UQモバイルって海外でも利用できるの?料金や注意点

UQモバイルは海外で使えるの?

国際ローミングに対応した端末を利用している場合、音声通話とSMSの送受信を行うことができます。

ただし、データ通信のみの契約、「データ高速プラン」、 「データ無制限プラン」、「データ高速プラン」「データ無制限プラン」を契約している場合は海外で利用することができません。

■国際ローミングって何?

国際ローミングとは、ユーザーが契約している事業者のサービスエリア外(海外)にいたとしても、現地で提携した事業者の電波を受信し通信を行う機能のことです。

■国際ローミング機能の使い方

UQモバイルでは、国際ローミングは申込不要です。端末のローミング機能を設定するだけで利用することができるようになります。

AndroidとiOSの設定方法をご紹介します。

・Android

  1. ホーム画面の”設定”をタップする。
  2. 無線とネットワーク項目の”その他の設定”をタップする。
  3. ”モバイルネットワーク”をタップする。
  4. “データローミング”のスライドスイッチをONにする。
  5. “通信事業者”をタップする。(検索が開始されるので、完了まで待ちます。)
  6. 利用可能なネットワークから接続する事業者を選択する。
     

・iOS

  1. ホーム画面の”設定”をタップする。
  2. “キャリア”をタップする。
  3. “自動”のスライドスイッチをOFFにする。
  4. 接続する事業者を選択する。
  5. 設定画面に戻る
  6. “モバイルデータ通信”をタップする。
  7. “データローミング”のスライドスイッチをONにする。
     

UQモバイルの国際通話料金

■日本で国際通話をする場合

日本国内から国際電話をかける場合の通話料金は以下のとおりです。

国名国番号通話料金(1分あたり)
アメリカ140円
ハワイ1-80440円
グアム1-67140円
サイパン1-67040円
フランス33130円
イタリア39130円
イギリス44130円
オーストラリア6140円
フィリピン63130円
韓国82110円
中国86110円
台湾886110円

 

■海外で通話する場合

料金は渡航先によって変わります。主要国での利用料金は以下のとおりです。(1分あたり)

国名渡航先での
国内通話
渡航先から
日本への通話
日本以外への
国際通話
渡航先での
受話料金
アメリカ120円140円210円165円
ハワイ120円140円265円165円
グアム80円140円210円130円
サイパン80円140円210円130円
フランス80円180円280円110円
イタリア80円280円280円110円
イギリス80円180円280円110円
オーストラリア80円180円280円80円
フィリピン75円175円265円155円
韓国50円120円265円70円
中国70円175円265円145円
台湾70円175円265円145円

 

■国際電話のかけ方

国際電話は、010+国番号+電話番号でかけることができます。

010の代わりに、005345+国番号+電話番号でも同様に国際電話をかけることができます。

UQモバイルの国際SMS料金

UQモバイルモバイルの場合、国際SMSを利用する場合、送信に100円(免税)かかります。

受信は無料です。

■海外にSMSを送信する方法

国番号+電話番号で宛先を追加することができます。あとは、通常通りメッセージを入力し送信します。

■海外から日本にSMSを送信する方法

国番号を入力せずに相手先の電話番号を入力し、送信できます。

データ通信を利用したい場合は?

残念ながら、UQモバイルは海外でのデータ通信に対応していません。そのため、どうしても海外でデータ通信を行いたい場合は以下の方法で対応することができます。

●キャリアのsimを利用する

docomo/au/softbankの3大キャリアであれば海外でもデータ通信を行うことができます。各種サービスがありますので以下にまとめます。

キャリアサービス名称対応する
国の数
料金
docomo海外
パケホーダイ
10524.4MBまで1,980円
超えた場合は最大2,980円/日
海外1dayパケ地域ごとに980円/日、1,280円/日、1580円/円
au海外ダブル定額16224.4MBまで1,980円
超えた場合は最大2,980円/日
世界データ定額32980円/日
softbank海外パケットし放題13025 MBまで1,980円
超えた場合は最大2,980円/日

 

●データローミングに対応した格安simを利用する

格安simの中にも国際データローミングに対応した物があります。例えば、au系の格安simの中にmineoがありますが、mineoでは100カ国以上の国で利用できる海外用プリペイドsimがあります。

データ量のチャージ料金体は次のとおりです。

データ容量料金
30MB650円
100MB1,480円
500MB5,480円
1GB9,800円

初期費用として、simカード発行料金3,000円がかかります。

●現地のプリペイドsimを利用する

現地の空港や主要な駅、フェリーターミナルなどではプリペイドsimカードを購入することができます。

アクティベートの方法などがsimカードによって異なりますが、大抵の場合日本で用意するより安価に利用することができます。

UQモバイルを海外で利用する際の注意点

●高額請求に要注意!

国内でUQモバイルを使っているときは、通話定額サービスに加入していたりすると通話料金を気にすることは殆ど無いかもしれません。

通話定額でなくても40円/分で通話できますが、海外から日本に電話をする場合はこの料金以上になってしまいます。

つい長電話になってしまうと思わぬ高額請求になってしまうことがありますので、料金と通話時間には注意する必要があります。

●LINEの音声通話も使えない

LINEで通話をされている方も多いと思います。海外でも国際電話は高いのでLINEの通話機能で済ませようとすると思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

LINEはデータ通信網を利用して通話機能も動かしているため、海外でデータ通信ができないUQモバイルの回線ではLINEのメッセージ送受信も、通話機能も利用することができません。

国際電話を利用するか、どうしてもLINEを利用したい場合はデータ通信ができるsimを用意する必要があるでしょう。

●充電端子に気をつける

海外でもスマホを使用するために準備してきたのに、充電器が使えないという場合があります。

地域によっては日本と電源の規格が違うためです。

適切な充電器を使用しないと、コンセントにはまらなかったり、充電できない、端末が故障したりといったトラブルの原因になってしまいます。

渡航先の電気の規格に合わせて充電器を用意するのが良いでしょう。