅速に対処できます。

学校にFTH 314Lを導入するなら、クラス数プラスアルファの台数を用意したいところです。学校の敷地が広い場合は、中継器も導入することをおすすめします。