UQモバイルでiPadは使えるの?UQモバイルでiPadを使う方法について

UQモバイルはiPadでも利用ができる!動作一覧の紹介

格安SIMを利用する上では、「そのMVNOの格安SIMを利用できる端末」を用意する必要があります。もしくは、格安SIMと一緒にセット販売で購入するという方法もあります。その場合だと安全に利用することができるのですが、「利用したい端末がセット販売のラインナップに用意されていない」もしくは「そのMVNOで利用したい端末を既に持っている」という場合であれば、SIMカードだけ注文して、自分で用意した端末にSIMカードを挿入して利用することになります。

iPadはUQモバイルで利用することができるのか?

各MVNOでは「動作確認端末一覧」といった名称のページを用意しています。そこには、そのMVNOが自社の格安SIMを利用できる端末の一覧を公表しています。100%の確率でその端末を安全に利用できるというわけではないのですが、MVNOが公式に「この端末は利用することができた」と言っているので、安心感が違います。

さて、UQモバイルの動作確認端末の一覧の中に「iPadは含まれているのかと言えば、実は「ノー」なのです。UQモバイルではiPadの動作確認は発表されていません。

では、「動作確認一覧に表示されていない端末」は、絶対にそのMVNOのSIMカードを挿入してもデータ通信が利用できないのかと言えば、その限りではありません。UQモバイルの動作確認一覧のページには、以下の注意書きが記載されています。

・記載されていない端末・OSバージョンに関しては、UQ mobileのSIMがご利用になれない可能性がありますので、お客様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

・NTTドコモ、ソフトバンク、海外で販売されている端末は、上記に記載されている端末以外は原則ご利用いただけません。

要するに、動作確認をしている端末以外については「自己責任」で利用して欲しいということを明言しているのです。なので、記載されていないiPadについては絶対に使えないというわけではないのですが、利用できなくてもUQモバイルに対して文句を言うことはできませんし、サポートも受けられません。

iPadの利用条件

それでは、仮にiPadでUQモバイルのSIMカードを利用するとして、満たすべき条件は何かという点について解説していきます。

・ドコモもしくはSoftBankのSIMロックがかかっていない

まず、「ドコモのSIMロック」および「SoftBankのSIMロック」のどちらもかかっていない事が条件です。UQモバイルは「au系MVNO」であるため、これらのSIMロックがかかっている場合はUQモバイルのSIMカードを挿入してもデータ通信を利用することができません。

・UQモバイルの周波数に対応している

次に、「UQモバイルで利用する周波数に対応している」ことが必要です。周波数が全く対応できていない端末の場合は、データ通信の適合はできても、データ通信は利用できません。

・対応するサイズのSIMカードを用意する

次に、「SIMカードのサイズ」についてです。これはiPadに限った話ではありませんが、保有する(UQモバイルで利用予定の)iPadの対応SIMカードサイズを申し込まないと、SIMカードのサイズ変更手続きが必要になって面倒です。ほとんどの場合は「ナノ」もしくは「マイクロ」だと思われます、既に端末が手元にある場合であれば説明書等を確認し、まだ手元にない場合はネットで調べる等して対応するSIMカードのサイズを調べておきましょう。

プロファイルのダウンロード手順について

次に、iPadでUQモバイルのSIMカードを利用するための準備として「APN構成プロファイルのダウンロード・インストール」の手順について簡単に解説していきます。

・APN構成プロファイルをインストールするおおまかな流れ

  1. Wi-Fi接続を行う
  2. 対応するAPN構成プロファイルをダウンロードする
  3. 対応するAPN構成プロファイルをインストールする
  4. Wi-Fi接続を切断し、モバイル通信可能な状態になっているかどうか確認する

・問題になるのは「対応するAPN構成プロファイル」がどれなのか?

ここで一つ問題があります。UQモバイルでは、「iPhone5系」と「iPhone6系」で異なるAPN構成プロファイルを用意しています。それぞれの端末に対応したAPN構成プロファイルをダウンロードしてからインストールする必要があるのですが、問題なのは「UQモバイルではiPadは動作確認の対象外である」ということ、つまり「iPad用のAPN構成プロファイルは用意されていない」ということです。

APN構成プロファイルは、端末がインターネットに接続するために必要なもので、これが削除されている状態だとデータ通信が利用できません。つまり、モバイル通信端末として利用することができないということになります。

ネット上で情報を集めてみたところ、どうやら一部のiPad端末は「一般人が自作したAPN構成プロファイル」を利用してUQモバイルのSIMカードを利用している様子です。ただし、その情報自体も内容によっては1年以上前の古いもので、当時はそのAPN構成プロファイル利用しても非常に不安定な通信しかできないというウワサです。

上手く利用できない場合はここを確認する

結局のところ、UQモバイルでiPadを利用したいと考える場合は「自己責任」の4文字が重くのしかかることになります。何かが故障するというわけではないのでしょうが、「きちんと使えるのか?」という基本的な部分ですら曖昧で、正直なところあまりオススメできるものではありません。

・有志が情報提供やAPN構成プロファイルの作成等を行っている

昨今は、個人的に「動作確認」や「APN構成プロファイルの作成」等を行っており、ネット上で情報共有が為されています。今回、「UQモバイルでiPadを使う」というテーマにおいて、以下の有力な情報を掲載しているサイトを見つけています。

http://simvno.net/uqmobile_apple_devices

http://simchange.jp/ipad-sim-matome/#auiPad-2

http://okinawa-forest.com/?p=1172

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/744438.html

http://xn--n8jub3cubyzygua3963fz3wa0t9g.xyz/ipadunnyou/

※あくまでも個人レベルでの情報なので、公式な情報では無いという点に注意してください。あくまでも「自己責任」です。

・百聞は一見に如かず

さて、「百聞は一見に如かず」という言葉をご存知でしょうか?日本人であれば一度は耳にしたことがあるであろう、この言葉は「実際に目にするほうがわかりやすい」という意味です。本来、ネット上で手続きが完結する通信サービスの申し込みにおいては、事前にきちんと情報を調べた上で取り組むのが基本です。しかし、公式が保証していない内容については、なかなか確実な情報が得られないものです。

果たして、手持ちのiPadはUQモバイルで利用できるものなのか、OSのバージョンは問題ないのか、使えるにしてもどのようなレベルで利用できるのか、何かと不安が大きいです。「おそらく、手持ちのiPadで利用できるだろう」と思って、いざSIMカードを申し込んでみたら、結局はまともに使えなかったという結末になる可能性もあります。

そこで、「本契約前に、利用予定のSIMカードを用意して、実際に実験する」という方法があります。以下のサイトにアクセスしてください。

http://www.uqwimax.jp/signup/tryuqmobile/

このサイトは、UQモバイルが提供してる格安SIMお試しサービス「Try UQ mobileレンタル」です。文字通り、SIMカードをお試しでレンタルすることができます。「登録料」「通信料」「レンタル料」「配送費用」など、一切の費用をかけずにUQモバイルのSIMカードを調達することができます

このサービスを利用して、コストをかけることなくUQモバイルのSIMカードを調達し、これを利用予定のiPad端末に挿入して、データ通信が利用できるかどうか、利用できる場合であれば通信は安定するのか、何か問題は発生しないのかといったことを全て確認しましょう。もし、十分に利用できるというのであれば、本契約に踏み切ってしまえばよいのです。駄目だったら、別の端末を用意するなど、次の一手に踏み切ることにしましょう。