多機能な据え置き型トランシーバーDR-DPM60について徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

多機能な据え置き型トランシーバーDR-DPM60について徹底解説

DR-DPM60の特徴

端末名・型番 DR-DPM60
メーカー アルインコ
定価(税別) 49,800円
出力 5W/2W/1W
電波・
使用可能範囲
1〜10km
(対応中継器なし)
周波数帯 351MHz帯
チャンネル数 送信:30ch 
受信:30ch+上空利用5ch
防塵・防水機能 なし
本体重量 1.2Kg
本体寸法 幅:140 mm
高さ:40 mm
奥行:178 mm
付属品・
オプション
付属品:モービルブラケット、ダイナミックマイク、DCケーブル
オプション:EMS-500(防水スピーカーマイク)、
ERW-7(PC接続ケーブル)など
免許の要不要 不要
通信方式 単信方式
電信感度 -3dBuVemf以下
定格電圧 13.8V ± 10% または 26.4V ± 10%
電池の種類・
電池持ち
外部電源から供給

 

「DR-DPM60」は、基地局・車載タイプのトランシーバーです。登録申請のみで利用できる手軽さが、DR-DPM60の大きな魅力。収入印紙を貼った申請書類を「総合通信局」に提出すれば、15日ほどで登録票が発行されて利用を開始できます。

手軽に使えるトランシーバーでありながら、DR-DPM60の出力は5Wと強力です。特小(特定小電力トランシーバー)の500倍の出力があり、見通しのよい場所であれば10㎞先まで電波を飛ばせます。市街地であっても1㎞程度まで電波が飛ぶため、広い場所でのイベントや業務の通信手段に最適です。

DR-DPM60の使用用途は、基地局としての使用と、車載トランシーバーとしての利用に大別できます。基地局としての利用シーンにあげられるのは、運動会やお祭り、防災訓練など。車載トランシーバーとしての利用シーンには、アウトドアレジャーがあげられます。

なお、DR-DPM60は、簡単な工具だけで車に取り付けることが可能です。本体に「モービルブラケット(車載用取り付けパネル)」が付属するため、金具の加工や溶接といった作業は必要ありません。電源の配線についても、ヒューズボックスから線を引くだけと簡単です。

高出力スピーカー搭載で騒音に強い

DR-DPM60のスピーカー出力は、2Wと強力です。一般的なモバイルタイプのトランシーバーだと、出力は高くても800㎽(=0.8W)程度。スピーカー出力の大きいDR-DPM60なら、大きな騒音のする車内でも通信相手の声をしっかり聞き取ることができます。

また、DR-DPM60には、付属のマイクロホンとオプションのマイクロホンを同時接続することが可能です。接続したマイクは併用できるため、メインのマイクをにぎる人以外も会話に参加できます。

テキスト送信に対応

DR-DPM60には、事前に設定したテキストを送信する機能が備わっています。送信できる文字数は全角32文字まで。テキストは4種類までプリセットできます。

テキストの文面は、パソコンで自由に編集することが可能。ただし、パソコンとDR-DPM60との接続には、別売りのケーブル「ERW-7」が必要です。

セキュリティ性の高い通信が可能

DR-DPM60には複数の通信方式が用意されており、設定次第ではセキュリティ性の高い通信も行えます。DR-DPM60の通信方式の中で、基本となるのが「ユーザーコード通信」です。

ユーザーコード通信は、「チャンネル」と「ユーザーコード」の2要素を合わせて行う通信方式。2つの要素のうちどちらか一方、あるいは両方が一致しないトランシーバーは、通信に参加できません。

DR-DPM60には、ユーザーコード通信のほかに「個別通信」が用意されています。個別通信は、チャンネルとユーザーコードのほかに、「グループ番号」と「個人ID」を使用する通信方式です。

個別通信では、事前に設定したグループへの呼びかけ、個別メンバーへの呼びかけ、全局への一斉呼びかけの3タイプの通信を行えます。個別通信は多人数での通信に便利ですが、ユーザーコード通信との併用はできません。個別通信を行う際は、グループ全員のトランシーバーの通信モードを個別通信に合わせる必要があります。

上記2タイプのほかに、DR-DPM60にはセキュリティ性の高い通信方式「強化秘話通信」が用意されています。強化秘話通信は、一般的なトランシーバーに備わる「秘話通信」を強化した通信方式です。

通常の秘話通信では、32,767通りの「秘話コード」を使って通信します。通信内容を聞き取れるのは、同じ秘話コードを設定したトランシーバーのみ。秘話コードを共有しない通信機器では、通話の内容を傍受できません。

さらに強化秘話通信では、秘話コードに15タイプの「秘話タイプ」を組み合わせて通信を行います。強化秘話通信で使える秘話コードの種類は、32,767コード×15タイプで全491,505通り。これだけのパターンがあれば、第三者によって秘話コードを探り当てられる心配はほぼありません。

以上の通信方式を利用すれば、セキュリティ性の高い通信を行うことが可能。DR-DPM60なら、傍受されにくい通信環境を簡単に構築できます。

類似製品「IC-DPR100」と比較

DR-DPM60の類似製品として、アイコムの「IC-DPR100」があげられます。IC-DPR100も基地局・車載タイプのトランシーバーであり、登録申請のみで利用可能です。

IC-DPR100の出力は、DR-DPM60と同じく5W。通信距離は最大10㎞と、DR-DPM60と同等です。また、強化秘話通信を除けば、利用できる通信方式はDR-DPM60とIC-DPR100で変わりません。

トランシーバーとしての基本機能は、DR-DPM60とIC-DPR100でほぼ同等です。一方、筐体のつくりに関しては、両者でやや異なっています。というのも、IC-DPR100のボディは、IP54の防塵防沫に対応しているのです。

IP54とは、粉じんにさらされても機器の機能を損なわず、かつ水しぶきによって有害な影響を受けない防塵防水性能を指す規格です。IP54対応のIC-DPR100なら、水しぶきがかかるようなシーンでも利用することが可能。野外に設置する無線基地局には、IC-DPR100が適しています。

ただし、IC-DPR100の実売価格は、DR-DPM60よりも1万円ほど高額です。以上の点を踏まえると、防塵防水機能を重視するならIC-DPR100を、コストとセキュリティ性を重視するならDR-DPM60を選ぶべきだといえます。

DR-DPM60が活躍するシーン

DR-DPM60が活躍するシーンとして、オートキャンプがあげられます。車にDR-DPM60を設置すれば、キャンプの無線基地局として役立てることが可能。ほかの参加者のトランシーバーと設定を合わせることで、食事の連絡や緊急連絡を行えます。

オートキャンプで利用する場合、DR-DPM60は1台あれば十分です。あとは携帯型のトランシーバーが数台あれば、キャンプ参加者と連絡がとれます。DR-DPM60と組み合わせて使うトランシーバーには、「IC-DPR6」や「IC-DPR7」などのアイコム製品がおすすめです。